以蔵 (ギャング)

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
以蔵 (ギャング)
性別 男性
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』の期間限定イベント『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』に登場したギャング。

略歴
イベント内では舞台となっている街で最近になって港湾労働者を中心として形成されたギャング組織のトップを勤めている。
人物
元ネタと違って長期的な視野を持っていて頭が回り、あまり頭の良くない部下に振り回される苦労人。
港の貿易も管理している為か一番金回りがよく、今後も街が港湾都市として発展してゆくことを考えて組織同士の争いはあまり望んでいない。
舞台背景や時代を考えるとさすがに日本人ではなく現地の西洋人と思われる。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
期間限定イベント『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』の登場人物。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ディルムッド (ギャング)燕青 (ギャング)
敵対しているギャング。主人公の認識のフィルターを通しているため、本当にこの名前かは不明。
魔術師ヴラド三世
オークションで支援する魔術師。
魔術師ジーク
参加者を支援することになったオークションの開催者。主人公の認識のフィルターを通しているため、本当にこの名前かは不明。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「燕青、ディルムッド。ちくとツラ貸しや。
……えい加減、三すくみも飽きてきたとこじゃ。
この爺さんの言う通り、そろそろメンツを捨てる頃合いやろ。」
イベント『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』にて。モリアーティの脅迫交じりの提案を真っ先に受け入れ、他の二組織に講和を持ちかける。
……なんというか、元ネタだったら絶対に有り得ない柔軟かつ賢明な行動である。

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 主人公のフィルターを通した姿と名は岡田以蔵のもの。港湾労働者をまとめて貿易を仕切っていたところから「港の商人と縁がある人物」としてのイメージだと思われる。

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]