蘭陵王

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
セイバー
真名 蘭陵王
読み らんりょうおう
性別 男性
身長 172cm
体重 55kg
出典 北史、北斎書
地域 中国(北斉)
属性 秩序・善
隠し属性
声優 森なな子
デザイン hou
レア度 ☆4
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

剣士」のサーヴァント

略歴
中国異聞帯にて、芥ヒナコと共に序盤より登場し、ヒナコの指揮のもと度々交戦するが、単身での出陣が続き、また本来の生真面目さ高潔さから、夜空の美しさに見入る主人公 (Grand Order)達を手にかけることを躊躇い、気配を殺して忍びよることが出来ず、暗殺も失敗する等自身が不得意とする状況が続き戦果を挙げられずにいた。また自身もかつては領主として民を治める身であり、始皇帝による民の粛清にも心を痛めていた。
物語後半の安康の収容所では傀儡兵を大量に動員、蘭陵王の最も得意とする将として兵を率いての決戦となるものの、自身の危機に慌てて支援を行ったヒナコを狙い撃ちにされ、致命傷を負ってしまう。
それでも奥の手を拒むヒナコに、項羽と最期まで共にあるという本来の目的・願いを思い出させて叱咤激励し、吸血とともに霊基ごと吸収され、消滅した。
人物
初の中国出身セイバー。龍の仮面で貌を隠した中国南北朝時代・北斉の軍神と称された名将。
その素顔の美しさは歴史書に謳われ、魔性の貌EXをスキルに持ち、宝具に昇華されるほどの絶世の美男である。その美顔を隠すため、仮面を常につけている。
セイバークラスに相応しく非常に高潔誠実な人物であり、マスターの事も常に気にかけている。(我が主、マスター等、マスターへの呼びかけは戦闘・再臨・マイルーム等初期ボイスだけで9つ存在する)
その一方で他者による不躾な視線を嫌がっていたり聖杯にも本気かどうかはさておき「美醜の概念のない世界」を願おうとしていたりと自分の顔にまつわることにはコンプレックスがある模様。
平時は穏やかにマスターの傍らに控え、いざ戦時となればその美貌と勇壮を謳われた伝説のままに勇ましく名乗りをあげ、アクロバティックにマスターと共に戦場を駆け抜ける。
また戦いに対する姿勢も実に真摯であり、敵が自分より弱いはずはない、立ちはだかる者全てが難敵であると考え、いざというとき臆さぬ為にと慢心なく鍛錬を行なっている。 生前の主従関係ゆえか、主から好意を贈られる発想自体がなかったようで、バレンタインイベントを知っていた様子にも関わらず、自分が貰えるとわかった途端盛大に慌てだしたり喜んだり救われたり様々な一面を垣間見せ世のマスター達を驚かせた。 (VDイベント個別シナリオより)
能力
セイバークラスには珍しく騎馬と一緒に召喚されており、跳び回ったり騎馬とともに駆けたりしながら剣を振るってアクロバティックに戦う。
高水準のステータス、攻防面で敵味方全体に影響する複数の優秀かつ稀少な能力を持ち、味方全体へのトップクラスの爆発的な火力支援と、同じく高倍率のダメージカットで防御面を支え、敵全体の確定チャージ減など敵へのあらゆる行動阻害にも余念がない戦術面の巧みさで、北斉の軍神と謳われた名将・蘭陵王の本領を発揮する。
単騎戦でも実力は発揮されるが、その本領は宝具にあるように敵への威圧と味方への鼓舞であり、将として出陣する多対多の戦場での戦いである。
隠美の仮面(A)
その美貌で兵が動揺することを防ぐため、仮面をつけた逸話が昇華されたスキル。周囲の精神的動揺をシャットアウト。カリスマを隠す訳ではないので、兵たちの士気は依然高いままとなる。
勢い破竹の如し(C)
詳細は不明。勢いがあまりに激しく止めようのない状況、誰にも止められない快進撃を続けることを指す。FGO内では強化成功率を付与する、数騎しか持たない極稀少スキル。
魔性の貌(EX)
再臨することによって解禁される蘭陵王の素顔。歴史書に謳われるほどの風貌であった彼は、素顔を晒すだけで周囲に影響を及ぼす。月が応援してビーム出すかどうかは不明。

『Grand Order』での性能は下記に記載

バリエーション[編集]

魔術師蘭陵王[編集]

『Fate/Grand Order』の期間限定イベント『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』に登場した魔術師

詳細は「魔術師蘭陵王」を参照。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
セイバー 芥ヒナコ ? ? ? ? ? ? ? ?
 主人公 (Grand Order) B B A+ D D B 対魔力:C
騎乗:A
隠美の仮面:A
勢い破竹の如し:C
魔性の貌:EX

宝具[編集]

蘭陵王入陣曲(いさましきはかめんのもの、おんようけんびのりょうおうなり)
ランク:C+
種別:対軍宝具(自陣)
レンジ:1~5
最大捕捉:レンジ内全て
仮面を付けた蘭陵王の奮戦をたたえ、兵士たちに作られた曲とされているその曲は雅楽として唐代に日本にも伝わり、今もなお舞われている。
その勇猛さと美貌を称える歌は味方の士気を向上させ、敵を怯ませる。
更に『音容兼美』とされた蘭陵王自身により、絶大な重圧とそれでも目を離せぬ美の恐怖を敵に与える。
『Grand Order』では「敵全体のチャージを1減らす&敵全体のクリティカル発生率をダウン[注 1]&味方全体の攻撃力をアップ[注 1][注 2]&味方全体に被ダメージカット状態を付与[注 1]」という効果のArts宝具。

真名:蘭陵王[編集]

中国は南北朝時代、北斉に仕えた武将。羅陵王とも。
その美貌と勇壮さで知られ、斉の軍神と讃えられた。
賜ったものは果物一つといえども部下たちと分け合ったという。
死後は蘭陵武王の諡(おくりな)を賜った。
その美貌ゆえ仮面をつけて戦っていたが、なぜ隠すのかは、二つの理由が伝わっている。
一つは兵士が彼の美貌に気を取られ、士気が下がることを恐れたがため。
もう一つは、敵に侮られることを恐れたため。
いずれにせよ、その美貌は天下に鳴り響いており、幾つもの伝説が誕生した。
蘭陵王は皇族である高澄(文襄帝)の第四皇子として生を受けた。
母は荀という名の侍女だったが、将来必ず美しい子息に恵まれるだろう、と予言されたという。
そして生まれたのが高長恭……即ち、蘭陵王であった。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
Lostbelt No.3『人智統合真国シン』配信開始に伴い実装。完全恒常サーヴァントであるため最初からどのガチャでも入手可能。
第2部OPおよび「4週連続・全8種クラス別TV-CM 第1弾 セイバー編」、キービジュアルにて初登場。CM登場サーヴァントとしては3番目の実装となった。
以下、登場した本編とイベント初出。
『Lostbert No.3 人智統合真国シン 紅の月下美人』(2018年11/27~、シナリオ登場、シンPU1<2018年11/27~12/11>)
『バレンタイン2019 ボイス&レター・これくしょん!〜紫式部と7つの呪本〜』個別シナリオ(2019年2/6~2/20)
『CBC2019 旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』(2019年3/11~3/19、シナリオ登場、CBC2019PU<2019年3/11~3/25>)
『Fate/Grand Order×リアル脱出ゲーム「謎特異点Ⅱ ピラミッドからの脱出」』相棒サーヴァントの一騎(2019年4/26~9/3)
『見参!ラスベガス御前試合〜水着剣豪七色勝負!』(2019年8/14~9/4、シナリオ登場)

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

主人公 (Grand Order)
カルデアにおけるマスター。「若輩ながらも高い徳を備えた寛容な人物」「柔軟なる性根故に、貴人として見れば貴人として、変人と見れば変人として遇する方」と評している。
よく気にかけ、絆が深まった際には手向けられた厚情への返礼と、マスターのためならば火も水も、自身の死因となった毒すらも障害にはならないと語るほどの忠節を顕にする。素の一面を出せたり、忠義と愛の忠臣としてマスターの出来心を諫めることが出来たりと信頼関係は深く良好に築けている様子。
芥ヒナコ
中国異聞帯におけるマスター。
下記の虞美人と同一人物のため生前からの付き合いであり、彼女の本当の望みを叶えるべく献身的に仕える。
ディルムッド・オディナ
文化背景がまったく異なるにも関わらず、何故か無性に気が合う予感を感じ取っている。
十中八九「顔」のせいで迷惑を被り、主君と不和を起こしたあたりであろう。他にも性格が非常に近いなど共通点がかなり多い。
セイバーのディルムッドとは『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』で、ランサーのディルムッドとは『謎特異点Ⅱ ピラミッドからの脱出」』で共演した。
呂布奉先
祖国の名高い英雄という事で知っており、その強さをロボであるということで納得している。
項羽
祖国の名高い英雄という事で知っており、彼の異様な姿を「甥」と言い張った項梁に呆れている。
燕青
祖国の名高い英雄として知られ、彼に伝説に違わぬ超イケメンと評された。2019年3月11日より開催されたCBC2019期間限定イベント『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』にて蘭陵王が美の魔術師、燕青が協力関係にあるマフィアとしての配役で共演した。
武則天
彼女に生前の苦労を労われ、仕えてみないかと誘われた。なお彼女の幕間2「女帝+」(アガルタクリア条件)では、とある商品のCMに美の男性サーヴァント代表扱いで女性代表のクレオパトラと並んで起用・抜擢されている。
ギルガメッシュ〔キャスター〕
期間限定イベント『水着剣豪七色勝負』で共演。彼の秘書としてマイペースに行動していた。

生前[編集]

後主
本名は高緯。北斉の五代目の皇帝であり、蘭陵王が仕えた主君で15歳ほど年下の従兄弟にあたる人物。非常に暗愚な皇帝で、奸臣達に好き勝手させて国力を大きく衰退させ、有能な家臣を悉く粛清した。
蘭陵王が名声を得るにつれて彼を疎むようになり、最期には毒を送って自害を命令した。
本人としてもだいぶトラウマになっているようで「彼をマスターとして武帝と戦うように言われたら?」という仮定に露骨に顔を顰めていた。蘭陵王の戦闘不能ボイスや嫌いなものは彼との関係に起因すると思われる。
虞美人(芥ヒナコ)
人ならざる彼女を恐れず、よき理解者となり、最期を看取られた。
「永久」を体現する彼女との縁を「三十三年の生涯における至宝」と語った。
件の異聞帯で項羽を召喚することが出来なかった彼女はかつての知人として信頼を置く蘭陵王を召喚し再会。
虞美人がカルデアに召喚された際には、対人関係に致命的な問題がある彼女の相談を受け適切なアドバイスをおくった。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

召喚[編集]

「サーヴァント、セイバー。蘭陵王、召喚に応じました。仮面をつけての参上、まこと無礼とお思いでしょうが、平にご容赦を……」
忠義にあつい彼は仮面で顔を隠しての非礼が気になるのか、それを詫びての参上となる。

戦闘[編集]

「我が仮面にかけて。いくぞ!」
「蘭陵王、此処にあり!討てると思うなら前へ出よ!」
戦闘開始時。勇ましく名乗りをあげて戦う。容貌こそ音容兼美と謳われた彼だが、その中身は正しく勇猛な武人である。
「我が封印、これより解きます!」
「わが貌をそれほど望むか。──ならば見せよう、呪われし貌を! 儚く散るまで、唄い続けるために!」
「道を開けよ、出陣である! ──この仮面を脱ぎ、蘭陵王の証明とする。ふっ…退け、魔性ども──!」
宝具解放。仮面を外して自身の身元を明かし、味方に援軍を知らせ勝利した蘭陵王入陣曲の逸話を元にした口上。周囲に影響を与える程のその圧倒的な美貌と絶大な重圧、清廉な高潔さは魔をも退ける。
「ああ、こうして討ち死にするとは、なんと幸福な……」
「此処までか……っ! だが、後悔はない……」
戦闘不能時。生前主君から毒を賜り、戦場で武人として果てることが許されなかった彼は心満ちたように退場する。
「我が主、いかがでしたか? さあ、勝鬨をあげよ!」
勝利時。

霊基再臨[編集]

「どうやら性能が向上したようです。サーヴァントとは、便利なものですな」
レベルアップ時。
「なるほど、これが霊基の向上。心が沸き立ちますね」
「ありがとうございます。益々の奉仕を、お約束いたします。」
「なっ……、よろしいのですか? 仮面がないと、落ち着かないのですが。……いえ、ここまで与えてくれた力に報いるためならば当然ですが!」
「あなたと共にあるならば、この蘭陵王、すべての虚飾を捨てましょう。ありがとうございます、マスター!」
再臨1~3、最終再臨。第3再臨からは仮面をはずすことになる。互いに心から信を置ける主を得た彼にはもう虚飾は必要ないのだろう。

マイルーム[編集]

「主従。私は忠実にお仕えします」
「我が主、どうか胸を張って我が奉仕をお受けください。私はそれで、満ち足りるのです」
「嫌いなこと、ですか……。疑われること、ですね。……この話題はやめましょう。際限なく、暗くなります」
マイルーム会話2、3、嫌いなこと。生前、主に猜疑心を向けられ主従関係が破綻した彼にとって、マスターに忠義を受け入れられることに強い思いがあるのかもしれない。
「いかがしました? マスター」
「仮面はないと落ち着かないものです。人の視線は不躾ですから」
「マスター、よければ遠乗りなどいかがですか?気分も晴れますとも」
「あなたと共にいるためには、やはり仮面が必要なようです。数多のサーヴァントが、妬まないとも限らないでしょう」
マイルーム会話「絆Lv.1、2、3、4」。
忠臣である彼は、気分転換を促したりとよくマスターの様子を見て気遣ってくれる。
それと同時に、この時点ではまだ素顔や仮面を手放すことについて抵抗があるようだ(実際絆ポイントも2、4と仮面に関わる話題のポイントは1、3、5の3~4倍必要になる)。
「マスター。こうしてマスターと貌を突き合わせるだけで不思議と私は幸福に包まれます。我が忠義と愛、どうか間近でご覧あれ」
マイルーム会話「絆Lv.5」。貌について思うところのある彼が、マスターと顔を合わせて過ごす時間に幸福を感じるほどに信頼関係が築かれている。虚飾で覆わず、誠意をもち向き合って顔を合わせることも彼にとっての忠義と愛なのかもしれない。
「マスター。あなたの手向けてくれた愛情に、恩情に、慕情に、私はどれだけ返礼できているでしょう。あなたのためならば火も水も、毒すらも障害にはなりませぬ」
マイルーム会話「絆Lv.5(最終再臨後)」。心から国を愛し仕えながらその忠義を疑われ、最期に至った生前の記憶を持つ彼は、今生においてマスターからの信頼や親愛を感じ、深い忠義と愛でそれに報いようとしている。
「む、むむっ? マスター?あの二振りの槍を持っている方は一体……。いえ、時代も国も違えど、何故か、無性に気が合うような……」
マイルーム会話4「ディルムッド・オディナ」。
自身と同様に顔にまつわる逸話や主との不和の経験を持つ彼に、知らず気の合う予感を感じ取っている。
なお『Fate/Grand Order』2019年3月11日より開催されたCBC2019期間限定イベント『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』にてセイバーのディルムッドとは共演を果たした。
「どうやら祝い事のようです。遅れを取るわけにはいきませんな」
イベント開催時。催し物には乗り気のようだ。

イベント[編集]

「まあ、サーヴァントに訓練は不要だ、という考えもありましょうが──やはり剣を振ってなければ、落ち着かない時も存在するのです。」
「戦場で強大な敵に臆さぬため、この身に動きを染み込ませる……。どうあれ、敵が私より弱いはずはない。立ちはだかる者全てが難敵でしょうから。」
2019年2月6日より開催された期間限定イベント『バレンタイン2019 ボイス&レター・これくしょん! ~紫式部と7つの呪本~』より。
蘭陵王の戦いへの慢心なき真摯な姿勢が垣間見える一場面。
「おや、これは……?甘い香りがしますね、チョコレート……でしょうか。……ああ!こ、これは失礼しました……!少々、少々お待ちを!!」
「あ、こちら申し訳ありません。一度返却させていただきたいのですが!いえ、不要という訳ではなく!改めて、改めて受け取らせてください!ともかく!しばし! お待ちを!」
同イベントより。イベント自体は知っていても生前の経験のせいで主から贈り物を貰うという発想がなかったのか、明確に慌てはじめる。
「蘭陵王、ここに推参いたしました。何か御用……いえ、失礼!贈り物を戴ける、とのこと。謹んで、お受けいたします。……。……。ありがとうございます、マスター。かつて私が主に贈られたのは、毒の杯でしたが──この記憶が記録としてある限り、私の過去現在未来全ての慰めとなるでしょう。」
同イベントより。最後の贈り物の記憶があたたかなものになったことについて、マスターに喜びを語った。
「(しかし……だが……主は期待しているような……。ど、どう言えば正解なのだろうか!)(え、ええいままよ!)」
「失敗した──!?ご、誤解です我が主!!どうぞ、お顔をこちらに!こちらにお向けくださいませ……!!」
「うわーん!マスターーーーー!」
同イベントより。忠義にあつくマスターのことを考えるあまり、返答を考えすぎて盛大に自爆してしまった一場面。それまでの彼とは全く違った一面はちょっと話題になったほど。
「これは……。マスターが酩酊にも似た症状を!」
2019年3月11日より開催されたCBC2019期間限定イベント『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』より。
ここでも忠臣ぶりは発揮され、いち早くマスターの様子の違い気づき気遣っている。

本編[編集]

「……ああ、結局は機を逸したか。闇討ちなど容易いものかと舐めていた。それを為せる者たちを侮っていたよ。私には到底無理だ。」
「いかに一太刀で終わるとはいえ、夜空の美しさに見入っている者に、気配を殺して忍び寄るなど……」
本来の生真面目さ、高潔さ故に暗殺は向かず、躊躇している間に気づかれ、また秦良玉が間に入ったこともあり未遂に終わる。
「あなたは、再び彼と会えたのだから!」「今度こそあの男と、項羽と共に生きるのです。」
「互いの行く末を見届けるのです!」
窮地において叱咤激励、友の行く道を示し、その糧となった。

幕間の物語[編集]

「はい。余人との距離を計り難いと言いつつもあの出で立ち。恐れながら何かの冗談と勘繰ってしまいました。お許しを。」
虞美人の幕間の物語にて、「マスターとの距離感が掴めない」と相談を受け、「まずはお召し替えを」と珍しく強気に提言した直後。
要約すると「普段からあんな格好していて距離感がわからんとか何の冗談だ?」というキツいお言葉。彼にしては本当に珍しい辛辣な発言である。

メモ[編集]

  • 宝具の真名が一番長いサーヴァント。漢字部分は6文字なのに、読み仮名は26文字にもなる。
  • 名前に王と付いているが、中国の場合「領地を与えられた太守」も王と呼ばれる。このためか、シェヘラザードの王特攻の対象からは外れている。
  • 史実での仮面は単に顔を守る防具として身に付けていただけで、当時の兵士なら誰でも装備していた。
    • 当然だが、顔を隠すので個人を見分けられなくなる欠点があり、洛陽の攻防戦で兜と共に仮面を外して素顔を味方に見せた事が宝具の由来となっている。
  • 蘭陵王の死後、北斉は元々の内部分裂と外敵からの軍事侵攻に耐えられなくなり、蘭陵王の死から僅か4年で滅亡した。
  • 真名公開前の予想として、狄青をあげるプレイヤーもいた。こちらも中国の仮面の名将として有名(ただし仮面の理由は顔の刺青を隠すため)。

話題まとめ[編集]

『Grand Order』での性能
最大強化時のステータスはLv.100で【HP:17308/ATK:13033】と高く、☆4セイバーの総合値としては上位5番目。(2019年7月現在)
最終再臨と全スキルMAXに必要な素材は第1部のもので完結する(再臨及びスキル7までなら修練場でも)。
スキル・宝具共に攻防面で敵味方全体に影響する優秀かつ稀少な効果が多く、持続時間も3ターンと長め。スキルの最短CTが6・5・5と軽めで取り回しも良好。
味方の攻防支援に特化、攻撃支援の強化倍率も高水準でまとまっており、複数の乗算バフによる爆発的な火力支援はトップクラス。
同じくトップクラスの味方全体被ダメージカット[注 3](宝具Lv依存、3ターンの間500-1500カット)で被弾を減らし、活路をひらく。
敵全体の確定チャージ減[注 4]やクリティカル発生率ダウンなど、敵への行動阻害にも余念がなく戦術は周到。
隠美の仮面(A)
自身に2回分の無敵状態[注 1]と味方全体に攻撃力アップ[注 1]を付与する。
勢い破竹の如し(C)
味方単体にNPを付与し強化成功率をアップさせる。強化成功率付与は蘭陵王あわせて4騎ほど[注 5]しか持たない極めて稀少なスキル。
魔性の貌(EX)
味方全体のArts性能をアップ[注 1]しつつ確率でスター発生率[注 1]&クリティカル威力アップ[注 1]を高倍率付与する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 3ターン
  2. オーバーチャージで効果UP
  3. 2019年7月現在、宝具によるターン制の味方全体高倍率被ダメージカットは蘭陵王、☆5スカサハ・スカディ(OC依存)、マシュの3騎
  4. 2019年7月現在、宝具による敵全体の確定チャージ減は蘭陵王、☆5諸葛孔明、☆5水着BBの3騎
  5. 2019年7月現在、蘭陵王、☆5オジマンディアス、☆4ラクシュミー(全体付与)、☆4美遊(単体付与)、☆4クロエ(イリヤ全体)のみ

出典[編集]


リンク[編集]