ロザリンド・イスタリ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロザリンド・イスタリ
外国語表記 Rosalind Istari
性別 女性
初登場作品 ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
テンプレートを表示

概要[編集]

錬金術の名門イスタリ家の令嬢。「剥離城アドラ」の遺産相続に参加する魔術師ハイネ・イスタリの妹。

略歴
名門イスタリ家に生まれ、出奔した兄ハイネに代わる後継者として当初はロザリンドが魔術刻印を受け継ぐものの、彼女の特異体質によって変質した刻印から生命力を吸い取られ、長く生きられないと宣告されてしまう。
このことはハイネにイスタリ家へと戻ることを決意させ、彼が改めて魔術刻印を受け継いだことで一命を取り留める。
その後、魔術刻印の修復技術を求める兄に同行し、「剥離城アドラ」を訪れることとなる。
人物
兄と同様の金髪碧眼に純白のドレスを纏った8歳ほどの少女。兄とはかなり年齢に開きがある。
非常に人見知りな性格。反面、年相応の無邪気さと可憐さを持つと同時に、魔術師の家系の令嬢らしく高い教養と達観した面も見受けられる。
兄との仲は非常に睦まじく、彼の前では素の子供らしい態度を見せるが、その一方で、先述の事情から自身がイスタリ家の魔術刻印を背負いきれなかったことで兄に迷惑を掛けてしまったと重く責任を感じており、内心複雑な心情を抱えている。
能力
属性などの詳細は不明だが、魔術師として稀有な才能を有しており、一度は受け継いだイスタリ家の魔術刻印が「適合し過ぎて過剰反応」してしまうというほどの結果を招いている。
また、何らかの特異体質であると思われ、その影響でイスタリ家の魔術刻印は性質を変貌させ、使用者から生命力を吸収し続ける危険な代物になってしまった。

登場作品[編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
「剥離城アドラ」の遺産相続に参加したハイネ・イスタリの同行者として登場。

人間関係[編集]

ハイネ・イスタリ
兄。仲が良く、非常に慕っている。

名台詞[編集]

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]