桂美々

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
桂美々
読み かつら みみ
性別 女性
声優 佐藤聡美
初登場作品 プリズマ☆イリヤ
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』に登場する、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンのクラスメイト。
美々、栗原雀花森山那奈亀嶽間沢龍子ら四人組で行動する、大人しそうな少女。

略歴
第一期では極々普通の優等生で、四人組の中の苦労人。だが一期エピローグで、イリヤに完全にデレてベタベタ密着するようになった美遊・エーデルフェルトの姿に言いようのない衝撃を受け、彼女の運命の歯車は狂い始める。
『ツヴァイ!』ではクロエ・フォン・アインツベルンに誘惑されて、気絶するまで魔力補給を目的としたキスをされる。さらに夏休み前に皆で水着を選びに行った際に、イリヤとクロの濃厚な魔力供給場面を目撃し、「百合萌え」に覚醒してしまう。
それからというもの悶々とした日々を過ごし、「このままではダメになる」という思いから、煩悩を小説に全部吐きだして自分を浄化しようと試みる。だが「キャラクターが思ったように動いてくれない」「行動に説得力を持たせられない」「そもそも動機が不明瞭」と表現者の苦悩を味わい執筆は難航。
「女の子同士のラブストーリー」という突発的に挑戦するのには難しい題材を使ったこともあって挫折しかけるが、イリヤ、美遊、クロを元にしたキャラクターの性別を男性に変え、自分をモデルにした女の子を主人公とする、ホモでバイな美少年三人との逆ハーレム物『禁断のカルテット』を書きあげる。これによって一気にボーイズラブにも嵌ってしまった。
授業中もBL小説の執筆に費やしていたが、誰にも読ませていなかった。だがそれに気づいていた栗原雀花が姉・栗原火雀の同人誌の穴埋めを要求された際に、彼女に無理矢理隠していたBL小説を同人誌に掲載させられ、しかもコスプレで売り子までさせられてしまう。以降は坂道を転げ落ちるように腐界に嵌っていき、ある意味、作中随一の危険人物になってしまった。
人物
大人しく礼儀正しい少女で、典型的な優等生タイプだが人付き合いはよく、子供らしい好奇心も持っている。おかしなスイッチが入らない限り、四人組の中で一番の常識人。
一つ下の弟がいて、お菓子を作ってあげたりして仲が良い。弟の方も「姉ちゃんはなんか危なっかしい」と美々を気遣っていて、彼女のアレな趣味についても心配している。
当初は個性豊かな仲間たちの中では地味で目立たない、影の薄いタイプの少女だったが、覚醒後は同人仲間の前では教育的配慮が必要な単語を連発し、数々の衝撃的な体験から「現実世界でも同性同士が恋愛をすべきである」という、ある種究極の恋愛観に達する。また同人仲間の火雀を「お姉さま」と呼ぶなど、もはや「腐女子」という領域を超えた存在になりつつある。
能力

登場作品と役柄[編集]

Fate/hollow ataraxia
明言されていないが、ギルの取り巻きの一人。
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
イリヤのクラスメイト。

人間関係[編集]

クロエ・フォン・アインツベルン
魔道に踏み込んだ最大の原因。覚醒後の美々にも一定の理解を示している。
美々の小説に登場する男クロは穂群原学園高校生で、色黒のオレ様系美少年。従兄のイリヤとはただならぬ関係。
『俺のモノになれよ、ミミ』
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
イリヤを中心に美々に影響を与えた人物が集まったので、彼女のソウルジェムが腐って堕天した最大の原因とも言える。
男イリヤはクロと同じく高校生で、正統派美少年。
『クロ!?僕というものがありながら、君は…!』
美遊・エーデルフェルト
顔を合わせる事が多いのに中々名前を憶えて貰えない。
男美遊は女性と見間違えそうな、長髪の中性的な美少年。
なお、三人に共通する事だが美々に対する好意や関心の度合いを除けば、三人の濃密な関係は現実と全く同じである。
『イリヤス…この想いが届けられぬとも…私は貴方のそばに――』
栗原雀花栗原火雀
同人仲間。だが「BLはファンタジー。現実の恋愛や結婚とは別物」と割り切っている栗原姉妹と異なり、美々は極みを求め続ける。
嶽間沢龍子森山那奈亀
いつも仲良しなメンバー。雀花も加えて、いつも四人でいる。
マジカルルビー
影が薄かったため、涅槃状態になる鎮静剤を打つのを忘れられてしまう。
衛宮士郎×柳洞一成
夏休みに皆で海に行った時に出会った、二人の男性。
彼らの仲睦まじい様子から、淫らな妄想が止まらず、ノート12冊分もの小説を書き上げる。
カップリングの内容は、「士郎さんヘタレ攻めに一成様押しかけ受け以外考えられない」とのこと。
藤村大河
担任。でもドッジボールで、大河の顔面の形が変わっても冷静にジャッジする。

名台詞[編集]

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ![編集]

「先生アウトー 外野にまわってください」
ドッジボールにて、藤村先生の顔面にボールが直撃。ぶっ倒れて動かなくなり、見ただけで吐き気を催すような惨状を前にしてこの一言。
異常な出来事が立て続けに起こって慣れてしまったのか、元からこんな隠れドSだったのかは不明である。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! [編集]

「それでね! 介悪朗様の■■■が■■になったのは■■■が■ったからで結局■■■は■■だと思うの!!
 ■■が■■■で■■■は■■■!! ■■■■■■■■■■――!!」
覚醒後。同人仲間にBL物の話題でヒートアップし、教育的配慮が必要な単語を連発する始末。その姿は腐女子である雀花も手に負えなくなってしまう。
それに該当する単語は漫画版ではバーサーカーの咆哮で伏せており、アニメ版では蒸気機関車の効果音で表現されている。
ちなみに「介悪朗(すけあくろう)」はかかしの英語読み「Scarecrow」と思われ、キャラクターのシルエットも描かれているが、その姿は完全に某忍者漫画のメインキャラである。
「えっ そっ… そんな汗だくになって、押し入れの中でなに…シてたの?」
隠れていた押し入れでもみ合い、イリヤを押し倒す形で出て来たクロを見て。
思考が全方面にピンク色。他にも「経験」という言葉を聞いて、規制が必要な妄想をしてドキドキするなどエロい娘としてイメージが定着してしまった。
「わたしの魂がBLの形をしていただけなの」
BLにハマったことについて、イリヤが雀花を責めるのを遮り、雀花はきっかけをくれただけと言った後に続く言葉。この際、両目の瞳が「B」「L」という文字になっていた。
「おかしいからこそ純愛なのっ!!」
「どうしてわかってくれないのーっ!!」
イリヤから腐女子としての感覚に対して「そんなの絶対おかしい」と責められた時に発した魂の叫び。
腐女子および百合愛好家が放つ常套かつ定番の決まり文句。
「男の人は男の人同士で、女の子は女の子同士で恋愛すべきだと思うの」
恋愛観について。満面の笑みを浮かべながら、求道の果てに辿り着いた真理を披露する。尚、これは自分自身も含まれる(「彼氏とかいらない」と言ってしまっている)。
全ての作品でソッチの趣味のある人が必ず一人は登場するTYPE-MOONが導き出した答えの一つとも言える。
この答えが余りに衝撃的だったので、イリヤとクロ、栗原姉妹はドン引きして逃げ出してしまうが、美々がこんな風になったのはこの4人のせいだったりする。
この台詞の1コマはネット上にかなり出回っており、アニメでこのシーンが放送されたことで元ネタがプリズマイリヤだと知った者がかなりいる。
後に『Grand Order』の期間イベント「プリズマ・コーズ」ではテスタメントがこれと似たような台詞を言っている。
「だめだよ二人とも。そういうのを知るのは私達にはまだ早すぎるから」
アニメ「プリズマ☆イリヤ ドライ!!」第1話より。イリヤがうっかり口を滑らした「合体」という単語に他の三人がきょとんとする中、ソッチ方向の妄想が暴走。イリヤに詰め寄る那奈亀と龍子に対し、全てを悟ったかのような笑みを浮かべながら二人を諭す。そして、美々の背景には大量の百合の花が咲いていた。
美々の場合、年の割りにまだ知ってはいけないことを知りすぎてるような気がするが。

メモ[編集]

  • Fate/hollow ataraxia』で、ギルを取り巻く子供らの一人としてちらっと出てきた端役を拾い上げて生み出されたキャラクター。シーンタイトル「ランサーズヘブンIII」で顔を出している。名前も「ミミ」。
  • 当初は美遊やルビーに存在を忘れられてしまうような、「影の薄さが特徴」というキャラ付けがなされていた。
    が、小学五年生でありながら業の深い世界に踏み込み、腐女子に覚醒してからは、むしろイリヤのクラスメイト達の中で最も強烈な個性を持つと言えるほどの、危険な変貌を遂げてしまっている。
    • TYPE-MOON登場キャラクターには同じような趣味を持つ人物に瀬尾晶ジナコ=カリギリがいるが、彼女達は美々よりずっと年上。それなのに彼女達よりずっと深く嵌り、一種の極みに到達しつつある。
      一期では普通の優等生だったのにどうしてこうなった……?
      • 読者ファンからは冗談交じりに「美々の起源が『同性愛』だった」「イリクロのキス目撃(或いは性転換創作小説を書き始めた時)から起源覚醒者となった」等と良く言われている。
      • 尚、この回でのBLについての解説をクロがイリヤにする際のイメージ映像で男性二人の絡みなシルエットが一コマ描かれているのだが、そのシルエットはどう見てもあの二人であった。…いらん知識を得たイリヤの母の陰謀か何かだろうか。
      • ひろやまひろし曰く、美々を担当している佐藤聡美女史はBLの知識に乏しかったので、セリフ上の単語の意味が分からなかったらしく、原作者である氏を始めとする男性陣がBLの世界観を説明していた。
        …作者ひろやまひろしが詳しいのはともかく、何故男性陣がBLを説明出来たかについては、お察しください。
  • 公式のLINEスタンプ第一弾でも例の迷言(「男の人は男の人同士で(後略)」)があり、桂美々役の佐藤聡美氏とセラ役の七緒はるひ氏も困惑していた[出 1][出 2]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]

リンク[編集]