アン・ボニー&メアリー・リード

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

ライダー (Grand Order)[編集]

  • 真名:アン・ボニー / メアリー・リード
  • 身長:171cm(アン) / 158cm(メアリー)
  • 体重:54kg(アン) / 46kg(メアリー)
  • 出典:史実
  • 地域:カリブ
  • 属性:混沌・悪(アン)、混沌・中庸(メアリー) / カテゴリ:人
  • 性別:女性
  • CV:川澄綾子(アン)、野中藍(メアリー)

騎兵」のサーヴァント

略歴
Fate/Grand Order』第一部三章では西暦1573年の大海原に召喚され、エドワード・ティーチのサーヴァントとしてカルデア一行と敵対する。
第一部終章では冠位時間神殿に召喚され、他のサーヴァント達と共にⅢの座を統括する観測所フォルネウスと交戦する。
人物
二人一組の女海賊で、長身で抜群なスタイルしている美女がアン、小柄で幾多の傷跡がある男装の麗人がメアリー。一人称は「わたし」(アン)、「僕」(メアリー)。
聖杯に託す願望はないが、海賊としての習性なのか聖杯そのものを追い求めている。
アンは丁寧な物腰で、親しみやすく、情熱的な性格。男性を上手にあしらうことのできる、経験で大胆不敵であるが、死をも恐れない男顔負けの胆力と豪快さを持つ。メアリーのことは妹、家族、親友としてこよなく愛しているが時折窘めている事も。
メアリーはとっつきにくい性格で、口数少なでぼそぼそと喋るが、心を開くと誰より懐いてくれる。これは、幼少時に男として育てられた事で、無理に男らしく強がっている為であり、本当は乙女らしい性格をしている。また、権力に対しては反抗的。
能力
二人一組で召喚された異例なサーヴァント。そのことによるステータスへのペナルティは存在しないが、どちらか一人が倒れればもう一人も戦闘不能となる。
アンは銃の名手であるため、マスケット銃を使用する。「射撃」スキルを有しており、その腕前は揺れる船上でも対象を打ち抜けるが、ゲーム中では宝具の使用演出でのみ登場する。
メアリーはカトラスを使用する。ゲーム中ではメインで戦闘を担当している。

アーチャー (Grand Order)[編集]

  • 真名:アン・ボニー&メアリー・リード
  • 身長:171cm(アン) / 158cm(メアリー)
  • 体重:54kg(アン) / 46kg(メアリー)
  • 出典:史実
  • 地域:カリブ
  • 属性:混沌・中庸
  • CV:川澄綾子(アン)、野中藍(メアリー)

弓兵」のサーヴァント。期間限定イベント『カルデアサマーメモリー』にて登場した水着姿のアン&メアリー。

略歴
レイシフトのトラブルで無人島に流れ着いた際、スカサハによって過ごしやすい姿に霊器を調整された姿。
人物
スカサハによって水着姿にされ、それに合わせて霊基が調整された状態。とはいえ、あまり人格に変化は無い。
能力
アーチャーとなったからか、通常時とは違いアンがメインとなっている。マスケット銃による遠距離射撃と、銃身での殴打によって攻撃をする。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ライダー 主人公 (Grand Order) C C A E B C 対魔力:D
騎乗:-
航海:A
射撃:B
コンビネーション:C
アーチャー D C A D A A 対魔力:D
単独行動:A
ビーチフラワー:A+
トレジャーハント(海):C
海賊の誉れ:C+

宝具[編集]

比翼にして連理(カリビアン・フリーバード)
ランク:C++
種別:対人宝具
レンジ:1~10
最大捕捉:10人
由来:捕縛する寸前まで無数の兵士相手に戦い抜いた逸話
メアリーが突撃してカトラスで斬りつけた後、アンがマスケット銃で援護して敵を撃ち抜く、コンビネーション攻撃。
状況が不利であればあるほど、有利なダメージボーナスを獲得する。
『Grand Order』ゲーム中では、敵単体に自身のHPが少ないほど威力の高いダメージを与える効果。ギリギリまでHPを削るととんでもないダメージを叩き出す上、HPが多い状態でも威力はむしろ高い部類に入る。
比翼にして連理(カリビアン・フリーバード・アクト2)
ランク:C++
種別:対人宝具
レンジ:1~3
最大捕捉:1人
アーチャー版での宝具。
今回はアンが主軸となり、メアリーがフォローする役回り。どちらにせよ彼女たちのコンビネーションを阻むのは極めて困難である。海賊稼業は、常に背水の陣なのだから。
『Grand Order』ゲーム中では、通常版と同様の効果に加えて防御ダウンが追加。大きな違いとして、こちらでは黒髭とおそろいのガッツ付与スキル「海賊の誉れ」を持っているのでHPを極限まで削るのが容易になっているが、こちらはNPオーバーチャージ効果が威力ではなく防御ダウンに掛かってしまうので理論上の最大威力は落ちている。

真名:アン・ボニー&メアリー・リード[編集]

アン・ボニー、メアリー・リード。大海賊時代に実在した、カリブ海を荒らし回った二人一組の女海賊。十八世紀の人物。
偶然知り合った二人は海賊としてジョン・ラカム船長の下で活躍した。アンは銃の名手であり、メアリーはカトラスでの切り込み役を担当した。
裕福な家庭の生まれながら気性が荒く乱暴者だったアンは父親との反対を押し切ってチンピラと駆け落ちするも別れ、そこで再会したジョン・ラカムと共に海賊旗を掲げた。
ある日、ラカムの船がオランダ船を拿捕した際に出会ったのがその船に男性として潜入したメアリー・リードである。女性同士ということもあってか二人は通じ合い、互いにコンビを組んでから海賊として果敢に戦った。
それは最後の戦いでも同じで、ラカムの海賊団が私掠船の襲撃を受けていた。ラカムを始めとする男連中が最後まで戦わずに怯えて隠れている中、アンとメアリーは最後まで戦い続けたものの結局は拿捕されてしまう。
その後、ラカムは縛り首で処刑され、メアリーは獄中で熱病を患って死んだものの、アンは父親が手を回して逃亡に成功した。
こうして、彼らは海賊の歴史に残るのであった。
アンとメアリーは「ラカムの船で誰よりも勇猛果敢に戦った稀大の女海賊」として、ラカムは「二人一組の女海賊がいた船の情けない腰抜け船長」として。

登場作品と役柄[編集]

Fate/Grand Order
  • 〔ライダー〕キャラクターデザイン:I-IV / 設定作成:東出祐一郎 / レア度:☆4
第三特異点の解禁に伴い実装。
  • 〔アーチャー〕キャラクターデザイン:I-IV / 設定作成:??? / レア度:☆4
『カルデアサマーメモリー 2016』の開催に伴い期間限定でガチャに追加。イベントガチャ限定サーヴァントであり、恒常的な入手手段は現状ない。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

エドワード・ティーチ
第三章でのマスター。あんまりな性格なため「生きていちゃいけないヤツ」「ペスト菌を持ったドブネズミ」など評価は散々で、同じ海賊として殺意を表明している。
その一方で、裏切って船を乗っ取ったり聖杯を奪おうとしたりする素振りは一切なく、消滅する際も彼のことを気にかけるなど、人格はともかく船長としては認めていた模様。
下記のラカムと比べると海賊としてもかなり上等なためか、「今までで最高の海賊船」とそこそこ好意的。
後の『空の境界』とのコラボイベントでは、彼からネットを教わったせいで完全に自堕落な引きこもり強盗になってしまった。
フランシス・ドレイク
同じ女性海賊として敬意を表している。
上記の黒髭のクルーとして行動することが多いが、できることなら彼女のクルーになりたかったとか。

生前[編集]

ジョン・ラカム
二人が乗り込んでいた海賊船の船長。
奪うことを楽しんでも奪われることは覚悟していない「自称海賊」で、海賊船最後の戦いにおいては船倉に籠もってガタガタ震えるだけだった。
ティーチによると美少年好きらしく、メアリーが男装の麗人であると知ると「メアリーには騙された」と嘆いていた模様。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

ライダー[編集]

メアリー「僕から行くよ……そらそらそら! ……アン! 後はお願い!」
アン「はーい! それでは狙い撃ちますわよ! ……シュート!」
宝具使用時セリフ。
アン「あらやだ、マスターだからって変なことしないでくださいまし?」
マイルームで顔をしかめての発言。下手に触れると危険。
メアリー「いいよ…」
アン「仕方ありません、まとめて抱きしめて差し上げます。今夜はこのまま眠りましょう」
絆レベル5で聞けるセリフ。主人公が男女問わずで上記からのこの発言は危ない想像を駆り立てられる。

アーチャー[編集]

アン「ごめんなさいマスター。今、見てはいけない髭男が見えたので、ついうっかり。大丈夫です。海に捨てれば、証拠は消えます」
黒髭所属時。この台詞を言う直前に銃声が響いたそうな…。
メアリー「カルデアにいたころから、実は感動していたんだ。蛇口を捻れば水が出る。これはなんて素晴らしいシステムなんだろうって」
アン「まったく。わたくしたちの船にも蛇口がついていれば、水を奪い合っての醜い揉め事や船内反乱など起こらなかったかもしれませんのに……」
『カルデアサマーメモリー』の開拓計画の一つ「水場を作ろう」にて。海賊として水不足に苦しめられた経験から、水場は合理的な形であるべきと蛇口の設置を提案した際の台詞。
どうやら蛇口の機能について根本的な勘違いをしている模様。ついでに「オレンジジュースが出る蛇口」「うどんのおダシの出る蛇口」の存在を風の噂で知ったらしい。

その他[編集]

アン「あなたが縛り首になることは悲しいですわ ですがもっと男らしく戦っていたなら 犬みたいに吊るされることもなかったのに」
『教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー』にて、生前の逸話として紹介された、獄中でラカムにかけた最期の言葉。
普段の奔放な様子が嘘のように無表情で淡々と語っている。悲しみか怒りか失望か、何を思ったのかはわからない。
なお、史実でも処刑直前に似たような内容の言葉をかけているが、そちらでは完全に罵倒として伝わっている。

メモ[編集]

  • カードの絵柄ではメアリーの身長はアンの腹あたりまでしかなく極端に大柄・小柄な印象を受けるが、設定上は171cm、158cmとどちらも人並みの範疇で、身長差は13cmしかない。
    • ちなみに幼く見えるメアリーのほうが史実上は15歳程年上であり、ふたりが出会った頃メアリーが三十代、アンは十代だった。色々とギャップのあるふたりである。
      • サーヴァントは全盛期の姿で召喚されるため、実年齢差を無視してそれぞれの若い姿が召喚されている可能性もある。『教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー』のアンによると、メアリーと初めて出会った時の彼女はもっとすらりと背が高く、麗人そのものの姿だったとのこと。
  • カトラスで切り込み役をしていただけあって、メアリーは顔に大きな刀傷があり、それを隠すように襟の高いコートを着ている。再臨が進むと露出度があがるが、露わになった体や足にも大きな刀傷があり、彼女の潜ってきた修羅場の激しさを物語っている。
    • スタイルの面から見ても、グラマーなアンとスレンダーなメアリーは非常に対照的だが、これは男装していても船員に女性だとバレていたアンと、性別を明かすまでバレなかったメアリーの逸話も関係していると思われる。
    • なお、アンの身長はセミラミスを抜いて女性サーヴァント第4位である。
  • 一説にはアンとジョン・ラカムは男女の関係にあったと言われている。
  • 初期の絵柄は普通のコート姿だが、再臨を重ねるとコートの前が開きバニースーツ姿になる。I-IV氏によればこのバニースーツは水着であるらしい。
    • メアリーのバニー姿は戦闘グラフィックにも反映される。宝具発動演出では、メアリーは敵を斬りつけたあと、その場でジャンプしてアンに追撃の要請をするが、バニー姿だとより愛らしい仕草になる。
    • 最終再臨になると暗い部屋でバニーガール姿のふたりが向かい合い座って挑発的な眼で見ているという絵になる。審査が厳しいと言われるAppleのチェックによく通ったものである。
  • 前述の通り、戦闘中は宝具演出を除くとライダー版はメアリーのみ、アーチャー版はアンのみが登場するので、アーチャー版の実装に伴い、両サーヴァントを同時に戦闘に参加させることで「共に戦うアンとメアリー」の図が見られるようになった。
    • アーチャー版は基本水着仕様ではあるものの、第三再臨後のグラフィックではライダー版の第三再臨後と同じようなデザインのバニースーツ型の水着となり、並べた際の見た目の違和感も解消できるようになっている。また、ベースのイラストが再臨を重ねるにつれて徐々に変化していく仕様をとっている他サーヴァントと異なり、アーチャー版の彼女らは第三再臨後のセイントグラフが基本イラストと大きく異なる絵柄へ変化する特別仕様となっている。
  • これまで同一の真名を共有する別々の英霊は散見されていたが、一つの召喚枠を二人の英霊が共有しているという初の形式を取ったサーヴァント。
    • 多重人格を再現した宝具の効果で疑似的な枠の共有を行っている百貌のハサンヘンリー・ジキル&ハイド、固有結界の宝具で一時的に軍勢を呼び出すイスカンダル、宝具として馬の英霊を呼び出すアレキサンダー、エーデルフェルトの双子によって同一の英霊の複数の側面を分離して使役していたとされる第三次セイバーとも異なり、召喚の時点で完全に別人同士の英霊。
  • 双方ともに、マスターに対して基本的にはやや反抗的であるが、これは、マスターとは「同格」と考えているためで、ブルジョア系の人間に対しては相性が良くない。
    素朴な士郎や権力的なものに対してニュートラルな凛などは問題ないが、時臣あたりは相性が最悪とのこと。
  • アン・ボニーは『Fate/EXTRA』において、当初銃使いの女ライダーの正体候補としてファン達から予想されていた英霊の一人。『Fate/Grand Order』でまさかの本人(達)の登場となった。また、ドレイクとは実装タイミングも同時である。
  • ライダーとして召喚されているが、他の海賊系ライダーと違って船の宝具を持っているわけでもなく(船長ではないので当然ではある)、ライダー要素が限りなくゼロに近い。
  • 宝具名の「比翼」とは雄雌が左右片方ずつ翼を持つため、つがいになって飛ぶ鳥のこと。「連理」は別々に生えた二つの樹の枝と根がからみあって一つになること。どちらも中国の古典に由来する、夫婦の固い絆を表現した言葉である。

リンク[編集]