2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

芥ヒナコ

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
芥ヒナコ
読み あくた ヒナコ
初登場作品 Fate/Grand Order
性別 女性
デザイン toi8[1]
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Grand Order』に登場する魔術師

略歴
植物科出身者であり元はカルデアの技術者サイドの人間だったがマスター適正を見込まれAチームに加入。
ライダーを召喚予定だったが、レフの妨害工作により瀕死の重傷を負い、コフィンで凍結保存されてしまった。
人物
植物科出身者であり元は技術者サイドの人間。
読書が趣味で、日がな一日、物陰で本を読んでいるのが幸せという無口な性格で、ペペロンチーノの前ですらくすりともしない。
だがレオナルド・ダ・ヴィンチ曰く、妙なオーラがあったという。
サーヴァントはライダーを召喚することを強く希望していた。
あまり積極性はないようで、異聞帯の拡大にも消極的な上、他人との会話にもほとんど参加してこない。
能力
高いマスター適性を持つ。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

スカンジナビア・ペペロンチーノ
ペペロンチーノの前では本を閉じていたが、それでもくすりともしなかった。
異聞帯の王
報告時ですら溜息を吐き、ポーカーフェイスを保てなくなるほどの人物。
キリシュタリア・ヴォーダイムからは、よほどの野放図か剛胆な英傑と考えられている。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

メモ[編集]

  • 一見すると普通の女性だが、なぜかカルデアの健康診断を受ける事を頑に拒否していたとか。
    • そのため、「実は人間ではないのではないか」「厚ぼったいマントの下に見られたらまずい何かを隠しているのではないか」「(オフェリアの女性同士の会食で名前があがらないことから)実は女性ではないのでは」などとプレイヤー達の間で噂されている。
      • 第二部第一章では、自身がいる異聞帯について「今度こそ最期まであそこにいたい」などと発言しており、異聞帯の成立が決定的になった思われるB.C.210から現在まで生き延びているのではないか?とも推測されている。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]