大日本帝国

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要[編集]

いわゆる「日本」の旧名。正式な名称として定められたわけではないが、通例として使われていた。
首都は東京であり、当時は「帝都」と呼称されていた。
一般的には1889年の大日本帝国憲法の施行から、1945年の太平洋戦争での敗北と占領までを指す。

魔術的側面[編集]

第二次世界大戦中の同盟国であったドイツ第三帝国と比較するとあまり魔術的な逸話はないが、第三次聖杯戦争に一枚噛んでいたことが語られている他、『帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline』では帝国陸軍が魔術の研究を行っていた事が言及されている。

陸軍第四魔導機関[編集]

帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline』の用語辞典で言及された機関。
Fate/Grand Order』の期間限定イベント『ぐだぐだ帝都聖杯奇譚』では東京の永田町のあたりに存在していた模様。
来るべき第二次世界大戦に向けて帝国陸軍主導で設立された、魔術の兵器転用を目的とした組織。なお、第一から第三までが存在しているのかは不明。
魔人アーチャーは計画の初期段階において召喚されていたが、結果的に陸軍の一部を彼女に掌握されてしまった。

甲型英霊拘束具[編集]

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚』でバーサーカーが使用していた機械式の鎧のような魔術礼装。基礎となる技術をドイツ第三帝国から提供されていた。
土地から無理矢理魔力を吸い上げて擬似的に不死身になれるが、使用した土地は死んでしまうという欠陥を持つ。
「拘束具」とついているのに着用者にはメリットばかりだが、ドイツ第三帝国が本来想定していた使用方法とは異なっているためらしい。後の『Fate/Grand Order』に登場した際には、その名の通り着用したサーヴァントの行動を外部からコントロールできることが明らかになったが、狂化や精神汚染スキルを持っているサーヴァントにはあまり効かないようである。
鎧のような形をしているのは耐久性を重視した為らしく、『Fate/Grand Order』では機動性を残したインナータイプの乙型英霊拘束具も登場した。

関連人物[編集]

魔人アーチャー
Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚』および『帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline』に登場したサーヴァント。
上記の経緯もあって、帝国陸軍の一部を支配下に置いている。
間桐少佐
Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚』に登場した魔術師。
上記の魔人アーチャーの事を苦々しく思っており、彼女の影響力を削ぐべく「武蔵」を召喚しようとしていた。
マスターアルトリア (帝都聖杯奇譚)
Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚』に登場した魔術師であり、上記の魔人アーチャーのマスター。
父親が陸軍の幹部であるが外国人の妾との間に生まれた子であるため、地位はそれなりだが陸軍内部での立場は悪い。
真瓦津少佐
帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline』に登場した魔術師。上記の間桐少佐のリメイクキャラ。
厳密には帝国陸軍所属ではなく、聖杯戦争のために陸軍に魔術顧問として特別に招聘された人物。
こちらも魔人アーチャーとは折り合いが悪く、慇懃無礼に対応しているが腹の底では苦々しく思っている。
奄美少将
Fate/Grand Order』の期間限定イベント『ぐだぐだ帝都聖杯奇譚』の登場人物。
作中の帝都における聖杯戦争の総指揮を執っていた人物。

関連組織[編集]

ドイツ第三帝国
第二次世界大戦における同盟国。
『帝都聖杯奇譚』でも一応は協力関係にあって技術供与も受けているが、互いに相手の手駒を巻き添えで殺して形だけの詫びをしたりと水面下では牽制しあっている。

言及作品[編集]

メモ[編集]

  • 上記のように魔術協会をはじめとする西洋魔術の組織との繋がりはほとんど語られていないが、日本に本来あった霊的組織との関係性は不明である。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]