オリオン

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

アーチャー[編集]

  • 真名:オリオン(ただし主軸はアルテミス)
  • 身長:165cm / 体重:44kg(数値はアルテミスの値のもの)
  • 出典:ギリシャ神話
  • 地域:ギリシャ
  • 属性:混沌・中庸 / カテゴリ:天
  • 性別:男性、女性
  • CV:神奈延年(オリオン)、沢城みゆき(アルテミス)

弓兵」のサーヴァント

略歴
Fate/Grand Order』イベント「月の女神はお団子の夢を見るか?」ではオリオンの名をアルテミスが騙り、自分への供物としての月見団子を手に入れるためにアルテミスが事件を引き起こした。
第三特異点『封鎖終局四海 オケアノス』では西暦1573年の大海原にある孤島に召喚されており、初登場時からアルテミスと夫婦漫才のようなやりとりを繰り広げている。世界の歴史修正という主人公一行の目的を聞いたオリオンが協力を即決し、アルテミスとともに同行することに。
終局特異点『冠位時間神殿 ソロモン』では冠位時間神殿に召喚され、ダビデやアタランテと共にIIIの座を統括する観測所フォルネウスと交戦する。
人物
美女がアルテミスで、人とも獣ともつかぬクマのような奇妙な生物(ゆるキャラ)がオリオン。一人称は「私」(アルテミス)「俺」(オリオン)。
これは、『Grand Order』にて召喚された際、何らかの異常を感じ取ったアルテミスがオリオンの召喚に割り込む形で乱入した結果、サーヴァントとしての役割をアルテミスが果たしている。
オリオンは陽気な性格の女好き。他の女性サーヴァントを口説いてはアルテミスからお仕置きを受けている。
カルデアでは前述の召喚によって能力ダウンどころか姿形まで変えられて無力化されている現状を嘆いており、事あるごとにアルテミスや周りの状況に振り回されっぱなしな苦労人の面を見せる。
アルテミスは自身と他人の恋愛話が大好きないわゆる恋愛脳(スイーツ)。終始ノリが軽く、細かい事をあまり考えていない言動が目立つ。だがオリオンに対して一途な愛情を注いでおり、それは彼がクマの姿になっても全く変わらない。
しかし神であるためか、人命に関する尊重はほぼ皆無、そもそも基本的に人間嫌いであり、「我慢」「忍耐」という言葉を何よりも嫌う。
能力
オリオン本体の戦闘能力は皆無。伝説の狩人として培った知識や経験を活かし、アルテミスの肩に乗ってサポートを行っている。思い切り踏まれても脳天に矢が刺さっても痛がるだけで済むなど、妙にタフ。
オリオンの代わりに戦闘を担当するアルテミスは、本来神霊だが神格を限界まで落としており、通常のサーヴァントより少し強い程度にとどまっている。
が、全くなっていない奇妙な構えから百発百中の矢を放ったり、時空を歪めて“いずれ契約する可能性”を引き寄せることで契約前からレイシフトを使用するなど、本来の規格外な能力の片鱗を見せている。また、変則的すぎる召喚を経ているとはいえ仮にも神であるため、サーヴァントであっても世界に多少影響を与える性質を持ち、無意識に空間を歪めたり、穴を開けてそこから竜種を出現させてしまう。
また、彼女はあくまでオリオンとして召喚されているため、水面を歩くなどのオリオンとしての能力も行使可能。一方、「男性」のサーヴァントとして扱われてしまうため、魅了などの男性特攻の影響を受けてしまう。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
アーチャー 主人公 (Grand Order) D C B A A+ A+ 対魔力:D
単独行動:A+
女神の寵愛:EX
移り気への楔:A+
心眼(偽):B-

宝具[編集]

月女神の愛矢恋矢(トライスター・アモーレ・ミオ)
ランク:A++
種別:対人宝具
レンジ:1~50
最大捕捉:1人
満月を背景にアルテミスのオリオンに対する愛の力で矢を放つ。溢れんばかりの愛を伴って射出されるため、標的に絶大なダメージと極度の混乱を及ぼす。
使用する際、霊基再臨3段階目に達していない場合は服装が3段階目のものに変化する。愛矢恋矢はいとしこいしと読む。
『Grand Order』では単体に超強力な攻撃を与え、攻撃力ダウンとチャージを中確率で減少させる効果。
宝具ランクアップ後は、チャージ減少効果が確定になり、クリティカル発生率ダウン効果が追加される。
射法・玉天射(みこっと)
ランク:A+
種別:対人宝具
レンジ:1~50
最大捕捉:1人
オリオンに対する苛烈なお仕置き兼攻撃宝具。どこかで聞いたような響きだが、気のせい。
マスコットであるオリオンを矢の代わりに番え、男性の股間めがけて射出する特殊攻撃。その宝具の特性上、男性限定のウワキ必ず殺すべし技である。

真名:オリオン[編集]

オリオン。ギリシャ神話に名高い狩人。同時に好色でも知られ、多くの女性と関係を持った。その中でも最も有名なのが月女神アルテミスとの恋である。
……もっとも、それ以外に華々しい英雄譚が伝わっている訳ではないが。
アルテミスとの逢瀬は天界にも話題となり、結婚するのではないかと噂が流れたが、太陽神アポロンはオリオンの性根を知っており、アルテミスに忠告したが一向に聞く耳持たない。
そこでアポロンは一計を案じ、海を泳ぐオリオンをカンダオンという悪人だと偽った上で、彼を射抜くようにアルテミスにそそのかし、彼女にオリオンの頭部を射抜かせた。
オリオンの死を知ったアルテミスは嘆き、彼を生き返らせようとしたが聞き入れられず、やむなく空に星となって上らせた。それが星座の一つ「オリオン座」である。

関連[編集]

オリオン座
おうし座の東にある星座。明るい星が多く、中央に並んでいる三つ星「トライスターベルト」が特徴的。
三つ星は住吉三神あるいはデルタ、ゼータ、イプシロンとも呼ばれている。
ちなみに蠍はアポロンがけしかけ、オリオンが間接的に死に追いやったと伝えられたため、さそり座が昇ってくるとそれから逃げて西に沈んでいくという。

登場作品と役柄[編集]

Fate/Grand Order
  • 〔アーチャー〕キャラクターデザイン:I-IV / 設定作成:東出祐一郎 / レア度:☆5
『月の女神はお団子の夢を見るか?』の開催に際して実装。
『復刻:月の女神はお団子の夢を見るか? ライト版』の開催に際してバトルモーションが一新された。
ちびちゅき!
アルテミスの方は学生として登場。オリオンの方は「女の子と遊べる仕事」を希望した結果、小等部でぬいぐるみ扱いされる羽目に。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

アルテラ
割とノリの軽いアルテミスが警戒心と若干の嫌悪感を向ける数少ない相手、文明も神も壊し尽くす点が気に食わない模様。
彼女の本体であるセファールには一万四千年前に蹂躙され尽くしたため、この対応もある意味当然ではある。
一方のアルテラも「お団子はいい文明、お月見はわるい文明」と言っているあたり、アルテミスに含む所があるようでもある[1]
アタランテ
アタランテの育ての親である雌熊を遣わせたのが女神アルテミス。故に彼女はアルテミスを熱心に信仰し、処女神でもある彼女に習い純潔を守ろうとしていた。
また、彼女に「天穹の弓」を授けたのもアルテミスであり、宝具「訴状の矢文」も彼女がアルテミスとアポロンに祈りを捧げることで発動される。
しかし、第三特異点で実際に出会ったアルテミスはオリオンにベタ惚れしている色ボケ女神。あまりのことに涙目になりどうやって敬っていけばいいのかわからなくなるも、信仰をやめることはしなかった。
なお、アルテミス自身はアタランテが最近遠い目をしていることを気にしている模様。

その他[編集]

アポロン
アルテミスにとっては兄である太陽神。
オリオンは自分を死に追いやった彼にトラウマがあるらしく、名前を聞くだけで条件反射で頭を抱えて震え上がるほど。

名台詞[編集]

アルテミス&オリオン[編集]

アルテミス「はーい、アルテミ……じゃなかった。オリオンでーす!」
オリオン「ペットとかぬいぐるみとかのオリべえでーす。よーろーしーくー」
召喚時の台詞。もはや突っ込みどころしかない。
アルテミス「さあダーリン、愛を放つわよ! 『月女神の愛矢恋矢トライスター・アモーレ・ミオ』!」
オリオン「冷静に考えろ! お前どこ出身!?」
宝具発動。アルテミスはギリシャの女神、トライスターは英語、アモーレ・ミオはイタリア語である。
まあ、それを言うならヘラクレスはゴッド・ハンド(英語)だしメディアはルールブレイカー(英語)だしなのだが。
アルテミス「ダーリン!永遠に愛してるわ」
オリオン「あんまり永遠なんて言葉使うなよ、微妙に怖いんだぜ」
マイルームでの会話。アルテミスには恋したエンディミオンが老いることに耐えられず、文字通り永遠に眠らせた逸話があるため洒落になっていない(アルテミスではなく月の満ち欠けの女神セレーネという説もあり)。
アルテミス「んふふふふ~ダーリン、アタシのことぉ好き?」
オリオン「すんません無視してるわけじゃないんです、話聞いてないだけですぅ、ほんとすんません。」
マイルームでの会話。マスターそっちのけで基本的にのろけている。
アルテミス「ダーリン、浮気した?」
オリオン「しーてーまーせーん!」
マイルームでの会話。アルテミスの声のトーンも微妙に低くなっていて怖い。
オリオン「って触ると反応するの、俺かよぉ!」
オリオン「あふぅん!尾てい骨、あぁふん!尾てい骨はやめてぇ!」
オリオン「いやだから諦めろって!肌、腹部!腹部もやめてぇ…」
アルテミス「もうダーリンをぺたぺた触らないでってばぁ~」
順に絆レベル1、2、3、4での会話。どうやらタッチできるのはアルテミスではなくオリオンの方のようで、触りすぎるとアルテミスから警告が来る。
アルテミス「あらやだ。奉られちゃった♪……どしたの、ダーリン?頭を抱えてぷるぷる震えて。」
オリオン「いや……アポロンの名を聞くと条件反射で……。」
アルテミス「ふふ。それじゃ、私も行っくよ~!宝具展開!愛を唄うわ!『月女神の愛矢恋矢トライスター・アモーレ・ミオ』!!」」
第三章にてイアソンを狙った宝具の大盤振る舞い。

アルテミス[編集]

「あ、でも純潔を失う日のシミュレーションは毎日やっているのよ?」
「あのね、あのね。オリオンがね、まず壁をドンッてするのよ。ドンッて。
 で、耳元で『俺じゃダメか?』って言うのよ! 渋い声で! それからそれから――。」
とても純潔の女神とは思えぬ恋愛スイーツ脳全開の妄想を披露し、周囲を呆れさせた。
「そう、何を隠そう私はサーヴァント!夜空の星座にその人ありと言われた素敵な狩人―――
 その名もオリオン! その人なのでした!はい、拍手はくしゅー!」
初登場となる「月の女神はお団子の夢を見るか?」での自己紹介。オリオンを名乗るが……?
「うそ、アルテラ……!?なんで彼女がこんなところに……!?
 あいつは私たちだけじゃなく、あなたたち人間にとっても天敵みたいなヤツだから。」
アルテラを前に。彼女について何か知っているようで、珍しく動揺を見せる。
「それは不可能ね。私、基本的に人間は嫌いなの。さらに言うと、弱い人間はもっと嫌い。
 だからまずは、わがままで、理不尽で、人でなしな私を倒せるぐらいの力を見せてほしい」
話し合いを提案する主人公に対して。神話においても女神アルテミスは時に極めて冷酷非情。
「この身は月光を表す神性、潔癖と純血、狩猟と永遠を守る玲瓏貴影―――
 オリンポス山に朽ち果てる古き神のひと柱、月の女神アルテミス、ここに試練を与えましょう!」
今までと打って変わって、ついに見せる月女神の本性。
「きゅう~~~やーーらーーれーーたーー!」
で、倒されるとどこぞの魔法使いみたいな悲鳴を上げてしまう月女神。
「アルテラってあのアルテラ? だとしたら私たちの天敵じゃなーーーい!
 ……え、ちがう? あの時のアルテラとは別? 遺跡から発掘?
 なによそれ、ぜんぜんわかんなーい!」
FGOマテリアルIIでのアルテラに対するコメント。
「あ、マスター! ちょっと待ってね! 折角だから、チョコレートをあげちゃうわ!
 今から女子サーヴァントにチョコ欲しいってねだってたオリオンを、物理的にチョコにするつもりだから!」
「チョコレート・レディの空騒ぎ」より、チョコを受け取った時の会話。バレンタインだというのに浮気の公開処刑を見せつけられることに……
ちなみに作中で唯一「ダーリン」と呼んでいないシーンであり、笑顔の裏で相当キレていると思われる。

オリオン[編集]

「あの……もうちょっと、格好良い力が欲しかったよ俺だって!
 何だよ、水面歩けるって……。アメンボ? アメンボなの? 脂足?」
黒髭に対する奇襲を講じている際にアルテミスからポセイドンの子であることに由来する能力を使えばどうかと提案され、エウリュアレにその能力を「それだけ?」扱いされて。海を支配する神を父親に持ったことで得られた能力が湖の精に祝福されて得られる能力と同じでは確かに嘆きたくもなる。
「あいつも悪い奴じゃないんだよ。ただ、人格がどうしようもない駄目人間で、おまけに強い力を手に入れて調子ぶっこいているだけで。」
イアソンに対する評価。マシュからは「どこが悪いやつじゃないのかさっぱり分かりません」と評され、アルテミスからも「悪い奴じゃないんだ、って言ったからって、何もかもフォローできるものじゃない」と言われた。
「そだね。じゃあ前言撤回。アイツは良い奴じゃないんだよ。人格最低の屑だが、権力だけは持ってる。」
で、それを受けての評価変更。的確すぎる。
しかし終局特異点で本領発揮したイアソンの姿や、『strange Fake』でアルケイデスから見た『友』としてのイアソンを見れば、上記したオリオンの「悪い奴じゃない」という評価も間違ったものではないのだが……。
「うっせぇ、チビ女神! アイツの心意気を汲んでやれ!」
アステリオスがカルデア一行を逃がすためにヘラクレスを道連れにしようと知って、動揺するエウリュアレに対して。
普段おちゃらけている彼が珍しく見せる男気溢れるシーン。
「ごめんなさいごめんなさい、でもお前のチョコって絶対マズいじゃ……
 らめえええチョコになっちゃうぅぅぅぅぅ!!」
「チョコレート・レディの空騒ぎ」より、チョコを受け取った時の会話。今から女子サーヴァントのチョコが欲しいとねだったことで例のごとくアルテミスに仕置されてしまったオリオン。
本イベントではサーヴァントからのチョコを概念礼装としてもらうことができるが、この時もらえる礼装はこの通りチョコの彫像と成り果てたオリオン、その名も「タスケテ」。
事前情報の段階でも紹介画像に小さく映っており、話題を呼んだ。
『ところでお嬢さん、この後ちょっと時間ある? え、あるけどダメ?
 あなたの後ろにいるふわふわ系の女の子が怖い?ははは、やだなあそんな冗d(手記はここで途切れている)』
絆礼装「トライスターベルト」のフレーバーテキストの一部。
真面目にオリオン座の説明をしていると思いきやその流れで女性を口説こうとするが、オチは案の定。

メモ[編集]

  • 色々とイレギュラー的存在ではあるものの正真正銘神霊をサーヴァントとして現界させた稀有な例。
    • アルテミスという女神自体はメルトリリスに組み込まれた女神の一つとしてや、ケイローンアタランテカリギュラ等の設定において幾度か触れられていた存在である。
    • オリオンの方もロビンフッドのモデルの一つとして言及済み。
    • 本来の神霊としての彼女は、因果律や時間流の操作等の強大な権能を容易に行使出来る力を持つが、サーヴァントとして現界して以降は、その力は大きな制約下にある。
  • 3章実装前と実装後でマテリアルの文体が大いに異なっている。実装後は他のサーヴァントと変わらないモノあるが、実装前の文体は正にアルテミスの人物像を表すかのようなモノとなっている。
  • 一般的にバストが大きいと弓を射る際に邪魔だと言われている。アルテミスも豊満なバストを持っているが、撃ち方自体が奇妙なためか、影響はないとのこと。
  • 神霊であるにも関わらず「神性」や「女神の神核」のスキルを所持していない、女神の寵愛を受けている側が持つはずのスキル「女神の寵愛」を所持している等の点から、所有スキルはアルテミスではなくオリオンのものなのではないかとも考えられる。その場合、「移り気への楔」はさしずめオリオンに打たれた楔ということか。
    • ただし、本編中でも言及されているとおりオリオン自身も海神ポセイドンの子である半神の英雄。スキル枠や一人のサーヴァント欄で二人分の説明が必要なことを考えると已む無く記載を削られたのかもしれない。
  • 彼の人間の姿は、恋人曰く「そのあまりにも完璧かつ完全、爽やかかつまろやかな美男子ぷり」らしい。現在の姿からは全く想像できないが。
  • オリオン本人の戦闘能力に関しては描写がないが、アルテミス本人の発言からすると神霊であるアルテミスを打ち負かしたことがあるらしく、まさしくギリシャ随一の狩人と称えられるに相応しい実力を持っていると推測される。
  • オリオンの死因に関しては諸説あるが、そのほとんどでオリオンはアルテミスに殺されている。中でも一番有名な逸話はアルテミスが兄であるアポロンに騙されて恋人オリオンを誤射するというもの。他にも怒ったアルテミスに撃ち殺された逸話、オリオンの浮気が原因でアルテミスに殺された逸話もある。
    • またアルテミスに殺されるもの以外では毒サソリに刺されるという死因もある。死後に星座となったオリオンが同じく星座になったサソリ座から逃げ、東から西へ追い回されているという逸話は非常に有名。ちなみに、このサソリはオリオンの傲慢さに怒ったゼウス、もしくはヘラが放ったとされている。
    • そして上記二つを統合して、アポロンが毒サソリを放った事でオリオンが逃げ、そのオリオンの頭をアルテミスが誤射するという伝承が最もメジャーな伝承となる。
  • カリギュラには女神ディアーナに愛されたことで狂気に陥ったという伝説があり、その女神ディアーナはアルテミスと同一視される存在。
    • また彼の宝具である「我が心を喰らえ、月の光」は月の女神の寵愛と加護の伝説が昇華された宝具という性質上、アルテミスの縁者には効果がないとされており、設定上は女神本人であるアルテミスやオリオンにも効かないと思われるが、ゲームの仕様上においては縁者のアタランテや本人たちにも通常通りの効果がある。

脚注[編集]

  1. 作中でも触れられるが、お月見は本来月神にお供え物をして崇める儀式。

リンク[編集]