スノーフィールド

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search

概要[編集]

アメリカ大陸西部にあるネバダ州のラスベガスから北に位置する都市。乾燥地域で農地とは無縁だが、都市を囲んでいる土地の自然は四方によってそれぞれ異なっている。
千年前から先住民が共生した土地で、東部からの侵略を防いでいた。二十世紀初頭には小規模な居留地が点在する事を除けば何もないが、第二次世界大戦後に急速に発展し、現在では人口八十万人規模の都市へと変貌を遂げた。
その実はかつて極東の地で行われた聖杯戦争のシステムを再現する為にアメリカ政府の一部が魔術師と手を組んで先住民から土地を七十年足らずで奪い、無理矢理作り上げたモノ。
街全体に科学・魔術の粋を駆使した細工がなされており、住人は多少の事に対しては違和感を抱かないように暗示をかけられている。

市内[編集]

中央公園
フラットは奇跡とも言うべき方法でバーサーカーを召喚している。
警察署
中央区に存在する警察署。近代的な造りで、エントランスは三階層吹き抜けになっている。
警察署長であるオーランド・リーヴの工房でもあり、建物が丸ごと陣地になっている。
中央病院
中央区に存在する巨大な病院。美術館を思わせる白塗りの外観が特徴。街の中でも最高の設備を備えており、外科から心療内科まで担当している。
繰丘椿は既に一年も昏睡状態のまま入院しており、そこで一際異質なサーヴァント、ライダーを召喚してしまう。
繰丘邸
繰丘椿とその両親の自宅。
安モーテル
街の中心部から少し距離のある宿泊施設。街の中でも古い部類に入る。
フラットはそこで他者の使い魔に干渉してアーチャーランサーの戦いを覗き見している。
クリスタル・ヒル
街の中心部にあるビル群の中で、最も高くそびえ立つカジノホテル。
一流ホテルであるほか、市内最大のカジノ設備を誇っており、街最大の娯楽施設となっている。
最上階にある部屋、ロイヤルスイートは全面ガラス張りとなっているが、アーチャー陣営は真アーチャーの奇襲を受けてしまう。
中央区地下
スノーフィールドを造った魔術師と国の機関が運営する秘密区画となっている。このため、その規模にも関わらずスノーフィールドには地下鉄が通っていない。
キャスターもその一角でカンヅメ状態で疑似宝具を作り続けている。
オペラハウス
街の中心部から少し離れたところにある建造物。街の創設当時から存在しており、少なくとも建造から50年も超えている。
そこでカーシュラがセイバーが召喚される寸前にアサシンに殺害、両サーヴァントが戦闘を繰り広げた末に半壊される。
食肉工場
工場が立ち並ぶ区画の奥まった場所にある施設。周囲の巨大な工場を壁としている。
近隣の地区産業が盛んでないためか、時期によっては稼働しておらず、住民からもその存在を認知していないが、この工場はスクラディオ・ファミリーの所有物。
その地下空間に幾重もの結界を張り巡らせ、敷地面積よりも広大な「魔術工房」が存在しており、そこにアトラムが開発したシステムを奪取し、改良した装置が鎮座されている。
バズディロットはそこで真アーチャーを召喚させている。
実は周囲の工場群も含めてスクラディオ・ファミリーの所有物であり、複数の魔術師が防衛システムを担当しており、有事の際には一斉に起動させる事で工場群が融合し、入った者を逃がさない巨大な罠として駆動する。
スノーヴェルク区
元々はスノーヴェルク市という別の市だったのがスノーフィールド市に組み込まれた一角。
住宅街があり、繰丘家と彼らが運営する私設図書館もこの区画に存在している。

郊外[編集]

スノーフィールド北部
グランドキャニオンを思わせる赤い岸壁が連なる大渓谷。
そこから程遠いところにある山岳部の洞窟は元は天然の洞窟だったが、とある魔術師は人払いの結界を施すことで魔術工房として機能させ、アーチャーを召喚している。
洞窟から更に北へ数キロにクリスタル・ヒルと同じ高さを誇る渓谷の高台で真アーチャーがアーチャー陣営を狙撃させた他、アーチャー同士で戦闘が始まった。
スノーフィールド西部
乾燥地域には不似合いともいえる深い森林。
銀狼の合成獣はそこでランサーを召喚した。
スノーフィールド東部
幾つかの澄んだ湖と、その合間に無数の沼が広がっている地帯。
四方の中では比較的開発が進んでおり、湖沼の間に道路が張り巡らされ、釣り場やレジャー用の別荘が点在している。
西部の湖岸に建つ湖岸の別荘は一際巨大であり、黒と灰色を基調としている。結界が張られており、普通の人間には知覚は出来ていても『気にかける』ことが出来ない。
ジェスターはこの建物の地下でアサシンを召喚している。
スノーフィールド南部
都市部から見ると豁然と広がる砂漠の地帯。
アメリカ大陸にあるコロラド砂漠やアリゾナ砂漠に比べると面積は狭いが、それでも足を踏み入れれば遭難することもある。
アーチャーランサーはそこで激戦を繰り広げ、最終的には半径数キロにも及ぶ巨大なクレーターが出来上がってしまった。
コールズマン特殊矯正センター
スノーフィールドから北西数キロ離れた場所にある私立刑務所。とは言っても、それが刑務所であることを認知していない者が多い。
地下にバスケットコートほどの広さがあるオフィスがあり、そこでファルデウス・ディオランドと彼の部下達が偽りの聖杯戦争を監視している。

関連する用語[編集]

Fate/strange Fake
偽りの聖杯戦争の舞台。

メモ[編集]

  • 冬木市に続いて聖杯戦争の開催地にされてしまった都市。アメリカは州ごとに聖堂教会の影響力はまちまちだが、ネバダ州はあまり影響が強くないらしく、「偽りの聖杯戦争」開催時も聖堂教会は完全にハブにされた。
    経緯を考えると、偽りの聖杯戦争を開催することを見越して、聖杯を設置する場所として聖堂教会の影響力の薄い州を選んだ可能性が高いが。
    しかも聖杯の性質もあってか、呼び出されたサーヴァントはとんでもない強さとイレギュラー揃いとなっている。
    • 南方の砂漠は半径数キロのクレーターが形成され、オペラハウスが半壊されてしまうなど、物理的な被害はかなりのものとなっている。
      マスターの願いを叶えるために偽のライダーが街の人間を操って夢の中に投影させ、三巻ではスノーフィールドから出ようとした人間が即座に操られるという事態に陥っている。
    • アメリカにある湖近くの観光資源豊富な街や一般人から見ると怪しい先住民等、ロケーションが某ホラーゲームの舞台である霧の濃い街にそっくりである。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]