ワレッタ・コドリントン

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワレッタ・コドリントン
性別 女性
声優 緒乃冬華
初登場作品 ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
テンプレートを表示

概要[編集]

魔術師一族であるコドリントン家の本家に所属する魔術師

略歴
コドリントン家が所有するマーベリー工房の事件で登場。
降霊科の息がかかっているウィルズからコドリントン本家へ工房の所有権を移すべく、法政科を動かして化野菱理と共に工房を訪れる。
化野と共に工房での事件の犯人をウィルズによるものと決めつけて拘束しようとするも、ロード・エルメロイⅡ世の介入でお預けになってしまう。
以降は天候の為に帰る訳にもいかずに工房に滞在するが、そこで新たに発生した事件の被害者となってしまった。
人物
褐色の肌に茶色の髪をした、目つきのきつい女性。
ウィルズに振られた事をずっと引きずっているあたり根に持ちやすい性格と藻割れる。
化野とはそれなりのやり取りができていたあたり、直情なだけの人間ではないようであるが。
能力
コドリントン家が降霊術を取り扱っている為か、死者の霊を降霊させる事は可能なようである。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
アニメ版第四話に登場。

人間関係[編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿[編集]

ウィルズ・ペラム・コドリントン
同じ魔術師一族の人間であり、幼馴染み。
想いを寄せていたが拒絶されたのを根に持っており、コドリントン本家からの命令もあって彼に対しては露骨に棘のある対応をしている。
化野菱理
マーベリー工房を取り戻すべく法政科に依頼して派遣されてきた魔術師。ウィルズに通達を出す為に彼女と共に工房を訪れた。

名台詞[編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿[編集]

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]