真鶴チトセ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
真鶴チトセ
読み まなづる ちとせ
異名 聖痕(スティグマータ)
性別 女性
デザイン NOCO
初登場作品 Fate/Requiem
テンプレートを表示

概要[編集]

『Fate/Requiem』の登場人物。主人公の宇津見エリセの祖母。

略歴
主人公の祖母として登場。『Fate/Requiem』の世界が現在の形になる前から魔術師をやっており、かつての聖杯戦争での勝利者。
秋葉原に訪れる異変を察知してエリセに夜警活動をしばらく休止するように宣告するも反発されてしまう。
その後のコロシアムの事件ではサーヴァントと共に駆け付け、彼ともども獅子奮迅の働きを見せた。
人物
相当な年齢のはずだが、まったくそうは見えないほど若々しい白いロングヘアの女性。黒いセーラー服を着ているため学生にしか見えないほど。
昔からの魔術師らしく多分に利己的な面があり、孫のエリセに対しても上司のように振る舞っている。
能力
救世主を磔刑にした際に使われた釘を模した『拘束』の概念武装である「聖釘(サクリ・キオディ)」を手足に埋め込んでおり、戦闘時はそれをパイルバンカーのようにして戦う。
その実力は圧倒的で、普通に暴走したサーヴァントとも戦えるほど。
また、かつての聖杯戦争でのものと思しき旧来の令呪を四画保持している。

登場作品と役柄[編集]

Fate/Requiem
主人公の祖母として登場。この世界の成り立ちに大きな影響があると目されている。

人間関係[編集]

ルキウス・ロンギヌス
契約したサーヴァント。彼の軽口に子供らしく反応するが、力を貸してくれている。
宇津見エリセ
孫。家族としてというより、上司と部下のような関係。

名台詞[編集]

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]