ビーストⅢ/L

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
ビーストⅢ
真名 カーマ/マーラ
外国語表記 BeastⅢ/L
性別 女性
依代 間桐桜
隠し属性
声優 下屋則子
デザイン ReDrop
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

『快楽』の理と対の概念を持つ第三の獣。『愛欲』を担う片割れ「ビーストⅢ/L」の疑似サーヴァント。

略歴
ビーストⅢ/Rの顕現・討滅に連鎖するように目覚めた、もうひとつの『愛欲』の獣の幼体。インド異聞帯に起こった異変の影響で顕現を抑止するシヴァ神などが消失したこともあり、相容れぬ存在であった対の獣を超えるべく、その対の獣を倒した人間を屈服させて羽化すべく暗躍。
春日局の魂に偶然反応し、江戸時代日本の大奥に特異点を形成。手始めに大奥の一角に自身を核とした一室を作り、そこに当代の徳川を招き入れて吸収し、それを起点に過去・未来の徳川やそれと深く関わりのあるものを吸い上げ、標的を「堕落にふける徳川」に変質させる宇宙へと誘う迷宮を形成した。
そしてノウム・カルデアのゴルドルフ・ムジーク新所長を誘惑して招き寄せ、その縁を用いてカルデアの職員やサーヴァントを次々と逆召喚し、彼らを材料として大奥の特異点を迷宮として増築するとともに、またたく間にノウム・カルデアを無人状態に追い込む。主人公の誘拐はシオンによって防がれたものの、奪還のため乗り込んできた主人公に対しても巧妙な罠を張り巡らせていた。
大奥迷宮は進むために仏教の五戒を破らせる構造になっていると同時に、徳川化の呪詛を秘めた印籠を随所で集めさせるように配置していた。目論見通り、真意に気づかぬまま最深部にたどり着いた主人公を自身の愛を持って堕落させかけるが、唯一カルデアで彼女の魔の手から逃れていた殺生院キアラの献身により取り逃してしまう。
再度主人公たちが進攻した際は印籠の呪詛により徳川化を更に進行させ、主人公たちを自らの群体で埋め尽くされた宇宙に放逐し勝利を確信したものの、松平信綱といった幕府の重鎮が密かに用意していた対抗策や、主人公と春日局の機転が鍵となって形勢逆転。迷宮内で奪還されたマタ・ハリシェヘラザードの協力を受けた春日局に領域の支配権を奪われる中、そのまま柳生但馬守宗矩たちとの戦いで追い詰められたことで、離脱の際のミスにより自身が大奥の領域から弾き出される結果を招き、春日局の魂を保護していたパールヴァティーの宝具によって焼却され特異点から消滅した。
その後は自身の宇宙の炎に身を浸していたものの、その領域のもとに自ら手にかけたキアラの姿が現れる。実はキアラはカーマを焼き続けるシヴァの炎を受けたことで彼女の内的宇宙に干渉できるようになっており、カーマ/マーラは消滅寸前にキアラに拾い上げられ霊基を弄られていたのである。
相反する不倶戴天の獣同士はともに敗北してその座を追われながらも、サーヴァントとして「人間に奉仕する」罰を受け入れた傍ら、その人間をどちらの手で堕とすかを、世界が終わるまで競い合い続けることを決めるのだった。
人物
もともとは神霊カーマ/マーラのほんの一端である分霊が、人間の形を借りて顕現した疑似サーヴァント。
(意識的な行為ではないにせよ)パールヴァティーによって『依り代の少女』の体は善と悪に分かたれ、カーマはその『悪』の体に惹かれるように憑依・転生した。男性神ではなく女性神となっているのはそのため。
ただし、こちらは依り代の少女としてのキャラクター(性格・性質)は持っているがパーソナリティ(経歴)はない。この点はイシュタルなどの神霊疑似サーヴァントと同様。
カーマ/マーラは愛という感情との親和性、存在としての多様性、負の側面の裏側を持つ。もとより存在が不安定な神霊であったのだが、その『愛と苦しみの混じった神核』が『依代』の運命性と一致し、より強固な霊基を獲得することになった。しかし、基本はアサシン・カーマとしての側面が強く現れるため、この霊基がビーストとして顕現することになるのは何らかの要因で比率がマーラ側に寄ったときのみである。
高圧的・嗜虐的・人類を見下しまくった言動をするが、にもかかわらず、彼女はどのようなものであれ『愛する事』『愛欲に堕とす事』ができる。
とはいえ、その愛はやはり相手を思っての愛ではない。「愛に溺れて堕落する」のではなく、「堕落させる為に愛を使う」のがカーマ/マーラの獣性なのだから。
ただしビーストⅢ/Rと同じく「自分自身の快楽を最優先してしまう」癖と、「すべてを肯定し、誰の行いも甘やかし、自然と堕落することを待つ」という手口が組み合わさった結果、よほど明らかな脅威を示さぬ限りは悠長に接してしまうが故の間隙が生まれる。
また各所に垣間見られる詰めの甘さや、障害に遭遇した際に描写されている著しい感情の起伏など、依代の少女にまつわる血統的な性格の欠点も散見される他、迷宮内では殺生院キアラに舌戦で押される場面も度々見られた。
能力
「(概念的な)宇宙を焼く」と言われるシヴァの第三の目によって概念があやふやになるほどに焼き尽くされたことによって、カーマは逆説的に「宇宙に値する存在」という概念を得ている。戦闘に用いるのは主にこの力。
迷宮においてはビーストⅢ/Rを倒した者を堕落させることにより、対の獣を概念的に超えることでビーストとしての羽化が進む。いわば、主人公が堕落するほどにカーマ/マーラの脅威度が上昇していく性質を持っていた。
カーマ/マーラはこの世、ひいてはこの宇宙に住まう数多の人間の欲(煩悩)に応えるため、姿や能力に高次の多様性を備え、具体的な形を以て昇華される。宇宙に住まう一人一人の欲(煩悩)に、確実に寄り添い、甘やかし、堕落させるためのこの権能は、ビーストとして成長が進むことでスキル「万欲応体」として発現する。それ故、彼女は自在にカスタマイズ可能な「全対応型自分」が、宇宙全てを埋め尽くさんばかりに無数に存在する群体型ビーストとして成立することになる。頭脳体という本体こそ持つものの、個々の戦闘力は非常に高い。

別クラス / バリエーション[編集]

アサシン[編集]

ビーストⅢ/Lが力の一部をアサシンとして残したもの。

詳細は「カーマ」を参照。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ビーストⅢ - C EX A EX B EX 獣の権能:A
単独顕現:?
ネガ・デザイア:A
万浴応体:EX

宝具[編集]

愛の世界、燃える宇宙(サンサーラ・カーマ/マーラ・アヴァローダ)
ランク:EX
種別:対界宝具
レンジ:100~99999
最大捕捉:1
ビーストⅢ/Lの専用宝具であり、特例として二つの真名を持つ。それぞれが『同じもの』を示しているが故である。
サンサーラはサンスクリット語で『輪廻』の意味を持ち、カーマの別名である『サンサーラグル』に由来する。アヴァローダはサンスクリット語で『障害』であり、マーラが釈迦に対し繰り出した様々な妨害、即ち堕落への誘いを示す。
良否二つの意味での『愛』の強制耽溺……天変地異規模での魔性を、カーマとマーラ、二神の力で顕す極限堕落宝具。
カーマの宇宙の中でこの宝具を受けた場合、それは『全方位に無差別にカーマが自分(分身)を送り込み、一方的な愛で宇宙を燃やし涸らす』という地獄────あるいは極楽のような光景を見ることになるだろう。

真名:ビーストⅢ/L[編集]

他者の愛と寄り添うことを定められ、他者の愛の巻き添えで消滅し、結果として無限を手に入れてしまったヒンドゥー教/インド神話の愛の神。
当然のように愛を倦んだ彼は、自らの無限の愛で全てを満たそうとする。宇宙(人類)が自らの愛で満たされれば、そこには不快で煩わしい他人の愛など存在しないのだから。
カーマの別側面となたマーラの語源は「殺すもの」とされており、「魔」「魔羅」「魔王」などと訳される。
仏教においては六欲天の第六天、他化自在天に住まう「第六天魔王波旬」とも。
マーラは釈迦が菩提樹の下で悟りを開こうとした際、様々な邪魔を行なってそれを阻止しようとした。
美しい三人の娘を送り込む(自身が変じたとも)、火の円盤を投げつける、岩石や武器を降らせる、怪物達に襲わせる、豪雨や嵐……
しかし釈迦は投げられた円盤や武器を花に変じてしまい、悟りの阻止はできなかった。
シヴァの邪魔をするカーマ、釈迦の邪魔をするマーラとして示されるように、「修行者を邪魔するもの」としての位置づけである。
カーマ/マーラは愛という概念の良否を同時に表している神だとも言えるのかもしれない。
通常のカーマはカーマ/マーラの割合が6:4だが、その比率がマーラに大きく寄った時、この霊基はビーストとして覚醒する。
カーマは宇宙の肉体を得たが、それは同一存在の魔王であるマーラが無辺際の領域(宇宙)のちからを手に入れたことに等しい。
『宇宙と繋がった欲望の魔王』が『宇宙と繋がった愛の神』に等しいという最悪・災厄により、カーマは『愛と欲望の宇宙的氾濫』という災害を内包する存在となった。さすれば人を滅ぼす獣の幼体となる資格は充分。
ここに在るは、宇宙を燃やすほどの愛欲(の矢)を人類に振りまく獣。
何をしてもよい。どんなに駄目になってもよい。
家畜に墜ちてもとことんまで愛し、肯定する。そんな究極の甘やかしをカーマ/マーラは可能とする。
宇宙の全人類に、一人一人に、かつて釈迦に与えた以上の愛(誘惑)を。
「煩悩無量請願断────辛いのでしょう?
 全ての悩みを燃やしてあげる」

菩薩の誓いを嘲り弄びながら微笑む姿は、まさに仏道の大敵、魔王と呼ばれるモノに相応しい。
以上の本性を持って彼女のクラスは決定された。愛の神なぞ偽りの名。
其は神魔が成り果てた、人類を最も広範に救う大災害。
その名をビーストⅢ/L。七つの人類悪の一側面、『愛欲』の理を持つ獣である。
ビーストⅢ/Rは『自分ひとりの愛で宇宙を満たす』=『自分に全ての愛を向けさせる』自己愛の化身だったが、
こちらは真逆に『人類すべてに向ける愛で宇宙を涸らす』=『全ての(本来、愛しい人に向けられる)愛を奪う』他者愛の化身である。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
期間限定イベント『徳川廻天迷宮 大奥」のボスとして登場。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

ビーストⅢ/R
彼女の対となるもう一人のビーストⅢ。
他者愛の塊、「全てに愛を与える者」であるビーストⅢ/Lに対し、ビーストⅢ/Rは自己愛の塊、「全ての愛を受け入れる者」であるため、RとLが並び立つ事は叶わないとのこと。
主人公 (Grand Order)
ビーストⅢ/Rの羽化を阻止した主人公に勝つことで、逆説的に自身がビーストⅢ/Rを越えることを証明し、羽化するために堕落させようとした。
徳川家光
特異点を作る為に大奥に潜入し、最初に懐柔した相手。
春日局
彼女の今際の際の「いつまでも徳川を守っていたい」という声に惹かれて、大奥を特異点の舞台にする事にした。
松平信綱
特異点を作った際、徳川を裏切って自分についた存在。
自分に対する叛意があるのを承知の上で便利に使っており、裏切った際に絶望させるのを楽しみにしていたが、思わぬ形で足下を掬われる事になった。
カーマ
期間限定イベント『徳川廻天迷宮 大奥』の後、カルデアに召喚されるために自身の霊器からダウングレードした存在。

生前?[編集]

覚者
魔王マーラとしての宿敵にして天敵。
この時のエピソードは「降魔成道」と呼ばれマーラの代表的な逸話となっている。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

戦闘[編集]

イベント[編集]

その他[編集]

メモ[編集]

  • パールヴァティーによれば、マーラとしての側面が強い状態のカーマは、本来はサーヴァントになるような存在では無いらしく、彼女が現れた事で「インド異聞帯で異変が起きたのでは」と心配している。
  • 男性神でありながら女性となっているのは依り代の影響だが、上記のように女性に化けたエピソードがあるので、両方の性を持っている可能性もある。
    • 手塚治虫の漫画『ブッダ』では、半人半蛇で4本の腕を持った女性の姿で描写されるなど、女性に化けた一面が強調されている。

話題まとめ[編集]

  • イベントシナリオにおいて、カーマは酸素供給をギリギリまで減らし、光を絶ち、無重力にした空間に主人公を長時間放り込んで心を折ろうとした。やり口がBBの犬空間とよく似ており、依代の少女の影響を感じさせる。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]