メディア〔リリィ〕

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
キャスター
真名 メディア
外国語表記 Medea
初登場作品 Fate/Grand Order
声優 野中藍
身長 149cm
体重 41kg
出典 ギリシャ神話
地域 ギリシャ
属性 秩序・善
隠し属性
性別 女性
一人称 私/わたし
二人称 あなた
三人称 彼/彼女/あの方
デザイン こやまひろかず
設定作成 東出祐一郎
レア度 ☆4
テンプレートを表示

概要[編集]

魔術師」のサーヴァント

略歴
Fate/Grand Order』第三特異点『封鎖終局四海 オケアノス』では西暦1573年の大海原に召喚され、イアソンのサーヴァントとして従順に付き従う。
無論、サーヴァントである以上彼女は生前に関する記憶も全て持っているのだが、あえて何も知らない少女として振る舞うことをよしとしていた。
しかし、主人公らによってヘラクレスヘクトールが倒されイアソンと彼女はもはや絶体絶命の状況となるが、「守るため」と称してイアソンを魔神柱フォルネウスへと変貌させる。
敗北の後、彼女の上にいる何者の存在を匂わせ、主人公にささやかながら助言を残して消滅する。
終局特異点『冠位時間神殿 ソロモン』では冠位時間神殿に召喚され、イアソン達と共にⅢの座を統括する観測所フォルネウスと交戦する。
人物
浮世離れした可憐なお嬢様。
可憐な立ち居振る舞いが特徴で、仲良しが一番であることを公言している。基本的に良い子で、純真で人を信じやすいお人好し。
しかし彼女は自身の凄惨な結末を理解していることもあってか、「信じる」のではなく「信じたい」という思いが強い。裏を返せば人間への不信に満ちているともいえる。
なのでマスターに尽し、懐くことは懐くが、他のサーヴァントと同じく一線を引いている為か、マスターから踏み込まない限りは相互理解すら怠ってしまう。
世間を知らないことは重々承知で、どうにかしたいという気持ちと、どうにもならないという諦めが混在している。
一方で天真爛漫が極まってサイコの域に達しており、善意からの行動も常軌を逸した方法を介することが多い。
能力
攻撃的な魔術はほとんど使用できないが、治癒系の魔術が得意。さらにレイシフトで飛んだ先なら、魔術でいくらでも材料を錬成できる。
接触した対象の魔術回路構造を解析し、世界の何処にいようとも見つけ出すことができる。
「高速神言」こそ同じAランクであるものの、この姿では戦闘に長けないのは自他共に認めるところである模様。
しかし神代の魔術師だけあって、幕間の物語「幸せのパンケーキ」では魔神柱の残留魔力を触媒に他の魔神柱ハーゲンティを召喚するという離れ業を見せた。

バリエーション[編集]

愛と癒やしの魔法少女 メディカル☆メディア[編集]

大海原と竜の国の魔法少女。『Fate/Grand Order』期間限定イベント『プリズマ☆コーズ』に登場したキャラクター。
王女メディアとその少女期をモデルにした魔法少女で、おとも「イアソンくん」を引き連れている。
彼女が治める「大海原と竜の国」はとても平和で住人は誰もがメディアとイアソンくんを崇めているが、その実態はメディアによる完全な統制国家。平和を愛する事を標榜しているものの、わずかな犯罪を為した者を問答無用でブタに変えてしまうという独裁国家である。
彼女自身も非常に危険な性格で、嫌味半分で煽るイアソンくんを問答無用で燃やしたり、竜牙兵5ダースとボトルシップ(衝角に竜骨を腐らせる呪い付き)を常備していたり、攻撃は得意ではないもののエグい手法(精神医療を応用した精神攻撃、変豚術、箱庭世界への幽閉)が多かったりとまごう事なきサイコである。
自分の国に来たイリヤ達を排除する為に行動し、次には不可侵の約束をしようとするが、いつまでも夢を諦めないイリヤに激昂し戦いを挑む。実際には数百年以上に渡り魔法少女同士で行われた殺戮に疲れきっており、敗北後は半ば押し付けるように自分の持っていた宝石(トモイの石と名付けていた)を渡した。とはいえ、未着手のキットへの未練を呼び起こされていたことから向こう数百年は消えるつもりはないらしい。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
キャスター 主人公 (Grand Order) E E D A A C 陣地作成:B
道具作成:B
高速神言:A
耐毒:A
うたかたの恋:B

宝具[編集]

修補すべき全ての疵(ペインブレイカー)
ランク:C
種別:対魔術宝具
レンジ:1
最大捕捉:1人
本来のメディアが持つ『破戒すべき全ての符』と対になる治療宝具。あらゆる呪い、魔術による損傷を零に戻す。
時間操作ではなく、本来あるべき姿を算定することにより自動修復している。このため“死”以外のあらゆる理不尽を打破できるが、死者を蘇らせる事は不可能。
ルールブレイカーと同じく短剣型であり、加えて零に戻す効果は記憶にも適合できる模様。これらの特徴を利用し、諍いを起こした2人組を刺すことで「喧嘩をする前の正常な状態」に戻して仲直りさせる効果を出した。

真名:メディア〔リリィ〕[編集]

コルキスの女王メディア、彼女が「魔女」と呼ばれる前の姿。ちなみに年齢は14歳となっている。
純粋無垢、可憐な少女であった彼女に「コルキスの魔女」の面影は未だない。
イアソンに籠絡される前、魔術をヘカテーより学び、蝶よ花よと育てられている。
外の世界を知らずに育った彼女は、しかし自由になる羽を欲しがった訳でもなく、広大な外界に憧れていたわけでもない。
生まれ育った国を愛し、山の中で人生を終える事に満足していた。
可憐な立ち居振る舞いから誰にも愛される少女であり、アルゴナウタイがコルキスに来訪しなければ幸福な一生を送っていただろう。


否、後に彼女の運命を狂わすであろう英雄、イアソンさえいなければ、メディアは魔女と呼ばれずに済んだのに。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
ストーリーガチャ限定サーヴァントであり、第三特異点「封鎖終局四海 オケアノス」クリア後ガチャに追加される。

その他[編集]

ちびちゅき!
所属不明。ぐだ男達をお月見に誘っていた。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

ソロモン
神代の魔女である彼女をして、魔術師としてまったく敵わなかった相手。
彼に出会ってしまったことで絶望し、イアソンを唆して人理を焼却しようとする。
アストルフォジャンヌ・ダルク
キャラクエにて喧嘩していた二人を仲裁し、仲直りさせる。
単なる口喧嘩が発展した感じだったので、両方ともペインブレイカーで刺して「喧嘩前の精神状態に戻す」という非常に乱暴な方法であったが。
ギルガメッシュイスカンダル
キャラクエにて喧嘩していた二人を仲裁し、仲直りさせる。
互いに言いたい事を言っているだけなので、双方の言葉を聞いた後にパンケーキをごちそうしたら解決したとのこと。

愛と癒やしの魔法少女 メディカル☆メディア[編集]

イアソンくん
自身の守護獣。
発言の都合のいい部分だけを聞き取ったり、怒ると燃やしたりと若干扱いが酷くなっている。
エウロペ
「超合金タロス像」をあげちゃった相手だとか。
ギリシャ神話では有名な女性が元ネタなのであろうが、どのような魔法少女だったのだろうか。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
敵対する魔法少女。
自分より他人を優先し、夢や理想を諦めない彼女に「国を出る前の自分」を見いだし、怒りと嘆きから激昂した。

生前[編集]

イアソン
未来の夫であり、自分を裏切る存在。
キルケー
「お姉さま」(実際は父親の妹=叔母)と呼ぶ師であり姉弟子。
「温情措置は刑罰をやりきった後にゆっくり行えば良い」とかなり物騒な教訓を与えられたらしい。
ただ、サイコ度は彼女ほどに酷くはなかったようで、後述するパンケーキ事件もその場に居たら止めていたと思われている。
ヘカテー
ギリシャ神話における魔術を司る女神であり、上記のキルケーと彼女の魔術の祖であり師匠。
キルケー同様、サイコ度は彼女程ではなかった模様。

その他[編集]

メディア
未来の自分。「大人の私はどうしてあんなに紫が好きなんだろう」と訝しんでいる。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

「どうか誰も傷つけぬ、傷つけられぬ世界でありますように……『修補すべき全ての疵ペインブレイカー』!」
宝具発動。病は癒え、傷は塞がり、あるべき姿を取り戻す。
……とても可愛らしい言葉なのだが、魔神柱を回復するときもこの言い方なので、若干怖い。
「この程度なら、唾を付ければ治りますよ。チュッ」
マイルーム会話「絆Lv3」。この言葉に優しさを感じるか、突き放す厳しさを感じるかはマスター次第。
「はい、嘘ではありません。だって、時代が死ねば世界が滅ぶ。
 世界が滅ぶということは、敵が存在しなくなる。ほら───無敵でしょう?」
『封鎖終局四海 オケアノス』で「目的を果たせば無敵の力が得られるのではなかったのか?」と問い詰めるイアソンに対して。
イアソンの目的は、神であるエウリュアレを『契約の箱』に捧げることだったが、それは「あの御方」のいう無敵の力を得るのではなく、むしろその力を振るい、見せる相手もその場すらも消滅せしめるほどに危険な行為だった。
彼はあくまでも「理想の国」を作ることが目的で、人類史が滅びればそれが叶わなくなる。自分を欺いたことに問いただすも……。
「───戦う力を与えましょう。抗う力を与えましょう。
 ともに、滅びるために戦いましょう。
 さあ、序列三十。海魔フォルネウス。その力を持って、アナタの旅を終わらせなさい!」
『封鎖終局四海 オケアノス』の最終局面で彼を「守るため」にイアソンを強制的に魔神柱の依代に捧げて、彼女は共に滅びようとする。
序列三十。魔術王の使い魔が魔神柱「フォルネウス」。主人公たちは二体目の魔神柱に挑む。
「裏切られても、罵られても、そもそもの発端から騙されていたとしても。
 彼女はイアソン様が本当に、本当に大好きだった。あなたは神の力を授けられながら───
 どこまでも、無邪気だった。拙い宝物を与えられてはしゃぐ子供のように。
 どうしようもなく残酷で、全く無邪気なあなた。弱い癖に、人を引きつけて離さないあなた。
 それがイアソンだった。それが彼女の初恋だった。
 でもあなたはすぐに全てを裏切る。そういうふうにしか生きられない人だから。
 だったら───裏切られないように世界ごと沈んでしまったほうが楽でしょう。
 アナタは永遠に───りくに帰ってはいけなかったの。」
『封鎖終局四海 オケアノス』で主人公たちに敗れた後の、イアソンへの別れの言葉。将来辿った末路を知る彼女に利用されたイアソンは、呪詛をぶつけながら消滅した。
「……それを口にする自由を私は剥奪されています。魔術師として私は彼に敗北していますから」
ロマン「サーヴァントとしてではなく、魔術師として王女メディアが敗北した……!?それはつまり───」
「ええ。どうか覚悟を決めておきなさい、遠い時代の、最新にして最後の魔術師たち。
 アナタたちでは彼には敵わない 魔術師では、あの方には絶対に及ばないのです。
 だから───星を集めなさい。いくつもの輝く星を。
 どんな人間の欲望にも、どんな人々の獣性にも負けない、嵐の中でさえ消えない宙を照らす輝く星を───」
『封鎖終局四海 オケアノス』で消え去る時に黒幕を問われて遺した言葉。神代の最高峰にいる彼女ですら勝てなかった王の恐ろしさを語り、自由を奪われて従わざるを得なかった彼女にできた唯一の抵抗。
「星を集めよ」───それこそが人理を焼かんとする王に抗うための道筋。
「はい! 私、ガラにもなくひらめきました!
 きっと天才であるダ・ヴィンチさんのおかげです!
 一つしかパンケーキが運べないのなら、その一つを無限に食べられるケーキにすればいいんですっ!
 そう、どんなに滅ぼしても再生する材料―――
 あの魔神柱の魔力因子なんてどうでしょう!」
幕間の物語「幸せのパンケーキ」にて。いや、その理屈はおかしい。つーか、そのダ・ヴィンチちゃんも困惑してるから。
「はい!
 貴方を倒して、貴方の魔力因子をいただきます!
 率直にいって、私の料理の材料になってもらいます!」
幕間の物語「幸せのパンケーキ」にて、望みを問うたハーゲンティに対する答え。あまりの内容に魔神柱でさえも困惑した。
「小さくなぁーれ、小さくなぁーれ…… ボウルで跳ねる小麦粉みたいに小さくなぁーれ……
ぺったん、ぺったん、メイプルぺったん…… スプーンひとさじ、苺みたいに小さくなぁーれ……」
幕間の物語にて「幸せのパンケーキ」、召喚した魔神柱ハーゲンティの核をパンケーキに変換する際の呪文。
台詞だけはかわいらしい響きだが、やっていることは『Stay night』でのバッドエンドの一つである、大人モードの彼女が士郎を投影杖に変換しているのとまったく同じであると考えると、その状況とあいまって余計に背筋が凍ってくる。
「ほーら、痛くない、痛くない〜☆ 魔法の粉でどんな悩みも消えていけ〜☆」
イベント『セイバーウォーズ』にて、「みんな仲良く」と言いつつジークフリートに囁きかける言葉。
確かに彼女は回復専門で、ハーブ系の魔術もよく使うのだが、どうにも危険な響きがするのは気のせいだろうか。

愛と癒やしの魔法少女 メディカル☆メディア[編集]

「話し合いですか? それはたいへん素晴らしい事です。
 ただ話し合うだけで相手の命が奪えるのなら、それに越した事はないのですから。」
マシュに「話し合いで解決しよう」と持ちかけられて。
数百年にも渡る殺し合いを続けているとはいえ、どうしようもなく話が噛み合っていないサイコっぷりである。
「え……イアソンさまをメチャクチャにしていいのは私だけなので、それは遠慮してください。」
イアソンくんに煽られたイリヤが怒ってチョップしようとしたのに対して。
自分はメチャクチャにしていいのだろうか。顔を赤らめながらなため、相当に怖い。
「お黙りくださいませ、壊す事に特化した野蛮な方々! ところで、私もバスター宝具とかやってみたいです!」
破壊的な行動を嫌いながらも少しくらいは自分もやってみたいという欲求をのぞかせた言葉。
なお回復に特化しすぎていたせいか、イアソンくんから「やっぱり無理か」と敗北も仕方がないという評価を受けている。
「魔法少女たちは自分たちの安寧のルールを求め、互いに争いました。価値観、世界観の激突です。
 激しい戦いから逃れようとしても、それはかないませんでした。
 私は、やってくる敵をひたすらにして、して、して、して……」
彼女が語る過去。具体的に何をしたのかは明言されないが、もともと内向的な彼女がこんな事を何百年も続けたのなら人格が壊れるのは当然としか言いようがなかった。

マンガで分かる!Fate/Grand Order[編集]

「えっと……」
「霊基売却のときの確認画面で売るカードのサムネを表示してほしいです……」
「そうじゃないと売るときドキドキしちゃうんです……」
もっとマンガで分かる!Fate/Grand Order』第39話にて、リヨぐだ子に「運営へのクレームを一つ言え」と命令された際の台詞。
この直前にジャンヌが上記の命令に対してリヨぐだ子が常々言っている「宝具演出をスキップできるようにするべき」と主張して「私の部下に太鼓持ちは必要ない」と殴り殺された後だったため、殺伐とした空気に包まれたのだがメディア・リリィのこの発言によって「かわいい…」と一気にほのぼのした空気になった。
余談だが『もっと』第39話が掲載された直後のアップデートにて本当に売却時のサムネが表示されるようになった。運営に対しては脅すよりおねだりする方が効果的ということか。

メモ[編集]

  • 初出は『Fate/complete material IV Extra material.』の初回特典のアレ本に乗っていたイラスト。その時点では「キャスターリリィ」という名前で『stay night』本編の大人のメディアのリリィ化だった。
    • キャラクターデザインを担当したこやまひろかず氏によると「セイバー・リリィに対抗してデザインした」という。あくまでも冗談であったが目につけたある人物がこれを「リファイン化してロリ化してくれ」とオーダーしたとのこと。
      • また『Fate/Grand Order』では氏が最初にデザインしたキャラクターである。ちなみに彼女は「『hollow』に出てきた「短髪メディア」とは別パラレルの存在」とのこと。
      • バトルキャラは3Dモデルだという勘違いの元、かなり細かいところまで設定画が描かれている。
      • Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の作者であるひろやまひろし氏曰く、もしも発表順が逆だったらイリヤのキャスターの夢幻召喚のデザインをこちらにしたかったとのこと。
  • 成長したメディアが「裏切りの魔女」の異名を持つのに対し、リリィは自称「仲良しの魔女」。しかしユーザーからはしばしば「目が死んでる」と恐れられている。
    • 作中における描写もあり、かなり早期からユーザー間では「サイコ」と見なされてきた。そして『Fate/Grand Order』期間限定イベント『プリズマ☆コーズ』にて、とうとう公式からもサイコ呼ばわりされた
    • 同じタイミングで公開された幕間の物語「幸せのパンケーキ」では皆を幸せにする為に「無限になくならないパンケーキ」を作ろうとして、あろうことか魔神柱を召喚して霊体を材料にしようとするという暴挙に出る。
      あまりと言えばあまりの行動に、召喚されたハーゲンティと、ユーザーもドン引きしていた。「これが人間のやることかよォッ!!」
      絆礼装「無限のパンケーキ」では、そのハーゲンティの変わり果てた姿であるリリィ手作りのパンケーキがセイントグラフとなっている。
  • 料理があまり上手ではない大人バージョンと比べると、お菓子作りを得意とする描写が多く出てきている。
    • ただメディアが料理下手なのは計量をきっちりやりすぎるからなので、逆に正確な計量が求められるお菓子作りはむしろ得意という部類に入るのかもしれない。
    • とりわけパンケーキがメインとなっているが、彼女が現代で召喚されてから学んだモノであり、魔術以外でも夢中になり、それを美味しく食べていただけることに幸せを見出している。

関連商品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]