繰丘椿

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
繰丘椿
読み くるおか つばき
性別 女性
初登場作品 Fate/strange Fake
テンプレートを表示

概要[編集]

偽りの聖杯戦争において最初に召喚されたサーヴァントライダーと夢の中で契約した少女。

略歴
1年前からスノーフィールド中央病院の病室で眠り続けている小豆色の髪の少女。
彼女の両親は本来の「聖杯戦争」からそのシステムを掠め取った者たちの一派に属しており、同時期に盗み出した、とある『蟲使い』の魔術体系の一部を応用・改良した細菌レベルの微小な蟲を幼い娘の肉体に植えつけ、後天的に魔術回路の増幅を行おうとした。
椿の中に巣食う『細菌』は果たして、多くの苦痛を代償として彼女の魔術回路を絶大的に増やしはしたが、暴走によって少女の意識を奪い、長期にわたる昏睡状態に陥れてしまっている。
無意識に行使している魔術によって、夢の中に現実と寸分違わぬ──人間が誰一人存在しない点を除いては──スノーフィールドの街を再現し、独りそこに過ごしていた椿はある時突然に現れた、黒い靄のような禍々しい影と言葉を交わし、誰にも知られる事なく偽りの聖杯戦争における最初のマスターとなった。
人物
まだ10歳と3ヶ月の幼い少女ながら、ともに魔術師である両親からは彼らの開発した『細菌』による人体改造の実験台とされている。
両親からの愛、それは自分たちの研究成果をその身に宿し、次代に受け継がせるための道具としての関心だったが、幼い椿がそれを理解する事は出来ず、彼女はただ両親の期待に応えたいという子供らしい健気さで苦痛と恐怖しか与えられない実験に耐え、遂には『細菌』の暴走によって意識を奪われるに至る。
椿の肉体は病院のベッドで眠り続け、意識は彼女独自の魔術で夢の中に作り上げたスノーフィールドの街を彷徨っていたが、その身を蝕む『細菌』を触媒として夢の中に召喚されたサーヴァント、ライダーと出会ったことで少女は寂しさから解放される。
──それが、現実の世界にどんな災禍をもたらすのかも知らぬままに。
まだ幼いためあまり難しいことは考えられず、「大好きな家族と幸せな毎日を過ごす」以外に特に望みはない。
まがりなりにも魔術師としての訓練を受けているため、敵意の無い霊などの超自然的なものは平気だが、地震や雷などの自然現象は年相応に怖がる。
能力
両親の行った非道な実験により、その魔術回路は後天的に絶大な増幅・拡張を遂げている。まだ繰丘家の魔術を伝授される段階にはなかったため、使える魔術は彼女が無意識に行使している「夢の中に現実を投影する」もののみ。現実世界を再現するための演算に大容量の魔術回路を要する割に、夢の中から現実に働きかける事は出来ず、進んで研究したり開発したりする魔術師もまずいないような術である。
但し、そこにライダーの能力が合わさる事で、椿の夢は病に冒され、生ける死者と化した人々を閉じ込める牢獄へと変わっていく。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/strange Fake
夢の中でライダーと契約を交わした眠れる少女。誰にも知られる事のないこの契約こそが、偽りの聖杯戦争の幕開けとなる。

その他[編集]

ちびちゅき!
初等部所属。健康体なので元気に学校生活を送っている。
スノーフィールドと違って友達も増えているようだが、後ろの人の影響か一部の生徒には怖がられているらしい。

人間関係[編集]

ライダー
椿の夢の中に召喚されたサーヴァント。人の姿も、心も持たない「聖杯戦争のシステムを再現する知識」のみで動く怪物だが、無人のスノーフィールドで孤独に過ごしていた椿にとってはやっと出会えた他者である。
サーヴァントとして、マスターである椿の望みに従い、その孤独を癒すためにスノーフィールドの街を病魔に冒していく。
さすがにまともな存在ではないと気づいてはいるだろうが、自分のサーヴァントとは気づいておらず、「まっくろさん」と呼んでいる。
繰丘夫妻
椿の両親。スノーフィールド市の一角を成すスノーヴェルク地区の私設図書館の館長をしている。
冬木の聖杯戦争からシステムを盗み出す際にとある蟲使いの術をも掠め取った一族の流れを汲む彼らは、細菌レベルの微小な蟲を開発し、幼い娘を被験体として魔術回路の増幅などの人体改造を行っていた。娘に対しては世間並みの親のような愛情など持たず、ただ研究の成果である魔術回路と、次代に血を引き継がせる生殖能力さえあればいいと考えている。
ファルデウスらと共謀して偽りの聖杯戦争を引き起こす算段をしており、秦の始皇帝を召喚するため宝具としても有用な聖遺物を触媒に用意していたが、ライダーの力により病魔に冒され昏倒、次に起き上がった時には「椿の思い描く理想の両親」を演じるだけの生きた屍と化していた。
アメリア・レヴィット
スノーフィールド中央病院に勤務する、椿の主治医。警察署に勤務するがいる。
魔術とは無縁の一般人なため、娘の生殖機能のみを心配する繰丘夫妻の態度に困惑していた。
ジェスター・カルトゥーレ
少年の姿で夢の中に現れた彼と友達になる。
彼が、麗しの暗殺者を絶望させるための道具として自分を利用しようとしていることなど、何も知らずに。

名台詞[編集]

「ごめんなさい、ごめんなさい……痛がってごめんなさい……!」
「ちゃんとやりますから! ちゃんと、ちゃんとがまんしますから!」
「だから、だから捨てないで! 捨てないで……!」
両親からの虐待まがいの行為を愛情だと信じたまま、彼らの期待に沿えない自分を捨てないで欲しいと悲痛な叫びを繰り返す。
「だあれ? わたしは、くるおかつばきです」
異形のサーヴァントを恐れもしない、あどけない問いかけ。
この瞬間から、眠れる孤独な少女は偽りの聖杯戦争における最大にして最悪のダークホースと化す。
「かみなり、怖いよう……」
夢の中で、雷の音(現実世界でギルガメッシュとエルキドゥが本気で戦っている余波)に対する怯えを見せる。
「みんな、この町が嫌いだからどこかにいっちゃったのかなあ……」
「ありがとう、大丈夫だよ、まっくろさん」
「前と違って、今はこんなに動物さんたちがいるんだもん……」
「今ならもう、お父さんもお母さんも、誰も町から出て行かないよね」
夢の中に動物達が現れ始めたものの、自分と両親以外は誰もいない町を見ての述懐。
彼女としてはなんでもない言葉ではあるのだが、これを「願い」と解釈したライダーによって、現実のスノーフィールドは脱出不可能な牢獄と化した。

メモ[編集]

  • マキリの術の流れを汲む蟲に心身を苛まれている、ライダーのサーヴァントと契約する、いつの間にやらラスボス候補……と、メタな次元でごん太の不遇ヒロインフラグが立ちつつある。名前からして「桜」と「椿」で対になっている。天性の魔術が夢を媒介としたものであるところを見るに、虚属性を持っている可能性さえある。いつか彼女が元気で幸せになるためにも、ライダーさんには頑張ってほしいところ。
    • 『ちびちゅき!』では慎二(stay night)に小さい頃の桜と似ていると評されており、同時に懐かしさを感じさせた。
  • 秦の始皇帝には「夢の中で海神を弓で射殺したら、現実世界でも大魚が死んでいた」という彼女の魔術と相性抜群な逸話があるため、上記の「宝具としても有用な聖遺物」が何らかの使われ方をされるのではないか、と見られている。
    • なお、後に始皇帝は『Grand Order』にて実装されるが、基本設定自体が異なる事もあってか弓の宝具を持たない形となった。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]