柳洞零観

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳洞零観
読み りゅうどう れいかん
声優 志村知幸
初登場作品 Fate/hollow ataraxia
テンプレートを表示

概要[編集]

柳洞一成の兄で、柳洞寺の僧侶。

略歴
穂群原学園のOB。在学時は藤村大河蛍塚音子らと同級生。
『hollow』の時には父である住職が他山に修行(?)に出ているため、跡取りとして住職代理を務めている。
人物
がっしりとしたよい体格。豪放磊落で落ち着いた物腰の好漢。口調は丁寧ながらも、冗談交じりに話すので親しみやすい。しかし本人は気さくでも、僧侶らしく纏っている空気は厳格で、相対すると知らず背筋を伸ばしてしまうような人物。
柳洞の家は代々呑んべえで、零観も大の酒好き。そこだけ、僧侶としては間違っている考え方をしているとか。
学生時代に藤村大河を相手に交際を申し込み、藤村組の皆さんに歓迎と称して囲まれても、はっはっは、と鷹揚に笑っていたとか。……結果的にはノされたのだが。
衛宮士郎いわく、色々な意味で藤ねぇと対等なひと。
能力
柳洞寺に家伝として伝わる捕縛術、柔道の達人。学生時代には全国大会に出場し、今でも警察の指導員として招かれる腕前。
葛木宗一郎と組み手をしてひけをとらない。本人は「寸止めしてもらっている」「勝つには十年は修行が必要」と言っているが、葛木は「自分は一芸に秀でているだけ」「組み伏せることに関しては零観の方が優れている」と返している。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/hollow ataraxia
柳洞寺へ行くと時々登場。

Fate関連作品[編集]

衛宮さんちの今日のごはん
第4話や第34話など、柳洞寺を舞台にした回にゲストとして登場している。
氷室の天地 Fate/school life
境内の池で沙条綾香主催の釣り大会が行われるのを快く許可する。なお、この池はバブル期にやってみた放生会でやたらめったら外来種の生物が放された結果、ちょっとした魔境と化している。
また、冬木市民マラソンに大河・音子と共に出場。大河の体調不良に付き合って、途中棄権。

人間関係[編集]

藤村大河
元・同級生。「三代目」と呼ぶ。零観の父である住職と、大河の祖父である藤村雷画も昵懇の仲。
蛍塚音子
元・同級生。馴染みの酒屋としてお世話になっている。「ネコくん」と呼ぶ。
柳洞一成
弟。
葛木宗一郎
組み手・酒飲み仲間。

メモ[編集]

  • 柳洞寺の柔術は「未遠川に鎮まった龍神が暇潰しに人間に教えたもの」だとか。
  • 好きな酒は「魔王」。けっこうお高い焼酎。
  • デザイン元は一成のボツ案から。
    • 名前の由来も、「一」成の兄だから「零」観という直截的なもの。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]