魔術師アレキサンダー

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
魔術師アレキサンダー
性別 男性
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』の期間限定イベント『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』に登場した魔術師

略歴
イベント内では「ジークフリートの血の付いた菩提樹の葉」を亜種聖杯戦争の触媒としてするためにオークションの招聘に応じて参加した。
人物
戦闘経験もある武闘派の魔術師。未成年の子供の様に見える容姿だが、これは魔術で時間を遅らせているため。
表社会でも成功しているため金銭も十分に持ち合わせているが、魔術師の家系としては300年ほどでしかないところが泣き所であり、時計塔とも疎遠なようである。
能力
ケンタウロスを模倣する魔術を得意とする。魔術師蘭陵王はこの魔術を「ローカルだが予想がつかない」と称している。
模倣は「凄まじい速度で矢を放ち当てるほどの集中力」。ケンタウロスの集中力で人体を効率良く動かし、戦闘に限らず人間のあらゆる能力を飛躍的に向上する。乏しい魔力を最後の一滴まで絞りつくして魔術回路に浸透させることが出来る。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
期間限定イベント『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』の登場人物。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ディルムッド (ギャング)
オークションでバックについてもらったギャング。主人公の認識のフィルターを通しているため、本当にこの名前かは不明。
一番大きい組織としてコンタクトを取ったが、地元と密着しすぎていて思い切った行動が取れそうにないと知ると困っていた。
魔術師ヴラド三世魔術師蘭陵王
オークションで競り合う魔術師たち。主人公の認識のフィルターを通しているため、本当にこの名前かは不明。
魔術師ジーク
求めているジークフリートの触媒「血の付いた菩提樹の葉」の持ち主。主人公の認識のフィルターを通しているため、本当にこの名前かは不明。
彼が開催したオークションに参加した。

名台詞[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 主人公のフィルターを通した姿と名はアレキサンダーのもの。子供の姿で馬に関する魔術を使う魔術師なので、「馬に関わりのある少年」のイメージだろうか。

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]