2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

アルクェイド・ブリュンスタッド

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
アルクェイド・ブリュンスタッド
外国語表記 Arcueid Brunestud
初登場作品 月姫
声優 柚木涼香(MELTY BLOOD)
生天目仁美(真月譚 月姫)
身長 167cm
体重 52kg
誕生日 12月25日生(自称)
血液型 不明
スリーサイズ B88/W55/H85
デザイン 武内崇
テンプレートを表示

概要[編集]

月姫のヒロインで、真祖に区分される吸血鬼。

略歴
十二世紀頃、真祖たちによって人工的に抽出され、「最強の真祖」としてデザインされて生み出される。誕生した後、最高の性能を発揮できる段階になるまで眠りに付くことになるが、その際に魔導元帥ゼルレッチと出会い、その縁で彼が後見人になっている。
その性能からアルクェイドが朱い月の器となり朱い月が復活することを恐れた真祖たちにより、堕ちた真祖に対する執行者として運用され、記憶や感情などはほとんどが執行後に毎回リセットされていた。
堕ちた真祖を根絶した後は、死徒も狩り出すようになり、この頃からは真祖たちもアルクェイドに執行者としてのもの以外の知識なども学ばせることを検討し始めた。しかし、吸血衝動が芽生え始め、同時期に初代ロアの奸策に嵌って彼の血を吸ってしまい、暴走。
その場にいた全ての真祖を根絶してしまう。以後、ロアを終生の敵と定め、彼の転生に併せて目覚め、滅ぼすことを目的として行動。それ以外の時間は居城「千年城ブリュンスタッド」で自らを拘束して眠りについている。
以前、アルトルージュ・ブリュンスタッドに髪を奪われた。これを取り戻さない限り、彼女の髪が伸びることはない。アルクェイドの髪がロングで描かれているのは、過去の回想であったり朱い月の幻視であったりする場合のみである。
18代目のロアが現れたことで、彼女もまた活動を開始。潜伏先と思われる街に赴いたが、そこでとある少年に出くわして……。
人物
基本的に無邪気で天真爛漫。感情の起伏が激しく、わがままとも取れる行動をとる。
だが、それは社会経験が乏しいためで本人に悪いことをしたつもりはない。自由奔放な猫のように、明るくしなやかな女性。
しかし、本来は感情を排した状態で「運用」されていた。感情が生まれたのは、志貴に殺された影響で彼女のシステムが孕んだバグのようなものと形容される。
深層意識に「朱い月」と呼ばれる行動理念が存在するが、現在はあくまでアルクェイドの人格の影、生まれたままの人格を維持する空白に過ぎない。
能力
TYPE-MOON世界における最強生物の一人。真祖が持つ圧倒的身体能力から繰り出される爪と精霊レベルの「空想具現化」を有する。精霊種である真祖の特性として自然からエネルギーを引き出すことが可能で、星という無限のバックアップを有する。
オールラウンドに力を発揮できるため勝率は高いが、星の抑止力の一端である真祖は無駄なことが出来ないため、出力が相手の個体能力のやや上に制限される。このため個体能力以外(宝具などの武装や技術)が強力な相手には不利。
また、真祖の例に漏れず、吸血衝動の抑制に70%の力を回しているため、通常は30%までの力しか出せない。
30%アルクェイド(通常アルクェイド)はサーヴァント約2体分の個体能力で4倍の強さ。
原作者である奈須氏曰く、

アルクェイドの4分の1くらいかな?一人頭の強さは。サーヴァント一人だとアルクが勝つだろうけど、サーヴァント二人だとアルクがてこずってる間に後ろからプスッと……いけるかな。
(フェイト/ステイナイト・プレミアムファンブックより抜粋)

とのこと。月姫では志貴に17個の肉片に解体された上に、切断箇所を直死の魔眼の力により「殺されて」しまったため、大部分を新しく創り直す必要が生じた。このため一時的にだが星のバックアップすら追いつかないほど大きく弱体化している。
吸血鬼であるが、太陽の光を「なんかあつーい」で済ませる。昼間も気ままに町を闊歩するが、一応、活動のメインは夜。志貴が朝に部屋を訪ねても大概は昼まで惰眠を貪ろうとする。
弱点
その膨大な最大HPと同値以上のダメージを与えるような運命干渉概念か、相手の武装が相手自身より強大で、尚且つ数が膨大・用途も多岐に渡る場合。
奈須氏によれば

アルクェイドが能力値的にランサーを凌駕していようと、運次第でコロっと殺されますから。
(コンプティーク2006年10月号、Fate道場Q&Aより抜粋)

その他、「ギルガメッシュとアルクェイド(30%)はどちらが強いのですか?」という問いには、以下のように答えている。

アルクはオールラウンダーなので総じて勝率が高いだけであって、どうしても苦手な相手というのは存在します。
本人の能力はアルクと同格でも、その武装がとんでもなく多く、用途も多岐にわたる場合とか。
アルクが許される引き出し額は相手の『個体能力』に準じるので、ギル様のようなタイプには、ほら、ねえ?
あと、通常アルクェイドはサーヴァント約2体分の個体能力ってことでひとつ。
(コンプティーク2006年9月号、Fate道場Q&Aより抜粋)

空想具現化
マーブル・ファンタズムとも。空想の通りに自然を変貌させる能力で、自然・世界の触覚である精霊が持つ。反面、自然から独立しているモノ(人間など)には直接干渉できず、動物相手には限定的な効果になる。
『月姫読本』によれば、異界(「隠れ里」や「常春の国」など)はその異界の主である精霊が描いた空想世界である。故に、人間が迷い込むことが可能になる。アルクェイドが住んでいた山間の城は、この能力によるもの。

バリエーション[編集]

暴走アルクェイド[編集]

吸血衝動の抑制をやめ、100%力を解放した「魔王」アルクェイド。ファンからはワルクェイド(ワルク、悪クェイド)とも呼ばれる。

前述のとおり、その能力は通常アルクの約三倍に跳ね上がる。走れば時速360kmというスピードを叩き出し、通常アルクェイド(30%)とまだ勝負が出来ていたシエルを瞬殺(因みにこの時は力の片鱗しか見せておらず全解放ではなかった)。

MELTY BLOODにおける暴走アルクェイド[編集]

タタリが「志貴が会いたくないもの」をアルクェイドの姿に仕立てて具現化したもの。もしくはアルクェイド本人の持っていた吸血衝動に対する不安や吸血衝動そのものをカタチとしたモノ。

タタリに限界があったのか、本来の「暴走アルクェイド」の30%程度の出力しか出せない(つまり、戦闘能力は通常アルクェイドと同レベル)。

真祖アルクェイド[編集]

真祖の姫。アルクェイドの真形。最高純度の真祖・星の触覚としての側面を表わしたもの。星の頭脳体。夢見る石。最高純度の真祖、その素体と解説される。普段のアルクェイドとは別の行動理念が表に出たアルクェイド。英語表記で「ARCHETYPE:EARTH」と表記される。

アルクェイドの別人格、というわけではなく本質は同じであるが、権限は通常のアルクェイドより上であり、シエルに「上位機種」「埋葬機関が全員でかかる相手」とも言われる。本質は同じであると言われているように、星の内海より出た観光夢気分で世界を滅ぼそうとした。能力的には北極と南極の氷を溶かしたり、大陸でピンボールをしたり、地球の自転を止めて創世の地獄にすることも可能なようである。この為、シエルから「アーパーなものは、アーパーなまま」と酷評される。

遠野志貴には夢で会った以来と言うが、シエル曰く、ロアに堕とされる前のアルクェイドではなく、ロアのことは記憶にないらしい。また起源覚醒ではなく、アルクェイドとは元は同じで姉妹のようなものである。

リーズバイフェ・ストリンドヴァリにはアルテミット・ワンと呼ばれる。

この状態であれば神代回帰は適用され、「神代回帰・質:B / 神代回帰:A++ / 神代回帰・編成 / 擬神化される自然現象」となる。いずれもA+++やEXではなく、理屈の上では彼女以上の力を持つ精霊種が神代には僅かであれど存在したことが何とも恐ろしい。

白き月姫ファンタズムーン[編集]

空想具現化の力を応用し変化した、魔法少女(の真似事をしている)アルクェイド。

もともとは武梨えりの二次創作作品集「Take moon」に収録された短編のひとつ。それが、TYPE-MOONの偉い人に気に入られ、「Character material」に収録、半公式化した。

志貴とのデートで見た魔法少女ものの映画に大ハマリしたアルクェイドが、自身の力を使って魔法少女(の真似事)をやっている状態。魔法だなんだと言ってるが、アルクェイドであることに変わりはなく、性能は一切の変更点無し。結局の所、ただのコスプレ。

力の不足を感じ、柳洞寺の魔女から杖をかっぱらって、より強力になったネコ耳バージョン「ファンタズムーン・エクリプス」も存在し、そちらは「フェイト/タイガーころしあむ アッパー」にまで出張している。

さらに当然の帰結として、「Take moon」を原作とするカーニバル・ファンタズムにも登場。

バーサーカー[編集]

アルクェイド・ブリュンスタッド
真名 アルクェイド・ブリュンスタッド
初登場作品 Fate/EXTRA
声優 柚木涼香
身長 167cm
体重 53kg
誕生日 12月24日
属性 秩序・中立
性別 女性
イメージカラー
特技 ワールドブレイク
好きな物 人間
天敵 ギルガメッシュ
デザイン ワダアルコ
武内崇(原案)
テンプレートを表示

Fate/EXTRA』に登場する「狂戦士」のサーヴァント。ムーンセルの聖杯戦争において、臥藤門司によって召喚される。

略歴
主人公の第四回戦の対戦相手。
いわゆるラニルートにて登場。凛ルートには登場しない。衣装はいつもの格好で、髪は暴走アルクェイドに近い。魔眼がうまく機能していないためか、左右で瞳の色が違う虹彩異色(ヘテロクロミア)となっている。
人物
もし正当のマスターによって召喚されたならば、クラスはバーサーカーではなくファニーヴァンプ。
血を吸うブラッド・ドリンカー、体力を奪うライフ・イーター、電子マネーを消費させるファイナンス・クライシスとして無邪気かつ天真爛漫に振る舞う。その様はまさに男を滅ぼす毒婦(ヴァンプ)。
狐耳のキャスターとは同類なので気が合うらしい。
ちなみに、彼女の正当マスターは「学生服姿の少年」なのだとか。
能力
その正体である真祖は、星の触覚、地震や台風といった自然現象の擬人化であり、ムーンセルの創作といわれる。が、マスターが彼女を「神」と勘違いしているため、その能力の殆どが使用できない状態になっている。(但しこれは彼が無知だからというよりも、彼がある理由から、人間の意志や思惑等々不純物の絡んでいない「本物の神」に拘泥していた為、原始の自然崇拝における神という概念にかなり近しい彼女に対しそう「思い込もうとした」事による)
本来、能力アップの効果を持つはずの「バーサーカー化」がランクAからCへダウンし、単に理性を奪うだけにとどまっている。魅了の「魔眼」も同じくランクAからCへダウンしうまく機能していない。星のバックアップを受ける「原初の一(ランクEX)」に至っては、全く機能していないという状態。
それでもなお、基本能力の高さから、他のサーヴァントと遜色のない強敵として主人公達の前に立ちはだかる。
尚、本来の力を発揮されたら、パートナーサーヴァントは勝ち目が極めて薄いと評している(キャスターは「今の自分だとヤバイかも…」とのこと)。
スキル
Fate/EXTRAに登場するスキル。
デア・モーント
3ターンの間、ターン終了時に回復する。
レール・ツェペリン
3ターンの間、BREAKにスタン効果を付与する。
グナーデン・ストース
筋力ダメージと3ターンの間、麻痺を与える。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
バーサーカー 臥藤門司 A+ B A C D E 狂化:A→C 魔眼:A→C
原初の一:EX→×
マスターの勘違いにより、スキルがうまく機能していない。
「原初の一」に至っては全く機能していない。

宝具[編集]

血の姉妹(プルート・ディ・シェヴェスタァ)
ランク:E
種別:対人宝具
レンジ:なし
最大捕捉:制限なし
血の姉妹による盟約。
厳密には英霊の象徴であるアイテムとしての宝具ではなく、彼女の真祖としての特性である空想具現化。月と地球の関係性を利用した世界設定とも。
月の頭脳体から起こり、長い年月を経て地球の触覚となったこの化身は、月の分身でありながら地球の権能を兼ね備えている。
時の基本ルールと、地球の基本ルールを同時に体現し、これらが同列する時の齟齬を攻撃手段として使用できる。その一つが周囲の環境を地球側へ寄せる権能、テラフォーミング・アトラクション。月の法則に則ったムーンセルでは多大な重力負荷を引き起こし、ムーンセルのルールで再現されているサーヴァントやマスターは、六倍の重力下に置かれる。
月の重力は地球の六分の一にすぎない。それは電脳世界でも変わらず[注 1]、ムーンセル内に存在するものは全て月の法則に拠っている。
この素体はその概念を体現し、地球側であるアルクェイドの前に現れるもの全てを六分の一の能力に下げてしまう。これはどれほど高い対魔力を持っていても防げない、世界そのものの決まり。戦いの場が地球だった場合、敵対対象より一段階上の能力を獲得する権能となる。
概念の話なので分かりづらいが、地球側から見れば相手が六分の一になり、月側から見れば相手が六倍になっただけ、と見ようによってはどちらにもとれる権能ではあるが、これは明確に「相手の能力を六分の一にする」もの。
自身をブーストできるのは地球の時、相手にペナルティを科すのは月の時と考えると分かり易い。
宝具名の出自はメルティブラッドの暴走アルクェイドの最大攻撃。
ゲーム的には、高い物理ダメージと、状態異常『月』が付属する。『月』状態のサーヴァントは筋力と耐久が下がってしまう。3ターンの間継続する。

登場作品と役柄[編集]

月姫[編集]

月姫
ヒロインの一人。
歌月十夜
志貴の傍でのほほんと暮らしている。寝てばかりで出番は少なめ。
MELTY BLOOD
タタリの真実を知る一人。バージョンによっては志貴に出会う直前の話がストーリーモードになる。
Talk(月姫読本)
吸血衝動を抑えるため志貴がアインナッシュの果実を取りに行った。
MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア
シアリムが実験を繰り返して崩壊させた世界の負荷が多くなりすぎたため、地球意志の代弁として制裁に現れた。

Fateシリーズ[編集]

Fate/EXTRA
サーヴァント・バーサーカーとしてゲスト参戦。いわゆるラニルート限定の四回戦の敵(凛ルートには登場しない)。
能力的に色々と制限がかけられている。本来、EXTRAのサーヴァントはムーンセルが用意した、人類史に存在する英雄を「一時的に誇張・再現したもの」のはずだが……?

Fate関連作品[編集]

フェイト/タイガーころしあむ アッパー
白き月姫ファンタズムーン、空気を読んで、冬木市に降臨! とりあえずワカメを倒して正義の味方を気取ってみたら、そこにいた衛宮士郎がダメ出しをして……。

その他[編集]

ちびちゅき!
きのこによって弱体化した状態で召喚される。体験したことのなかった学生生活というものに興味津々。
志貴と同じような名前の両儀式に話しかけるが、死の線が見えないために式からは気味悪がられた。
アーネンエルベの一日
志貴との待ち合わせで来店。三大ヒロインの一角。両儀式とはあまり馬が合わないらしい。

人間関係[編集]

月姫[編集]

遠野志貴
歩いていた自分を殺した人であり、ロア討滅の協力者。ルートによっては恋人。
キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグ
後見人。天敵ながらお互いに好意的。
ミハイル・ロア・バルダムヨォン
死徒とその親。そして仇敵。
アルトルージュ・ブリュンスタッド
同じ目的で作られた姉。髪を奪われた。
レン
知人の使い魔。一時的に預かり手となる。
シエル
17代目ロアだった彼女を討伐。以後は好敵手。
遠野秋葉
シエルと同じく志貴を巡るライバル。もっとも、「妹」と呼んでいたりと、志貴が絡まなければそれほど仲は悪くはない。
メレム・ソロモン
古くからの知り合いにして、日本に来た際にいろいろ便宜を図ってくれた人。
彼からは恋慕の念を向けられているが、彼女としては苦手な相手。
翡翠
彼女自身にはあまり興味ないがメイド服には興味津々で、無理矢理服を取り替えるという暴挙に走ったこともある。

MELTY BLOOD[編集]

両儀式
『MBAA』にて、姫アルクが彼女と遭遇。
本来は星の理と宙の理であるため現在出会うべきではないと見なしているが、彼女のストーリーでは遠野志貴を殺されたためか決着をつけることになる。(なお、ストーリーはそこで終わるため結果は不明)

Fate/EXTRA[編集]

臥藤門司
月の聖杯戦争での召喚者。彼の勘違い…もとい、『CCC』で明らかになった彼のある強い願望が原因の認識齟齬のため抜群に相性が悪い(しかしそれこそが、彼のサーヴァントがアルクェイドとなった理由でもある)。最後には「うん、ないわ」と一蹴した。
主人公 (EXTRA)
月の聖杯戦争で出会った、四回戦の対戦相手。
キャスター
生まれが先なこともあってか、「何そのマイナー系創作暗黒神話」だのと吐き捨てていたが、アルクが正気を取り戻した後は気に入った模様。

タイガーころしあむアッパー[編集]

衛宮切嗣
ファンタズムーンが邂逅。聖杯を手に入れるためにアイリを連れ去る。
声優ネタで、何かとフォークを突き刺そうとすることも。
カレイドルビー
ファンタズムーンの魔法少女仲間。割と適当な性格同士、気が合っている。
メディア
ファンタズムーンが杖を気に入り、強奪。キャスター的にも電波過ぎて相手したくない。
マジカルアンバー
ファンタズムーンとして、最初は魔法少女仲間として適当に付き合っていたが、「地球の敵」と遅ればせながら認識し、打倒しようとする。

その他[編集]

ネコアルク
元はギャグシーンにおいてデフォルメ化されたアルク自身。現在ではほぼ独立した別の存在として扱われている。
厳密には同一人物というかガイアから枝分かれした存在である為か、声以外に互いの姿を認識できない模様。

名台詞[編集]

月姫[編集]

「私を殺した責任、とってもらうからね」
自分を解体した志貴と再会した時にいった言葉。
「好きだから吸わない」
自分の血を吸えばずっと一緒にいられるじゃないかという志貴の提案を断わり、「俺の血を吸うのは嫌なのか?」という問いに対して。優しくも切ない、月姫名シーンの一つ。

MELTY BLOOD[編集]

アルクェイド[編集]

「楽勝〜!ぶいにゃのだ〜」
勝利セリフ。ちょっと自重しなさい。
「さようなら、私のはじめての人! ねえ満足?今度は血と言わず、その魂もろとも八つ裂きにしてあげたわ!」
ロアに対する、暴走アルク…ではなく、アルクェイドの勝利セリフ。顔もしゃべり方も暴走アルクそのものだが、単にロアが大嫌いなせいでこうなってるだけ。どれだけ嫌われてんの…

暴走アルクェイド[編集]

「称えなさい……あの禍々しい朱い月を……!」
勝利セリフ。
「どうなってるのよ、軽く撫でただけで 裂きイカ になるなんて、貴方何様だっていうの!」
勝利セリフ。ご自身の腕力を顧みてからおっしゃっていただきたい。この台詞のせいで、暴走アルクは「イカ姐さん」呼ばわりされるハメに…
「あはははははははは!さあ今度はアナタの番よ志貴!
 わたしと同じように、バラバラになってから蘇ってみせてよね……!」
対志貴専用勝利セリフ。彼に復元能力はありませんよー
「非常食の分際で飼い主に逆らうなんて、ふふ、ちょっとビックリしちゃった。
 食べ物に襲われるなんて、人間の作る映画みたいね?」
ロアに対する勝利セリフ。きっぱり振った通常アルクより酷い物言いである。
確かに死徒は真祖の食料代わりという設定はあるが、キラートマトと同じ扱いはあんまりであろう。

姫アルク[編集]

「うむ、まったく記憶にない。が、それでは憐れよな。慈悲だ。自決する自由を許すぞ。道化」
ロアに対する勝利セリフ。上記ふたつよりさらに酷い。
ロアにとっての本命は間違いなく彼女であるのに、肝心の相手は記憶すらしていなかった。
「しかし……困る。そうは言っても、楽しくて仕方がないのだ。ヒトに倣って言うのなら、うむ、こうであろう。
 ”笑って許せ。暴走していると分かってはいるが、自分で自分を止められぬ”」
姫アルクルートの最後。浮かれて人類を滅ぼそうとしたことを咎められての返事。
あまりのアーパーっぷりにシエルも素でツッコミ返した。ゼルレッチが気に入らないと切れた理由もこのへんなのであろうか。
「あれ?何か私、負けてるんですけどーーー!!」
MBAAで敗北した時の台詞。
負けた瞬間「姫アルク」の意識が消えてしまったようでアルクェイド自身も記憶がない。姿も元通り。

Fate/EXTRA[編集]

「――はあ、ようやく解法されたかー。ちょっと見たコトない人間(タイプ)だったから付き合ってあげたけど、うん、ないわコレ!
 さよなら、純真なマスターさん? アナタの教義には輪廻転生って残ってた? なら、次の命で会いましょう!
 でも思いこみの力って凄いのねー。私を神さま扱いとか、よくもまあ勘違いしてくれたものね。
 私は星の触覚、自然現象と同じなのに。神さまって、要するに人間が容認できるカタチにまで落とした認識でしょ?
 私を本物の神にするって言ってたけど、それ自体がおかしいって言うか。
 本物を偽者にランクダウンさせるなんて、誰得って言うか」
バーサーカー化が解けた後の台詞。これまでは話せなかったが、ガトーに対して色々と思うところがあったようだ。
「――あ、そうそう。そこのアナタ」
「意識が無かったとはいえ、やってくれたみたいね。殺されかけたなんて二回目よ?
 懐かしい気持ちにしてもらったお礼は、ちゃんと返してあげる。
 その気があるなら、私を探しなさい。その時は――私を倒した責任、ちゃんととってもらうんだから」
最後のセリフ。死闘の末に自らを負かした主人公を賞賛し、殺されかかるという懐かしい体験をさせてくれたお礼をいつかすると言い残し、空間に大穴を開けて去っていく。
もちろん、この台詞は『月姫』で遠野志貴に対して言ったもののオマージュである。
「殺されかけたなんて二回目」とあり、この平行世界でも彼女を殺しかけた何者かがいるということだが、解説の「本来のマスター」的にもそれは恐らく…。
「ショウジキナイワー」
『CCC』で別れ際、ガトーに送った言葉。でもガトー自身は全くへこたれていない。

メモ[編集]

  • キーワードは「朱い月」「吸血鬼」「白」「わがまま」「猫属性」「空想具現化」。
  • アルクェイドの「相手の個体能力のやや上に出力制限される」という設定は、MBで彼女を使うための格ゲー補正とされている。
    というのも、TYPE-MOON世界最強に限りなく近いアルクェイドが月姫当初の設定そのままでは死徒二十七祖と渡り合えるレベルでなければ瞬殺してしまいかねないほど他キャラと実力に開きがあるため(秋葉クラスでも一方的に負けてしまうらしい)。
  • 月姫キャラ人気投票不動の一位。
    ルート展開の都合上、攻略ヒロイン中最も出番が少ないにもかかわらず、他キャラに一位を譲ったことはない。
    • まほうつかいの箱」の投票企画“ALL RANKING TYPE-MOON”の第1回マイBESTキャラ投票では4位のアーチャーと15票の差でまさかの5位。
      月姫自体が結構古い作品であるため、これも時代の流れ故か。
  • デザインモチーフは学生時代の武内崇が読んだファッション雑誌の外国人モデル。
  • 名前がなかなか決まらず、最終的に「アルクェイド」という奈須氏考案の別キャラクターの名前を使うことに。
    ドラキュラ(Dracula)の逆綴りではないか?と問われることもあるが、偶然。
  • 無印MBのみ、シエルの弱・弱・弱の3段目にアルクェイドのシールドを成立させると、二人がクロスカウンターを打ち合うイラストが表示される(歌月十夜の一枚絵と同じイラスト)。見るためには対戦相手の全面的な協力がないと難しく、色々な意味で「友情」溢れる技である。
  • 精神年齢及び肉体年齢は(人間で言えば)19〜20歳程度。志貴より年上なのは「相手をエスコートするお姉さんタイプだから」と奈須氏が『月姫読本』にて語っている。
  • MBAAでは所謂「姫アルク」がボス、及び隠しキャラとして参戦。
    高機動・高火力・重装甲で、隙も少なくガードゲージの削りも大きい、強力で理不尽極まりない高性能っぷり。
  • MBシリーズの暴走アルクェイドのアークドライブ及びアナザーアークドライブの名は、現在は正式には「ルート・ディ・シュヴェスタァ」である。ドイツ語で「Blut=血」。
    しかし、過去の段階では「ルート・ディ・シュヴェスタァ」となっていた時期があり、現在のものは修正された後の名前となっている。この技名が初登場となったRe・ACTの公式サイトのページでも未だ「ルート・ディ・シュヴェスタァ」となっている。
    このため、過去の作品は勿論、修正された今でも、色々な作品(MBシリーズも含む)で双方の名称が混同されている。
    • Fate/EXTRAのバーサーカー(白)に関しては「ルート・ディ・シェヴェスタァ」と、二文字の違いがある。主人公はこれを聞き、「ドイツ語を翻訳すれば『血の姉妹』……というコトになるのだろうか?」と、やや疑問系で訳している。
      この名称は、ゲーム全編を一貫してこの表記である(ある箇所ではプルート、他のある箇所ではブルート、と、表記がブレているということはない)ため、設定段階からこうであった可能性が高い。
      設定段階からのミスが未修正のままこうなったのか、それともミスではなく意図的に他の作品との差異を表そうとしたのかは明らかではない。
  • MBシリーズの暴走アルクェイドは無印→Re・ACT→AAとバージョンを経るごとにだんだんと演技の声が低くなってドスが利いてきており、通常のアルクェイドとの演じ分けが明確になってきている。
    これは暴走アルクェイドがキャラとして独立したことで「激怒している通常のアルクェイド」と「暴走アルクェイド」との演じ分けがストーリーの都合上必要となったためと思われる。
    • にも関わらず、『TYPE-MOON 10周年記念オールキャラクター人気投票』では「暴走アルクェイド」の項目が用意されなかった。200枠に収めるために大分無理をしていたとはいえ、別作品の同一人物が別枠扱いされていたりするのに大分扱いがひどい。
  • 資料「Extra material」で語られた彼女の設定には不明点が多い。
    『血の姉妹』の解説では「月に地球のルールを適用して、対象の能力を6分の1にする権能であり、地球では相手の一段階上の能力を獲得する権能へと変化する」と解説されている。つまり、『血の姉妹』はスキル『原初の一』が表す星のバックアップ能力の代替品であり、共存し得るものではない。
    にも関わらず、スキルとして存在し、「ガトーの勘違いさえ無ければ基本的には問題無く機能する」とも『原初の一』の解説項にて明記されており、真っ向から矛盾している。
    • 加えて、『血の姉妹』のベースである空想具現化とは「その星で自然現象として起こり得る可能性を連鎖的に紡ぎ合わせて、望む環境を作り出すという精霊共通の自然現象の一種」であり、星が相手の一段上の能力を与える効果ないし能力とは、本来全くの別物である。
  • 資料により「エクストラの情報世界では伝説が真となるため、神霊が元となった自然現象以上の力を持つことが多々ある」との情報が発覚。そして、アルクェイドの「自然現象の擬神化なんて誰得」発言は、“伝説はあくまで伝説”である“現実の物理世界における法側”に則ったものであることが分かる。
    • 公式資料においても、星を神と扱うのは格を貶められることとされている。
      本編でも「星そのもの」と例えられ、「星の頭脳体」の側面を持つ彼女が前述のような意見を漏らしたのも当然といえる。
    • 「Extra material」では矛盾点や疑問点が幾らか挙げられているが、これもまたその一つである。
      まず、神霊とは「真祖とは人の想念が関わったという点で異なる、精霊に人の想念が集い上位の霊格となった存在」「神代には、物理法則は存在せず神がその『権能』を振るっていた」と作中や上記資料等でも度々言及されてきた。
      つまり、規模に程度差こそあれど、「そもそも元となった単なる自然現象以上の力を持たない神霊なぞ、存在し得ない」。
    • マナやエーテルが濃かった太古においては、物理法則が存在せず神秘の力が遥かに強大だったので、単なる人や魔術であっても人々の信仰が集えばその対象にマナが集中し、星の触覚たる精霊が信仰を集めて昇格した神霊もより強大な存在となり得た。
      が、アルクェイドが誕生した現代、特に「マナが枯渇したEXTRAの世界」では地上の法則が全く異なる。
      「人々の信仰のままに力を振るった神霊」と言うのは既に絶滅した存在に過ぎず、現代の物理法則の体現者であるアルクェイドにとっては、情報世界におけるそれらの再現は虚ろな影の類に見える、という話。
    • NPCの「CCC世界で『権能』に相当するムーンセルと一体となったBBは、宇宙の法則すら変えられる力を持つ」という発言や、ギルガメッシュの「神代には大権能を行使出来る超抜種も存在した」といった発言等も鑑みると、
      「ムーンセルに存在するような規模の太古の神々は神代ならともかく近代の地上に降霊し得る存在ではなく、受肉して存在出来るアルクェイドは中世以降の地球では疑う余地なく最新にして最強の精霊種である」と言ったところか。
  • Fate/EXTRAでは敗北後、空間に大穴を開けて何処かへと去っていく。アルクの規格外っぷりを表した演出であるが、何処に消えたのかが謎として語られることもあった。
    • しかし後年、アルクは他のサーヴァントのようなムーンセルのデータではなく、ガトーが地球から連れてきた同行者だという事が明らかになった。つまり、穴を開けた後は単に地球に帰っただけと思われる。
    • つまり、彼女は月の法則が支配する電脳世界ムーンセルに赴き、普段の半分の能力や権限があるかすら怪しい状態で「単なる地球の自然現象でしか無い筈の空想具現化で、月の環境を強制的に変質させる」という相当な無茶をやっていたことになる。
    • これは、彼女の月の生物としての特性と地球の精霊としての特性が合わさった結果可能になったことである。
      とはいえ、他の天体の生物も固有結界等を行使しているので、天体の規模から逸脱した行為が必ずしもとれない、という訳ではない。

商品情報[編集]



脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ムーンセルの情報は全てムーンセル中枢の質量へ引き寄せられる。これを電脳空間における引力と考える。

出典[編集]


リンク[編集]