2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

岡田以蔵

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
アサシン
真名 岡田以蔵
読み おかだ いぞう
初登場作品 コハエース
声優 吉野裕行
身長 174cm
体重 65kg
属性 中立・悪
隠し属性
性別 男性
デザイン 経験値
lack(FGO)
レア度 ☆3
テンプレートを表示

概要[編集]

暗殺者」のサーヴァント

略歴
Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚』では桜セイバーに次ぐもう一人の「セイバー」「人斬り」を自称し「坂本龍馬」の名を騙って登場した。
ドイツ第三帝国のレイター少佐の指示の下、秋葉花蓮を人質に取るなどの卑劣な戦法で他の陣営を追い詰めるも、最後は武器を捨てさせて無力化したと油断したランサーの猛虎硬爬山によって敗れ去った。
人物
大ぶりの刀を携えた黒衣の男。一人称は「わし」。
当初は坂本龍馬のふりをしており土佐弁で喋っているが、その土佐弁もライダーさんからは「なんか怪しい」と疑われている。また、坂本龍馬本人と会った事が有る筈の桜セイバーからは「あれ? 坂本さんこんなでしたっけ?」と首を傾げられている。
実際は新選組的には軽いジャブ程度の拷問で、知っている事を全て吐いてしまうようなヘタレでもある。
また、敵マスターである琥珀の関係者である秋葉を人質に取って桜セイバーの自害を強要する、言峰花蓮を人質に取ってランサーに槍を捨てさせた挙句、マスターに危害を加えるなど、卑劣な行為を平然と行うのみならず、それらの行為も自身の才能を鼻にかける自己顕示欲に直結している。
あまり煽り耐性は高くないようで、生前からの付き合いの坂本龍馬も「シャレが通じないから」と煽りまくるお竜を止めている。
剣の才能を鼻にかけた上から目線の物言いが多いものの、実際の所は劣等感が非常に強く「剣で人を斬る事でしか自分の価値を証明できない」と思っている節がある。このためか「自分が無視される事」「自分が笑われる事」に対しては非常に敏感で、そのような輩は全員斬り殺してきたとか。
能力
他人の剣技を見様見真似で模倣できる宝具を持ち、アサシンでありながらセイバークラスに匹敵するほどの能力を誇る。『帝都聖杯奇譚』初登場時には坂本龍馬本人が習得しているとされている北辰一刀流ではなく示現流で攻撃を仕掛けてみせた。
正々堂々とは無縁の汚い手段を平然と用いるが、令呪で転移した桜セイバーの剣を無間で凌ぎ、ランサーとの決戦でも紙一重で勝つ可能性はあったとされるなど剣の腕は本物で、桜セイバーと互角か少し劣る程度という相当なもの。
なお、主武装の大ぶりの刀はよく切れるだけの無銘の刀である模様。
『帝都聖杯奇譚』連載開始前の『コハエースEX』に出演した際には、桜セイバーの不意打ちで一瞬で倒され、龍馬の偽物であることを知らない秋葉からは「信長と同じ位の知名度なのに弱いなコイツ」と評されるなど、散々な扱いだった。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
アサシン レイター少佐 C D B E E C 気配遮断:B 人斬り:A
心眼(偽):C
主人公 (Grand Order) C D B E E C 気配遮断:B 人斬り:A
心眼(偽):C
撃剣矯捷なること隼の如し:A

宝具[編集]

始末剣(しまつけん)
ランク:なし
種別:対人魔剣
レンジ:1
最大捕捉:1人
由来:不明
人斬り以蔵、外道の剣。一度見た剣技をそのまま己の剣技として再現することができる宝具。「天誅の名人」、「人斬り以蔵」と呼ばれるまでに至った彼の剣技、というより技量が宝具となったもの。
初見殺しが肝要な斬り合いにおいてかなりのアドバンテージを持つ。
ただし再現可能な剣技には制限があり「対人のものであること」「対人魔剣クラスや宝具の特性に依存したものは再現不可能」となっている(アルトリアの剣技を再現できても剣がエクスカリバーに変化する訳ではないので光の奔流は放てないし、沖田の剣技を再現できても対人魔剣である無明三段突きは使えないと例えればわかりやすい)。
召喚された時点では生前記憶している剣技しか扱えないが、サーヴァントとして現界した状態から新たな剣技を見ることで更なる強化を図れる。
「生前の逸話の再現」が多い宝具というカテゴリーにおいて召喚後でも強化が図れるという極めて異例な宝具。
『Grand Order』では「自身のスター発生率を大アップ[注 1][注 2]&敵単体に超強力な攻撃」という効果のArts宝具。

真名:岡田以蔵[編集]

天誅の名人、岡田以蔵。田中新兵衛、中村半次郎、河上彦斎と共に「幕末の四大人斬り」の一人に数えられる土佐の人斬り。「人斬り以蔵」の異名を持つ。
小野派一刀流、鏡心明智流、直指流剣術など様々な剣術を学び、多くの暗殺事件に関わり、それが原因で投獄され処刑された。
才を鼻にかけ、自分以外の剣士を見下しているが「撃剣矯捷なること隼の如し」と評された剣の腕は正真正銘の天才。
坂本龍馬とは親友ともいえる間柄であり、龍馬の依頼で護衛の仕事をする事などもあった。
だが、時代の流れはやがて二人を決定的に分かつ事になる。
あらゆる剣法を見ただけで模倣できるという規格外の剣才の持ち主。
その恐ろしいまでの天稟は以蔵を「希代の人斬り」として幕末の世に放つ事となった。
天誅の名人と謳われ、数々の暗殺事件に関わった日本史上有数の暗殺者といえる以蔵だが、それ故に剣士として大成する事はなかった。
時代の流れか、はたまた運命か……。惜しいかな、希代の剣の天才は「天才であるが故にその才を磨き、開かせる事」が叶わなかった。

関連[編集]

人斬り
幕末に活動した、対立する思想の人物を対象とした暗殺者の総称。
幕末とは日本の歴史上、おそらく「日本刀で人を斬る」という行為が最も行われた時代であり、その中でも四大人斬りに数えられる以蔵の知名度補正はかなりのものとなっている。
なお、平安時代末期や戦国時代など合戦が日常茶飯事だった時代では、集団戦が基本となったため槍や弓のほうが使用頻度が高いため、
日本刀の内携行性を高めた打刀はサブウェポンとしての需要は高くはあったが間合いの読みや型や振りなどの習熟に高い練度を要するため一部の人間が使用するに留まっていた。
後に大太刀や槍を始め大型の近接兵装は江戸幕府によって所持に制限が掛けられていたため護身用の兵装として打刀のみが携行を許されており、
暗殺者も要人も双方が打刀を所持していた状況から前述の「日本刀で人を最も斬っていた時代」へと繋がっていた。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
『ぐだぐだ帝都聖杯奇譚-極東魔神戦線1945-』の開催に伴い期間限定でガチャに追加。イベントガチャ限定サーヴァントであり、恒常的な入手手段は現状ない。

その他[編集]

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚
アサシンのサーヴァント。 当初は2人目のセイバーを自称していた。

人間関係[編集]

帝都聖杯奇譚[編集]

レイター少佐
マスター。
ライダー
敵対するサーヴァント。
「自分らを売った裏切り者」と明確な敵意を抱いており、彼の名を騙って琥珀らを襲撃する。
セイバー
敵対するサーヴァント。面識は無いが生前から敵対していた間柄であり、人質や奇襲といった搦め手で執拗に襲撃する。
ランサー
敵対するサーヴァント。彼を倒す為にマスターを人質にとって槍を捨てさせるものの、筋を違えた振る舞いにより怒りに触れ、絶招を叩き込まれる。
キャスター
同じ陣営に所属するサーヴァント。ランサーを倒す為に協力して戦いを挑む。

Fate/Grand Order[編集]

メドゥーサ
どこかで見覚えがあるらしいが、「デカ女」と盛大に地雷を踏み、強く睨まれることに。
柳生但馬守宗矩
同じ剣士だが「道場剣法」と露骨に馬鹿にしてかかっている。
土方歳三
生前の面識はないが敵対する陣営に所属しており、武士に対して思い入れのある彼にも「所詮どちらも人斬り」と辛辣な発言をしている。

コハエースEX[編集]

魔人アーチャー
上司。「ノブナガ様」と呼ぶ。

生前[編集]

武市半平太
土佐勤王党を率いていた、急進的な攘夷派の志士。剣術は彼に師事するが、過激すぎる行為から疎まれる。
勝海舟
龍馬の依頼で、彼の護衛を行った事がある。

名台詞[編集]

コハエースEX[編集]

「ようやく見つけたぜよ、反逆者共。大人しくして貰おうかのう」
「わしか。わしはセイバー……坂本、坂本龍馬ぜよ」
初登場シーン。格好良く決めようとしているが、即座に桜セイバーに「悪・即・斬」の名の下、斬り伏せられている。

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚[編集]

「チェストォー!!」
第3話にて、桜セイバーに斬りかかった際の掛け声。
この独特の声は薩摩藩を中心に興った、示現流という古流剣術のもの。御留流という、当時藩外には極僅かな例外を除く一切の伝授が禁じられていたものであり、土佐出身の岡田以蔵が使う事は本来ありえないが、見ただけで剣術を会得することに成功したことが明らかとなった。
「アサシン? かんちがいするんじゃなか わしのクラスは『人斬り』じゃ」
セイバー並みの剣技への疑問に対しての一言。
以蔵の外道の剣を表したかのような発言だが実際のところエクストラクラスではなく普通にアサシン。つまりただの自称
因みに「なか」は土佐弁ではなく九州の方言であり、『Fate/Grand Order』では「勘違いすな」に変えられている。
「なんなら北辰一刀流でも天然理心流でもみせちゃろうか」
自らを人斬りと称した上記の発言の後に敵対する桜セイバーライダーに対して。
北辰一刀流はライダー、天然理心流は桜セイバーが習得したとされる流派。
「外道の剣じゃ犬じゃなんじゃとバカにしよったが わしは誰より剣が使えるんじゃ!!」
生前にどのような扱いを受けていたかを窺わせる台詞。
「ハハッ!! 流石のランサーも槍がなけりゃ手も足も出んか!!」
「わしは剣の天才じゃ!! あらゆる剣がおもいのまま!! リョーマなんぞ相手になるかよ」
「マスターが死ねば きさんも消える そりゃ手は出せんがの――」
マスターを人質にランサーをいたぶる場面にて。恐ろしい勢いで死亡フラグを立てていく様子は枠外の地下王国で秋葉様に「全てのコマでフラグ立てとかたまげたなぁ」とまで言われてしまうほど。

Fate/Grand Order[編集]

何がどうしてこうなったかはわからん。どこでどう間違えたのかもわからん。
わしは頭が悪いきに、たぶんどこかで間違えたんじゃろう。
いや、もしかしたら最初から間違えとったのかもしれん。
川原であいつらと遊んどった頃は間違えとらんかったじゃろうか。

―――ええ空じゃ、澄み渡るようにええ空じゃ。
絆礼装「あの日の空」のフレーバーテキストの一部を抜粋した文章。
彼の辞世の句「君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後ぞ 澄み渡る空」を意識していると思われる。

メモ[編集]

  • きのこアルク(奈須氏)からは「いいじゃない!! デザインはパチモン臭いけど。龍馬とか、帝都とか、奇譚とか雰囲気だけはいいよね!!」とコメントされている。アレ? あんまり褒められてない気が……
    • 社長セイバー(武内氏)は金髪じゃないので全然興味なし。[出 1]
  • 上記のように「坂本龍馬」を騙っているが、彼を知っている者からは違和感のある言動が多々見られ、やがて本物の坂本龍馬の出現によって真名看破に至った。なお坂本龍馬とは生前交流が有り、彼の紹介で勝海舟を護衛したこともある。
  • 拷問されると簡単に陥落した事は史実ネタ。武市半平太は以蔵の女でも耐えた者も多い拷問ですら音を上げた事には「以蔵は誠に日本一の泣きみそであると思う」と述べている。
    • ただでさえ自分が率いていた土佐勤王党の党員が次々暗殺の疑いで逮捕されていた中、強盗で送り返された以蔵の自供で壊滅が決定的になるのだから、半平太にしてみれば堪ったものではないだろう。
    • 勤王党の間では、獄中の以蔵を口封じの為に毒殺する計画が持ち上がったが、半平太が反対したことで実現されなかった。
  • 実は結構少ない「生前も暗殺者だった」アサシン。前述のとおり「暗殺者」のクラスでありながら「剣士」としての剣技を持つダブルクラスと呼ばれることもあった。
    • 似たような概念にスキル「二重召喚(ダブルサモン)」があるが、セイバーとアサシンの組み合わせは対象外。セイバーのクラス別スキルを持っている訳でもない。あくまでも彼が持つ「一度見た剣は真似できる」能力によりセイバー並みの腕前を持つアサシンでしかない。
    • 結局のところ、セイバーとして戦うには「戦士としての覚悟、矜持」を鬼武蔵程度にすら持ち合わせず、アサシンとして隠者に徹するにはあまりにも慢心や自己顕示欲が強すぎた。そんな彼は「剣士」にも「暗殺者」にもなりきれず、自称する通りの「人斬り」でしかなかったということか。
      • そのような精神面に似合わず、剣才だけは本物であり「撃剣矯捷なること隼の如し」と評された。実際、相手は手負いで徒手空拳だったとはいえ、最後の李書文との戦いでも勝ち目は存在していた。
      • 剣才は本物の日本人なアサシン……彼のオマージュであろうか。精神性は前述の通り月とスッポンだが。
  • 司馬遼太郎の書いた「人斬り以蔵」の影響で浅学と思われがちだが、実際には一般的な郷士の子息としての教育は受けていたようである。
    • 帝都聖杯奇譚本編では「偽のクラスや真名を名乗る」「戦闘スタイルを偽る」など聖杯戦争において重要である情報の攪乱をするという頭脳戦も行っている。……もっとも、「坂本龍馬を名乗りつつも北辰一刀流や拳銃を使わず示現流を使う」など、偽情報の統一感は弱い。
      • これらの稚拙な手口は、そもそもマスターのレイター少佐が魔術協会からのスパイであり「聖杯戦争でまともに戦う気がなかった事」にも由来している。
      • 同人誌『コハエース2016冬の増刊号』によれば「土佐弁喋ってて示現流使うとか思わないから」と攪乱戦術的な理由もあったらしい。セコいように思えるが、「最初の一太刀を喰らえばまず死ぬ」ことで有名な示現流について事前情報があるかないかは、わりと真剣に生死を分ける要素である。
      • 同書には宮本武蔵に憧れて剣術を始めたというエピソードがあるが、それを取り上げてか『Grand Order』での第三再臨時の立ち絵が武蔵ちゃんのそれと同じポーズとなっている。
  • 「一度見た技術を再現する」という行為について、後藤劾以を思い起こした型月フリークもいようか。
  • 昨今の岡田以蔵は、司馬作品を始めとする様々な創作の影響で「身分が低いゆえに人斬りにならざるを得なかった、利用される存在」と言う描かれ方が多いが、実際は「粗暴な殺人狂」だったとされる。史実より創作や有名イメージをキャラ造形に優先しがちな経験値氏製サーヴァントとしては珍しく、非常に史実側に寄ったサーヴァントである。
    • 経験値氏製サーヴァントのもう1つの特徴である「非常に特殊な性能」については、「擬似的な二重クラス」という形でしっかりと満たしている。

話題まとめ[編集]

特殊なイントネーションがある土佐弁のボイス収録
『Grand Order』では声優の吉野裕行氏による堪能な土佐弁ボイスが聞けるが、収録スタッフの九条ケント‏氏によると実はマネージャーの方から誰かに土佐弁監修をお願いできないかと打診されたらしい。
そこで81プロデュースの森田了介氏に土佐弁監修をしてもらうことになり、吉野氏は事前に仮収録した森田氏の仮音声を聞きつつ収録。
収録の際にも、現場で森田氏が立ち会って音声監督の方と一緒にイントネーションの指示をしてもらったとのこと。
つまり吉野氏のあの土佐弁ボイスは森田氏のサポートを含めた二人による合作なのである[出 2]
FGO効果で伝記本の売り上げ急増
岡田以蔵は小説等で描かれることはあったが、FGOの『ぐだぐだ帝都聖牌奇譚』で登場した途端に人気が急上昇した。
そこで戎光祥出版がTwitter上で『正伝 岡田以蔵』などを紹介したところ、わずか1カ月足らずで品切れ、さらに重版、3刷が決まった。
さすがに戎光祥出版の編集長も「正直想定していませんでした。社員一同驚いているところです」と驚きを隠せなかったようだ。[出 3]
そして同じくイベントに登場した坂本龍馬の本『図説 坂本龍馬』も売り上げが急増し、重版が決定した。
その後も勢いは止まらず、緊急重版で5刷が決定。アニメイトにも山積みに置かれ、FGOとのコラボも決定。
コラボでは本に限定帯が巻かれているのだが、なぜか書かれている台詞が「匂いのきつい野菜は勘弁じゃ」とマイルームで聞ける嫌いなことの台詞から抜粋されている[出 4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 3ターン
  2. オーバーチャージで効果UP

出典[編集]

リンク[編集]