ネフェルタリ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネフェルタリ
性別 女性
声優 石見舞菜香[出 1]
初登場作品 Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ
テンプレートを表示

概要[編集]

エジプトのファラオであるオジマンディアスの妻として知られる女性。

略歴
まだファラオとなる前のオジマンディアス、エジプトを発つ前のモーセの親友として登場する。
この数年後にオジマンディアスの正妃として迎えられる。
人物
褐色の肌をした、清楚さと可憐さを備えた女性。
オジマンディアス曰く、穏やかで愛らしく、心優しい性格。その一方で自分自身も戦場に立つ勇気も持ち合わせている。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ
オジマンディアスの過去回想に登場。

その他[編集]

ちびちゅき!
生徒役。学園祭を満喫していた。

人間関係[編集]

ちびちゅき![編集]

ニトクリス
同じエジプト出身故か、一緒に学園祭の出し物を満喫していた。

生前[編集]

オジマンディアス
最愛の人。昔からの付き合いであり、「ラーメス」と名前で呼ぶ仲。
モーセ
オジマンディアス同様、かけがえの無い友人。
ブトゥケパ
ヒッタイトの王妃。
戦争中にも関わらず手紙をやり取りしており、和平が結ばれた時には互いに喜びあった。

名台詞[編集]

メモ[編集]

  • 「ネフェルタリ」という名前は、「あらゆる物の中で最も美しい女」という意味である。
  • 蒼銀のフラグメンツにおいて伊勢三玄莉に遺品を使われたネフェルタリであるが、現実においても1904年に発見された際には既に盗掘の被害を受けてミイラは膝しか残っていないという有様で、そのミイラの年代特定が出来たのも2016年になってのことである。
    召喚の触媒を察したオジマンディアスが激怒したのは当然の結果だろう。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]

リンク[編集]