芳守鈴埜

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
芳守鈴埜
読み よしもり すずの
性別 女性
初登場作品 Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』に登場した一般人の女性。

略歴
池袋で生活していた一般人の女性。
援助交際を頻繁に行っていた為に池袋のヤクザに目をつけられ、捕まって制裁されかかるが、乱入したアサシンの毒でヤクザが全滅し、九死に一生を得る。
だが、そのままアサシンとその主である愛歌に囚われてしまい、ビーストを降臨させる生贄にされかかってしまう。
そんな中、キャスターの手で生ける屍状態にされていた來野巽の手によって助けられ、無事に逃亡する事となった。
人物
あくまでも一般人であり出番も少なく、その少ない出番も大半は愛歌の洗脳の影響下にあったため人間性はあまり見えないが、ヤクザに目をつけられる可能性も込みで危険な行為に手を出すなど、若干向こう見ずな性格ではある。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ
間章に登場した一般人の女性。愛歌の手で生贄にされかかったうちの一人。

人間関係[編集]

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ[編集]

アサシン
ヤクザから落とし前をつけられそうになっていたところを助けられる。……が、彼女の主の目的の為に捕まってしまう事に。
沙条愛歌
彼女の命令を受けたアサシンによって囚われ、ビーストへの犠牲にされかかってしまう。
來野巽
危うく命を失ってしまう所を、生きる屍状態になっていた彼に助けられることとなった。

名台詞[編集]

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ[編集]

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]