間桐少佐

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
間桐少佐
読み まとうしようさ
性別 男性
所属 大日本帝国陸軍
初登場作品 Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

帝都聖杯奇譚』における間桐慎二。陸軍所属で階級は少佐。
設定上は間桐慎二そのものではなく、間桐家が現代ほど落ちぶれる前の、まだ少しは魔術回路が残っていたころの間桐家の魔術師。

略歴
陸軍で力を蓄えている魔人アーチャーに大きな顔をさせまいと、甲型英霊拘束具を纏ったバーサーカーを使役するが、暴走したバーサーカーを止めようとした際に令呪ごと右腕を切られた。
その後ランサー陣営によって保護され、どこかへ連れて行かれた。
人物
容姿、性格は『stay night』の慎二に似ている。やはりというか登場人物紹介欄でも「ワカメ」となっている。
能力
『stay night』の慎二と異なり、切り落とされた腕を止血するために魔術を使うなど、魔術師としてはそこそこ優秀である。


登場作品[編集 | ソースを編集]

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚
バーサーカーのマスター。

人間関係[編集 | ソースを編集]

帝都聖杯奇譚[編集 | ソースを編集]

魔人アーチャー
陸軍内部でのライバル。彼女に権力を独占されたくない一心からバーサーカーを召喚した。
バーサーカー
サーヴァント。
召喚したサーヴァントが部下を殺害し暴走したため、令呪で自害させようとしたところ先手を打たれ、令呪ごと片腕を切られた。その後マスターとしてバーサーカーに連れ回されることになる。

名台詞[編集 | ソースを編集]

帝都聖杯奇譚[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]