強化

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search

概要[編集]

魔力を通して対象の存在を高め、文字通りの効果を発揮する魔術。
ナイフに使えば切れ味が良くなり、ガラスに使えば硬くなる。あまり曖昧なモノを、曖昧に強化させることはできない。
基礎中の基礎でありながら、極めるのは困難と言われている。全ての魔術の基本なのだが、その自由度の高さからか明確な実行形式が定まっておらず、オールマイティな「強化」使いは少ない。
加えて、自分の身体に魔力を通して一時的に身体強化するのは血液に魔力をまぜる程度のニュアンスで簡単だが、器物に魔力を通すのは難しい。その為に通用は魔力を通しての強化ではなく、魔術で器物の外面に一枚装甲を被せる方が安価で速く強いとされる[出 1]

なお、生物には自分の魔力を通し難いので、他人を「強化」するのは最高難易度とされる。

使い手[編集]

衛宮士郎
強化使いではあるが未熟。
衛宮士郎 (美遊世界)
上記の士郎と比較すると、きちんとした魔術の手解きを受けた為かより正確に使いこなしている。
定規で鉄パイプを容易く切り裂いたり、巻き尺の金属製の計測部を伸ばした上で強化して剣のように扱ったりしている。
傘を強化して間桐慎二の攻撃を防いだ。
遠坂凛
自分の身体を強化して体術による戦闘を行う。
メディア
葛木宗一郎の身体を強化してサーヴァント並の強度と精度を持たせている。

関連[編集]

ルセンドラ家
強化魔術の極北と称される。

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]

リンク[編集]