遠坂凛

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
遠坂凛
読み とおさか りん
初登場作品 Fate/stay night
声優 植田佳奈
身長 159cm(stay night)
124cm(Zero)
体重 47kg(stay night)
29kg(Zero)
誕生日 2月3日
血液型 O型
スリーサイズ B77/W57/H80(stay night)
性別 女性
イメージカラー 赤(stay night)
朱色(Zero)
特技
stay night
あらゆる事をそつなくこなし、ここ一番で失敗する
Zero
ポジティブシンキング
好きな物
stay night
宝石磨き、士郎いじり
Zero
父のお褒め
苦手な物
stay night
電子機器全般、突発的なアクシデント
Zero
父のお叱り
天敵 言峰綺礼
デザイン 武内崇
テンプレートを表示

概要[編集]

遠坂家の魔術師アーチャーサーヴァントを召喚し、聖杯戦争に挑む。穂群原学園では2年A組(hollowでは3年A組)。

略歴
冬木の管理者・遠坂の六代目継承者。
最優とされる「剣士」の英霊を召喚すべく準備してきたが、召喚の触媒が用意できず、父・時臣の遺した宝石で儀式を行う。結果、赤の弓兵を召喚。学園で起こったランサーとの戦闘に巻き込まれ口封じのために殺害された衛宮士郎を、自らの魔術で蘇生し助ける。その後、期せずしてセイバーを召喚した士郎と同盟を組み、聖杯戦争を戦う。
人物
容姿は黒髪・碧眼・スレンダーな体型。容姿端麗、文武両道、才色兼備の優等生……を演じている。無論、それを完璧に演じきれるだけの能力はあるが、凛の性格からしてみればそれは何重にも猫をかぶった状態であり、本来の彼女の性格を一言で示すならば、士郎が評した「あかいあくま」が最適。
競争相手がいるならば周回遅れにし、刃向かう輩は反抗心をつぶすまで痛めつける。「やるからには徹底的に」を信条としている。その反面、聖杯戦争冒頭で士郎を助けたり、その後もなあなあで士郎との同盟を最後まで続けるなど、完全に冷徹にはなりきれないお人好しな面も。
恋愛面に関しては割と乙女であり、興味がない人間からのアプローチはあっさり撥ね退けるが、気に入った相手に心から褒められると照れてしまい、調子を崩してしまう。ストレートな愛情表現となればなおさらで、とあるシーンでまったく予想外の方向から士郎に好意を示された時に真っ赤になって硬直してしまったことも。
能力
属性を二つ持てば優秀とされる魔術師にあって、五つの属性全てを兼ね備えた「五大元素使い(アベレージ・ワン)」と呼ばれる超一級の魔術師。
初等呪術「ガンド」を得意とする「ガンド撃ち」だが、物理的破壊力を持たないはずのガンドが高い魔力密度から拳銃弾並みの破壊力を持ったものになっている。物理的破壊力を持ったガンドを「フィンの一撃」と呼ぶが、凛のものはフィンのガトリングと呼ぶのが相応しいとか。
本来専門としている魔術はゼルレッチの「宝石魔術」。宝石の中で魔力を流転させ、本来保存できないはずの魔力をストックしておき、宝石に宿った念に乗せてそのまま魔力を解放することにより魔弾として戦闘に転用する。17年間休み無く織り上げた十の宝石が切り札。大師父であるゼルレッチの魔法「平行世界の運営」へいたることを目標とし、研鑽を続けている。また、兄弟子であった言峰綺礼より八極拳の手ほどきを受けており、近接戦闘もある程度はこなすことが可能。
非常に優秀な実力を持つのだが、遠坂家の遺伝的特質として、詰めが甘く肝心なところで凡ミスを犯すという欠点を持つ。さらに重度の機械オンチで、携帯電話は確実に使えない。

バリエーション / コスチューム[編集]

遠坂凛 (プリズマ☆イリヤ)[編集]

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』における凛。聖杯戦争そのものが過去のものとなった平行世界のため、日本に留まらずにロンドンに留学していた。

詳細は「遠坂凛 (プリズマ☆イリヤ)」を参照。

遠坂凛 (EXTRA)[編集]

『Fate/EXTRA』に登場する遠坂凛。アバターの外見は同一だが、実際には別人。

詳細は「遠坂凛 (EXTRA)」を参照。

やさぐれRIN[編集]

遠坂凛イロモノシリーズ。『stay night』のバッドエンド救済コーナー「タイガー道場」に登場した凛。作画はつくりものじ氏。

2頭身キャラで顔の表情がポンチ絵になっている他、火の付いた煙草を咥えている。この凛が出てきた時は大概、凛が死亡したバッドエンドで、士郎(プレイヤー)に対し愚痴を言ってくる。一度だけ、「飛頭蛮」状態(つまり、生首だけ)で登場した事もある。

カレイドルビー[編集]

遠坂凛イロモノシリーズ。宝箱の中で発見した杖の魔力で「魔法少女」と化した凛。

この杖は大師父ゼルレッチの残した「カレイドステッキ」で、魔術礼装としては宝石剣よりも高度な代物。だが、宿っている人工天然精霊「マジカルルビー(自称「ルビーちゃん」)」がハチャメチャな事態を引き起こしてくれるとんでもない代物でもある。

一時的に宿主(使用者)の意識をぶっ飛ばして精霊が掌握してしまうため、ポーズを決めてこっぱずかしいセリフを吐かされるなどなど、散々な目にあった。

Character material』では「カレイドルビー・シュバインシュタイン」という形態の設定が掲載されている。

諸葛凛[編集]

遠坂凛イロモノシリーズ。あかいぐんし。

士郎のイメージに時折現れる軍師様。うろ覚え孫子の兵法で士郎に助言、敵も味方も罠に陥れる。人をからかって遊ぶことに全知を費やす凛のイメージが投影されたものと思われる。軍師扇は氷室鐘のお古。

「孫子曰く、戦いとは正を以て合い、奇を持て勝つ。
 なんつーか、これを倒そうと欲するならば必ずこれをしばらく強くするべし、みたいな?」

実に、孫子が浮かばれない解釈である。凛本人はきちんと意味を把握しているんだろうか? この「正を以て合い、奇を以て勝つ」は「(事前準備をした上で)定石(正)の通りに会戦し、状況の変化に応じた戦術(奇)を用いることで敵に勝つ」といった意味。

巫女凛[編集]

遠坂凛イロモノシリーズ。遠坂神社の巫女さん。

遠坂家の家計を支えるため、賽銭の回収や絵馬、御神籤の販売といった労働に勤しむ。タイガー道場と同じような空間らしい。ちなみに宮司はアーチャーが勤めている。

「『お賽銭』! なにはなくとも『お賽銭』よ!?
絵馬は全部で四十種類。気が向いたら集めて見て。というか是非に、がっつりと。我が家の家計を助けると思って!」

英霊トーサカ[編集]

遠坂凛イロモノシリーズ。英霊エミヤが誕生しなかった世界線で誕生した奇跡の英霊。その正体は、ついに来るとこまできちゃった凛。カプセルさーばんとのマスターの一人。

まったく減らない借金(本人曰く通帳に収まりきらないレベル)に絶望して一緒に飲んでた世界と契約したという、英霊エミヤが聞いたら助走をつけジャンピングノリツッコミしそうな経緯で英霊となった。年利14.7%、破壊した聖杯1個につき3%返済という条件で次元を越えて聖杯の破壊を行っている。記憶もだいぶ摩耗してしまっているが、シロウの事はぼんやりながらも覚えていた。

シロウ編では最終的に自分自身を思い出した結果、開き直って借金を踏み倒した挙句、シロウと一緒に世界を乗っ取って英霊を有料で聖杯戦争に貸し出す英霊派遣会社「トーサカ英霊サービス」を立ち上げるという暴挙に出てしまう。リン編では過去の自分になかった事にしてやるとボコられたのち、どれだけ借金したのかと通帳を取られて見たところ、「既に借金完済しておりそれどころかおつりが来ている」という事実を教えられる。…だけならまだよかったのだが、リンともども調子に乗って祝いの散財をしてしまい以前よりも多額の借金を抱え過去と未来の自分揃ってまた借金返済の契約をする羽目に(しかも利子が更に上がっている)。

格好も性格ももうどこからつっこめばいいか分からないレベルになってしまったが、本人はやけくそを乗り越えたのかノリノリ。トッキーは吐血しているだろう。 あえてその容姿やファッション、口調を形容するなら、菌糸類が一時ドハマりしていたというスタイリッシュでバッボーイグッボーイな魔女のアクションゲームの主人公のベヨなんとかっぽい。

新魔法少女りん[編集]

アスキー・メディアワークス及びLillianのゲーム『ティンクル☆くるせいだーす STARLIT BRAVE!!』にゲスト出演した時の物。前述のカレイドルビーの衣装に酷似しているが、胸元が大きく開いているなど細部が微妙に異なる。

14歳の中学2年生「遠坂りん」という設定。何者かによって砕かれたエイレイ界の至宝「宝石剣」の欠片を取り込んで刻印精霊せいばーと契約したことで「ジュエルトレーサー」という魔法少女となった。欠片を探し、時には他のジュエルトレーサーと奪い合う「魔法少女ホウセキ戦争」なる戦いの最中に作中世界へとたどり着いたらしい。

イシュタル[編集]

バビロニアの美と戦の女神が「彼女と波長のよく合う人間」に宿った事で誕生した疑似サーヴァント。クラスはアーチャー

ゲーム中では”凛に宿った”とは明言されてはいないが、竹箒日記などで依り代が凛であることは明らかにされており、気持ち的に、『颯爽と生きる、責任感のある女』としての凛部分[出 1]

詳細は「イシュタル」を参照。

エレシュキガル[編集]

バビロニアの冥界の女主人。イシュタルとは姉妹神であり、対の神性を持つイシュタルに引きずられる形で同時に召喚されており、時折肉体に乗り移ることで現世で活動していた。

イシュタルと同じく、ゲーム中では”凛に宿った”とは明言されてはいないが、竹箒日記などで依り代が凛であることは明らかにされており、気持ち的に、『生真面目な秀才、恋にも真剣な少女』としての凛部分[出 2]

詳細は「エレシュキガル」を参照。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/stay night
メインヒロインの一人。どのルートでも全体を通して出番が多い。
Fate/hollow ataraxia
ロンドンに留学中で、不在。冬木市に呼び戻すためには……
Fate/Zero
幼少時。母の実家に避難中だが、行方不明になったコトネを探しに冬木市にやってくる。原作とアニメで結末が異なる。
Fate/EXTRA CCC
裏ボスとして、『stay night』の凛とアーチャーが現れ戦闘になる。
Fate/Grand Order
多数の概念礼装のイラストの他、疑似サーヴァントイシュタル……の依代としても登場。
イシュタル」としては女神の人格の方が表層に出ており、凛として会話をする場面は(今のところ)見受けられない。
ただ、擬似サーヴァントの常として依代となった人間の影響は少なからず受けている模様。

Fate関連[編集]

フェイト/タイガーころしあむ
居間にあった眼鏡をかけてみたら胸がまっ平らに! 呪いの眼鏡を何とかすべく、眼鏡の鬼となって街に出る。
フェイト/タイガーころしあむ アッパー
ある日突然、藤村邸に隕石が落ちる。現場に行くと、藤ねぇは行方不明。士郎に捜索を任せ、凛はとりあえず衛宮邸に戻るが……?
さらには魔法少女カレイドルビーでも参戦。愛と正義の執行者、魔法少女カレイドルビー。カレイドステッキに言われるまま、地球の危機を救うため、魔法少女因子を持つ美女を探しに地球に降臨!
Fate/unlimited codes
「優雅なる名門魔術師」。八極拳と宝石魔術を駆使する。ストーリーモードは完全にギャグルートで、初っ端から父親がZeroでやった戦略を全否定、セイバーを素手でフルボッコして自分のサーヴァントにするわ、言峰には溜息までつくほど頭を抱えさせるわの大暴走である。
徒手空拳であるためリーチが短く、少女であるため体力が低いと言う問題点を抱えているものの、それ以外が軒並み高水準。キャラランクは「二強次点」とされる。
格ゲーとはいえ、バーサーカーをも連環腿で延々とリフティングする様は非常にシュール。
なお、彼女の宝石魔術には弾数制限があるが、実際にプレイするとこれが影響する場面は非常に少ないため、ゲームバランスと言うよりは彼女の貧乏性を表現するためのシステムであろう。同じ宝石魔術使いであるルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトに弾数制限がないのがその証左。
氷室の天地 Fate/school life
本編でのメインキャラが冷遇される本作においては例外的に、2巻より準レギュラーとして定着。
カプセルさーばんと
主人公の一人で、難易度は「むずかしい」。自分の夢だけを叶えるために奮闘する少女。
小学生だが凄腕の魔術師。宝石魔術を使用するためかお金に目がない。カプさばを始めたのも公式大会が賞金制ということが大きな要因の一つ。
シロウとはパン銜えて学校に向かっている途中に曲がり角でぶつかって以来の付き合い。
また、ボスキャラとして「英霊トーサカ」も登場している。

その他[編集]

TMitter2015
インペリアルローマ・プロダクション所属の広告・経理担当。
プロダクションの運動会に乗じて乗っ取りを画策するも、様々な因果の巡り会わせにより脱税・横領と併せて発覚。高飛びに失敗してお縄となった。
余談だが、この企画が行われたのは2015年4月1日であり、アニメ版『Fate/stay nigh UBW』第二期初放映の3日前だったため、放映時は「脱税系ヒロイン」「保釈されたのか?」等と一部では言われたりもした。
ちびちゅき!
型月学園の特殊性により、『stay night』の凛と『EXTRA』の凛、それに『Zero』時代の凛が同じ学校にいるという、かなりカオスな状況に……。
きのこから、生徒会会計として「お金の流れを探知する能力」を与えられている。
また、ボスキャラとして「英霊トーサカ」も出演している。
アーネンエルベの一日
調査がてら、桜、ライダーを伴って来店。綺礼殺害の濡れ衣を着せられ、店長を押し付けられる。
Fate/ゼロカフェ~Fate/Zero Cafeに集う英霊達~‎‎
「ゼロカフェ」の小さなお客様。士郎、桜、イリヤとの子供グループで一緒にいることが多い。
大好きなお父様と一緒にカフェに行きたいのに、なぜかしょっちゅう苦手な綺礼と同席する羽目になる。
ティンクル☆くるせいだーす STARLIT BRAVE!!
アスキー・メディアワークス&Lillian製作のADV。『ティンクル☆くるせいだーす GoGo!』の豪華版/豪華限定版付属の特典ゲーム。他社のアダルトゲームからのゲストキャラ「キャラクターサイド」の人物の一人として登場。原作とは異なり、14歳の「新魔法少女りん」という設定で、刻印精霊せいばーとコンビを組んでいる。
「魔法少女ホウセキ戦争」という戦いの最中、作中の舞台である流星町に迷い込んだ。元の世界に戻るため、主人公・咲良シンや他作品のキャラクターたちと共闘する。
スクールガールストライカーズ
スクウェアエニックス開発のスマホゲーム。『Fate/stay night』とのコラボイベントで出張した。

人間関係[編集]

冬木[編集]

衛宮士郎
聖杯戦争で同盟を結んだ相手で、魔術の弟子。知り合う以前にも『桜を明るくしてくれた存在』として気になってはいた様子。またUBWルートでは過去に一度彼を見かけていたことも判明する。
魔術師として知り合って以降は、彼をからかうことが楽しみの一つに。ルートによっては恋人になる。
アーチャー
召喚したサーヴァント。
間桐桜
養子に出された実の妹。協約により彼女と深く関わることは禁止されていた。姉妹仲そのものは良好で凛も度々気にかけたりしているが、その一方で桜は姉である凛に対しコンプレックスを持ってもいる。ゲーム本編ではHFルートまで進まないと姉妹であるということは明かされない。
セイバー
同盟相手のサーヴァントで同居人。
ルートによっては凛のサーヴァントになる。割と馬が合っており、性格の相性は良いと思われる。
遠坂時臣
父。遠坂家の人間としての彼に憧れているが、実は聖杯戦争で凛の召喚を失敗させたのも彼(の悪戯)。
凛がそれを知らないのは時臣にとって幸いなのかどうなのか。また凛自身は時臣の『父親』としての一面しか知らず、彼の魔術師としての冷酷な一面は知らない。
遠坂葵
母。第4次聖杯戦争で脳に障害を負った経緯が描かれたが、第5次聖杯戦争の時点で既に逝去している。
間桐慎二
惚れられている相手。しかし、凛本人は特になんとも思っておらず、歯牙にもかけていない。
言峰綺礼
兄弟子であり後見人。幼少時代から彼の事は嫌っているが、その能力については認めている。凛に八極拳を教えたのも彼だが基本的には信用していない。そして父の仇。
美綴綾子
親友であり好敵手。以前、彼女とある賭けをしている。
柳洞一成
犬猿の仲。互いに人間性や能力は認めているものの、ソリは合わない。
氷室鐘
友人。勘が鋭いので正体がバレるのではと警戒している。
蒔寺楓
友人。暴走する姿に呆れているが、不思議と馬が合う相手。
「氷室の天地」では詠鳥庵の高級和服に釣られてコンビを組んだ他、500円のクレープを奢った事もある。
三枝由紀香
友人。直感で正体を言い当てられたが、周囲からは天然と見なされた。
沙条綾香
クラスメート。彼女が魔術師である事を知っている他、土地問題で仲が良くない。
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
時計塔でのライバル。
嫌い合ってはいるが魔術の才能も考え方も似通っており、好きな異性のタイプも似ている。所謂同族嫌悪。
ロード・エルメロイⅡ世
ロンドン編での後見人。ゲームを知らないと言っただけで「ファック!オマエは最悪の日本人だ!」と罵倒された。
キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグ
大師父。HFルートのトゥルーエンドでちょっとだけ絡みアリ。
コトネ
小学校時代の親友。原作では雨生龍之介キャスターに拉致されて悲惨な運命を辿ったらしいが、アニメ版では十数人の子供達と共に凛に救出される。
実は死にかけの際にカレイドステッキから契約を迫られて魔法少女にならないかと言われた、という話もあったりなかったり。
マジカルルビー
魔法の宝箱に封印した魔術礼装(に宿る精霊)。性格の相性は最悪。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
聖杯戦争における敵の一人。
カレン・オルテンシア
魔術師と教会ということで苦手だが、実は性格が近いため、結構馬が合う相手。
角隈
『氷室の天地』では実家から流出したアゾット日本刀を取り戻す為に、柳洞から紹介される形で「英雄史大戦」のタッグを組んだ。

ちびちゅき![編集]

遠坂凛 (EXTRA)
『stay night』版と『EXTRA』版が初の共演。
ある意味同一存在同士だが、金髪にラフな格好でフーセンガムを膨らます姿には「優雅さに欠ける」と辛辣。

カプセルさーばんと[編集]

シロウ
道の曲がり角でぶつかって以来の付き合い。互いに向いている方向は違うが、それほど仲は悪くない。
英霊トーサカ
自分と同一存在であることに気づき、あまりのアレっぷりにドン引きした。

その他[編集]

緋ノ宮二穂
『スクールガールストライカーズ』とのコラボイベントで出張した際に出会った中学生の少女。
「世界制覇」を志し、道を模索しながらも進んでいこうとする姿に共感し、「楽しむ事」「勝利し続ける事」をアドバイスとして送った。
なお、髪型や「体の一部」のサイズなど、共通点も多い。
パッションリップ
ドラマCD『バタフライ・エフェクト』におけるサーヴァント。
結果、「桜が未来でアレすぎる方向性の英霊になった」と思い込んでしまい、「桜の未来を健全な方向に修正する」と決意を新たにした。
シエル
ドラマCD『アーネンエルベの一日』にて、とある行き違いから戦った相手。
第五次聖杯戦争の魔術師の中でも有数の魔力量を誇る凛をして、「デタラメ」「桁が違う」という圧倒的魔力量の差から、最初から正面戦闘を捨てて臨んでいる。

名台詞[編集]

Fate/stay night[編集]

「そんなのは心の贅肉よ」
口癖。無駄を嫌う合理的な考えを実践しようとしている……のだが、結局凛には甘さが残るのであった。
まあ、それも凛の魅力の一つです。
「うるさーい! いい、アンタはわたしのサーヴァント!
 なら、わたしの言い分には絶対服従ってもんでしょうーーー!?」
アーチャーの召喚直後、彼の不遜な態度に腹を立てて、いきなり令呪を使って無茶な命令を行使する。その後、アーチャーから「地獄に落ちろ」と言われてしまう。
なお、凛ルートのグッドエンドでも士郎、セイバーに対して似たような発言をしたが、その時は「うわあ、あたしとんでもない無茶を言ってる――!」と直後に自己嫌悪に襲われている。
「そんな酷い目に遭ったんだから、せめてその後は楽しくやらなきゃ嘘でしょう!?」
自分が冬木大火災で生き延びたことに罪悪感をもち、同じようなコトがあったら自分が彼らを救わなければならないという誓いを胸に抱いて行動する士郎の生き方を聞き、それでは一生懸命に生きているのに決して報われないと悟った凛は、彼を想ってその生き方を否定する。
「えへへ。キス、しちゃった」
「うん。じゃあ、そういうの抜きでしよ」
肉体的パスを繋げての魔力提供、つまりは性行為を行おうとした際、士郎に、凛が好きだから義務みたいな形でやりたくないと胸の内を吐露され、乙女回路が回っちゃったらしい凛がキスをして言い放ったセリフ。士郎にとっては致死量レベルの破壊力をもったセリフだった。
なお、「Realta Nua」は全年齢対象(CERO:Cだが)のために魔術刻印の譲渡の方法も違うため、キスはするが後半の性行為を示唆するセリフはない。
「―――笑い飛ばしてあげる。悪い夢はここで終わりよ、士郎」
凛ルートに入った後、凛を逃がすためにキャスターに捕まったBADにおける最後の言葉。聖杯戦争はキャスターの優勝に終わり、どこかに幽閉された士郎は既に人の形をしていなかったが、凛はその悪夢を終わらせるために戻ってきた。これが凛自ら手を下して士郎を殺した描写のある唯一のEND。
「……あーあ。士郎の事は言えないな、わたしも」
「ごめんね。こういう勝手な姉貴で。
 ……それと、ありがと。そのリボン、ずっと着けていてくれて、嬉しかった。」
HFルートにて、桜に絶命の一撃を打ち込めると思った瞬間に、自分にはそれが不可能であると敗北を悟った時の台詞。
「いた~い、痛い、いた~~い~~。何なのよ、あの成金女。延髄に打ち込んでいるのに、何で倒れないのよ~~~……ぐすっ」
UFO版アニメ最終話にて、時計塔のトレーニング場でルヴィアとやり合った後で。べそを掻きながら士郎に甘えている所から、負けてしまった模様。

Fate/hollow ataraxia[編集]

「きゅうぅ…………星……星が見えるスター……」
ルヴィアゼリッタとの初見喧嘩時、痛烈な一撃を決められて漏れた一言。この後不用意な発言をした士郎に星を見せるスター。
「な、なななに勘違いしてんのよ……!わた、わたしは別に士郎を気遣ったわけじゃなくて―――!」
もはやテンプレレベルなツンデレっぷり。でも会話に不自然さを感じさせないのがステキ。
「さあ、いくわよシェロ!
 コンパクトフルオープン! 鏡界回廊最大展開!
 Der Spiegelform wird fertig zum Transport――!」
「お待たせ! 魔法少女カレイドルビー、ここに誕生!
 ――どうシェロ? 初めての変身にしては上出来でしょう!?」
カレイドステッキによって『魔法少女カレイドルビー』に変身させられた時に言わされたこっぱずかしい決め台詞。
「―――ええ。その全部が好きなの。」
「だから、唐変木なところも、鈍感なところも、歯に衣着せられない不器用さも、
 子供みたいに理想主義者なところも、傷を省みないところも、全部。」
「素直になりなさいよね貴方も。今の台詞、逆にそこが好きで好きでしょうがないって聞こえたわよ?」
士郎に対して素直になった世界の凛による惚気。聞かされたこっちの世界の凛の脳を激しくシェイクすることになる。

氷室の天地 Fate/school life[編集]

「……勝てなかったときは、いろいろバラすわよ?」
蒔寺達と料理対決をした時に沙条綾香を脅したセリフ。綾香の正体を示唆している他、綾香とは以前からの知り合いだった事も匂わせている。
「…そりゃ一般人が中途半端にコレを受信したら…ねぇ…」
蒔寺家の蔵に渦巻く諸々の怨念を感じて。
「危険だ…『管理者』としては後日絶対問い詰めないと…」
一般人に平然とマジックアイテムを貸し出す綾香に頭を抱える。
「あのモジャ公!!一般人に売るな!」
魔力が無くなっているとはいえ、神父が宝石魔術のタネを蒔寺の家に売った事に心の中で毒づく。なお、その宝石は亡き父との思い出の品でもあった。
「何言ってるんですか! 動機がはっきりわからなかったら… どのレベルまで問い正して追い詰めるのか匙加減がわからないでしょう? そこは過不足なく…」
『マキジ大作戦』より。生徒会費を無断でばら撒いていた犯人がほぼ確定し、動機を考える段階に入って。
完全に眼が据わっており、蒔寺も普段の猫の被りっぷりにドン引きしていた。
「あのねぇ!善意は善意でも『独』が付く善意はただの迷惑行為でしょう?
 話をしてみても『私はみんなを幸せにしたかっただけ』とか『とにかく全員をハッピーにしたかった』とか。
 ナゼカナ…。初めて聞く台詞なのに無尽蔵な怒りが込み上げてくるのは。」
同上。上記の犯人を「1週間ほど凹んでもらう程度」に制裁を加えた凛に対し、「本人としては善意でやったことだろ」と、やりすぎではないかという反応を示した蒔寺に。
この時点での凛は知る由もないが、そう遠くない未来、彼女はこの「無尽蔵な怒りが込み上げてくる」台詞を繰り返すに散々振り回されることとなる…。

カーニバルファンタズム[編集]

「うふふ、正々堂々頑張ります♡ 応援してくださいね♪」
「どんな汚い手を使ってでも勝つわよ!」
第9話にて。上の台詞をカメラ目線で言った直後、顔を影を隠して下の台詞を言ってのける。このブレなさこそ彼女の強さの根幹なのだろうか。第1話でも似たようなことをアーチャーに言っている。
「……電源を入れて録画ボタンを押すだけ……電源を入れて録画ボタンを押すだけ……電源を入れて録画ボタンを押すだけ……」
第4話より。士郎からブルーレイで録画を頼まれた凛。やり方を呪文のように反芻するが………なお、オープニングではブルーレイレコーダーの使い方が判らずにジタバタした挙げ句、魔術で粉砕しており、その様子をアーチャーがやれやれと見ているシーンがある。同話ではパニックを起こしてしまい、見物していたアーチャーがブルーレイの機能を丁寧に教えてくれるが、その狼狽ぶりを見られた凛は逆ギレしてアーチャーを家の外までぶっ飛ばした。その直前にもアーチャーを踏みまくっている。サーヴァントのステータス情報を彼女に適応した場合、おそらくこの時に限り筋力はCランクを超えていただろう。

Fate/EXTRA CCC[編集]

「アーチャー、あれやって、あれ! あいあむざぼーんおぶまいそーど!」
隠しボス戦での宝具発動時ボイス。無邪気にこう言う凛と正反対にアーチャーは言われた瞬間急激にやる気をなくしていたが、指示にはしっかり応えている。

フェイト/タイガーころしあむ[編集]

「フフフ……この遠坂凛、あえて眼鏡の鬼になりましょう!」
自分ルート。ライダーの眼鏡をかけたら胸が真っ平になってしまった。
眼鏡にかけられている魔術を解呪可能にするために、別の眼鏡に魔力を分散化させて魔力を少しでも持っている連中にかけさせていく事に決めた。
「違うわ!……あいつ、わたしの過去の失敗談や写真をみんなにバラすって脅して……
 あんのクソ神父ー!!こっちはそん時小学生だっつーの!!」
ランサールート。知られたら冬木市にいられないと、仕方なく言峰に協力していた。
「ばっっ、バーサーカーがアーチャーみたいなしゃべり方になってるゥ!?」
バーサーカールート。言語能力が戻ったバーサーカーの発言を聞いての一言。
実物は実際に聞いたほうが早いが、あんなしゃべり方だと認識されていたアーチャーがなんとも気の毒である。
「プッ!アハハハハハハ!!ちょっと何やってるのよあれ!!
 セイバーならわかるけどあれ…あれは!!あれはないわー!!」
キャスタールート。確かに制服着るには年齢的にあれだけど笑いすぎ。もう少し憚ってあげるべき。
「でもね…やるからには確実に息の根止めるわよ。そうしないと後々面倒だからね。」
「フッフッフッフ お主も悪よのう。」
カレンルート。言峰から教会を取り戻すことを仕方なく手伝うことになったが、やるからには徹底的にするとカレンと意気投合する。

カプセルさーばんと[編集]

「これは、誰かに見られる前に」
“―――なかったことにするしかない!!”
英霊トーサカに引いてこの可能性ごと消そうと戦うことに。
「なんと!!そこに気付くとは、やはり昔の私も天才か」
英霊トーサカの台詞。過払いしてるから結構お金返ってくると昔の自分に言われてこの反応。むしろ昔の方がしっかりしてて天才なのではないだろうか。
「どうしてこうなった!!!!!!」
トーサカが調子に乗ってまた借金してしまった上に、自身も英霊小学生『リン』として契約することに。トーサカが奢ってあげると言っていたのに何があったのか。

メモ[編集]

  • 絶好調は午前2時。ちなみにこれは死霊魔術師ネクロマンサーの魔術使いと全く同じである。
  • 魔術回路はメイン四十、サブがそれぞれ三十。魔力容量の半分程度なら一日ちょいで回復する。
  • 「そこに戦いがあるから戦う」という、どこぞの登山家ばりの理由で聖杯戦争に参加している。
  • 桜より精神的に自立しているが、実は精神耐性は桜の方が上。桜が間桐で受けた拷問に凛は耐えられないらしく、とあるBADENDで桜の影に陵辱され続けた結果、桜の言い様からして凛は精神崩壊に近い状態に陥っている。そのような極限状態でなくとも、頭に血が上りやすい凛と我慢強い桜のどちらが精神耐性が高いかといえば、どう考えても桜ではあるが。
    • とはいえ、人間サイドの登場人物の中では割と完成された人物とされており、士郎も凛と一緒に生きている限りはアーチャー化はしない。また、芯の通った強さを持っており、その強さが士郎を救い、アーチャーを救い、桜を救っており、本当に強い人物とは彼女のことを指していることも事実である[出 3]
    • 余談ではあるが、声を担当する植田佳奈氏は当初桜と凛のオーディションを両方受けており、受かるなら桜だと思っていたら凛に決まったことに驚いたという[出 4]
  • 重度の機械オンチ。日用品全てが駄目というほどではないが、それでも結構な割合で使いこなせない品があり、携帯電話は確実に使えない(『hollow』にて)
    • ……はずなのだが、『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』での凛は、携帯電話を使用しているシーンが存在する。
      これに関して、同番組のwebラジオでは、「既に通話状態だったルヴィアの携帯電話を凛が奪った説」が可能性として取り上げられている。
    • まほうつかいの箱』ドラマCD「赤いケータイさん」ではアーチャーを「大師父お手製のケータイ電話」に封じ込めた。アーチャーの悪態を聞きたくないがために電源を切ろうとしたものの、操作方法が分からずキレてブン投げ、アーネンエルベまで追いかけていくはめに。
    • 『氷室の天地』では「ロクに使いこなせていない」というレベルで、『hollow』の時のように「全く使えない」という事はなく、最低限の操作は問題なくできる模様。
    • 2010年のTYPE-MOON エイプリルフール企画では、アカウントの取得をアーチャーにやってもらって、Twitterにチャレンジしている。しかし内容を全世界に公開するシステムだと理解できておらず、私的な日記の内容を転載してしまい、悲惨な末路を迎える。エイプリルフール企画なのでもちろん起こった出来事は「嘘」である。
    • なお、その後のスピンオフストーリーなどはともかくとして、設定されている第五次聖杯戦争当時(西暦2000年ごろ)であれば、作品中でほぼ描写が存在しないことからもわかるように、携帯電話の普及率は現在ほどに高いものではない。さすがに特別で珍しい品というほどのことはないが、持っていないと奇異の目で見られるというほどに浸透し切ってもいない。凛にとって携帯電話が使えないというのは、この当時であればそれほど切実な弱点ではない。
  • 幼少期、時臣の魔術刻印を移植する際、拒否反応からくる激痛を抑えるため、とんでもなくまずい薬を服用している。これは痛みを和らげるというより刻印がなじみやすくなるよう体を作り変えるようなもので、副作用として体臭が変化した。以降、体臭を誤魔化すために香水を細かく使い分けたり、特注のシャンプーを使用したりしている。
  • 細かい作業をしたり説明セリフを喋る時には眼鏡をかけることがある。作者が重度の眼鏡っ娘好きである『氷室の天地』では当然ながらというべきか着用率が高い。
  • 本人の言葉によれば、純粋な日本人ではなくクォーター。両親の時臣か葵のどちらかがハーフということになる。
    • 「とびたて!超時空トラぶる花札大作戦」にて時臣が「遠縁のエーデルフェルト」と発言しているので、おそらくは時臣だろう。
  • 才色兼備の一端として、料理もそつなくこなす。特に中華を得手とする。
    コンプエース2010年2月号付録ドラマCD「イートイン・泰山」(現在はアンソロジードラマCDvol.1に収録)では、凛の中華料理のスキルは綺礼に習ったものではなく時臣を喜ばせるために自ら習得したものとなっているが、このアンソロジードラマCDの内容は(他のドラマCDとまとめて)公式の設定ではないと明言されているため、真相は闇の中である。
  • 凛の特性はようするに「何でもできる」ことなのだが、それは逆に、あちこちに半端に手を出してしまい、かえって大した成果に結びつかない、という器用貧乏に陥る危険性も持っているとのこと。
  • 公式にも無尽蔵なお金持ちであるギルガメッシュとは大変相性がいいとされる。彼の「油断・慢心」スキル(?)も凛の「うっかり」に通じるものがあるような。
    • 『Fate/Zero』の著者・虚淵玄氏も、ギルガメッシュを時臣のサーヴァントに決定した要因に、「お金持ち」だけでなく「慢心」「うっかり」を理由の一つとしてあげている。
    • 『Fate/unlimited codes』で対峙した際、凛「何か…お金のニオイがする。」 ギル「ん?やらんぞ。」というやりとりがある。
  • 高価な宝石を多数使い捨てるという魔術の性質上、遠坂の当主は代々「如何に自分の魔術の研究を早く終わらせ、魔術刻印の継承者の為に財産を増やしておくか」を考慮する宿命を負わされている。なお、遠坂家に限らず宝石魔術を使う魔術師の家は同じ宿命を背負っていると思われる。
    • 本来、凛には父・時臣の残した莫大な遺産があったはずなのだが、時臣の死後、凛が成人するまでの僅かな期間に、あらかた失われてしまっている。原因は、後見人として財産管理をするはずだった綺礼が、まるっきり杜撰[注 1]であったため。凛は色々な意味で綺礼をぶっとばしてよい。
    • 凛はケチでお金にうるさいが、実際のところは本当に貧乏で困窮しているわけでは必ずしもない。綺礼によって目減りしているが遺産そのものはかなりな物であり、他にも時臣が魔術協会に登録している魔術式の特許料など、働かずとも常に一定以上の収入はある[出 3]。何もしなくても年収●千万は堅いようだが、先代までの当主が築き上げたものであるため、彼女としては肩身の狭いものであることに変わりはないが[出 5]。ただ、凛が何もしてないのと、時臣が作った魔術式も現代(2004年)では時代遅れになりつつある為、遠坂家の財政は日々厳しくなる一方であり、ロンドンに出向いて手を打たないと危うくなるそうな[出 3]。何より宝石魔術は下手するとそれ以上に金がかかりかねない代物なので、貧乏になるのもやむなしか。
      • 切り札の宝石のお値段は総額一千万以上。ただ同じシーンで使い捨ての宝石なら十万円程度で済む事も話しているため、使っている宝石にはかなりのバラつきがあるらしい。魔力・因縁が絡んでるほうが魔力をため込みやすくていいということで、新品よりも中古品の方が宝石魔術に向いている。一方で、宝石の1粒あたりのお値段は「戦闘で使用する宝石限定で、平均でいうなら50万円ほど」とのこと。宝石は専用の入手ルートがあり、そこのバイヤーの娘さんと仲良しになれば安くなるかも、と日々頭を悩ませているとか[出 5]
  • 『Fate/Apocrypha』での凛は、遠坂家が大聖杯を諦めて魔術を学びつつも、拳法で根源にたどり着く道を模索しており、彼女が高校生になる頃には「魔術と中国拳法を組み合わせたまったく新しい武術」の開祖になっているのでは、と語られている。
    • 尤も、エーデルフェルト家に引き取られた桜が想像を絶するナイスバディなプロレスラーとなってルヴィアとタッグを組んで来日することを凛は想像していなかったそうな。
  • スカートはいわゆる「絶対領域」。何があってもその下は見えません。実は『Unlimited Blade Works』ルートのとあるシーンでは線画段階では見えていた……が結局下草を伸ばして隠すことに。ちなみに『プリズマ☆イリヤ』ではうまく機能していないのか、結構頻繁に見える。
  • まほうつかいの箱」の投票企画“ALL RANKING TYPE-MOON”の第1回マイBESTキャラ投票で3位入賞。2位のセイバーとは100票ちょっとの差だったが、大健闘に変わりないだろう。
  • 『Fate/EXTRA』のプロデューサー新納氏曰く「ランサーも凛も詰め将棋をするタイプなので、喧嘩も多いけど息が合うんじゃないかなあと思っていた」とのこと。実際、『EXTRA』で主従として共闘する二人の相性は良い。ちなみにこれは『stay night』凛ルートの展開にかけている向きもあり、『stay night』を知っている人なら「成る程」と思わせる組み合わせといえる。
  • CCCの隠しボスとしてアーチャーとコンビを組んだ凛と戦うことができるが、微妙に服装が違う、というか原作の凛の服装になっている。本来とは違うスキルも原作準拠の名前に変更されており、原作ファンのためのサービスと思われる。
    • 見比べてみると分かるのだが、ご丁寧にも胸の大きさの違いまでしっかり再現されている。
  • 魔術師としての才能をダイアグラムで表すと綺麗な円形を描く。数値で表すならシエルを100としたら凛は70~100。長すれば歴代の魔術協会の中でも百番以内に入る程の才能を有している。
    • これに関連して、魔術師的なレベルでは、ケイネスが100+α(特殊礼装分)、アルバは100、アトラムは20ぐらい。凛は20~30、士郎は10~20ぐらい(作中を基準)だそうだ。

商品情報[編集]




脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 但しこれは愉悦的な理由ではなく、単純に彼に財産管理の意思と能力が無かっただけ。

出典[編集]

  1. 竹箒日記2016/12/14より
  2. 竹箒日記2016/12/14より
  3. 3.0 3.1 3.2 『Fate/complete material Ⅱ』16-25ページ「遠坂凛」より。
  4. Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局 第04回より。
  5. 5.0 5.1 『Fate/complete material Ⅲ』130-136ページ「奈須きのこ・一問一答」より。

リンク[編集]