ニトクリス

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
キャスター
真名 ニトクリス
性別 女性
身長 162cm
体重 51kg
出典 史実
地域 エジプト
属性 秩序・善
隠し属性
一人称
二人称 貴方/おまえ
三人称 彼/彼女/○○[注 1]/○○殿/○○様
声優 田中美海
デザイン 縞うどん
設定作成 桜井光
レア度 ☆4
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

魔術師」のサーヴァント

略歴
『Grand Order』第六特異点『神聖円卓領域 キャメロット』では西暦1273年のエルサレムにはぐれサーヴァントとして召喚され、オジマンディアスの指揮下に入っている。
百の貌のハサンに捕縛、誘拐されていたところを主人公達に助けられるが、間が悪く主人公達が自分を誘拐していると思い込んで戦闘を仕掛ける。
幸い、乱入してきたベディヴィエールによって誤解は解かれた……のだが、今度はその不審な言動からスフィンクスをけしかけるなどしつつも、救われた恩を返すべくオジマンディアスの神殿へ案内した。
オジマンディアスが魔術王の聖杯を持つため主人公達とは敵対寄りの関係ではあったものの、それからも彼女自身は機会があれば何かと手助けにまわっていた。
対円卓の最終決戦ではオジマンディアスを援護し、獅子王の放った『最果てにて輝ける槍』の一撃から彼を守り死亡・消滅した。
終局特異点『冠位時間神殿 ソロモン』では冠位時間神殿に召喚され、オジマンディアスと共にⅥの座を統括する覗覚星アモンと交戦する。
人物
天空神を表した魔術触媒と露出度の高い格好が特徴な褐色肌の女性。
基本的には楚々とした聡明な人物であり、危険や危機に対しても常に冷静に最善手を導き出すことが可能な知性と精神力を有している。
一方で心の裡に燃え盛る激しい意思が在るのか、緊急時になると性格が変わって短気と早とちりを繰り返す事があり、主人公に対してもすぐ怒ってしまう。彼女はそれを「生前の行い」が原因であると考えている。
神の子であり、神へと至る王であるファラオとしての自覚をきちんと有しているが、考えが人間臭い上に人情に篤く、俯瞰的に捉えることができない等、ファラオとしての威厳はあまりない。
ファラオの地位を復讐に用いてすぐに命を絶ってしまったことからファラオとしての実績が無いことがコンプレックスになっており、自分より後の時代のファラオに対しても萎縮してしまう。
聖杯にかける願いは「兄弟たちが永遠の国で安らかに暮らす」こと。
能力
紀元前二千年以前の神秘を備えており、古代エジプト由来の使い魔としてメジェドや黄金スカラベ、マミーを召喚させる。
「ハロウィン・カムバック!」ではマスター愛が重いトリオから逃れるために、身代わりとして魔術で主人公の人形を作っている。

別クラス / バリエーション[編集]

アサシン (Grand Order)[編集]

イシュタルカップにエントリーする際に水着姿になったニトクリス。

詳細は「ニトクリス〔アサシン〕」を参照。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
キャスター 主人公 (Grand Order) E E C A B+ B+ 陣地作成:A
道具作成:B+
神性:B
エジプト魔術:A
高速神言:B
天空神の寵愛:B

宝具[編集]

冥鏡宝典(アンプゥ・ネブ・タ・ジェセル)
ランク:B+
種別:対軍宝具
レンジ:1~40
最大捕捉:100人
ニトクリスの鏡。現実に在るものを映し出すことはない鏡。光学的な鏡としては機能しない。
写り込むのは常に、おぞましくも恐ろしい暗黒の異形のみ。
冥界、あるいは暗黒の異界の姿を映す鏡であるとニトクリス本人は語っているが、詳細は不明。ニトクリスの精神を映し出している可能性もあるらしい。
果たして鏡の向こうに存在する光景が何であるのか、真に暗黒深淵の異界が広がっているのか、古代エジプトの神々が作り出した魔の牢獄であるのか、それとも彼女の内側で滾るモノが魔力によって形成されているに過ぎないのか───
『Grand Order』第六章では、オジマンディアスへ向けて放たれた『最果てにて輝ける槍』を鏡とニトクリス自身の体を犠牲にしながらも防ぎ、『光輝の大複合神殿』を聖槍の外殻に特攻させるだけの時間稼ぎを成功させている。
ビジュアル的にはアヌビス神を召喚し、その頭上の鏡から悪霊らしきものを何体も呼び出して特攻させるというもの。

真名:ニトクリス[編集]

ニトクリス。古代エジプト第六王朝にて、僅かな時期に玉座に在った魔術女王。奇しくもバビロンの古き女王と同じ名を有する。
愛しき兄弟を謀殺した有力者たちによって傀儡として押し上げられた。だが彼女はそれでファラオになった訳ではなかった。
彼女は許せなかったのだ。王にして神であるファラオを軽んじ、その座すら弄てあそぶ逆臣たちを。愛しき兄弟たる先王を慈悲なく謀殺した悪逆の徒を。
逆臣たち全員をナイルの流れの底に沈めて溺死させ、復讐を果たした後に死後の復活の備えもなく自ら命を絶った。
だが謀殺された兄弟たちが無事に死後の世界「永遠の国」へ辿り着けたか分からず、祈るしかない。故にこそ彼女は聖杯に願いをかけたのだ。
――――「兄弟たちが永遠の国で安らかに暮らしますように」。

関連[編集]

ファラオ
民を統べ地に君臨する支配者であると同時に、神へと至る者。
ファラオは時代等によって神性が変化するが、彼女は天空神ホルスの子であり、化身とされる。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
第六特異点『神聖円卓領域 キャメロット』解禁に伴い実装。ストーリーにおいては第六章にて味方側として登場。
スキルも含めて宝具による即死攻撃に特化しており、即死が通るモブキャラ相手には滅法強いが、即死が通る確率が限りなくゼロに近い大型モブやボスサーヴァント戦には向かないという尖った自己完結タイプ。

Fate関連[編集]

マンガで分かる!Fate/Grand Order
あまり登場はしないが、登場するたびにジャンヌ同様主人公に酷い目に遭わされている。
それでもマスターには好意があるようで、主人公がピンチになった際にはジャンヌ同様に助けようとしていた。
教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー
10時間目の題材。

その他[編集]

ちびちゅき!
所属不明。名前繋がりか、文化祭の演劇では「さるかに合戦」のクリの役を振られてしまった。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

オジマンディアス
第六特異点で仕えていた偉大なるファラオ。「真なるファラオ」と呼び、その心に深い憧憬を抱いている。
なお、一応ファラオとしてはニトクリスの方が1000年ほど先輩にあたる。
イスカンダル
偉大なファラオである彼やオジマンディアスの前ではニトリクスは竦んでしまうらしい。
クレオパトラ
自分より後の時代のファラオであるが、彼女に対しても気後れしてしまっている。
なお、「メジェド様は素敵」という点では嗜好が一致している。
主人公 (Grand Order)
未熟であってもファラオである以上、他者に傅くことはありえないため、どちらかの支配でも主従でもなく、対等な無二の同盟相手として認識している。
玄奘三蔵
第六特異点で敵対した際のことを根に持っており、女性の身で長物や拳を振り回している姿に怒っている。
エリザベート・バートリー
悪魔的外見で竜の娘でアイドルと言い張る姿に「盛り過ぎ」とツッコミを入れている。
もっとも、主人公からは「仲良くなれそう」と、同類項と見なされているようであるが。
初共演した「ハロウィン・カムバック!」では互いに認めないもののやっぱり同類項で、普段は誰もが酷評する彼女の歌を「死者の呻き声のよう」と褒めた
マシュ・キリエライト
第六特異点において、彼女がマスターと共に戦う姿を見て「自分と同じく戦いを怖れているが、それを誤魔化さず奮い立っている」と好感を抱いた。
ギルガメッシュ
期間限定イベント『ネロ祭再び』でチームを組んだ相手。
古き王として敬意を抱いているものの、オジマンディアスとの薄氷を踏むような名コンビっぷりには胃痛が絶えない。
シェヘラザード
サマーイベント以降も付き合いが続いているらしく、一緒にお茶を飲む仲。
武則天
彼女の幕間の物語にて、幽霊嫌いを克服する為の敵役を彼女から依頼され、後に記憶を自分で消した彼女の敵として立ちはだかった。

ちびちゅき![編集]

ネフェルタリ
同じエジプト出身故か、一緒に学園祭を満喫していた。

名台詞[編集]

「愚かな……具体的にどこがと言われれば困りますが、愚かな。」
戦闘開始時。ファラオとしての威厳を出したいのだろうが、逆効果にしかなっていない絶妙なポンコツ具合である。
「出ませい!」
通常攻撃時の台詞の一種。普段耳にしない言葉のため印象に残りやすい。汎用性が高くピックアップガチャで星5サーヴァントを狙う際によく用いられる。
「ふふっ、ニトクリスの鏡を見たいのですね?」
「屍の鏡。暗黒の鏡。扉となりて、恐怖を此処へ……『冥鏡宝典アンプゥ・ネブ・タ・ジェセル』!」
宝具発動。冥界を映し出す鏡より多数の死霊を召喚し、ファラオの敵対者を死へと導く。
「可愛い死霊が、ざざーん、ざざーん。」
宝具選択時のもうひとつの台詞。
可愛い…のだろうか?
「サーヴァント・キャスター。天空の神ホルスの化身、ニトクリス、召喚に応じました。
 このようにファラオではありますが、私はあまりに未熟の身。故に、今回だけ特別に貴方を「同盟」の相手と認めましょう。
 ……ですがその前に、言うべき事は言っておきます。…オホン(咳払い)頭を垂れなさい。不敬ですよ!」
召喚時。神へと至る支配者であるファラオでありながら、自分の未熟さを認めマスターとサーヴァントの関係ではなく「同盟関係」として協力を約束してくれる、のだが…。
威厳を出そうとしたのだろうか、加えた最後の台詞で色々と台無しである。
「どうにもあなたは私への畏敬が足りていません! 今更言うまでもないことですが私は天空の神にして、冥界の神。そして、ファラオなのですよ? 只人であれば、ははーっ!っと平伏するところなのです!
 ……え? 盛りすぎ? 天空なのに冥界とか落ち着かない? それは…言われてみると…そうですね。……気づかなかったわ…。」
「ああ!またこんなに部屋を散らかして!なぜファラオである私が同盟者と言えど、只人の部屋を掃除しなくてはならないのでしょう!
 ……え?いつものマミーにやらせないのか?ですか?当然です。あなたの世話をするのは私の役割。私の臣下たちの役割は、私の敵を倒すことです。」
マイルーム会話「絆Lv2」「絆Lv3」。ファラオの威厳はどこへやら、主人公の部屋を掃除するなど、もはや世話女房の域に達している。
「マスター、先程廊下でおかしなサーヴァントとすれ違いました。赤い髪、悪魔の角、悪魔の羽、悪魔の尻尾……それでいて、自分を竜の娘だと言い張り、あまつさえアイドルだというのです。
 私も天空の神だったり冥界の神だったりしますが、いくらなんでも盛り過ぎでは……?
 え? 似てる? きっと仲良くなる、ですか……?」
同じく属性てんこ盛りサーヴァントである、某ランサーを所持している際の台詞。
後にイベントで共演し、案の定なんやかんやで意気投合した。
「ふぅ……。ようやく私らしい姿になりました。これが本来の私ですので、今までのことは忘れるように、マスター。
 ……どうしてか? ですって? 今までの服装は必要最低限のものでしたので、恥辱に耐えていたのです!」
1回目の霊基再臨時の台詞。再臨により装飾具や腰布が増える。
本編第六特異点でもこちらの姿で登場するのだが、召喚時の初期状態では特に下半身はパンツのみと言っても過言ではない涼しげなスタイルをしており、さすがに恥ずかしかった様子。
とはいえ、全体的な露出度の高さはそう変わっていない……。
「これは……! 生前では至れなかった、目指していた私の姿……。
 ありがとう、礼を言います。我が得難き契約者よ。未熟なファラオたる私を、あなたは真なる高みへと導いてくれたのですね。」
3回目の霊基再臨時の台詞。
髪の色が紫と黄金の縞模様に変化するなど、見た目もだいぶ派手になる。
さらに、胸のサイズと露出度が増す
「今や私は真なるファラオ……。以前のような未熟者ではありません。さぁ、どうぞこちらへ、マスター。
 今宵はたっぷりあなたにとって最も優れたサーヴァントが誰なのかを教授して差し上げましょう……」
4回目の霊基再臨時の台詞。
最終段階のセイントグラフがとんでもないことになっているそうな…。
「……ん……いけませんファラオ、そのように、私の髪を引っ張られては……
 それは耳のように見えるかも知れませんが、ホルスを表した魔術触媒……決して寝癖では……」
第六特異点での初台詞。誘拐されながら登場したと思ったら、初っ端から威厳のないこの寝言である。というか一体どんな夢を見ているのだろうか……
「我が名はニトクリス!太陽王にこのアトラス院を任されたファラオなり!
 我を畏れよ! 我を崇めよ!さすれば命だけは助けよう!
 ―――つまり具体的に言うと、立ち去るか降伏なさい!見て分かる通り、私はとても強いのですから!」
ランスロット率いる円卓の騎士たちに主人公一行が包囲される状況にて、突如巨大化して登場する(魔術による幻影だが)。しかし言葉の端々に出る人の良さが隠しきれず、主人公に「……また無理しちゃって……」と言われてしまう……。
「滅び去れ、醜きものども……!
 おまえたちの悲鳴も、呻きも、懇願も!誰も聞き届ける事はない!
 私が、おまえたちを殺す!ナイルの水に抱かれて死ねるのだ、むしろ喜ぶがいい!
 我が兄弟たちをことごとく傀儡のファラオとして操り、あまつさえ殺し尽くしたおまえたちを……
 許しはしない。許すものか。許さない許さない!この日を待ち望んでいた……!」
幕間の物語での回想にて。生前、自らの兄弟たちを殺した逆臣達へ復讐を成し遂げるが、彼女自身もその後自殺してしまう。後悔はしていないらしいが、他のファラオ達に対して劣等感を抱いてしまう原因の一つ。
「……○○(主人公名)!我が同盟相手!
 ……私は未熟なファラオです。それでもファラオである事実だけは我が誇り。
 それを失うというならば。逃げるわけにも、負けるわけにもいきません!
 ぶっちゃけ勝たねばなりません!力を貸しなさい! いいえ、貸してください!」
同上、歴代ファラオ達と戦って勝たなければファラオの称号を捨てねばならない状況において。どれだけ未熟と感じていてもファラオとして生きた誇りだけは譲れない様である。

メモ[編集]

  • 具体的な史料が存在しておらず実在が疑われているファラオだが、『Fate』においては実在している模様。
    • 実在の場合、出身年代は紀元前22世紀となる。既出のサーヴァントの中ではギルガメッシュに次いで非常に古い。最初に女性としてファラオになった人物でもある。
    • 古文献において共にメルエンラー2世の次に即位したファラオであるとされた事から、第6王朝最後のファラオ「ネチェルカラー」と同一視される。ちなみにネチェルカラーは男性のファラオであり、実は歴史上初の女体化英霊かもしれない。
  • おそらく歴史上の本人よりもむしろクトゥルフ神話で創作されたアイテム「ニトクリスの鏡」の所有者として有名な存在。
    • クトゥルフ神話における「ニトクリスの鏡」は地獄めいた世界への門となっている鏡で、ニトクリスはこの鏡の中から出てくる妖異を利用して政敵を殺害していたという設定。

話題まとめ[編集]

商品情報[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. たまにフルネーム。

出典[編集]


リンク[編集]