偽総統

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
偽総統
性別 男性
初登場作品 Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚
テンプレートを表示

概要[編集]

帝都聖杯奇譚』に登場するキャスターのマスター。

略歴
本物の総統は史実より少し前に欧州で死亡してしまったため、詳細は不明だが聖杯による「真なる総統」の召喚、および自身がその「真なる総統」となることを目的に、魔力の無限生成を可能とするキャスターを従え、英霊兵数十人を運用して参戦。
だが、アーチャーの前に英霊兵は全滅させられ、キャスターも撃たれて一時退場。
辛くも窮地は逃れたものの、最終的にはキャスターの手によって「人造の神」を復活させる為の生贄にされて消滅という末路を迎える。
人物
ドイツ第三帝国総統であるアドルフ・ヒトラーの影武者。本名は不明。
自分が有利な間は尊大な態度をとるものの、実際には小心で神経質な性格。
目元は常に陰になっていて描かれていないが、特徴的な髭など、影武者らしく本物の総統とよく似た容姿をしている。
能力
魔術師としての能力は不明だが、キャスターの宝具の効果でほぼ無限の魔力を行使可能であり、それによって英霊兵数十人を戦力として運用している。
右手には封印指定の聖遺物『栄光の右手ハンズ・オブ・グローリー』が移植されており、これが「真なる総統」を呼び出す触媒となる。

登場作品と役柄[編集]

その他[編集]

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚
キャスターのマスター。

人間関係[編集]

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚[編集]

キャスター
サーヴァント。戦略の要として運用するも、最後は裏切り同然に生贄にされた。
レイター少佐
部下の一人。背が高いため、女性としては興味の対象外のようである。
人造の神
ドイツ第三帝国が召喚させようと目論む「真なる総統」。

名台詞[編集]

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚[編集]

「では返してもらいにいくとしようか。私の聖杯を」
「いやはやこれは好都合。ではまとめて――蹂躙したまえパンツァー・フォー
英霊兵の軍勢を率いた出陣シーンの台詞と、サーヴァント三騎が乱戦で疲弊している場面にあらわれた際の台詞。
この頃は影武者という設定も明かされておらず、それなりに威厳と謎を感じさせる人物であったのだが……。
パンツァー・フォー(Panzer vor)は「戦車前進」の意味で、これ自体は普通のドイツ語。しかし後の台詞がネタ塗れなため、これも『ガールズ&パンツァー』ネタにしか見えなくなってくる……。
「ちくしょーめぇ!!」
英霊兵がアーチャーによって全滅させられるという最悪な状況を何とかしようとキャスターを呼び出すも、あえなく撃ち抜かれて。
元ネタは映画『ヒトラー ~最期の12日間~』の空耳ネタ。
「ハズレサーヴァントすぎだろ!! もっとおっぱいプルンプルーンなサーヴァントがよかった!!」
で、何事もなく復活したキャスターから、戦闘はからっきしで三騎士の相手などとてもできないと告げられて。
「おっぱいプルンプルーン」は、上記の台詞と同じく空耳ネタ。
なお、キャスターからは「おっぱいならレイター少佐がいる」と返されているが、「あんなデカ女おことわりだちくしょーめ!!」とお気に召さない様子。こちらはヒトラーがチビだったことを揶揄したネタだと思われる[注 1]

メモ[編集]

  • スターシステムで他のキャラが役を演じている『帝都聖杯奇譚』のマスター勢の中でも、唯一のオリジナルキャラ。
  • 影武者なのもある種必然、時代考証的にはいくら同盟国でも当時日本に本人がいる筈もない。ヨーロッパ戦線でてんてこ舞い....というより、大戦末期はベルリンの総統官邸の地下室に立て籠っているからである。
    • 『帝都聖杯奇譚』の世界では欧州に存在している本人は史実より少し早く死亡してしまったとか。
  • 彼が召喚しようとした「真なる総統」が具体的に誰なのかははっきりしていない。誰を召喚するにせよ「サーヴァントの枠に当てはめられない、英霊そのもの」という時点で十分規格外であるが、仮にヒトラーだとするなら名前を伏せる意味があまりない。
    • 「神のごとき力を持つ」という形容詞がどのようにかかるのかも不明。「神のごとき力を持つ」人物の「英霊そのもの」を召喚する、という解釈の可能性もある。最悪の場合、キリストそのものを地上に顕現させようとした可能性さえある。

話題まとめ[編集]

ヒトラー ~最期の12日間~
2004年公開のドイツ、オーストリア、イタリア共同制作による映画。原題は「Der Untergang」。
ドイツ語の発音が、異なる意味の日本語のように聞こえること、いわゆる「空耳」を利用したMADが日本のネット上で有名になった。
特に追い詰められたヒトラーが、地下壕で側近達を罵倒するシーンは、元々の鬼気迫る演技と空耳のギャップを利用した多くのネタを生んだ。
以下は、空耳が当てられた代表的な台詞。
元のドイツ語 日本語字幕 空耳
niederträchtiger treuloser
Feiglinge
(下劣な)
臆病者だ
大っ嫌いだ!
Nichts als Feiglinge Verräter
Versager
(臆病な裏切り者)
負け犬だ
バーカ!
Sie ist ohne Ehre 恥知らずだ! チクショーめ!
Von allem Anfang an bin ich nur verraten
und betrogen worden
(私を裏切り)
だまし続けた
おっぱいぷるんぷるん!
この映画は完成度の高さと、ヒトラーを人間臭く巧みに描写したことから、本国ドイツでも人気が高いようである。
映画版『帰ってきたヒトラー(Er ist wieder da)』にも地下壕のシーンのパロディが登場する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 実際には、当時のドイツの食糧事情を鑑みればヒトラーは背が高い方なのだが、チャップリンの映画などでイメージが定着した。

出典[編集]


リンク[編集]