デイヴィット・ブルーブック

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デイヴィット・ブルーブック
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』に登場するキャラクター。

略歴
地球全土が漂白され、人類の運命も秒読みという段階になって「納得がいかない」という理由でキャンプから飛び出した。旧式の自動二輪にまたがって、宇宙からの侵略によって白く漂白した世界を走り、過去の記録を漁り、納得のいく答えを求めて最後の旅に出た。
当面の目的地は、何らかの理由で漂白を免れたアメリカ合衆国・ネバダ州のエリア51。
独り言をボイスレコーダーに残している。
人物
世界が終わった事や侵略者が宇宙人だった事を認め、明日への希望も期待も捨て去っているにも関わらず、その敵の動機・目的・経緯が分からない事に納得がいかず、納得のいく答えを求めて旅に出る変わり者。
能力
旧式の自動二輪の運転技術を持つ。
ハイパーサイメシア(超記憶症候群)の人である。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
第2部各章のプロローグに登場。プレイヤーに「シャドウ・ボーダーがロシアに浮上するまでの3か月間」について伝える役どころを担っている。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

名台詞[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]