衛宮士郎

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
衛宮士郎
読み えみや しろう
初登場作品 Fate/stay night
声優 杉山紀彰
野田順子(幼少期)
身長 167cm
体重 58kg
性別 男性
イメージカラー 赤銅
特技 ガラクタいじり
家庭料理
好きな物 家庭料理
苦手な物 梅昆布茶
天敵 言峰綺礼
デザイン 武内崇
テンプレートを表示

概要[編集]

魔術師見習いの少年。養父の影響で、「正義の味方」になることを本気で志している。穂群原学園2年C組(『hollow』では3年C組)。

略歴
冬木大災害の生存者で、天涯孤独となった彼は、自分を救ってくれた男・衛宮切嗣の養子となる。
五年後、切嗣は病のために死去。彼は、切嗣が最後に呟いた「正義の味方になりたかったんだ」という言葉から、その志を継ぐことを決意。
それからの五年間、彼は義父に教わった初歩の魔術を独学で鍛錬し続ける。切嗣から魔術刻印は継承せず、その言葉通り魔術師ではなく「魔術使い」を名乗る。
穂群原学園生となった彼は、偶然から夜の学校で争う紅槍を手にした男・ランサーと赤い外套の男・アーチャーを目撃。ランサーの手により口封じのために瀕死の重傷を負わされるものの、駆けつけた遠坂凛の治癒魔術により、奇跡的に命を取り留める。
誰に助けられたか分からぬままなんとか自宅に戻った士郎だったが、再度ランサーに襲撃を受ける。
必死の応戦も虚しく徐々に追い詰められ、死を覚悟するも、偶然土蔵で金髪の美少女「セイバー」を召喚し、ランサーを撃退。駆けつけた凛に事情を聞き、聖杯戦争を終わらせるべく、セイバーとともに魔術師同士の殺し合いにその身を投じることになる。
人物
切嗣の影響で、全てを分け隔てなく救う「正義の味方」になることを本気で志している。
それはもともと切嗣が諦めた理想であり、その遺志を継ぐという考えと、「十年前の大災害で唯一生き残ってしまった」自分は人の為に生きねばならない、という強迫観念に似た義務感(サバイバーズギルト)のため培われた理想である。
日常生活においては「主夫」。家庭料理をはじめとする家事一般に長け、一家を支えている。学園内ではさまざまな要望に応じて各所に赴き、機械の修理や頼まれごとを引き受けていることから、「穂群原のブラウニー」「偽用務員」「ばかスパナ」といった二つ名を持つ。「魔術師は等価交換で動くもの」と幾度か凛に指摘されているのだが、前述の義務感とあいまって、「頼まれごとを引き受けること」がその対価であると士郎は考えている。
「人助けが生きがい」であり、それ以外に興味がない・興味の持てない性格で、遊びごとなどには無縁で人生に余裕がない。人生における優先順位が公私の「公」に偏重していて、感情の機微に疎く、他人の好意にも悪意にも鈍感。「命を救われた」ことが切嗣から受けた正義の行いであるため、彼の「他人を救う」という目的は「命を救う」という方面に偏っている。
だが、「心を救う」という行為もまた正義の行いであり、それを無自覚に実践しているにも関らず、そのことの価値に気付いていない。
養父からの『借り物の理想』を追いかけて正義の味方を目指し、人助けのためなら自らを省みないその生き方は、奈須氏によれば「一生懸命人間のふりをしているロボット」あるいは「人間になろうとしているロボット」。
言峰綺礼が先天的な破綻者であるとすれば、彼は冬木大火災が元で人生が狂った後天的異常者である。
能力
魔術師ではあるが、根源への到達を目指していないため正しくは「魔術使い」。士郎にとって魔術は手段であって目的ではない。
魔術回路の数は27で、代続きしていない魔術師としては多め。しかし魔術の腕は知識・技量ともに半人前もいいところで、凛からは「へっぽこ」と称される。物語開始時点でまともに使える魔術は基礎中の基礎の構造把握を非効率にこなせる程度で、実践的な魔術である「強化」の成功率はほぼゼロ、「投影」はガワしか作れない、他の魔術はからっきし、知識面は慎二にも劣るという有り様だったが、聖杯戦争を通じて成長や自分の特性を開花させていく。
その本質は、起源・魔術属性共に「剣」と、一点特化した魔術であり、魔法に近いと評される大魔術である固有結界、「無限の剣製」を展開できる稀有な才能の持ち主(詳細は「アーチャー」の頁にて)。いつまでたっても消失しない投影品や、構造把握能力に長ける、といった彼の特技もすべてはこの固有結界に起因している。
ただし、未熟であるため物語開始時点で自ら固有結界を起動させることはできず、投影魔術もモノによっては時間が掛かりすぎて実戦に堪えれられない。また、守護者であるアーチャーと違って固有結界に世界からの修正力が働くなどのペナルティを受ける。
士郎が未熟であるのはこのあまりに異質な魔術特性にも一因がある。彼に魔術を教えた切嗣、指導を行った凛の両名ともに、その異常性に気づきはしたもののどう指導して良いかわからなかった(切嗣の方はむしろ士郎が魔術師になることを嫌がっていたため、当初は教導自体を断っていた)。最初の師である切嗣が指導の半ばで死去したことも伴い、魔術の鍛錬はほぼ完全に独学。凛に教わるまで、一度構築してしまえばそのまま使い続けることのできる魔術回路を、鍛錬のたびに一から作るという真似をしていた。聖杯戦争開始まで毎晩行っていたこの鍛錬は、内部に張り巡らした集中をミリ単位でもズラせば、それだけで中身が吹き飛ぶという、自身も過酷な魔術鍛錬を強要されていた間桐桜から見ても「先輩が自分で自分の喉を突き刺しているように見えました」と怖れるほど危険な代物(この鍛錬法は切嗣が健在の頃から続けていたらしいが、何故こうも危険な方法を切嗣がとったのかは不明。切嗣が半端に教えたことを士郎が勘違いしたまま切嗣が死去した、などの可能性はいくつか考えられるが、正確なところは語られていない)。これを切嗣が死んでから五年間、進歩も成長も楽しみもなくともひたすら続けていた、という点は士郎の精神的な異常性の一面である。
10年前の災害で大怪我を負っていた彼を救うために、発見者である衛宮切嗣がその体内に、治癒能力を持つ聖剣の鞘「全て遠き理想郷」を埋め込んだ。このため、本来の持ち主であるセイバーが現界している間は鞘の加護を受けていかなる損傷からも回復できる。
「全て遠き理想郷」の影響で士郎の魔術特性は「剣」に変わっており、また起源も「剣」に変わりつつあるという(士郎が本来持つ魔術特性・起源については不明)。
属性と起源が「剣」にも拘わらず、剣の腕は凡人よりは良いという程度で、あまり秀でていない。しかし弓の腕は神がかっており、セイバーと戦闘中のバーサーカーのこめかみに矢を当てる程。
幼少期から藤村雷画の勧めで弓道を始め、その腕前の伸びは藤村大河も認めるところ。弓道部に所属する頃には部長・美綴綾子の知る限り、彼が矢を的に外したのは射る前から外れると分かっていた上で射た場合を除いてゼロ。文字通り百発百中の腕前になっている。
ただ、本人が称するところではそれは弓の腕ではなく、毎夜日課になっている魔術の鍛錬の成果でイメージ通りに矢を的中させられるだけとのこと。この辺り、分かる人には分かるらしく、 美綴からは「弓を持たなくても会心に入れるんだから、むしろ弓なんて邪魔じゃないってムカついた」「そもそも弓を持つ、なんて事がアンタには余分」と言われている。
また体の鍛錬自体を日課としてこなしているせいもあるのか、魔術を使用しない素手での戦いならそれぞれの試合形式では専門家に及ばないもののルールのないどちらが根を上げるのが先かのような勝負なら学園中最強である。
HFルートでは中盤の戦闘で左腕を失い、消滅に瀕したアーチャーの発案から腕を移植されることにより命脈を保つ。これによりアーチャーの蓄えた戦闘経験と技術を継承したことに加え、左腕から宝具を引き出す事で使用目的に最も適した宝具を投影しており、黒化バーサーカーセイバー・オルタサーヴァントと互角の戦いを繰り広げる力を得た。
だが、肉体強度は読み込み失敗、アーチャーの宝具である固有結界「無限の剣製」は士郎とアーチャーの心象風景が異なるため使用不能、複製できるものは士郎が直接学んだものかアーチャーが記録した宝具のみとなっている。
また、人間の身に英霊の腕を移植された状態での投影は諸刃の剣であり、腕を解放した状態で行使すれば肉体が内部から崩壊を始め、さらにアーチャーの記憶に侵食され、次第に士郎の人格、意識、記憶を破壊して廃人と化し、HFのノーマルエンドでは投影の反動で命を落とす結末を迎えた。

衛宮士郎 (プリズマ☆イリヤ)[編集]

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』における衛宮士郎。

詳細は「衛宮士郎 (プリズマ☆イリヤ)」を参照。

衛宮士郎 (美遊兄)[編集]

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』における衛宮士郎。

詳細は「衛宮士郎 (美遊兄)」を参照。

使用した武器[編集]

Fate/stay night[編集]

ポスター
ランサー迎撃に使用。家にあったものを丸めて強化した。硬さは鉄パイプ程度。最後には広げて盾にするという用法でランサーを驚かせた。
木刀
土蔵にあった物。強化して使用。
椅子の脚
校舎で使用。同じく強化して使う。
上着
漫画版で使用。強化して盾にした。
弓矢
森に落ちていた枝を強化の応用で変形させたもの。
警策
柳洞寺で使用。強化して使うが、これで戦おうとするとデッドエンドなので要注意。
黒鍵
元々は教会の代行者などがよく使う投擲用の剣、Heaven's Feelルート(以下HFルート)にて言峰綺礼により渡される。強化の魔術を施して一時的にダイヤ並の硬度にした。
アゾット剣
魔術を学ぶものが一人前になった際に送られる儀式用の剣。Fateルート、HFルートでは遠坂凛から譲り受ける。奇しくも両ルートとも凛のありったけの宝石と魔力を注ぎ込んだ代物。
宝石剣ゼルレッチ
遠坂の血筋に対する宝石翁の宿題として遠坂家に伝わる設計図を基に、アーチャーの腕とイリヤの中の過去の記録を用いて投影したもの。本編中実際に使用したのは遠坂凛。限定的な第二魔法行使を可能とする。剣を見た当初、士郎には理論がまるで理解できなかったが材質や構造などといった部分を解析することでなんとか複製に成功する。何の魔力も感じられず、剣としての機能すら有さないこの剣を投影した士郎本人の第一印象は「なんかへぼっちい」。

Fate/hollow atraraxia[編集]

右歯噛咬(ザリチェ)・左歯噛咬(タルウィ)
武器破壊を前提にした二本の短剣。いわゆるソードブレイカー。『hollow』にて黒い獣の爪を模倣したものでアヴェンジャーの振るっていた武器。投影品だが宝具ではない。

投影宝具[編集]

「無限の剣製」と深い関わりがあるので、「アーチャー」のページも参照。
干将・莫耶
アーチャーのトレードマークともいえる夫婦剣。アーチャーの物を複製し投影する。双剣での戦い方もアーチャーのものを模倣しており、未来の自分が行き着いた戦闘スタイルだけあって扱いやすく感じている。士郎がアーチャーの影響を受けて稽古した際にそれを感じ取ったセイバーは少し不機嫌になっている。
UBWルートでは、葛木との戦闘時に強い武器を望んだ士郎が柳洞寺で見たアーチャーの双剣を連想し、不完全ながらも宝具であるこの双剣を投影するという離れ業をやってのける。しかし、その結果使われていなかった魔術回路が突然開かれるという状況になった士郎の体はショック状態になり、一時左半身が麻痺するというアクシデントを伴った。その後もこの双剣は士郎の投影魔術の主力として使われ続ける。
HFルートでライダーと共闘しなかった場合セイバーオルタに対抗するために使用され、同じものを作り出せる投影品という利点とこの夫婦剣が持つお互いに引き合うという性質を活かしたアーチャーの剣の最奥「鶴翼三連」を不完全ながらも模倣することでセイバーを剣技において一手上回り、決定的な一撃を打ち込んでいる。
勝利すべき黄金の剣(カリバーン)
かつてセイバーが所有していた「選定の剣」。夢で共有した彼女の過去の記憶で見たものを、バーサーカー戦にて初投影。本来の持ち主であるセイバーと共に振るい、バーサーカーを打倒した。
士郎の投影の特異性を最初に示した投影宝具であり、剣の腕は常人レベルの士郎でさえ、剣に刻まれたセイバーの戦闘記録を再現・投影したことで彼女並みの剣の扱いをすることができる(剣が覚えている、剣が勝手に動くとは士郎の言)。
Fateルートのギルガメッシュ戦でも投影したが、原典である『原罪(メロダック)』を持ち出された結果、オリジナルには勝てずに打ち砕かれてしまった。
全て遠き理想郷(アヴァロン)
「約束された勝利の剣」の鞘。かつて切嗣によって士郎の身体に埋め込まれており、長年の融合により原型を無くしていた。セイバーの魔力により起動し、士郎の傷を何度となく癒やすことになる。
最初に投影したのは海浜公園でギルガメッシュと戦った際。アニメ版(2006年)では投影した鞘にセイバーの持っていた「約束された勝利の剣」を納め、「天地乖離す開闢の星」をただ防ぐのみではなくギルガメッシュに向かって反射するという演出がされている。
その後、士郎の投影技術と担い手のセイバーの力で士郎の体内より摘出され、持ち主に返還される。
柳洞寺での決戦において「この世全ての悪」の泥を防ぐために投影。あまりに身近にあった士郎の半身とも言える宝具であるため、通常の投影のような工程を踏まずとも一瞬で投影できた。
投影はFateルートのみで使用可能。その他のルートでは存在が知られることはなく、セイバーとの契約が切れてしまうため、回復力も十全に機能しなくなるが、UBWルートではセイバーが見守る中でのアーチャーとの戦いにおいて本来の力に比べて微弱ながらも士郎への加護を発揮していた。
なお、アーチャーも出自を考えればこれを投影できると思われがちだが、セイバーとの繋がりが切れていることでイメージが出来なくなっているため不可能とされる。また「全て遠き理想郷」自体も長い放浪生活の中で意味を失い、星の内海へと帰っていったためアーチャーの体内には存在していない。
同じく繋がりが切れるという理由で、士郎もFateルートであっても大聖杯解体後は使えなくなる。
是・射殺す百頭(ナインライブズ・ブレイドワークス)
バーサーカーから斧剣ごと投影した秘剣。数多くある「射殺す百頭(ナインライブズ)」の対人用である全ての斬撃が一つに重なって見えるほどの「ハイスピードな九連撃」。
HFルートにて、いずれ死ぬと知りながらイリヤを守る為にアーチャーの腕の封印を解き、襲いかかってくるバーサーカーの失われている宝具を投影、バーサーカーの音速の剣を凌駕した神速の剣でバーサーカーの身体の八割を失わせた。27の魔術回路の全てを用い、脳裏に九つのイメージを浮かべているが、実際に狙いを定めて撃ち抜くのは八点(上腕、鎖骨、喉笛、脳天、鳩尾、肋骨、睾丸、大腿)であり斬撃エフェクトも八つになっている。
本来、バーサーカーの斧剣は桁外れの重量であり、衛宮士郎に扱うことはできないが、アーチャーから移植された左腕で敵の怪力ごと複製して使いこなした。
『フェイト/タイガーころしあむ』『Fate/unlimited codes』では士郎の最強必殺技となっており、発動すると『Realta Nua』で追加されたCGと同じ左腕を掲げて正面を睨み付けるポーズを取ったあとに斬撃を叩き込む。『Fate/unlimited codes』では原作同様八つの斬撃による8hit技になっている。
熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)
七枚の花弁を展開する結界宝具。
遠坂凛の魔力バックアップを受けて、さらに自身の能力を完全に理解したUBWルートでは花弁を七枚投影しているが、バックアップ及び悟りを開いていないHFルート、及び『hollow』で投影した際には花弁が四枚となっている。
HFルートではライダーとの共闘に用いられ、セイバーオルタの「約束された勝利の剣」を打ち破るために使用される。最強の聖剣の黒い光から「騎英の手綱」を駆るライダーをその花弁で守り突破させた。
破戒すべき全ての符(ルールブレイカー)
キャスターが所有していた、あらゆる魔術を初期化する、最強の対魔術宝具。
HFルートにおいて、桜を「この世全ての悪」から解放するために使用。
他にも、アーチャーとの戦いで「偽・螺旋剣(カラドボルグII)」や「絶世の名剣(デュランダル)」、ギルガメッシュとの戦いでデュランダルやハルペーなど多くの武器を貯蔵し、投影している。
さらに『hollow』にてライダーが見せた意識を暗黒神殿内にとらわれた中ではキビシスの袋を投影している。
また、切嗣の切り札「起源弾」も弾丸さえ見れば投影出来るという。
なお、士郎はHFルートの最終局面で捨て身の投影として「知りえる中で最強の剣」を投影し、光の斬撃を放っている。状況的にこれは「約束された勝利の剣」とも思えるが、明言はされていない。
ただし、「神造兵装の投影は不可能」とされており、この時の士郎は「アーチャーの腕」を移植されているため、士郎が直接見ていなくともアーチャーから受け継いだ記録の中から「約束された勝利の剣」以外の光の斬撃を放てる剣を引き出した可能性もある。
また、無銘は、「永久に遥か黄金の剣(エクスカリバー・イマージュ)」という、「約束された勝利の剣」の劣化品を「無限の剣製」の展開中のみの限定で投影している。(設定上展開しなくてもなくても作ること自体は可能だろうが)、こちらは本編時より錬鉄可能条件がアップしているため。

登場作品と役柄[編集]

Fate/stay night
主人公。聖杯戦争に巻き込まれ、セイバーを召喚。以後、争いを止めるために奮闘する。
Fate/hollow ataraxia
主人公。繰り返す四日間の中で、謎の聖杯戦争の真相を探る。
厳密には、『hollow』の士郎は「アヴェンジャーが士郎の殻を被ったもの」であり、士郎本人とは違う。
とはいえアヴェンジャーがもともと無個性、無人格だったため性格的には本人と全く変わりなくイリヤ曰く「本物と全く変わらない偽物」
Fate/Zero
最終盤に登場。冬木大火災の際に絶命間際のところを切嗣に発見され、救出される。
その後は彼の養子となって暮らし、月下の約束を交わしたのち、最期を看取った。
漫画単行本のおまけ漫画にも登場しており、セイバーの語った魔術師対決のあまりのショボさに衝撃を受けていた。
フェイト/タイガーころしあむフェイト/タイガーころしあむ アッパー
結界の影響で虎グッズが大流行。家中に蔓延した虎グッズを撤去させるべく、元凶の大河に釘を刺しに向かう。
アッパーでは出番はあるものの個別のシナリオモードはなし。
Fate/unlimited codes
「見習い魔術師」。素手での格闘と、投影魔術で戦う。アーチャーと共通する技もあるが、戦闘スタイルは大きく違う別キャラ。
氷室の天地 Fate/school life
メインキャラの出番が少ない本作の例に漏れず、本編で一切台詞が無い。
Fateゼロカフェ~Fate/Zero Cafeに集う英霊達~
正義の味方を夢見る少年。時々ふらっと姿を消す「じいさん」を探す合間に迷子になっていたイリヤを助けて「ゼロカフェ」に来店。セイバー店長とも仲良くなる。
プロフィールからして既に「衛宮士郎」になっている風だが、Zeroベースの切嗣とはけっして遭遇しない。
ちびちゅき!
キノコ校長によって料理長に任命され、「無限の食券製(Unlimited Cooking Works)」の力を得る。
しかし彼一人で学園の全員を相手にするには手が足りずにアーチャーの力を借りることになった他、給仕としてセラリーゼリット翡翠琥珀の使用人カルテットにも協力してもらうことに。
それ以外にも小学生時点での士郎も登場している。
カプセルさーばんと
主人公の一人。みんなの為に頑張る正義の小学生。強すぎる正義感か元々の気質なのか、人の話を聞いていない節がある。難易度は「かんたん」
衛宮キリツグに拾われて衛宮家で元気に育つ。キリツグはアイリと結婚した際に微妙な年頃のシロウの反応が気が気でなかったがシロウは全然気にしてない。
「かーちゃん若くて美人だな!!」とか普通に言うのでアイリもテレテレである。アイリにくっついてアインツベルンに行ってからアハト翁にすっかり執心されている。
TMitter2015
新米弁護士。言峰検事と法廷バトルを繰り広げる。異議を申し立てる台詞は「なんでさ!」。
脱税容疑で告発され衛宮邸に逃げてきた凛を追い出すが、その後悩みぬいた末彼女の弁護を引き受けることを決意する。
衛宮さんちの今日のごはん
主人公。シンプルながらも自慢の手料理を披露してくれる。

人間関係[編集]

Fate/stay night[編集]

衛宮切嗣
養父。命の恩人であり、憧れ。
本人に対しては「爺さん」と呼ぶが、他人に彼の話をする際は「オヤジ」と呼ぶ。魔術を習った一人。
セイバー
召喚したサーヴァント。
彼女との絆は強く、士郎がどのルートに進んでも信頼しているのと同じように、彼女もどのルートに進んでも士郎を案じている。ルートによっては恋人に。
遠坂凛
もともとは片想いの相手。憧れていた女の子。
聖杯戦争で同盟を組み、魔術を教えてもらうために師弟関係を結ぶ。ルートによっては恋人に。
間桐桜
自身を慕う後輩で、料理の弟子。
本来魔術等とは縁遠い存在で、士郎にとっては守るべき「日常」の象徴だった。ルートによっては恋人に。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
聖杯戦争で出会った、妹のような存在。実は義姉。
冷酷なマスターの彼女と無邪気な少女の彼女とそれぞれ接する機会があり、敵か味方かは曖昧。ルートによっては家族に。
アーチャー
何かといがみ合う、相性の悪い相手。実は別世界の未来における自分。
ライダー
幾度となく襲撃された相手であるが、HFルートのみ桜を救うために彼女の助力を得る。
彼女の人格と力量を信頼し、かつての盟友である最強の剣士に挑む。
『hollow ataraxia』では居候の一人。きちんとアルバイトまでして家賃を入れてくれる彼女を「大人の女性」として頼りにしているが、たまに困らされる。士郎は知らないが、彼女に慕情に近い親愛の情を抱かれている。
言峰綺礼
胡散臭い彼を毛嫌いするが、ある種の憧れの対象でもあった。HFルートでは共闘。
藤村大河
隣人。姉代わり。
精神的には彼女に守られているものの、日常生活は完全にお世話する側になっている。
美綴綾子
同級生で、かつて同じ部活に所属。今でも気の置けない友人。
柳洞一成
クラスメート。よく彼の仕事を手伝う。
間桐慎二
クラスメート。中学生の頃からの付き合いだが、現在はとある理由で疎遠に。
蛍塚音子
バイト先の店の人。つい最近(『stay night』の直前くらい)までお互いが藤村大河の知り合いだとは知らなかった。また、士郎はいまだに彼女の本名を知らず「ネコさん」と呼んでいる。
セラリーゼリット
イリヤの従者。切嗣を嫌うセラからは辛く当たられているが、「イリヤが好きなものはわたしも好き」のスタンスであるリズからは懐かれている。
カレン・オルテンシア
新たに派遣された教会のシスター。とある事情から、それなりに彼女とは気安い関係。
バゼット・フラガ・マクレミッツ
初対面のはずなのにどこか親しみを感じた女性魔術師で居候。とある事情から、彼女からは信頼されている。
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
『hollow ataraxia』では彼女に執事として雇われ、「シェロ」と呼ばれて信頼されるようになる未来があるらしい。
アイリスフィール・フォン・アインツベルン
養父の妻で、一応義母にあたる。本編では面識はないが、スピンオフ作品等で共演。
彼女のことは「アイリさん」と呼ぶが、当人は「お母さん」と呼ばれたがっている。

名台詞[編集]

Fate/stay night[編集]

「なんでさ」
口癖。
美少女ぞろいとはいえ、どいつもこいつも理不尽の塊ではこれが口癖にもなるというもの。
「おはようセイバー。また会えて、よかった」
とあるルートのEDにて。
思わぬ再会の嬉しさに、ヒロインそっちのけでセイバーと和む士郎。割を食ったヒロインに拗ねられたが仕方ない。
「仲間だからって、気安く遠坂には近付くな」
UBWルートにて、協力を申し出たランサーに付けた条件。意外な条件に凛とランサーは揃って沈黙した。
なお、理解が及んだランサーは大笑して士郎の凛への想いを称賛し、凛は真っ赤になって混乱した。基本翻弄される士郎が凛を翻弄する珍しいシーン。
「死者は甦らない。起きたことは戻せない。そんなおかしな望みなんて、持てない」
「冬木の大火災をもなかったことにできる」と言峰に聖杯の万能さを説かれた時、誰よりもそれを望んでいる「同胞」の前で涙ながらにその望みを否定した。
過去は背負っていくもので、なくしてしまったら今まで積み上げたものも無意味になってしまう。積み上げたものも大切に思う士郎には、すべてをなかったことにしてしまう望みなど持てなかった。
そしてこの士郎の言葉は、過去に囚われたセイバーに前を向くことを促し、いずれ彼女を救うことになる。
「―――つまり、殺していいんだな、テメェ……!」
Fateルート終盤、自分の歪んだ哲学を語り続ける言峰に対して。
もはや言峰を殺すべき「敵」と認識して襲い掛かる。平和主義ではあるが、必要となれば人殺しも辞さない士郎の覚悟が伺える。
「確かに俺は何か間違えている。けどいいんだ。
 だって、誰かの為になりたいっていう思いが、間違えの筈がないんだからな」
士郎の生き方を「歪」と断じ、彼の行く先を憂う凛の言葉に対して。
士郎がこのセリフを言いながら浮かべた綺麗な笑顔に凛は押し黙り、ずっと彼の傍についていくことを決意する。
「―――おまえには負けない。誰かに負けるのはいい。
 けど、自分には負けられない―――!」
アーチャーと対峙して。
眼前の相手は夢破れた己。今夢を追う者として、その男にだけは負けるわけにはいかない。
「決して、間違いなんかじゃないんだから―――!」
アーチャーの胸を二つの意味で打った言葉。自分が壊れていると自覚し、自分の言動が偽善だと理解してもなお、士郎は折れない。
たとえ矛盾していても、叶うことがなくても。養父から受け継ぎ、胸に抱いたそのユメだけは間違いではないと信じているから。
「いくぞ英雄王――――武器の貯蔵は充分か」
ギルガメッシュと対峙して。
至上の夢を追い続けた何の変哲もない少年が、幾度となく倒されてなお、世界最強の存在に対して告げる反撃の狼煙。
印象に強く残るセリフが多いFateの中でも屈指の名ゼリフである。
「そうだ。俺は切嗣と同じだ。恨むのなら、イリヤは俺を恨んでいい。」
HFにおけるバッドエンド、通称「鉄心エンド」より。イリヤに「誰かの味方」をしてもいいのだと諭されてもなお「正義の味方」であり続けることを選んだ時の台詞。
人を救う為に桜を含めた全てのマスター、サーヴァントを倒して聖杯を破壊する途上の犠牲は全て代償であると覚悟を決めた士郎。それは正義のためにはどこまでも冷徹であり続け、決して揺らぐことのない「鉄の心」である。かつての切嗣やアーチャーと同じ道であったが、月下の誓いの前に切嗣が危惧していた士郎の末路そのものでもあった。
「もう泣くな。桜が悪い奴だってことはよくわかったから。
 ―――だから、俺が守る。どんなことになっても、桜自身が桜を殺そうとしても―――俺が桜を守るよ。
 俺は桜の為だけの正義の味方になる」
いままで隠してきた真実を知られ泣き崩れる桜を抱きしめながら
イリヤの言葉に励まされ、「桜を失いたくない」と自覚した士郎は万人の為の正義の味方を辞め、たった一人の為の正義の味方になると誓う。その先にどんな運命があろうとも。
いままでの二つのルートを翻す「Heaven's Feel」を代表するシーン。
「――信頼して、いいんだな」
HFより。どんな手をつくしてでも桜の救出を目的とする士郎と桜の内から生まれ出ようとする魔の誕生を祝福せんとする言峰。
言峰の願いはどうあっても許容出来るものではなく理解も出来なかったが、それでも目的の為に今この瞬間のみは共闘しうると判断した士郎は、かつての自分なら決して容認出来なかったであろう言峰との一時的な共闘を望む。
「――――ついて来れるか、じゃねえ」
「てめえの方こそ、ついてきやがれ――――!」
HFより。黒化したバーサーカーに打ち勝つために、イリヤと共に生き残るために、左腕の封印を解くも逆に左腕に食い潰されそうになった士郎。
その最中に幻影として現れた赤い弓兵の言葉に、渾身の力を込めて啖呵を切り、赤い背中を突破した。
「ありがとう―――お前に何度も助けられた」
HFより。セイバーとライダーの戦いは士郎の協力によりライダーが勝利したが、いまだに息のあるセイバーを前に、士郎は馬乗りになって凛からもらったアゾット剣を振り上げる。
トドメを刺さなければいずれ彼女は復活し、また最強の障害となる。それを理解している士郎は、セイバーを自分の中にある彼女との思い出と共に殺すことを決意し、剣を突き立てた。
辛い決断をした士郎の口から出た言葉は、黒化して敵に回ってもなお自分を気にかけ、守ろうとしてくれていた少女への感謝の言葉だった。
「おしおきだ。きついのいくから、歯を食いしばれ」
「帰ろう桜。―――そんなヤツとは縁を切れ」
HF終盤の桜への言葉。士郎が桜の背負っていたもの全てを受け入たことによって、桜はマキリの因業から解放される。
―――失せろ。お前が存たままだと、桜は二度と笑えない―――!
HFの最終盤、言峰に対して心の中で叫んだ台詞。言峰に強力な一撃を与えられ、一度は諦めそうになる士郎。
記憶を摩耗した彼が思い出したのは、名を忘れてしまった守るべき少女の笑顔だった。彼女を幸せにする為には、あの汚染された大聖杯を壊さねばならない。
かつて同類だった最大の宿敵に対して自らの生きる意味を噛みしめながら反撃に転ずる。
「だめでござる。今日は断食するでござる」
それは、道場への扉。

Fate/hollow ataraxia[編集]

「――――桜が怖いというおまえは正しい。
 もう、俺にしてやれるコトはない」
桜の恐ろしさを思い知った士郎であった。
「は、はかったな慎二―――!」
慎二にしてやられ、桜の部屋への侵入の共犯にされた事で叫んだ。まるで某公国の四男坊みたい。
なお、この時点で桜の部屋に張ってあった結界は発動し、桜は部屋に侵入者があったことを感知している。
「きゃ―――!? それは伝説の暗殺帳……! ももも、もう一冊あったんデスノゥ――――!?」
桜の部屋にあった日記という名の暗殺帳は慎二について書かれたものだけでなく、さらにもう一冊あった。ちなみにこちらには桜だけでなく、セイバー、凛、イリヤも書き込んでいる。
「イリヤに一番ドキドキした」
ヒロイン達とプールに行った際、他のグラマラスな美女達を差し置いての感想。後にこの様子を見ていた英雄王(小)に弄られることになる。

フェイト/タイガーころしあむ[編集]

「セイバーの食費は安くない。安くないんだぁぁぁぁっ!!」
ランサールートにて、士郎の心の叫び。
美味しいものを食べるセイバーの嬉しそうな顔が好きな士郎だが、それとこれとは別問題。衛宮家のエンゲル係数はとんでもないことになっているのだろう。
「セイバー……そろそろ食べ物キャラは卒業するべきだと思うんだ…」
カレンルートで食べ物に簡単に釣られるセイバーに対して。他ルートでもだけどセイバー、食べ物への執着が強すぎ。
「そんなの、正義の味方じゃない!」
ファンタズムーンシナリオで、正義の味方として悪を倒すために暴れたいというファンタズムーンに異議を唱える。
「ああ……それは降り積もる雪のような……もしくは鳴りやまぬカミナリのような……
 あるいは群れ泳ぐ魚たちのような……凄まじいまでの、食費と……特売……!」
バゼットルート。カレンに洗脳された士郎を元に戻すためバゼットは士郎を攻撃。そのためこの言葉の後に彼は気絶した。食費と特売を気にしないといけないのだから主夫は大変だ。
「守ってみせるぞ、この街を。全力でだ!」
ドラマCD「虎の威を借るケモノたち」より。のちのヒーロー、キャプテン冬木の誕生の瞬間であった。
「マ……マァマ」
同上。桜が『私の好きな人が私を好きになる』という願いを虎聖杯にした結果、士郎が2歳の幼児になり桜を母親と認識し甘える。
しかし外見は変わらないため凛が特殊な店と言うのも無理はない光景が出来上がってしまった。

トラぶる花札道中記[編集]

「やったな慎二、俺は信じてたぞ! 好きにして!」
勝利の栄光を掴み、『stay night』全ヒロインを侍らせるモテキングになったワカメへの偽らざる称賛。
だが、この時の士郎は他のヒロイン達と同じくバニー姿。「好きにして!」とは十中八九そういう意味であり、更に士郎の背後には彼のバニー姿に興奮し腕を絡ませる一成の姿が……
直後に「BAD END」と表示されるため、彼らがどうなったかは不明だが、見たら後悔するような展開なのは想像に難くない。

Fate/Zero[編集]

「うん、しょうがないから俺が代わりになってやるよ」
「爺さんはオトナだからもう無理だけど、俺なら大丈夫だろ。まかせろって、爺さんの夢は――」
―――俺が、ちゃんと形にしてやるから。
ある月夜に養父に語った誓い。
この言葉に遠い昔に捨ててしまった純粋な決意を見た切嗣は自分の後をなぞることもないと安堵して息を引き取った。
この台詞をもって「Zeroに至る物語」は終わりを迎え、彼の物語は「運命の夜」に移る。

カプセルさーばんと[編集]

「うん、その人生はお金がつきると回らないな!」
ケイネスの「カプさばは人生だ」という発言に対する返答。ソーシャルゲームのプレイヤーなら心を抉られること請け合いであろう。
基本的にカプさばのシロウはこんな感じで無邪気にエグい突っ込みをする傾向がある。
「兄ちゃん、もっと気楽に生きろよ!」
戦いに向けて、自分自身に対して思い詰めたように気合いを入れるウェイバーに対して。
確かに子供の遊びに本気になり過ぎではあるが……全Fateユーザーが思ったことであろう。お前が言うなと。
「よし!!カプさば引退する!!」
自分に勝ったシロウにセレブルマは自分が引けなかった「ギャラクティカセイバーFEファイナルエディション」を引いてと託した。
だが入手方法が伝説のウルトラレアさーばんとの名に恥じない困難さのためか即引退を決めた。
「そうか、そんな人生でよかったのか?」
英霊になった経緯をバゼットから聞いての反応。兄ちゃん呼びしたりこんな事言ったりしているが悪意はない。
「そうか、じゃあ、もし俺が聖杯戦争に参加することになったら、兄ちゃんと契約してやるぞ!!」
実績があれば正規英霊になれるかもと言うバゼットにもし参加した場合は契約すると約束した。そして7年後、再び出会う。
「そうか、来るところまで来たな!!」
行くとこまで行ってしまったトーサカを見ての感想。
「うん、そんな気してたからまあいいか」
トーサカが突然思い立ったベンチャー起業に巻き込まれることになったがあっさり受け入れた。幼くてもそういうところ変わってないとトーサカさん絶賛。
「そうだな――――、うん!!」
“――オレは、正義の味方だからな!!”
なぜそこまでするのかカレンちゃんに問われてこう答えた。

カーニバル・ファンタズム[編集]

「俺はみんなを幸せにしたいんだよ!」
カーニバル・ファンタズム、「ドキドキデート大作戦」より、テーブルを叩きながらこう力説する。
一見すれば自分を犠牲にしてでも他者を救おうとする彼らしい台詞なのだが、この時彼はセイバー・凛・桜と3(本当は4)又を掛けた上に全員と同じ日にデートの約束をしてしまっている有様なので、単なる言い訳にしか聞こえない。聞いていた遠野志貴も「また耳ざわりのいいことを…」と呆れていたが、彼の方も5(本当は6)又を掛けて士郎以上に二進も三進もいかない状況にあるので、人の事は言えない。
「まずいっ…!迅速かつお手軽に桜を幸せにしないと……!」
「ドキドキデート大作戦」に3股デート実行中に桜と凛がバッティングしそうになった時に飛び出した迷言。こう言いつつも妙案はなく、ポップコーン買ってくるといいつつ桜を映画館の中に押し込んで扉を閉めただけである。
「なんでさ…なんでか…なんで…なんで…なんでやん」
ひびちかスペシャルの蔵出し、メインヒロインとデート編にて、異変を察知した時の一言。
「俺はっ…みんなを幸せにしたかったんだ!」
同上の「メインヒロインとデート編」にて、士郎はテーブルを叩きながら力説する。本気で言っているのだろうが、残念ながら何股もかけてた言い訳にしか聞こえない。

TYPE-MOON Fes BD-BOX特典CD[編集]

「いや、俺の出番は昨日で終わっている。けど、楽屋でじっとしてるのは落ち着かなくてさ。物販の品出しを手伝ってるんだ」
鮮花になぜ出演者が売店の品物を運んでいるのか聞かれて。この士郎の発言になんてお人好しな人だろと彼女は思い調査の協力をしてもらえないか聞くことに決めた。
「初対面なのに手伝ってほしいって頼むくらいなんだから困ってんだろ、あんた。で、何を手伝えばいいんだ?」
手伝いの詳しいことをまだ何も話していないと言った鮮花に対しての返答。
「もしよろしければ手伝っていただきたいことが」としか言っていないのに「いいよ」と即答するお人好しさに鮮花は驚きながらもお礼を言う。
「も、申し訳ありません!男として情けないですよね!でも、あ、でもですね!?
 気が付いたらこうなっていたというか、宇宙の総意がマルチルートを選ばせていたというかっ…」
「いいんだ!?」
姉妹両方と交際しているのか遠坂と桜のダディに問い詰められ正直に告げた。
当然叱られると思っていたら「そこはいい」「紳士だから一夫多妻制に理解はある」「私だってしてみたかった」といわれ思わず突っ込む。
「ひぃぃぃっ!この人、ただの親馬鹿だ……!」
理解はあるが自分の娘達となると話は別。二股ということは凛と桜、どちらか1人では不満?解せない。私の娘のどこに不満があるとトッキーはお怒りである。

メモ[編集]

  • 「月下の誓い」が士郎にとって最も重要なシーンとされている。この誓いが遠因となってセイバーも救われることになった。
    • 『Fate/Zero』のカウントダウンは、切嗣が士郎に出会うまでの残り時間。出番は最終章に少しだけだが、彼と切嗣の問答『月下の誓い』が作品のラストを締める。
    • アニメ『Fate/stay night [UNLIMITED BLADE WORKS]』では、士郎と切嗣の座る場所が逆になっている。Fateルートであるアニメ『Fate/stay night』よりも短く、あまり尺を割けなかった様子がある。
  • 彼とアーチャーの呪文(オリジナルスペル)である「体は剣で出来ている」だが、PC版ではルビが振っていないため剣が「つるぎ」なのか「けん」なのかでファン内では物議を醸しだされたことがある。コンプティーク2006年2月のFate道場にて、「体は剣で出来ている」の剣をどう読むのが正しいかという質問に対して「つるぎです」世の中には剣と書いてブレイドと読む正義の味方もいるがな」と公式見解が出ている。しかし、その後もタイガーころしあむや劇場版アンリミテッドブレイドワークスでは「けん」であり、そもそも同じ意味の言葉である為、原作ゲームように読みやすい方で読めばそれでいいと思われる。
  • 『Fate/stay night [UNLIMITED BLADE WORKS]』を制作会社であるufotableが発売した2015年の日めくりカレンダーでは誕生日が4月となっているが定かではない。ファンからの「型月は関わっているのか」「公式設定なのか否か」という質問が寄せられたが、広報担当者はツイッター上で「知らない」と回答。さらに、UBWリアルタイム上映会での同じ質問には「ネット公開を禁止する」と回答。2016年には誕生日記述自体が削除されており、完全な黒歴史と化している。

人物について[編集]

  • 冬木の聖杯戦争における真の勝利者。経緯はどうあれ、「聖杯戦争を終わらせる」という願いを達成した。
  • セイバーと契約したことで彼女の過去を夢という形で垣間見るが、セイバー召喚前にも夢を見ている。この時の夢はセイバー自身のことではなく、「約束された勝利の剣」の夢。これは聖杯の影響で、聖杯戦争の準備段階・召喚前でも「士郎がセイバーのマスターになることが確定」した時点で「全て遠き理想郷」に魔力が通り、深層意識にあった「剣」のイメージがより表面化したため、とされている。
  • 冬木大災害に遭う前の生活や、実名(苗字)、実の家族について語られることは一切無く、今後もおそらく語られることは無いだろう。これは「衛宮士郎」の人生は大災害から始まり、それ以前の人生とは別物であることを印象付けるためだと思われる。
    また、設定の面では「全て遠き理想郷」を埋め込まれたことで起源(=魂の性質)が変化したため、「生まれ変わった」とも言えるかもしれない。
    • 月姫』の主人公である遠野志貴が、過去のことが語られたり、基本的な人格は幼少時から変わっていない様子であるのとは対照的である。両者の性格が相容れないことの原因にもなっている模様。
    • 両親について一切語られていないわけではなく、大火災が起きた後に士郎が両親に起こされて家を出たこと、逃げ遅れた母親と、士郎を先に行かせ母親を助けに戻った父親ごと実家が炎に飲まれ無くなったこと、切嗣に助けられた後もしばらくは家のあった場所に通い、誰よりも優しかった記憶の中の母親に笑いかけていたなどの記憶は本編の士郎にも刻まれている。志貴は記憶を外的要因による暗示で封印されていたため思い出せなかったが、士郎の場合は生き残ってしまった罪悪感、自責の念などで意図的に思い出さないように努めていることが両者の大きな違い。
      • 「生き残ったことに罪悪感を覚える」症状は現実にも存在し、「サバイバーズ・ギルト」という名称で呼ばれている。
  • 切嗣・桜・セイバーといった聖杯戦争に関わり絶望に沈んだ人々に救いを齎しながら、肝心の自分自身が決して救われない生き方を歩む人物。凛はその有り方を「ひどく歪」と評した。
  • TYPE-MOONエースvol.9のインタビューによると士郎はきのこ氏曰く「壊れている奴」「士郎は人間にあこがれているロボットみたいなヤツ」。
    • そもそも生きるのが辛い人間。本来は息をしているだけでも苦しい人間がどうにかして人前で笑顔を作ろうとしているというのが「Fate」の根幹にはあると三浦氏(監督)に語ったそうだ。また最初に絵コンテを上げたときに「士郎をあまり幸せそうにみせないでほしい」とも三浦氏は言われたらしい。天涯孤独の身ではありますが、大河や桜といった心許せる人たちに囲まれて、充実した生活を送っています。しかし、そんな状況にあっても真に満たされてはいないことを匂わせてほしいと。
  • 言峰のことを初対面の時から相容れないと感じ反発していたが、実はそれは好意の裏返しであり、好意を否定し気付かないでいるために必死に敵視していた。ある種のツンデレ。HFルートの最終決戦において、死を前にしても揺るがない言峰を見てそれを自覚する。
  • アーチャーは彼の未来の一つだが、遠坂凛が士郎の傍にいる限りその未来にたどり着く可能性はないとか。つまり、3つのルート全てで凛が生き残る『Fate/stay night』という物語は、彼にとって紛れも無く救いの物語であったということである。
    • ただし、ホロウでの発言から考えてアーチャーも生前凛と共にロンドンに旅立った可能性は高く、凛が生き残ること自体がアーチャーにならないことを指すわけではない。おそらく傍にいるという点がポイントなのだろう。
    • 凛ルート後はともかく、他ルートならばエンド後に凛と全く別の道を歩む可能性もありえるのでは? という疑問には、complete material IIIでの奈須きのこによる一問一答により、「どのルートでもならないし、どのルートでも可能性がある、とだけ言っておきます。基本、限りなくゼロですが。」と回答されている。
  • HFルートTRUEエンドのエピローグでは、名高い人形師の残していった素体を士郎の新しい体として使ったとあるが、この人形師と蒼崎橙子が同一人物かは不明。
    • この時点でも身長がかなり伸びており、ラストのシーンでは172cmもあるライダーよりも高く見えるほど。身長の事を気にしていた一面もある彼からしてみれば喜ばしいことだろう。
    • なお彼の立ち絵があるのはプロローグの学生服姿とこのエピローグのシーンだけであり、両方とも凛視点である。
  • あまり深く触れられていない部分だが弓を始めたのは弓道部入部以前から。大河によると相撲で負け続きにもかかわらずを勝つまでやめたがらない士郎に雷画が違う競技を勧めて弓を持たせたとのこと。
    具体的な年齢や時期については不明だが「だいたいな、何年前の話してんだよ藤ねえはっ!」という士郎の反応や「あははは、そっかそうだ。士郎、子供の頃はちっちゃかったから~」という大河の反応的にそれなりに昔、士郎が幼少期の頃であると思われる。
  • 自分の部屋には机と座布団しかない。『hollow』において、新しく購入した本棚を強調しているほど。
  • 主人公なのに私服のバリエーションが異様に少なく、いつも着ているシャツの個性の薄さから「ユニクロ」とファンの間で揶揄されていた。
    新アニメでは、流石にこの古臭い格好では可哀想だと思われたのか、今風のジャケットを私服として着ている。
  • 遠野志貴との相性は「性格や倫理観が異なるので仲は良くないが、双方温厚なので喧嘩にはならない」というのが公式見解。なお設定では同年代だが、世代が違うという事で向こうが目上であり、カーニバル・ファンタズムにおける双方の呼び方は「志貴さん」「士郎君」である。
  • デザインやスタイル、本物や偽物などのテーマから、原型は『空の境界』の臙条巴ではないか、というファンの説がある。
  • TYPE-MOON 10周年記念オールキャラクター人気投票にて、順位が切嗣と並ぶという奇跡が起きた(士郎12位・切嗣11位)。

能力について[編集]

  • 魔術師としての相対評価は、奈須氏によれば、シエルを100として凛を70〜100とするなら、彼は10で状況によっては40とのこと。
    • また、作中での魔術師的なレベルはケイネスが100+α、アルバが100、アトラムが20、凜が20~30とするなら士郎は10~20くらいだとされている。
  • 本来なら武具以外の複製は出来ない「無限の剣製」だが、訓練次第で美術品やその他の道具にも応用が利く。『hollow』では、アーチャーが釣竿を投影していたり、士郎が凛のためにおまるを投影しようとして殴られた。
  • 士郎は自身の異常な治癒能力を身体の中に剣があるかのように捉えている。しかし実際には抽象化されたイメージだけでなく、本当に体内に剣がある。士郎の再生能力は「まず筋肉を刀身に変換して、穴の開いた部分を剣で縫い付ける」という非常に回りくどい方法をとっている。この時の士郎の身体は非常に硬く、学校でライダーに襲われた士郎に刃が通らなかったのはこのためである(結果、面倒に思ったライダーは士郎を墜落死させようとすることになった)。
    • このことと関連して、無限の剣製を制御できないHFルート終盤のような状況では臓器が剣で傷付いていき、最終的には身体が剣に呑みこまれててしまう。

詠唱[編集]

体は剣で出来ている。
(I am the bone of my sword.)
血潮は鉄で心は硝子。
(Steel is my body,and fire is my blood.)
幾たびの戦場を越えて不敗。
(I have created over a thousand blades.)
ただ一度の敗走もなく、
(Unaware of loss.)
ただ一度の勝利もなし。
(Nor aware of gain.)
担い手はここに独り。
(Withstood pain to create weapons,)
剣の丘で鉄を鍛つ。
(waiting for one's arrival.)
ならば我が生涯に意味は不要ず。
(I have no regrets.This is the only path.)
この体は、
(My whole life was)
無限の剣で出来ていた。
( "unlimited blade works")
無限の剣製発動。アーチャーのそれと比べると、こちらのほうがやや肯定的な文句で構成されている。なお、士郎の詠唱は日本語で訳が英語。

話題まとめ[編集]

声優の話題
士郎を演じた杉山紀彰氏曰く、一番の収穫は「悲鳴のバリエーションが増えたこと」だそうである。まあ、本編でも七転八倒な上にデッドエンドも数多くバリエーションも豊かとなれば、無理もない話だが。
劇場版『Fate/stay night - UNLIMITED BLADE WORKS』では終盤の士郎のテンションを指摘するファンが多いが、実際に公式ガイドのインタビューで「終盤はテンションが上がってしまいずっと叫んでいた」事を明かしている。映像だけを見ると士郎が原作のような冷静な顔をしている為、ことさらに槍玉にあげられてしまう事になった。一方、杉山氏の熱演とキャラへの入れ込みを評価する声も少なくない。ちなみに海外吹き替え版では劇場版はもとよりTVアニメでも士郎は最高にハイなテンションであり、演者の劇場版に対する意識が見て取れる。
なお、原作をプレイしたセイバー役の川澄と凛役の植田はアニメ『Fate/staynight』のインタビューで苦手なキャラクターに士郎を挙げている。川澄曰く「過保護な父親みたいだから」らしい。なお、劇場版『UNLIMITED BLADE WORKS』のインタビューでは認識を改めている。
リミテッド/ゼロオーバー
『Fate/Grand Order』にて登場した概念礼装「リミテッド/ゼロオーバー」にて衛宮士郎が描かれているが、これは「衛宮士郎の完成系」というイメージのイラストとのこと。左半身に魔術刻印を宿し赤い射籠手を纏った姿はまさしくそのイメージに相応しいものだが、描かれた武装は干将莫邪でもカリバーンでもなく、日本刀であった。
このことについて、詳細文に「収斂こそ理想の証」と述べられていることから、「『無限の剣製』の全要素を収束させて一本の剣としたのではないか」との推測が立っている。
ちなみに、「心象風景を収束させて形作った武器」には前例がありそちらは「固有結界の亜種」との説明がされているのもこの説の信憑性を高める要因となっている。

商品情報[編集]

リンク[編集]