エンハウンス

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンハウンス
外国語表記 Enhance
所属 死徒二十七祖
序列 第十八位
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

死徒二十七祖第十八位、「復讐騎」「エンハンス・ソード(片刃)」「死徒殺しの吸血鬼」。

略歴
先代十八位を殺してその座についた。祖になってまだあまり時が経っていない。
死徒でありながら他の祖を狩ろうとする異端。
死徒同士が敵対するというのは実は珍しくない。しかしそれには一定のルールがある。それは、その敵対関係は祖を同じくするグループ内で、というもの。他の祖のグループには手を出さない。死徒同士の敵対は一種の権力闘争であり、王である祖の寵愛を受け、ゆくゆくは祖の後継者の座を狙う闘いなのである。しかしエンハウンスが行っているのは、他のグループの死徒を殺すこと。しかも王である祖を狩ろうとする。血族は皆殺しにし、領地は全て焼き払う。死徒にとっては度し難い裏切り行為。
彼が死徒となった経緯、そして何のために同族である死徒を狩っているのかは、明らかではない。
人物
未だ人間である部分が多く、その精神性は死徒ではなくヒトに近い。
極めて執念深く、精神力と行動力は死徒随一。
能力
若いこともあって、他の祖のような超抜能力は持っていない。半人半死徒と蔑まれ、まだ人間の部分を多く残す、吸血鬼としては非常にハンパな存在。
先代から奪った「魔剣アヴェンジャー」と、教会製の長銃型概念武装「聖葬砲典」で武装している。しかし、魔剣は振るう度に人間である右手の神経を破壊し、銃は死徒である左手を腐らせる。
吸血鬼として僅かな変身能力を持っているらしく、鳥とも虫の足ともつかない羽を生やして飛ぶことが可能。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

月姫[編集 | ソースを編集]

the dark six(仮名)/Prelude I
湖の死徒と呼ばれるルヴァレの討伐に赴き、バルトメロイ死神にかちあう。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ルヴァレ
湖の死徒。討伐に赴く。
バルトメロイ・ローレライ
同時にルヴァレの討伐にやってきて、邪魔をされる。
死神
ルヴァレの討伐を先んじられてしまう。

名台詞[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • (もしあれば)月姫2の主人公の一人となる、といわれる。
  • 聖葬砲典のメンテナンスをするのは、聖堂教会一の火器好き
  • その容姿はぶっちゃけ「ダンテ」——「デビルメ○クライ」の主人公らしい。

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]