ヴィイ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィイ
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァと契約した精霊。

略歴
『序/2017年 12月31日』ではアナスタシアと共にカルデアを襲撃。レオナルド・ダ・ヴィンチマシュ・キリエライトと戦闘した。
『永久凍土帝国 アナスタシア』では引き続きアナスタシアと共に行動し、主人公と対決する。
人物
ロマノフ帝国の秘蔵精霊。ロマノフ王朝が代々伝えてきた、皇帝ツァーリに寄り添う存在。ロマノフの秘宝。災厄の精霊。
「ヴィイ」と呼ばれる精霊ないし妖怪は厳密には存在せず、ロシアの文豪であるゴーゴリの怪奇短編小説『ヴィイ』に登場した創作妖怪である。
ただしヴィイと似た伝承はスラヴに幾つか存在し、それを原型としたものと推測されている。
アナスタシアが契約したヴィイは、ロマノフ帝国が保有していた使い魔である。彼はその魔眼であらゆる秘密を暴き、城塞の弱点を見つけ出し、更には敵対する者を血に染め上げた。
しかし、才能がなければヴィイを見ることも操作することもできない。アナスタシアは死ぬ直前で、ようやくヴィイと契約する資格を得た。
能力
あらゆるモノを射抜く、おぞましい魔眼を所持しており、全てを見透かす眼球は、因果律すらもねじ曲げて弱点を創出する。この魔眼でアヴィケブロンのゴーレムを一瞬で塵に変えた。
また、アナスタシアの魔力の大半を賄っている。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
アナスタシアと契約しており戦闘時に現れる他、シナリオでも語られる。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ
契約者。
ミニクーちゃん
バレンタインイベントにて、アナスタシアが作成したぬいぐるみ「ヴィイ(自立型)」がマイルームで彼のぬいぐるみと夜には戦いを繰り広げている模様。[注 1]
アポロン人形
2020年のバレンタインイベントで新たに加わった人形仲間。彼が加わったためミニクーちゃんが攻撃、ヴィイが防御、アポロン人形が支援とトリオで不法侵入者に対処するようになったとのこと。

名台詞[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 伝承では、地面にまで垂れる程の長い瞼を持っているとされている。おそらく、ウサギの耳のような形をした部分が瞼なのであろう。

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. ヴィイがバロールの流れを汲む精霊で、クー・フーリンがルーの息子のため、ある意味過去の戦いの再現とも言える。後に下記の太陽神も追加された。

出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]