2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

封鎖終局四海 オケアノス

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
封鎖終局四海 オケアノス
副題 嵐の航海者
人理定礎値 A
年代 A.D.1573
シナリオ担当 東出祐一郎
監修・加筆 奈須きのこ

概要[編集]

第三特異点。幾多の海賊が財宝を求めた時代、西暦1573年の大海原。 人理焼却により海を四方に閉ざされ、更に様々な時代、地域の海が封じ込まれているため、正確な地理情報が不明となる。

人類で初めて、世界一周を生きて成し遂げた偉大な海賊船長フランシス・ドレイクと出会った主人公達は、彼女の協力を得て広大な大海原への航海に乗り出す。

ギルガメッシュの幕間の物語「天の理」では翼竜の島の地下にエルダードラゴンが誘い込んだ人間を殺して金銭を集めるための地下迷宮を所持していた財宝を全て使って作成中で、そこにボッタクル竜骨という名の魔術工房を築いていた。迷宮の完成前に訪れた主人公 (Grand Order)達に襲い掛かるが、素寒貧のまま倒された。

特異点の人物[編集]

フランシス・ドレイク
第三特異点の生前のフランシス・ドレイク。
正真正銘の人間だが、この時代の「正しい聖杯」を所持しているため、その力によってサーヴァント級の戦闘能力を得ている。
西暦1573年の大海原にて海を渡る手段を探していた主人公一行に対して交渉の前に力試しとして対決し、返り討ちにあった事で協力を約束する。
ボンベ
ドレイク副官。女性らしさについてのジョークに対してツッコミを入れる感じの、気心の知れた関係。

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]

リンク[編集]