2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

松平信綱

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
松平信綱
読み まつだいらのぶつな
異名 知恵伊豆
性別 男性
年齢 不明[注 1]
一人称 拙者
二人称 貴殿、○○殿
デザイン 古海鐘一[出 1]
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

期間限定イベント『徳川廻転迷宮 大奥』にて登場した人物。

略歴
期間限定イベント『徳川廻転迷宮 大奥』ではカーマを主として仕えているフリをしていた。
先ず大奥が原因だと知った天海僧正と共に解決に最も必要だと思われた春日局の魂を救い、虚空に逃れさせた。天海僧正の手により自身の肉体を材料に、裏プログラムとしてブラックボックスに「曝露」の効能が仕込まれた花札を作成、更に天海に命を代償に術を刻み込まれた。その上で「徳川に仇なす者」という概念を付与する為に徳川への背信行為としてカーマに従った。そして自身が知る中で最も信頼できる武士柳生但馬守宗矩を大奥に取り込ませずに残し、主人公たちに救出させた。
春日局が魂の力で宇宙に大奥を形成した時を好機と見て、花札の術式を起動させ主人公を汚染する徳川化を中和した。また、柳生但馬守宗矩に斬り殺される事で魂だけの存在となり、天海の命を代償にした術で魂を「徳川に仇為す者」の性質を持った日本刀へと変化させ、大奥と融合したビーストⅢ/Lへの特攻武器となり、柳生但馬守宗矩に武器として使用された。
人物
徳川家光に仕える老中。肉体はカーマによって若返らせられている。表情差分は多い[注 2]が、基本生真面目な表情を貫いている。
下戸、もしくは必要とあらば飲む程度。非喫煙者。
かつて、天草島原の乱の幕府側の総大将として、この乱を鎮圧している。総大将という大役は家光が信綱の能力を高く買っていたという証左でもあったが、結果として信綱は島原の地獄を目撃することとなってしまった。大阪の陣以降戦のなかった泰平の世に、「戦を知っている」という一点においてたとえ剣を持たずとも、「武士の強さを持つ男」と柳生但馬守宗矩は評している。
能力
剣の腕は家光を守護する役目としてある程度使えるようだが、「知恵伊豆」[注 3]の渾名の通り知力に長けた人物。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
期間限定イベント『徳川廻転迷宮 大奥』で登場。

人間関係[編集]

徳川家光
幼い頃から小姓として仕えている。
天海僧正
共に家光に仕える家臣同士。ビーストⅢ/Lを倒す為に協力した人物。
春日局
共に家光を支えた「鼎の三脚」の一人。
家光の乳母であった春日局によれば、「私が上様と一緒にお育てしたようなもの」らしい。
柳生但馬守宗矩
共に家光を支えた「鼎の三脚」の一人。
『徳川廻天迷宮 大奥』では事態の打開の為にとある秘策を授けることになった。
ビーストⅢ/L
従ったフリをした相手。
徳川を滅ぼそうとする彼女に従う事で、自分に対徳川の性質を持たせた。
ビーストⅢ/Lは大奥と融合していたため、この性質がモロに効果を発揮し、追い詰める一手となった。
天草四郎時貞
島原の乱で滅ぼした相手。
松倉勝家
島原藩の藩主で、暴政で島原の乱の原因を作った張本人。乱の鎮圧後、斬首刑にした。

名台詞[編集]

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 期間限定イベント『徳川廻転迷宮 大奥』が春日局の没年、1643年とした場合の満年齢だと46歳か(数えでは47歳)。
  2. 非プレイアブルキャラクターとしては異例の立ち絵差分の多さ。
  3. 官職の「伊豆守(いずのかみ)」と「知恵出ずる」を掛けたもの。

出典[編集]

リンク[編集]