2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

虚数潜航艇シャドウ・ボーダー

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
虚数潜航艇シャドウ・ボーダー
読み きょすうせんこうてい
初登場作品 Fate/Grand Order
全長 13.03m
全幅 5.69m
全高 4.39m
車両重量 136.09t
車両装重量 不明
ホイールベース 8.60m
トレッド 5.19m
タイヤサイズ・幅 605mm
タイヤサイズ・外形 1610mm
タイヤサイズ・リム径 965mm
輪数 12
装甲材質 不明
最大出力 不明
最高速度 不明
最大航続距離 不明
最低地上高 約900mm
所属 人理継続保障機関フィニス・カルデア
デザイン ヒライユキオ[出 1]
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Grand Order』第2部「Cosmos in the Lostbelt」での拠点となる大型特殊車両。ゼロセイルを可能とする船。

カルデア下層部の格納庫において、避難用の大型コンテナに偽装しつつ、半年の期間をかけてレオナルド・ダ・ヴィンチシャーロック・ホームズの手によって建造された[出 2]

機能
船の左右外部にはスクリューが付いている[出 3]
ダ・ヴィンチが自身の予備ボディとして生み出した少女型人工サーヴァントを制御用に搭載している。電算室で生体ユニットになっている間、ダ・ヴィンチはシャドウ・ボーダー内部の事が手に取るように分かるため、隠し事は出来ない[出 3]
アトラス院が提供した虚数観測機「ペーパームーン」を搭載しており、通常空間と虚数空間を同時に観測する事が出来る。また、ドラムロールのように回る筒状の平面化された世界地図を空中に映す事も可能。異聞帯のある7箇所は他のものと質感、レイヤーが違う[出 3]。このペーパームーンによってゼロセイルを実行可能だが成功率は三割以下。おまけに何処に出るか分からない[出 2]
虚数潜航の手順は、先ず虚数観測機・ペーパームーンを展開。次に目的地を設定。シャドウ・ボーダー外部装甲に倫理術式を展開。実数空間における存在証明ハーケン着脱ハズレ。未来予測で境界面を仮説証明。時空摩擦減圧を緩和。最後に発進工程と虚数海面を確認した後に、現実退去ザイルカットする事で、虚数潜航ゼロセイルを行う。
虚数空間から実数空間の現実へと浮上する際は、先ずペーパームーンの惑星航路図をプラスマイナス収束を開始。実数空間における存在証明ハーケン投錨アタリ。『縁』の対象を固定する。その後、実数空間にアンカーを固定し、実数証明を完了し、シャドウ・ボーダーの存在を確立する。
境界面航行からの緊急浮上の場合は、高速演算を開始し浮上の準備。ペーパームーンの惑星航路図をプラスマイナス収束を開始し、境界面航行を解除。実数空間からの時空引力アトラクション適用モドシ。目標座標との現実認知誤差を確定させて緊急浮上した[出 4]
浮上用未来予測の工程を省いて無理に現実へ出ると、船体ごとバラバラになりかねず、さらに人体へのダメージも考えられる。10日前の自分と今の自分の体が重なり合った、身体機能のズレだけで充分に嘔吐沙汰。船体に無理がかかるため、緊急アラートが鳴る[出 4]
虚数空間から現実世界へと帰還するには現実との『縁』、言うなればアンカーが必要。本来ならば、現実に存在するものであれば、何であれ『縁』となる。シャドウ・ボーダーに乗っている11人の中の誰かと関わりのある何かがあれば、正しく虚数空間を脱する事が出来る。だが、何時でも浮上できるわけではなく、虚数空間の潮流が来なければ浮上するコースに乗れず、次に潮流が来るタイミングまで浮上できない。また、濾過異聞史現象によって地球が漂白状態に陥ったことにより、浮上するための唯一の『縁』が互いに知っている関係である殺戮猟兵のみであり、浮上すれば敵の本拠地に出現することになるため、シャーロック・ホームズは最善のタイミングを選ぶしかなかった[出 3]
深く潜らず、時間と誤差の出ない浅いところをギリギリで航海することができる。これは一瞬だけ平面の世界へ逃げ込む様なもので、感覚的には息を止めている間だけ進む、素潜りの様なもの[出 5]。現実空間と虚数空間の境界スレスレを移動しており、言わば現実空間を虚数空間から『覗き見』している状態で、これ以外では『縁』無しで浮上する事は出来ない[出 4]。ただし、この状態のシャドウ・ボーダーは『現実に沿っている』ため、消費電力は現実空間の距離の影響を受ける。北欧異聞帯前で行った際は、充電なしで300キロ以上の境界面付近の虚数潜航は不可能だった[出 4]
内部の空間を歪曲させることで通常の二倍のスペースを確保できており、広さは大型のクルーザー二隻分ほど、マイルームから司令室、兼、操縦室まで数メートルとなっている[出 3]
虚数に飛び込むめの船であるため、光学迷彩は勿論、概念レベルで誤魔化せる迷彩機能が存在している[出 3]。だが完璧という訳では無く、直接やって来て、手探りで探されれば流石に見つかる[出 6]
魔術的な通信も行える。北欧異聞帯では通信阻害により数キロ圏内に接近しなければ通信は出来ないため、レオナルド・ダ・ヴィンチが観測装置と通信中継器を兼ねた魔術礼装式ドローンを作成した。
全周囲観測ソナーや魔術的、霊的なレーダーなどが装備されている。霊的レーダーによる探知能力は極めて高いが、外部から気配遮断のバックアップを受けて霊体化していたスルトには機能しなかった[出 6]。全周囲観測ソナーは虚数空間内でも動体反応を感知できる[出 4]。外部をモニターできるカメラが付いているが、カメラには死角も存在する[出 6]。遠距離の状況を観測できるが、ボーダーの設備ではロシアからブリテン島を観測できない。北欧異聞帯では古代の巨人種の情報がカルデアに存在しなかった事に加え、周囲一帯の氷雪そのものが微弱な魔力を帯びていたためヨトゥン種の接近を感知できなかったが、敵性体のデータベースを更新しデータを上書きすることで感知できるようになった。また、シャドウ・ボーダー外部に偵察に出ていたマシュの霊基外骨骼のソフトウェアも即時更新された[出 4]
装甲板はレオナルド・ダ・ヴィンチが強化した、近代技術と魔術理論の複合装甲であるため、通常の兵器は通じない[出 7]。さらに船体内殻には、レオナルド・ダ・ヴィンチニトクリスパラケルススと共にカルデアで強化を施した、神代の結界にさえ等しく、神鉄の城塞の域に近づいた多重結界が張り巡らされている[出 6]
甲板に電磁カタパルトを展開可能で、霊基外骨骼を装備したマシュ・キリエライトを射出した[出 8]。外部に脱出艇などは付いていない[出 7]
ホームズがスルトに右腕を切断されて死のルーンを刻まれた際に、ダ・ヴィンチが組み上げた英霊のエーテル体のための回復ポットが存在する。
大気中のマナを電力に変換できるが、それにも限度があり、消費に充電が追い付かない。そのため不十分な充電での生命維持設備、論理防壁などで電力を消費する長時間の虚数潜航は命に関わる[出 7]
最低でも時速120キロメートルで走行可能で、陸路をモスクワから休みなしで走行してスカンジナビア半島まで二日ほど[出 7]。ボーダーで海を渡るのは厳しいが、ドーバー海峡ぐらいなら渡れる。ただし荒天状態の海へ投げ出されれば1時間程度で沈没する[出 9]。サスペンションが付いている。操縦はオートとマニュアルがある。オートの場合、虚数空間からの緊急浮上は安全装置がかかり、ストップする[出 4]
生活事情
内部には空調も完備されているものの、毛布は人数分しかない。虚数潜航中の食事は軍用糧食レーションで、イタリア料理風やゆでたまご風味など種類が沢山存在する。まともな保存食はゴルドルフ・ムジークが独り占めしており、朝食は温かいフレンチトーストにミルクたっぷりの紅茶[出 3]。『永久凍土帝国 アナスタシア』では虚数空間の時間で一週間が経過しており、残り僅かで備蓄(食料・水・電力)が尽きてしまいそうになっていた。
略歴
ロシア領の異聞帯に突入した際に虚数空間内の境界壁と激突し、装甲が損傷。論理術式が一部欠落。左スクリューが停止した他、車両の平衡感覚が保てなくなりエンジンも無理矢理動かしたせいでちょっと調子が良くなかった[出 3]。船首を上げて虚数空間から浮上する事だけなら可能だが、浮上した後、外から修理する必要がある状態となった。修理には少なくとも虚数空間に耐え得るための論理術式と、それを刻むための装甲がなければならない。ロシアの異聞帯の洞窟でアヴィケブロンが採掘した魔力が宿った鉱物で修復された[注 1]。修理する際、溶接のためにシャドウ・ボーダーをゴーレムが取り囲んだ。損傷は直り、地脈から魔力の補充を済まして、燃料も万全。シャドウ・ボーダーは再起動させられる状態となった。
だがシャドウ・ボーダーはそこまで万能ではなく、ロシアでは現地調達で誤魔化しているだけで、さらに地表は漂白されている為に資材回収が望めないため、ダ・ヴィンチ曰く一度フレームから調整し直したいらしい[出 7]

区画[編集]

必要最低限の生活施設は揃っている。

マイルーム
マスターの部屋。寝台は発条仕込み[出 10]
カルデアスタッフの部屋
四人部屋となっている[出 3]
治療室
マシュデミ・サーヴァントとしての調整もあるので、個室として使わせてもらっている[出 3]
船長室
ゴルドルフ新所長が住んでいる。
電算室
ダ・ヴィンチの私室。カプセルがある。ダ・ヴィンチはこの部屋で生体ユニットになっている。
工房
ホームズはここで寝泊まりしている。
空調制御室、倉庫、武器庫
これらはゴルドルフ新所長の指示で立ち入り禁止となっている[出 3]
司令室
操縦席コクピットも兼ねており、非常口が存在する。席はシートベルト付き。
ダ・ヴィンチちゃん工房
新生したダ・ヴィンチの工房。
シャワー室
シャワーを浴びる部屋。
独房
捕まったカドック・ゼムルプスが魔術封じの手枷を付けられ、捕虜として閉じ込められていた部屋[出 7]
手枷はカドックが目覚めた時には、冷え切っており、凍結してから砕け散っていた[出 7][注 2]

関連用語[編集]

虚数潜航
ゼロセイル。虚数空間に潜ってから目的地に浮上する転移手段。前人未到の航海。
カルデア初期に想定されたものの、その困難さ、危険性から廃止された事象干渉手段。
マスターを霊子分解し、数値として時空帯に出力するレイシフトとは真逆の空間移動法。
あると定義しなければこの世界は成立せず、かといって人間に触れる事のできない領域。即ち、マイナスの世界への挑戦。
世界の隙間に入り込み、現実から完全に消失する“時の海”に沈む行為。存在そのものをマイナスにする危ない状態。
虚数空間
宇宙は『時間』という概念によって成り立っており、本来、『時間』に未来も過去もない。その軸を頼りにしているのは人類であって、『時間』そのものは積み重なってさえいればその前後は入り乱れても問題はないが、虚数空間にはその『時間』の積み重ねが存在しない[出 3]
虚数空間にいる限り経年劣化をしないが、外の通常空間に出た時にどうなるかは分からず、一秒も時間を重ねていないか、何百年もの時間を重ねているとも、御伽噺の浦島太郎の玉手箱のような現象が起きても不思議ではない。虚数潜航の際は、そうならないように外部空間との誤差を正しながら進んでいる[出 3]
霊基トランク
霊基情報パターン、有り体に言って“縁”が記録されたグラフを複製して移されたトランク型データバンク。
レオナルド・ダ・ヴィンチ及びシャーロック・ホームズの手で製作された
このトランクとマシュ・キリエライトがいれば再び英霊召喚が可能となる。ただし、霊基トランクの記録だけでは短時間の戦闘以外でサーヴァントの力を借りるのは困難で、常時召喚するには相応の霊脈と電力が必要になる。
コヤンスカヤ殺戮猟兵たちが探していたが、カルデア陥落寸前にギリギリで作業が完了。脱出直前、ダ・ヴィンチの手から主人公の手に託され、コヤンスカヤの手に渡ることは阻止された。元々はゴルドルフ・ムジークへの対策としてトランクに移した。
霊基外骨骼
オルテナウス。ダ・ヴィンチが改良した。バイザーが付いている。アーマードとも呼ばれる。オルテナウス計画に使う予定だった。
魔力探知の機能が付いており、ソフトウェアによって動いている。このソフトウェアは遠距離のシャドウ・ボーダーから更新する事が出来る。
内部加圧、燃焼機関などがある。駆動音と排気音を静音の護符を起動する事で緩和する静音モードがあり、戦闘する際は静音モードを解除する。自動調律機能があり、戦闘前に整備したて一歩手前の調子にしたり、戦闘中に出力が低下した際に回復してくれる。連続で戦闘を行う場合には、連続戦闘対応モードに自動調律され、排気を行う。アマルガムゴートによって機能を拡大し、出力を一時上昇させる事が可能。出力は数値で表示される
盾は格納スペースがあり、カルデア式簡易キャンプや寝袋などの野営道具、レーションなどの糧食や携帯食料、飲料水、皿などの一式を入れて常備している。フォウを収納スペースに入れることもある。背中に加速用のブースターが付いており、これを用いて加速する。下部にはパイルアンカーが付いている。
ただし、元の霊基ではないためギャラハッド由来の技術スキルは使う事が出来ない。それらの欠けた部分は霊基外骨骼で補う。
第2部ではギャラハッドが抜けた事で霊基の出力が半分以下になったマシュを補うために使用した。
マシュ・キリエライトの霊衣として実装された。装備すると宝具は『いまは脆き夢想の城』に、スキルは「誉れ堅き雪花の壁」が「バンカーボルト」へ、「時に煙る白亜の壁」が「アマルガムゴート」へ、「奮い断つ決意の盾」が「悲壮なる奮起の盾」へと変化し、更に戦闘モーションも変化する。

人物[編集]

主人公 (Grand Order)
カルデアのマスター。シャドウ・ボーダー内のスタッフの中で最も実戦経験のある人材。
シャドウ・ボーダー内で出来る事は特にないため、もっぱら現地調査員として動く。
マシュ・キリエライト
デミ・サーヴァント。霊基外骨骼を装着して活動する。
フォウ
カルデアに住んでいた生物。ゴルドルフ・ムジークからベーコンをもらっている。
ゴルドルフ・ムジーク
カルデアの新所長。
レオナルド・ダ・ヴィンチ
技術顧問、兼、ボーダー移動時の中央電算機メインフレーム
シャーロック・ホームズ
経営顧問。
ジングル・アベル・ムニエル
カルデアの職員。運転とモニタリングを担当している。

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. アヴィケブロンがドリルやフォーク状の先端を付けようとしたが、シャーロック・ホームズに止められた。
  2. カドックは自分に残留していた彼女の最後の名残だったのでは、と推測していた。

出典[編集]

  1. ヒライユキオtwitter2018年7月29日17:46
  2. 2.0 2.1 『序/2017年 12月31日』第8節「人類未踏の旅へ」。
  3. 3.00 3.01 3.02 3.03 3.04 3.05 3.06 3.07 3.08 3.09 3.10 3.11 3.12 『永久凍土帝国 アナスタシア』第1節「獣たちの帝国」
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 『無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング』第1節「魔剣強襲(前編) 」
  5. 『無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング』プロローグ「intro.2-2」
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 『無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング』第2節「魔剣強襲(後編)」
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 7.5 7.6 『無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング』プロローグ「intro.2-1」
  8. 『永久凍土帝国 アナスタシア』第21節「君臨する雷帝 」
  9. 『無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング』第17節「───征け、黄昏を越えて」
  10. 『無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング』第12節「まるで、春の日向のようだった貴方」

リンク[編集]