宇津見エリセ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇津見エリセ
読み うつみ エリセ
別名 死神
性別 女性
年齢 14歳
一人称
初登場作品 Fate/Requiem
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Requiem」の主人公。臨海都市《秋葉原》に暮らす14歳の少女。届かぬ星に手を伸ばし続ける死神。魔術使い。

略歴
全人類の心臓に「聖杯」が与えられた「Requiem」の世界で、ただ一人「聖杯」を持つことが許されなかった人間。幼少時は心を閉ざしており、祖母真鶴チトセの元に預けられていた。生まれつき悪霊に憑かれる体質。
秋葉原の都市管理AIであるカレン・フジムラとの出会いを経て、「先生」であるカレンから違法なはぐれサーヴァントを刈る仕事を請け負う事で自己を確立していく。また生まれつき「聖杯」を持ちながら家族との折り合いがつかないカリンとの出会いもあり、良識を持ったまま成長していく。
そしてはぐれサーヴァント・クンドリーとの交戦の最中、彼女は運命と出会う。
人物
「死神」として14歳と思えないほど修羅場を潜ってきている熟練の魔術使いとしての側面と、年相応の少女としての側面を併せ持つ。老獪な精神を持つサーヴァント「ポルジア兄妹」とも交渉で渡り合えるほど多くの経験を積んでいる。
しかし自分だけサーヴァントを持たないことにコンプレックスがあり、引き取ったプラン少年と一緒にお風呂に入りながら「きみがわたしのサーヴァントだったらいいのに」ともらす。この反動からプラン少年に対する依存が強く、契約する前から彼を庇護しようとする。
はぐれサーヴァントを道具のように扱う魔術師・魔術使いを「利己的な奴ら」と軽蔑する一方、自分自身も新宿の実家で魔術師を継ぐことを嫌がっている。また以前の仕事の護衛対象だった「船長」のサーヴァントから「お前は正義の味方に酔っている」と遠回しに告げられていることを気にかけている。
死神と呼ばれる一方でカリンを始めとした一般市民などサーヴァントと良好な関係を築いている人間に対して害を成す事はなく、あくまで秋葉原のルールを破ったサーヴァントを処理することに徹していた。逃走したはぐれサーヴァント・クンドリーの「二度目の生」を肯定して当初は逃がそうとするなどの側面も残している。
ンザンビの能力によって暴走したサーヴァント達から、無辜の市民たちからサーヴァント達との絆を奪ってしまう事、二度目の召喚でも彼らが別人であり記憶がないことを悲しいこととして受け止め、せめて忘れないようにしようとしている。
能力
英霊でも反英雄でもない「邪霊」を使役する。怨念を重ねた死者の魂、名誉も無い。決して「座」には受け入れられない邪しまなモノたちの拠り所。この邪霊はどこかから集まってきているわけではなく、彼女自身の体から湧いてきているため逃れようがない。
彼らを「枝」として「指」「大鎌」「枝剣」「枝斧」として変化させる。サーヴァントの霊核を掴みとったり霊体を食ったりするためサーヴァントに対する天敵。名前を奪われた彼らに「魔王(エルケーニッヒ)」などと名づけることによってさらに強力なものとすることが出来る。ただし霊体を食えなければエリセ自身に襲い掛かる諸刃の剣。
他にも魔術使いを自称しているように、普通に市場で流通している魔術礼装による「身体強化」「物理障壁」などにも頼る。
なお虚数魔術は持ち合わせていない。

バリエーション[編集]

宇津見エリセ (Grand Order)[編集]

Fate/Grand Order』のコラボイベント『Fate/Requiem 盤上遊戯黙示録』で実装されたランサーの準サーヴァント。

詳細は『宇津見エリセ (Grand Order)』を参照。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Requiem
主人公。

その他[編集]

ちびちゅき!
大晦日会から登場。相変わらずボイジャーと一緒。

人間関係[編集]

Fate/Requiem[編集]

ボイジャー /プラン少年
運命の少年。ひとりぼっちで誰かのために旅し続けてきた彼に、かつての自分に近いものを感じて全力で庇護しようとする。
自分だけのサーヴァントとしてかけがえのない存在であると同時に、真名判明後はっきりとした自我を持つようになった彼と主に食の趣味で度々喧嘩をしている。
カリン
親友。彼女からは「エリち」と呼ばれている。生まれつき聖杯を持つ新人類だが、複雑な家庭の事情を持つことからお互い大事にしている。
フユキ探索に赴く際は彼女についてきて欲しいという思いと巻き込みたくないという思いの間で葛藤することとなるが、真実を話すよう促す彼女に気圧され、結果として同行することとなる。
鬼女紅葉
カリンのサーヴァント。言葉はわからないがカリン共々、良好な関係を築いている。
カレン・フジムラ
エリセに生き方を教えた「先生」。都市管理AI人型端末でもエリセにとってはかけがえのない人物であり、恩人でもある。死に際に「フユキ」を訪れるように最後の依頼を告げた。
なおエリセはカレンの「はいてない」スタイルも含めてリスペクトしていた。また、渋谷の「カレン」の激辛中華料理は相当贔屓にしている模様[注 1]
真鶴チトセ
祖母。敬愛すると共にエリセとしては彼女に自分の生き方を定められたくないという反抗心がある。
しかしチトセは家族としてエリセの事を大事に思っている。
ルキウス・ロンギヌス
チトセの相棒。エリセが赤子の頃からチトセの傍に居た武人。エリセとしても敬愛している。
コハル・F・ライデンフロース
チトセを敬愛しているコハルからは「エリセさん」と呼ばれている。
対ンザンビによる聖杯トーナメントの悲劇において、ギャラハッドオルタと英霊憑依してエリセと共闘することになる。
ンザンビによるコロシアム襲撃後、療養中だった彼女のもとを訪れ、チトセの手にあった彼女の所有権を手にする。その後事実上フユキ探索に同行することとなる。
エリセに対し多大な敬意を抱いており、その尊敬ぶりは彼女を侮辱した(と解釈された)ギャラハッド〔オルタ〕に平手打ちをかましてしまうほど。
ギャラハッド〔オルタ〕
コハルのサーヴァント。エリセを「死神」と呼び皮肉を言うが、コハルを見殺しにしなかった礼として必死の状況のプラン少年を救うなど義理堅さもある。
確証もなく聖杯探索に赴くエリセとかつての本来の自分とを重ねているのか、彼女を戒めるような言動が目立つ。
ルイ十七世
かつて関わったことがあるアヴェンジャーのサーヴァント。
友情を築いたかと思いきや、心の闇を抱えていた彼の手ひどい裏切りに遭ったため、サーヴァントを外見で判断してはいけないという手痛い教訓を得た。
彼のマスターは破滅主義者であり、そちらと関りがあった際に嵌められて殺す羽目になってしまい、それが元で彼も霊基を保てなくなってしまったらしい。
このことがエリセにとっては大きなトラウマとなってしまっている。
チェーザレ・ボルジア、ルクレツィア・ボルジア
兄妹のサーヴァント。贔屓にしている情報屋。
若干黒い性格と、幼い様子が上記のルイ十七世を思い出すためか、苦手な相手。
マッキ
新宿の夜警で先輩にあたる。エリセの過去を知る数少ない人物。チトセとの繋がりがあることから警戒している。
父親
詳細不明。彼が持っていたサン=テグジュペリの飛行機模型を宝物として大切にしている。
ナミ
母親とされている存在。詳細不明。……やはり、彼女の母親なのだろうか。

名台詞[編集]

Fate/Requiem[編集]

「だいたい――あんなのは墓場だ。でっかい墓場だ」
「聖杯トーナメントだなんて、馬鹿馬鹿しい! ただのゲームだ。遊びでしょ? 英霊を見せ物にして、楽しめる人間の気が知れない。参加してる選手たちは、興行に客を集めるための消耗品にされてる。彼らの大切な想いを歪めてさらけ出したり、人生を賭けて身につけた戦闘技術を軽々しく扱っていいわけがない。サーヴァントはもう、私たちの奴隷じゃないんだから!」
「――応援する観客は、自分も選手と一緒に戦ってる気になっているんだろうけど、それだって飽きるまでの話でしょ。安全な場所から眺めてるだけの人たちに、サーヴァントの気持ちなんてわかるわけないよ」
スポーツとなった聖杯トーナメントに対して、カリンに早口でまくし立てる。ただしカリンから「人が真剣にやってるもんを馬鹿にするなよ」と反論される。
しかし、後に聖杯トーナメントに真筆に向き合うコハルに対しては、「彼女は(他の参加者と)違うのかもしれない」と感じている。
実際のところ、参加するサーヴァントの中には明らかに戦いの場としてトーナメントを楽しんでるサーヴァントも数多く居り、積極的に司会をしてるキルケー達の様なサーヴァントすら存在するのが現状である。ある意味サーヴァントと同じ危険な場で戦っているエリセだが、本人はサーヴァントを持っていないがために自分こそがサーヴァントの気持ちを理解していないという皮肉にもなっている。
一方でこの台詞には過去の英雄であるサーヴァントに対する神聖視や、戦ってくれる英霊が傍にいる一般人への嫉妬の側面も見え隠れする
(忘れられてしまったサーヴァントたちは、どうなる…?)
聖杯トーナメントで起きた暴走サーヴァントを処理した後の独白。サーヴァントは再召喚されても別人。被害者である市民たちとサーヴァントに謝りながら、自分が殺める事しか出来なかったサーヴァントを覚えていようとする。
「虚数魔術……そんな高級なモノであったら良かったんだけれど」
対ンザンビ戦。障壁を貫通する邪霊の「枝」を虚数魔術ではないかと分析する彼女に対して。
「この少年は……わたしのサーヴァントだ! 何も出来なくたっていい……!」
ンザンビからプラン少年を守りながら。「愛玩物として手慰みにする気なのかな」と彼女から煽られても、少年を庇護するその姿は「サーヴァントと絆を結んだ魔術使い」としての姿そのものだった。
私の、私の、この私の、私だけの……サーヴァントだ。
念願叶ってボイジャーとの契約を果たした彼女が綴った心中。ボイジャーへの尋常ではない思いが見て取れる。
私は彼女(カリン)にはなれない。けれど私にできることがあるはずだ。
魔術回路を損傷してしまい沈むコハルに対して真正面からぶつかっていくカリンに対するモノローグ。「普通の生き方」を貫き通すカリンとは対照的でありながらもエリセなりのやり方ででコハルに向き合おうとする。
口で語る感情は、本物の感情じゃない。感情は行動だ。
想うだけじゃ願いはかなわない。この現実は変えられない。
世界を変えるのは、流される血だけ。
……そうだろうか。本当にそうだろうか。
自分が復讐心を以てフユキ探索に臨んでいるのではないかとカリンに指摘された際に。自分がサーヴァントを狩りながらも必死にかき集めた感情は言葉だけの薄っぺらなものだったのかと苦悩するエリセの姿が描かれる。またルイ十七世とそのマスターとの出来事が彼女に暗い影を落としていることも読み取れるシーン。
私のこの忌まわしき力が、私の生まれた街を守るために活かせるのなら、傷つけあっても未来を目指せるのなら――私は彼と共に歩み、いつかはその夢に触れてみたい。
幻獣アメミットを落下させるためボイジャーと共に空を翔けるシーン。この直前にはボイジャーの技術が血塗られたものの上に在るものであってもその罪は人間にあるとの独白が入る。邪霊の力で彼を傷つけることになろうとも、それを厭わず共に進むことを決意する。ボイジャーを子供扱いしていたエリセの変化が伺える。


メモ[編集]

  • 長い歴史を誇るFateシリーズにおいても初である「リアル中二」主人公。といっても「Requiem」世界における学業は形骸化しているようだが。
    • 彼女のサーヴァントである少年も、肉体年齢8~9歳という記述がある。
    • Fateシリーズのみならず型月作品の主人公は圧倒的に高校生が多く、時折大学生や成人がいる程度。ジークのようにそもそも人間でない人物を除けば、彼女より若いのは魔法少女やってる方のイリヤ(11歳)くらいである。

話題まとめ[編集]

型月主人公として
大きく様変わりした近未来世界の中でも「普通ではない性質」を最初から色濃く見せているためか、奈須きのこ作品の主人公達との共通点が多く見受けられる。
「魔術使い」「正義の味方に酔っている事を指摘される」「サーヴァントを庇護しようと意地を張る所」「フジムラ先生との関わりで真っ直ぐ育つ」など、衛宮士郎との共通点が多く見受けられる。
「死」に触れ続けてるが故に、命の大切さを理解しているところは「直死の魔眼」持ちである両儀式遠野志貴に通じるものがあるかもしれない。
また人類が進化した未来世界で、唯一、旧人類であるが故に切り札となりえる在り方はどことなくNotes.の主人公ゴドーに近い。
死者の怨念を使って戦う能力は岸浪ハクノのデッドフェイスに通ずるものがある。
魔術使いとして
「サーヴァント同士のスポーツバトルが娯楽になっている」ことに憤慨し、「サーヴァントが再召喚されても、基本、記憶が消えた別人であること」を悲しむ少女。2019年において書籍媒体のキャラでなければ出来ない心理描写と言えるのかもしれない。
ただし聖杯トーナメントに情熱を傾けるコハルの在り方には敬意を示しているなど、自分自身で見てから判断するという真っ直ぐさも持ち合わせている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 辛いもの全般が好きなようで、カルデアでは「10秒チャージゼリー・激辛麻婆味」などというゲテモノについてうっとり顔で語っていた。

出典[編集]

リンク[編集]