アメリア・レヴィット

提供: TYPE-MOON Wiki
2020年6月19日 (金) 17:28時点における白練 (トーク | 投稿記録)による版 (180.38.69.22 (トーク) による版 92385 を取り消し)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリア・レヴィット
性別 女性
初登場作品 Fate/strange Fake
テンプレートを表示

概要[編集]

スノーフィールド市の中央病院に勤める女医。

略歴
繰丘椿の主治医として、彼女の両親の不審な態度に首を傾げながら治療を行っている。
彼女がライダーを召喚したことにより発生したスノーフィールドの異変に巻き込まれてゆく。
人物
魔術師の家系に生まれてはいるが魔術については何も知らず、感性も一般人と同じである。
努力家であり、医学に携わる者として真摯に椿を救おうと手を尽くしている。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/strange Fake
マスターの一人である繰丘椿の主治医として、物語に脇から関わってゆく。

人間関係[編集]

Fate/strange Fake[編集]

繰丘椿
患者。両親が「彼女の意識回復」よりも「体の無事」を気にしていることに不信感を抱きつつ、彼女を回復させる方法を模索している。
ヴェラ・レヴィット
スノーフィールド警察に勤めている警察官であり、妹。
魔術師としての面にはまったく気がついていない。

名台詞[編集]

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]