ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルン

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルン[編集]

  • スペル:Justeaze Lizrich von Einzbern

美しい白い少女の姿をした、アインツベルンの「冬の聖女」。

略歴
第三魔法を実現した魔法使いの弟子によって作られた、第三魔法を再現するためのホムンクルス。
魔法使いと同等か、それを上回る性能を持っているものの、製造した弟子の魔術師たちの技術や努力とは関係のない全くの偶然で生まれたモデル。
人物
不老ではあるが体は脆弱で死にやすく、城の外には出られない。その知性、精神性も不老であるため全く成長しない。客観的に見れば同じ一日を永遠に繰り返しているようなもので、城の外に出れば同じ一日から解放されるが、城の外に出ることは彼女にとって緩やかな死を意味する。
大聖杯の炉心となった後は人格と呼べるような機能はもう残っていないが、アイリスフィール・フォン・アインツベルンイリヤスフィール・フォン・アインツベルンといった、後継機達との魂の繋がりが残っている。
能力
第三魔法を使用できるもののコストが悪く、何十年をかけて人間一人にしか使用できない。そのため生まれたのが彼女の魔術回路を分解し魔術式に置換した人体宇宙、大聖杯である。いまだ大聖杯には彼女の身体が収まっており、拡大・増幅された魔術回路は、直径1キロを越えるクレーターの表面をびっしりと覆っている。

登場作品と役柄[編集]

Fate/stay night
大聖杯。二百年前の情景を垣間見た時に、ちらりと顔が出る。

人間関係[編集]

アイリスフィール・フォン・アインツベルン
後継機。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
後継機。
間桐臓硯
同胞にして仇敵。
遠坂永人
同胞。

名台詞[編集]

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

『Fate/Grand Order』の期間限定イベント『Fate/Accel Zero Order』のラストボスとして「この世全ての悪」に汚染された状態でまさかの登場を果たす。汚染されているとはいえ、大聖杯であるユスティーツァ本人のはずなのだが、イベントシーンでは名前の部分になぜか黒アイリと表記されている。

リンク[編集]