アルマ・ペトレシア

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルマ・ペトレシア
性別 女性
初登場作品 Fate/Apocrypha
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Apocrypha』において、トゥリファスの聖堂教会に連なる教会で働くシスター。

略歴
トゥリファスの様子を見守るように命令され、余計なことを探ったりせず、魔術師の存在を黙殺して数十年過ごしていた。
ルーラーが教会に下宿した。
人物
純朴で神の愛以外に必要なものは存在しないようなおっとりとした女性。
実は聖堂教会がユグドミレニア一族を監視するために派遣した人員で、二十年以上もの歳月を潜入任務に費やしていた。とはいえ代行者第八秘蹟会とは全く縁は無い。
心沸き立つものはこの歳では流石に無くなった、という境地に達していたが、ルーラーの正体を見抜いた際、卒倒しかけた。
能力
魔術師の存在を知っており、ルーラーを見た際に一目で聖女ジャンヌ・ダルクである事を見抜いた。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Apocrypha
ジャンヌが下宿した教会のシスター。

人間関係[編集]

Fate/Apocrypha[編集]

ジャンヌ・ダルク
自身のいる教会に下宿したサーヴァント

名台詞[編集]

Fate/Apocrypha[編集]

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]