2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

デイビット・ゼム・ヴォイド

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
デイビット・ゼム・ヴォイド
初登場作品 Fate/Grand Order
性別 男性
デザイン 高橋慶太郎[1]
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Grand Order』に登場する魔術師

略歴
Aチームメンバーとしてカルデアから選抜されたが、レフの妨害工作により瀕死の重傷を負い、コフィンで凍結保存されてしまった。
人物
伝承科を追放された魔術師であり、ダ・ヴィンチからは稀な青年、異常者にして天才との評価を受けている。
誰も理解しようとせず、誰かから理解されることもない人物。サーヴァントとの意思疎通を捨てておりバーサーカーを召喚予定だった。
「現実にできた孔のよう」と評されるように浮世離れした性格をしているが、人付き合いはそれほど悪いわけではなく、質問した内容にもきちんと答えてくれる。
その一方で「作業じみた殺戮行為をするのは得難い経験だった」等と若干の異常さがにじみ出た言動も散見される。
能力
高いマスター適性を持つ。
また、洞察力が異常に高く、カルデア残党がどこに出現するかについて一瞬で正解を言い当てた。確かに推理すればそこ以外にはないのだが、それでも一瞬で当てるのは天才的である。
このため、クリプター達の中ではご意見番のような役割になっており、多くのメンバーがアドバイスを求めている。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

マリスビリー・アニムスフィア
その能力を高く買っていた。

名台詞[編集]

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]