両儀未那

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
両儀未那
読み りょうぎ まな
初登場作品 空の境界 未来福音
声優 金元寿子
デザイン 武内崇
テンプレートを表示

概要[編集]

両儀式幹也の娘。

略歴
両儀家の一人娘。
人物
歳は10歳ほど。水に濡れたような長い黒髪。幼さ特有の愛らしさを持ちながら、大人びた理性(ひかり)を持った青い瞳。今時はまったく流行らない高級指向のブラウスを見事に着こなし、流行に左右されない普遍的な気高さを帯びている。
好奇心旺盛。織の事も知っており、式を「お母様」、幹也を「パパ」、織を「お父様」と呼ぶ。
瓶倉光溜の絵本の処女作のファンであり、その縁で彼を救う。その後も何かと光溜の下を厚意で訪れているが、塾を抜け出して廃ビルにやってくる未那に、瓶倉は顔を青くしているとか。
性格は式と黒桐鮮花を足して2で割ったような性格をしているが、小悪魔的なところもあり織に似たのかもしれない。

登場作品と役柄[編集]

未来福音
未来視を持つという観布子の母に興味を示し、光溜の後を付いて行ってしまう。
ちびちゅき!
初等部所属。高校生の幹也をパパ、式をお母さまと呼び、事態を引っ掻き回す。
後に悪の魔の手から学園を守る、正義の美少女探偵として「マナ探偵事務所」を設立する。

人間関係[編集]

未来福音[編集]

瓶倉光溜
処女作のファン。それが縁で命を助け、時折彼の元を訪ね、仕事を提供する間柄。
黒桐幹也
パパ。描写がないので確定ではないが、多分今は「両儀幹也」
幹也からは、これ以上になると倫理的にやばくなっちゃうくらいには、娘として溺愛されている。いつか式を倒して幹也を取り戻すのが目標。
両儀式
お母様。幹也を巡ってライバル視している。
もっとも、光溜を探偵にする際に連れてきてもらったりしており、特に仲が悪いとかでは無いと思われる。
硯木秋隆
両儀家の使用人であり、未那の教育係。
秋隆にとっても娘のようなものなので溺愛っぷりがすごいらしく、未那はさらに大人の扱い方が上手くなっているとか。
黒桐鮮花
叔母。何をどう間違ってしまったのか、明らかに彼女に似てしまっている。作品中で二人が絡むシーンはない。
奈須曰く、とても仲が良いとのことで、鮮花は未那の「式を倒す」目標を後ろから応援しているそうだ。

その他[編集]

翡翠
『ちびちゅき!』でのライバル。同じ探偵として、推理勝負を繰り広げる。

名台詞[編集]

空の境界 未来福音

「はい。いつかお母様を倒して、パパを取り戻すのがわたしの目標ですから」
向日葵のような笑顔で宣戦布告。
「お母様――いえ、お父様がお世話になりました」
織のことを知っているのが伺える台詞。

メモ[編集]

  • 名前の由来は仏教用語の「末那識」と推察される。名付け親は幹也で、意味を知っている式は渋い顔をしつつも「まあ、そういうのもアリよね」と承諾したのだという。
  • 能力こそ持たない人間だが、何故か全能たりえる力を持つ。人間力が高いということであろう。観布子の母と会った際、初対面にも関わらず、織が世話になったといった意味の事を話しているが、観察や推理で二人の関係性を導き出したのだろうか?
  • 文章中では明言されていないが、小説版の挿絵と劇場版において服装は黒のブラウスと黒のスカート、オーバーニーソックスと幹也同様黒ずくめになっている。彼と同じ趣味なのか彼の趣味に合わせたのかは不明。
  • 彼女がたずさえる『仕事』は、面倒事ではあるものの、必ず人のためになるようなものであるとのこと。
  • 地味に年齢が確定していない(「10歳ほど」なので、10歳と断言されていない)。つまり11歳という可能性もなくはないのだが、そうなると本編中で式が妊娠している事になる

話題まとめ[編集]

  • 武内曰く、モデルは劇場版第四章にて入院期間中に長髪となった式。かなり気に入っていたらしく、散髪シーンではMOTTAINAIと絶叫したそうな。
  • 『劇場版「空の境界」未来福音』で未那の声優を担当した金元寿子氏は、『Fate/Zero』のBlue-ray BOX映像特典に登場した弟子ゼロ号の声も演じている。
  • 現状、未那と光溜は互いを求愛対象とは認識していないが、もし光溜がその気に目覚めて頭を抱えたら、「そういう事なら結婚ですよね」と言ってしまう……かも、と奈須せんせーは語る。未那さん、恐るべし。

リンク[編集]