おぬい

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
おぬい
初登場作品 Fate/Grand Order
性別 女性
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Grand Order』に登場するキャラクター。
質素な和服を着た少女。

略歴
『Fate/Grand Order』の亜種並行世界Ⅲに登場。下総国に住む少女。
怪異に両親を殺された後、サーヴァントとして現界していた千子村正に養われているところを主人公および宮本武蔵と遭遇する。
以降は彼らに同行したり一足先に家に戻ったりと誘拐されたりと様々な体験をしながら物語に登場し、千子村正も消滅して主人公達と別れた後は宮本武蔵のような女剣士になりたいという夢を抱いた。
人物
快活で面倒見が良く、好奇心旺盛だが状況を考えて自重もできるという非常に良い子。
弟の田助の手前自分がしっかりする必要があると思っているようだが、本当に怖い時には狂乱しないものの年相応に怯えも見せる。
両親を無くしてからまだ二ヶ月くらいしか経っていない為か、母親を求めている傾向が若干ある。

登場作品と役柄[編集]

Fate[編集]

Fate/Grand Order
亜種並行世界Ⅲに登場。主人公達に同行した。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

田助
弟。まだ赤ん坊なため、ほとんど背負って一緒に行動している。
彼女が年齢以上にしっかりしているのも彼の存在があるためと思われる。
千子村正
怪異に両親を殺された後出会い、彼に弟共々養われる事になる。
「じいちゃま」と呼んで慕っており、家事の手伝いも行っている。
宮本武蔵
偶然出会った女性。彼女に憧れた為か、彼女のような剣士を目指す事にしたようである。
ライダー・黒縄地獄
自分を誘拐した女性。鬼としての面に怯えつつも、母親としての面影を見いだしている。

名台詞[編集]

メモ[編集]

  • 亜種並行世界Ⅲの物語全体が山田風太郎の『魔界転生』とそこからの派生作品をオマージュしている事を考えると、彼女のモデルは映画版の魔界転生で柳生十兵衛の弟子である三人の女剣士の一人「お縫」であると思われる。
  • 非サーヴァントキャラクターでありながら、専用の立ち絵が田助を背負ったもの・背負っていない正面向きのものと2種類(+表情差分)用意されているという、破格の扱いを受けているキャラクター。亜種並行世界Ⅲではメインヒロインである武蔵がむしろヒーロー寄りのキャラクターをしていることもあり、半ばヒロイン的なポジションを担っている。
    • これまでにも個人名・表情差分のあるモブは存在したが、ここまで優遇されたキャラはほぼ初めて。シリアス度も高くなおかつ血生臭さの強いストーリー中で、健気で素直な彼女は一服の清涼剤として機能した面もあり、記憶に残った人も多いのではないだろうか?

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]