森長可

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
バーサーカー
真名 森長可
読み もり ながよし
性別 男性
身長 194cm
体重 93kg
出典 史実
地域 日本
属性 混沌・狂
隠し属性
声優 谷山紀章
デザイン 経験値(原案)
Dd(FGO)
レア度 ☆3
初登場作品 Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚
テンプレートを表示

概要[編集]

狂戦士」のサーヴァント

略歴
帝都聖杯奇譚』ではアーチャーが陸軍内部で権力を持つのをよしとしない間桐少佐によって召喚される。間桐少佐は本来は大剣豪「宮本武蔵」を召喚するつもりだったが、誤って「鬼武蔵」の異名を持つ彼を召喚してしまった。
召喚直後に暴走を起こしたため令呪で自害させられそうになるが、即座にマスターの腕を切断して令呪を奪い取り、陸軍の秘密基地にて虐殺の宴を繰り広げた。その後はランサーと交戦し拘束具の再生力で追い込むも、乱入した桜セイバーの「無明三段突き」が炉心ごと心臓を直撃。桜セイバーに言葉を残して消滅、これによって最初の脱落者となった。
人物
巨大な槍を持ち、陸軍第四魔導機関謹製の『甲型英霊拘束具』を纏っている、二十代半ばほどの筋骨逞しい偉丈夫。
意思疎通は「可能」だが、明らかに目と言動がヤバく、街道で会っても目を合わせたくないタイプの男。経験値氏のデフォルメ絵では某洗脳探偵の如く目がグルグルになっている。
ランクBの「精神汚染」持ちであるためか、自害させようとしたマスターの腕を叩き斬った直後に何事もなかったかのようにマスターに話しかけたり、特に目撃者でもない女子供まで積極的に殺戮しようとする等、その狂暴で暴力的な精神性は外道を通り越して最早異常、病的とさえ言える域にある。
裏切り策略、生命の奪い合いが付き物だった戦国の世に置いても、ここまで酷い人物はそうそう居ないレベルの鬼畜で悪魔じみた性格の持ち主であるが、その一方で自害させようとしたマスターであっても殺すつもりは(一応)ないようで、それなりの義理堅さのようなものはある模様。
一方で領国経営などは卒なくこなすというか、むしろ優秀なレベル。趣味として茶の湯や書を嗜むなど文化人的な面も見せる。それでも言動は血生臭いが。
能力
手に持つ巨大な槍『人間無骨』は宝具開放前の状態でも一撃で人間を輪切りにするほどの破壊力を持つ。
「狂化」のランクはDと低いため言語能力も思考能力も失われておらず、バーサーカーとしては状況判断に長けている。
バーサーカークラス以外にもランサーとライダーのクラス適性も持つが、どのクラスの召喚でも「狂化」のスキルがついてくる。
甲型英霊拘束具
バーサーカーが纏っている陸軍第四魔導機関謹製の拘束具。ドイツ第三帝国の技術提供により完成することに成功。
土地から魔力を吸収し、それによって傷を治癒出来る(致命傷となる頭部の損傷さえも修復が可能)ことに加え、バーサーカーの問題点であった「魔力消費量」を解消している。
一方で、魔力を土地から無理矢理吸い尽くすために、使い続ければ「その土地は死ぬ」というとんでもない問題点が存在している。
ただしこれはバーサーカーを「敵地に投下して使う殲滅兵器」として運用するというコンセプトによるものであり、当初の予定通りに運用ができていれば一応問題は無い筈であった。
殲滅させるには、一瞬で消し飛ばすだけの火力を叩き込むか、胸部の炉心を心臓ごと消滅させる必要がある。
「拘束具」である割には着用者にとって有益な効果ばかりの上暴走を許してしまっているが、第三帝国が想定していた本来の用途とは異なる為らしい(『Fate/Grand Order』に登場した際には、その名の通り着用したサーヴァントの行動を外部からコントロールできる事が明らかになったが、狂化や精神汚染スキルを持っているサーヴァントにはあまり効かないとされている)。
鎧のような形をしているのは耐久性を重視した為であり、彼にとっては重装甲のため動きにくいとの事。『Fate/Grand Order』では機動性を残したインナータイプの「乙型英霊拘束具」も登場した。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
バーサーカー 間桐少佐 B C D E D C 狂化:D 精神汚染:B
血濡れの蛮勇:A
主人公 (Grand Order) B C D E D C 狂化:D 精神汚染(兇):B
血濡れの蛮勇:A
鬼武蔵の遺言状:C

宝具[編集]

人間無骨(にんげんむこつ)
ランク:C
種別:対人宝具
レンジ:1
最大捕捉:1人
由来:森長可の十字槍「人間無骨」。
身の丈ほどある巨大な槍。「骨が無いかのように人間を容易く両断した」という逸話からその名がついた。
通常形態である直槍、攻撃力を強化した解放形態である十字槍の二形態を有する。穂先に展開ギミックが仕込まれており、真名解放と同時に攻撃力を強化した解放形態となる。
通常時は直槍だが、解放形態では槍先が開いてチェーンソー状の刃が出現し、ちょうど十字槍の形状を取る(本来の用途は「相手に突き刺した状態で強制的に槍を開き、相手を内部から破壊する事」だとか)。
逸話の通り対象の防御力を無効化する効果を持つ。人間の肉体を容易に輪切りにできる他、真名解放後はランサーの左腕を骨ごとズタズタにした(本人曰く「どんな鎧も紙屑同然」と豪語している)。
消費魔力も少なく、単純ながら実戦においては極めて強力な宝具。魔力消費が大きいバーサーカーの宝具としてみてもマスターの負担が少ないという点で優れている。
百段(ひゃくだん)
由来:森長可の愛馬。
ランサー及びライダークラスでの召喚時に所有する騎乗宝具(バーサーカークラスでの召喚時には使用不能)。
史実における長可の愛馬であり、長可の居城である金山城の石段100段を一息に駆け上がる程の名馬とされる。
合体すると『パーフェクトDQN・MORI・NAGAYOSHI』が完成するとか。

真名:森長可[編集]

もりながよし。日本の戦国時代の武将で織田信長の尾張統一前からの功臣であった森可成の次男で、信長の寵童として有名な蘭丸の兄。
父譲りの槍の名手で、父の死後は森家の当主となり、信長の息子である織田信忠旗下で多くの武功を立て、『鬼武蔵』の異名を取った猛将。
信長没後も羽柴秀吉に属して東美濃を席巻した。
非常に気性の激しい人物で、関所の番人に下馬して家名を名乗るよう言われると「信長公の御前ならいざ知らず、この勝蔵(森長可)に下馬せよとは何事か」と激怒し斬り捨て、止め立てすれば町に火を放つと脅し、強引に押し通る。
完成したばかりの熱田の橋で長政の家来に下馬するよう言われると激怒して家来を斬り殺し、乗馬したまま橋を渡るなど暴力的な逸話に事欠かない。
ちなみに下馬して家名を名乗るよう命じていたのは、他ならぬ信長公その人であった(信長曰く「鬼武蔵なら仕方ない」)。
その一方で領国経営などは卒なくこなしており、趣味として茶の湯や書を嗜むなど文化人的な面も見せる。
生前から非常に旺盛な闘争心の持ち主で、初陣で自ら27の首級を挙げたのを皮切りに前線での戦いを好み、甲州征伐時の高遠城の戦いでは敵兵を殺しすぎたあまり、返り血で鎧の下半身が真っ赤に染まっており、味方に手負いと間違われるなど、優れた武勇を誇りつつも必要以上に残虐。
傍若無人の限りを尽くして戦国の世を駆け抜けた長可だが、小牧長久手の戦いの際に銃弾を受けて若くして命を落とす。その時、敵だけでなくあろう事か味方も長可の死を喜んだといわれるが、真偽のほどは不明。
非常に暴力的で狂気に満ちた逸話を残した長可であるが、生涯を通して主君に槍を向けた事は一度も無い。
サーヴァントとして召喚された今も、主君に対してのそれと同様、己が認めたマスターへの忠誠心は篤く、裏切りなどの心配は全くない。
その忠誠の形が果たして「マスターの望む形」であるかどうかは定かではないが……。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
『オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019』の開催に伴い期間限定サーヴァントとして実装。

その他[編集]

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚
バーサーカーのサーヴァント。

人間関係[編集]

帝都聖杯奇譚[編集]

間桐少佐
マスター。自害させられそうになったため即座に腕をぶった切るものの、一応主だとは思っている。
ランサー
敵対したサーヴァント。大火力宝具や局部破壊宝具を持っていないため、再生能力によって有利に戦える相手。
セイバー
敵対したサーヴァント。甲型英霊拘束具の再生能力で剣技を物ともしなかったが、魔剣『無明三段突き』によって心臓と拘束具の炉心を同時に消滅させられ、敗北した。

Fate/Grand Order[編集]

主人公 (Grand Order)
マスター。『ぐだぐだファイナル本能寺』では消滅しかかっていたところを再契約したためか非常に懐いており「殿様」と呼んで(言動は物騒ながら)忠勤に励んでいる。その忠誠ぶりは信長をして、「あいつに言う事聞かせられる奴を生まれて初めて見た」と言わしめる程。
甘い人間だと内心では思っているが、そんな人間が生きていける現代を良い時代だと認識しており、その幸福を心から願っている。
なお、主人公からは「森君」と呼ばれているので、かなり若いのかもしれない。 
マシュ・キリエライト
カルデア家の家老という事で目上として認識しているのか彼女に対しても基本従順。主人公同様彼女からも「森君」と呼ばれている。
李書文〔アサシン〕
『帝都聖杯奇譚』で縁があった相手。若干その事を覚えているのかあまり相性は良くないが、わりと地の部分は似た者同士なので一緒に茶を飲んだり殺し合ったりという仲に収まっている。
クー・フーリン
期間限定イベント『ぐだぐだファイナル本能寺』では登用イベントで戦いになるが、ケルトの流儀と相性が良すぎた為か軽く殺し合った後すぐに意気投合した。
織田信長〔バーサーカー〕
主の別の姿。泳ぐ為とは思えない水着姿とロックな姿に大爆笑。だが「侘びてんじゃねえか」と印象自体は良いようである。

生前[編集]

織田信長
主。直接仕えていた相手は息子の織田信忠なので、「大殿」と呼ぶ。
主というよりは同士であるかのようにフランクに接し、「また一向宗ぶっ殺そうぜ!」とノリノリ。
『Fate/Grand Order』では主が別になっている為か、敬意は払っていても殺す事にはまったく躊躇が無い。
羽柴秀吉
織田信長の死後の主。「殿下」と呼んでいる。
若干胡散臭い所があったとのことで、お茶の趣味もあまり合わない模様。
実力については評価は高く、信長とどっちが強かったのか気になっていたとか。
森蘭丸
弟。男の娘だったらしい。細かい所まで気がつく性格で、自分とは全然似ていなかったとか。
柴田勝家
織田家での同僚。織田家中でも気合いが入っている方だったと高評価。
明智光秀
織田家での同僚。
信長を裏切った為に当然ながら心象は最悪だが、お茶については一目置いている。
茶々
主の姪。
『Fate/Grand Order』で敵対した時はさすがに彼女を殺す事には抵抗があったようだが、「戦だししゃーねーか」とやっぱり根本的に躊躇が無い。

名台詞[編集]

「まあおちつけよマスター オレは主君殺しとかヒデェコトはしねえから」
令呪で自害させられそうになり、即座に腕を切り飛ばしての一言。
史実でも主人を裏切るような振る舞いはしなかったから一応言っていることは正しいのだが、やらかしたことは十分にヒデェコトである。
「よっしゃじゃあ兵士は10点 女子供は3点 サーヴァントは100点でどうよ? マスター!!」
腕と令呪を無くした間桐少佐を小脇に抱え、殺戮を開始するべく放たれる言葉。
異常なまでに凶暴で残虐、野蛮な彼の性格を端的に表す一言。一応マスターをはっきり認識しているとか、女子供はポイントを低くしている等はあるが、殺人をゲーム感覚で楽しもうとしている辺り到底フォローしきれないレベルの畜生ぶりである。
『Fate/Grand Order』では戦闘開始時の台詞として採用されているが「兵士」を「あれ」、「女子供」を「弱そうなの」と若干異なるニュアンスになっている…が、マイルームで聞く限り、「強い女」は配点高めなのだとか…
「てめぇさては武芸者か!?」
「ケッ!! 戦の役に立たねえ技だの位だのくだらねえ連中だ!!」
「戦場じゃ強い奴が勝つだけなんだよ」
交戦中のランサーに対しての一言。
ランサーはそれを真理だと認め、バーサーカーの頭を槍で貫くが…。
「嗤え 『人間無骨』」
宝具開放。凶槍が顎を開き、乱杭歯を覗かせ哄笑をあげる。
「オレのマスターに手を出すんじゃねーよ!!」
李書文に間桐少佐を連れ去られた時の台詞。麗しい主従関係のように見える台詞だが、間桐少佐の方はといえば甲型英霊拘束具の仕組みを洗いざらい白状して早くあれを何とかしてくれと言わんばかりであるのでやはり全く噛み合っていない。

メモ[編集]

  • 意思疎通ができるように見えるバーサーカーだが、実際はそもそもの精神性にかなり問題のある異質のサーヴァント。会話ができていても正しい意味で意思疎通が取れているかは作中の暴走っぷりからもわかる通り微妙である。
    • 「マスターの言うことを聞かない」という点ではスパルタクスに匹敵し、ある程度は頭を働かせる分向こうより始末に悪い。
    • ただ上述の発言通り自害させられそうになろうとも、最悪マスターを裏切ることだけはしないため(ただし絶対に危害を加えない訳でも決して無い)、召喚したらマスターに対してほぼ確実に牙を剥くオジマンディアスエイリーク美しき暗殺者よりかはまだマシである。
    • 外道な精神性も逆に言えばマスターがどんな汚い人間でも裏切らないという長所になりうる。生前の主君である信長の下で多大な戦果をあげているのは間違いないため、勝つ為なら手段を選ばない衛宮切嗣間桐臓硯などのマスターと組めば優勝候補に躍り出ることも不可能ではないかもしれない。
    • 実際、『Fate/Grand Order』に登場した際には、マスターとなった主人公が「消えかけた所を再契約して助ける」という非常に良い印象で契約した上、織田信長も同じ陣営に居たという事情もあってかなり丸くなっている。令呪を使って命令したりもしないので少なくともこちらに向けて暴力行為をする心配もあまりない。
      • とはいえ、短気な性格は相変わらずですぐに暴れだしたりさしたる悪意も無く相手を殺そうとするため「大型犬と思いきや実態はグリズリー」「主人公にだけは懐いているアロサウルス」等危険極まりない呼び名を一部のプレイヤーからはされている。
    • 見ての通りのとんでもない人物だが、前から存在が語られていた豊臣秀吉に加え、後に登場した織田信勝明智光秀が織田信長に対して拗らせまくった性癖を持っていたので、一周回って「織田家の家臣で一番まとも」等と一部プレイヤーから言われる事に……
      • 後に登場した柴田勝家が深い後悔を心に抱えてはいるもののそれほど拗らせていない謹厳実直な人物だったので、「一番まとも」とも言えなくなってきているのではあるが。
  • 没になった初期プロットでは、召喚したマスターを殺害した後、彼のことを死別した息子と思い込んだ女性を新たなマスターとして戦う案もあったとか。
  • 「負担を減らすためそれほど有名でない英霊を底上げする」「狂化をほどほどにして自己判断能力を残す」「判断力の低下で防御がおろそかになりがちなのを補完する」「大きすぎる魔力消費量を肩代わりする手段を用意する」という点では、バーサーカーの運用方法としては歴代で見ても理想型に近い。
    • …が、本編ではこの英霊が「破壊活動や殺戮行為を好み、積極的に行おうとする危険極まりない性格の人物」であった事と、「暴走した場合に止める手段が無い」という根本的かつ致命的な問題が同時に表面化してしまい、裏目に出てしまった。
  • 父・可成は信長の古くからの忠臣で、他の家臣からも頼りにされ、弟の森蘭丸(成利)は信長の側近を務めるほどの品性かつ知性を備えていた。だが、この男は非常に激しい気性の持ち主で、些細なことでも怒りに任せて平然と殺人を犯す(しかも味方側の人間であっても)などの蛮行から味方からも恐れられ、嫌われていたと言われている。その余りの蛮勇と暴威は戦においては極めて有利に働いたが、案の定と言うべきか命令違反・軍紀違反の常習犯でもあった。
    • そのため羽柴秀吉の配下として参戦した小牧・長久手の戦いで討ち死にした際には、その死を味方からも喜ばれたという逸話が伝わっている。真偽は不明ではあるものの、そんな話が生まれるほどの問題児だったことは間違いないだろう。なおあくまで逸話であり、史実では討ち死にした際に敵軍に首を渡さぬように、配下が敵に成りすまして首を取り名乗りを上げながら森陣営に持ち帰っている。
    • 逸話の中には、敵兵はおろか、自分の道を遮った門番や撤退の際にとった人質、果ては神獣とされた蛇なども殺したとある。また、劇中ではシューティングゲーム感覚で殺戮行為をしていたが、それも実際に武田攻めの際にやっていたという逸話が残っている。
    • もっとも、人質を処刑したのは人質を差し出した武将が裏切った為であり、戦国時代なら普通の行動だと言える。また、撤退に協力した武将には深く感謝して脇差しを送るなど、決してただの粗暴なだけの人物ではない。武田家の領民の一部が自分たちの村を自ら焼き討ち、織田軍に降った時は珍しく引いたとも。
    • ここまで無茶苦茶やっておいて、信長から下された懲罰は口頭か書状での軽い注意ばかりで、まともな罰を受けたことは一度も無かった。これは森家は父・可成が織田家の為に奮戦し、レオニダス一世よろしく志賀の陣で討死した事や弟・蘭丸が寵愛を受けた事、そして長可自身の才覚もあるだろうが信長は長可に甘かった。
    • ちなみに森家の系譜を辿ると、清和源氏直系の名家という織田家より格上の家柄だったりするので、その点も配慮したのかもしれない。
  • 血生臭い逸話には江戸時代頃の創作がいくつかあり、長可が信長の命令通りに長可を止めた橋守を斬殺して押し通った事を知った際、長可に武蔵坊弁慶にちなんで武蔵守を名乗れと言った逸話は有名。
    • 信長存命時には鬼勝蔵と呼ばれていたらしく、この逸話なども「長可ならやりかねない」という風評がきっかけで生まれたのだろう。
  • 領地経営には熱心に取り組んでおり、所領の兼山城は賑い領民に好かれていた。
    • 湯と書道に通じており、特に茶の湯に関しては相当入れ込んでいたようで、ある茶器の購入資金を工面するため秀吉に多額の借金をしたとの逸話まである。
  • 宝具の元になった槍・人間無骨は二代目和泉守兼定(通称「之定」)作の十文字槍。その名は「この槍の前では人間など骨のない肉塊同然」という意味を持ち、ある時長可が討ち取った敵の首級を槍の穂先にかけて突き立てたところ、首が十文字を突き抜け石突(槍の刃を上にした時、柄の最も下端となる部分)まで達したという。刃が現存しており個人蔵。片面に「人間」、裏面に「無骨」と彫られている。
  • 生前愛馬としていた馬が宝具として設定されているのは赤兎馬が有名な呂布奉先が存在する。何故かそちらも赤兎馬を宝具として使えるライダークラスで召喚された場合、馬と合体するらしい。
  • スキル「血塗れの蛮勇」は同人誌『コハエース2016Winter 冬の増刊号』の床下によれば「攻撃するたびに攻撃力が上がって防御力が下がる」というもの。明らかに長期戦向きではない上に、短期決戦用としてもやや微妙である。
    • 後に『Fate/Grand Order』に登場した際にも、しっかりと「攻撃する度に防御が下がっていく」という性能で再現された。というか「死ぬことを前提に暴れまわり、さっさと死んで味方に強化を施す」という短期決戦・鉄砲玉運用に特化したキャラクターと化している。
      • ちなみに、自身が死ぬと味方を強化するスキル「鬼武蔵の遺言状」は、上記の彼が討ち死にした際に味方も喜んだという伝承から。

話題まとめ[編集]

戦国DQN四天王
『帝都聖杯奇譚』の単行本口絵で触れらていた呼称。
元ネタは、2ちゃんねるの「戦国ちょっといい話」「戦国ちょっと悪い話」スレであり、その名の通り戦国武将の良い話や悪い話をトリビア的に集めたスレにおいて、一般的に見て異常と言えるエピソードが数多く報告された四人をまとめた俗称である。
メンバーは、
・文化に精通した著名な戦国武将ながら、勢いで文化財を破壊したり生涯に渡って奇矯なエピソードが大量に記録されている「伊達政宗」
・超一流の文化人として知られているが、妻の細川玉(洗礼名ガラシャ)の事になると態度が激変するのに加え、「三十六人手打ちにしたから三十六歌仙にあやかって刀の銘に歌仙と名付ける」という引くようなヤンデレ「細川忠興」
・薩摩を治めた優秀な君主であるが、その方針が「鬼島津」と恐れられた父とは似ても似つかない程陰険で、妻に対する仕打ちがドン引きレベルの「島津忠恒」
これに森長可を加えた四人である。その中でも、彼は特に血なまぐさいエピソードが多いため、スレ民満場一致でDQN四天王筆頭と呼ばれている。
余談であるが、該当スレでは「うつけ」として奇矯な逸話が知られている織田信長は最近の研究では比較的まともな人間だったことが知られているため比較対象にされず、逆に豊臣秀吉は晩年に顕著になるが信長の家臣時代からたまに見られた残酷な苛烈さから「ラスボス」と畏怖されている。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]