ヴェラ・レヴィット

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェラ・レヴィット
性別 女性
所属 二十八人の怪物
初登場作品 Fate/strange Fake
テンプレートを表示

概要[編集]

スノーフィールド市の警察官の一人であり、警察所長であるオーランド・リーヴ直属の魔術師の特殊部隊「二十八人の怪物(クラン・カラテイン)」の一員。

略歴
オーランドの部下の一員として「偽りの聖杯戦争」に参加してゆく。
部隊の中では中核の一人であり、オーランドの秘書の役目も勤めている。
人物
怜悧な表情を浮かべた長髪の女性。外見通りクールな性格。
若干皮肉家なところがあり、彼女に変身した人物がオーランドに正体を誰何されただけで言葉を並べ連ねてパワハラ呼ばわりしたのに対し、彼も「いかにも彼女が言いそうな事」と返す程。
感性は魔術師的とは言い難く、魔術の才能が無く医学の道を志した努力家の姉を純粋に尊敬している。
能力
「二十八人の怪物(クラン・カラテイン)」の一員として、宝具化された拳銃を使用する。
ノッキングパワーが非常に強く、四発撃ち込まれただけで壁まで吹き飛ばされ大きな皹を入れる程。
弾痕から魔力を流出させる効果があるようで、『断想体温』で防御したアサシンでも流出を止める事ができず、直撃していたら行動不能になっていた事を覚悟していた。
また、光源設置の魔術を使っており、「二十八人の怪物」の中ではオーランド以外で唯一魔術を使用する描写がある。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/strange Fake
マスターの一人であるオーランド・リーヴの部下の一人として、「偽りの聖杯戦争」に参加していく。

その他[編集]

ちびちゅき!
相変わらずオーランドの部下として治安維持に当たっている。

人間関係[編集]

Fate/strange Fake[編集]

オーランド・リーヴ
警察官としての上司であり、魔術師としての師匠であり、所属する特殊部隊「二十八人の怪物(クラン・カラテイン)」の指揮官。
キャスター
上記のオーランドのサーヴァント。
魔術師としての実力には尊敬するが、自身の上司であるオーランドに対する態度はどうなのかと疑念している。
ジョン・ウィンガード
同僚であるが、基本的に上司以外の「二十八人の怪物(クラン・カラテイン)」同士の交流はあまり無く、最低限の会話を余儀なくする程度。
アメリア・レヴィット
姉。スノーフィールド中央病院に勤めている女医。
魔術の才能はなかったが努力家で人を救う仕事をしている彼女を純粋に尊敬している。

名台詞[編集]

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]