カーミラ〔ライダー〕

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライダー
真名 カーミラ〔ライダー〕
性別 女性
身長 168cm
体重 49kg
出典 史実
地域 ハンガリー
属性 中立・悪
隠し属性
一人称
二人称 あなた/坊や/ガール
三人称 あいつ
声優 田中敦子
デザイン okojo
レア度 ☆4
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

騎兵」のサーヴァント。期間限定イベント『見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負!』にて登場した水着姿のカーミラ
略歴
水着剣豪目慈恵怒に挑まんとファラオカジノに乗り込んだ主人公一行のピンチに高級スポーツカーで颯爽と登場。
窮地を救った見返りとして、謎の女怪盗『ミストレスC』としてカジノの宝物庫にあるという宝石「メジェドの目」を手に入れるための計画に協力するよう要求した。
任務を遂行すると仕事を終えた怪盗は静かに姿を消すものであるからとその場を離脱するが「盗み忘れたものがあるのに気がついた」らしく再び合流、この先も共に行動することになる。
人物
主にハロウィンの度にバリエーションを増やすもう一人の自分に対するフラストレーションが弾けた結果、水着サーヴァントに変貌したらしい。セレブ感を得たことにより、アサシン時ほどの残虐さは身を潜めているが、うっかり断末魔を聞いてしまうとついウットリして仕事への妨げになるようである。
エレガントさに拘るあまりか、はたまた水着サーヴァント特有のノリか、時折ポエム口調で話す他、終始会話の途中で予告状を投げまくる。予告状には何気ない一言が記されている場合も多いため、周囲からは「直接口で言えばいいのでは?」と疑問を持たれている。また、あくまでもメッセージを伝える手段と認識している為か、シナリオ上でも攻撃モーションでもカードを武器に使ったりはしないようである。
能力
「スピエルドルフ[注 1]」「ラインフェルト[注 1]」と名付けた二頭のドーベルマンを従えており、指示を与えると突貫する。
ライダーにクラスチェンジしたことでオープンカーも難なく乗りこなすが、乗車人数オーバー、スピード違反、障害物を感知するとアクセル全開等々、交通ルールに関してはフリーダムである。そもそも明確に乗り物を使うライダーでありながら「騎乗」スキルを持っておらず、むしろ元のクラスであるアサシンのクラススキル「気配遮断」のランクが上がっている。
※サーヴァントでも法律は守りましょう。
また、なんだかんだでプランニングや人材選定などの「怪盗」としての腕前は確かである。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ライダー 主人公 (Grand Order) A++  単独行動:A
気配遮断:B
ファム・ファタール(偽):A
怪盗の予告状:A
ミストレス・C:EX

宝具[編集]

夜闇を駆ける鉄処女(テスタロッサ・メイデン)
ランク:B
種別:対人~対軍宝具
レンジ:3~100
最大捕捉:1~500人
彼女の所持する『鋼鉄の処女』を改造した赤い高級スポーツカーに飛び乗り、セレブらしい優雅さで轢き殺す突進攻撃。つまり水着カーミラにとってはこの車こそが『鋼鉄の処女』なのである。
『テスタロッサ』とはイタリア語で『赤い頭』を意味する言葉であり、実在のスポーツカーとは関係がない。多分。
元々、その拷問器具は『持ち物』ではなく『幻想』だったので、形状が変わったとしても意味は変わらない。彼女の自由に扱える幻想のかたちを少しアレンジしてみたというだけのこと。「好みの処女の顔を恐怖で歪ませるもの」「悲鳴を上げさせるもの」「一度乗れば(入れば)逃げられないもの」……といった部分はそのままだとも言える。
どれだけセレブで美しい貴婦人にパーティーで誘われようが、若き女よ、軽々にその車に乗ってはならない。心も体も盗まれて、二度と降りることができなくなるぞ───
そんな新しい怪談が生まれつつあるとかないとか。
 『Fate/Grand Order」では「敵全体に強力な攻撃&Quick攻撃耐性をダウン(3ターン)[注 2]&強化無効状態を付与(1回・3ターン)」

真名:カーミラ[編集]

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
期間限定イベント『水着剣豪七色勝負』の開催に伴い期間限定でガチャに追加。イベントガチャ限定サーヴァントであり、恒常的な入手手段は現状ない。

人間関係[編集]

エリザベート=バートリー
自身の別側面。水着になる前と同様に敵視しており、容赦なく車で轢きにかかるほど。
その一方で自分が先に水着になったことから優越感を抱いており、マウントを取ろうとしている。
女王メイヴ
セレブなところや、欲しい物を欲しいと言って奪う為に手段を選ばない姿には共感を抱いている。
ただ、目立つから怪盗の相棒にはしたくない模様。
刑部姫〔アーチャー〕
同じ水着剣豪同士。
元の縁からなのか、話しやすくて相性が良い模様。
ジークフリート
同じ水着剣豪同士。
優れた者が卑屈なのはよくないと考えているようで、傷だらけの姿もまったく気にせず、誇るように諭している。
海賊系サーヴァント
自分と同じ「奪う者」であるが、大砲をぶっ放して船に乗り込んで根こそぎ攫う力技なためか、エレガントの欠片も無いと蔑視している。
鬼系サーヴァント
自分と同じ「奪う者」であるが、適当に人間を襲って殺して食うというやはり力技なためか、スマートさに欠けているとやはり蔑視している。
フェレンツⅡ世
生前の夫。勇猛さと残虐さから「黒騎士」の異名を持つ。
一説には彼女の残虐趣味は夫である彼からの影響ともいわれている。
エリザベートと異なり結婚の実感があるのか彼のこともはっきり「愛している」と言っているが、怪盗キャラとしては「それはそれ」で新たなロマンスにも躊躇いがない。
スピエルドルフ、ラインフェルト
『吸血鬼カーミラ』に登場する将軍とその娘。娘の方は物語中で血を吸って殺している。
連れている二頭の犬に彼らの名前をつけているが、関係性は不明。
ローラ
『吸血鬼カーミラ』に登場する主人公。物語中ではカーミラの親友となる。
乗っているオープンカーにその名前を付けており、「昔この車に乗った少女の悲鳴が最高だったから彼女の名前を付けている」とのこと。
なお、物語中では当然ながら彼女を車に乗せたりしていないし、カーミラはローラに執着こそすれ嗜虐癖を発揮したりはしていない。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

マイルーム[編集]

「アッハッハ、あのトカゲっぽい小娘について? 嫌いとか頭痛の種とかじゃなく、眼中になくなったが正しいわね。私水着、アレ水着じゃない。おわかり?」
エリザベート=バートリーに対する特殊会話。パターンは多けれど水着になったことがないエリザベートへ勝ち誇ったように発破をかける。

イベント[編集]

「自分を誤魔化すのはおやめなさいな。それはあくまで昭和のビキニアーマー、鎧であって水着ではなくてよ」
水着になったくらいで調子に乗っていると不快感を募らせ、強がる水着っぽいもう一人の自分に対して言い放った言葉。

メモ[編集]

  • いきなり怪盗という斜め上のキャラ付けをして水着になった彼女であるが、怪盗をやっている理由は資金集めであり、そうまでして買いたいものとは「お城」。チェイテ城がエリザベートの占有物になっているのが気に食わないようである。

話題まとめ[編集]

商品情報[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 1.0 1.1 小説『カーミラ』に登場する将軍と娘の名
  2. オーバーチャージで効果UP

出典[編集]


リンク[編集]