言峰璃正

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
言峰璃正
読み ことみね りせい
誕生日 12月29日
血液型 B型
身長 179cm
体重 88kg
特技 説法、中国拳法
好きな物 信仰心、克己心
苦手な物 快楽主義者
天敵 雨生龍之介
声優 広瀬正志
イメージカラー 燻し銀
初登場作品 Fate/Zero
テンプレートを表示

概要[編集]

冬木教会の元神父。聖堂教会、第八秘蹟会の司祭。第三次・第四次聖杯戦争監督役。そして言峰綺礼の実父である。

略歴
聖堂教会が初めて介入した第三次聖杯戦争の時に若くして監督役としての任を負い、冬木の戦いを見守った。そこで遠坂時臣の父である、当時の遠坂当主と友誼を結び、以来遠坂家と深い関わりを持ち続ける。
第八秘蹟会に籍を置き、諸国に散った聖遺物の回収を巡礼の試練として自らに課して、世界中を巡り歩いた過去を持つ。世界巡礼中に息子綺礼が誕生し、綺礼も幼少の折から聖地巡礼に同伴した。
第三次聖杯戦争の功績を認められて冬木教会に派遣され、第四次聖杯戦争においても監督役を務めることになる。本来中立であるはずの監督役だが、璃正は「時臣の祖父との誓い」に従って、遠坂に助力をする。またこれは聖堂教会の方針にも反せず、教会は既に聖杯が教義とは関係のない、彼らにとっての「贋作」であることを把握しており、「聖堂教会にとって都合のいい、教義には抵触しない願いをもって聖杯戦争を終わらせようとしている遠坂時臣に、聖杯を取らせる」ことは是としていた。
第四次では第三次の教訓を生かしてよりよい運営を目指したが、ケイネス・エルメロイ・アーチボルトの凶弾に倒れる。
人物
苦行によって悟りを得ようとした修道士。己の信念を人生の目的と定め、鉄の意志でそれを全うできる、深い信仰心を抱いている人物。
彼は、息子綺礼も自分と同じ類の人間だと思っていたが……
能力
八極拳の達人で、綺礼に拳法の手ほどきをしたのは璃正。こと純粋な拳法の腕前においては綺礼をも凌駕するとされる。しかしこれは自己鍛錬と求道のために積み上げられた功夫であり、代行者ではない彼には戦闘行為を目的とした殺人術の心得はない。だが綺礼から見れば『正調の八極拳』という意味では父親の方が拳士として格上であるという認識だった。
魔術刻印預託令呪)を持っていたが、死後に綺礼が引き継いだ。

登場作品と役柄[編集]

Fate/Zero
聖杯戦争監督者。その一方で参加者の一人である時臣と共謀し、彼を勝ち残らせるべく策を巡らす。

人間関係[編集]

Fate/Zero[編集]

言峰綺礼
息子。愛情を持って接し、彼からも尊敬されていたものの、その歪みには最期まで気づけないままであった。
遠坂時臣
被後見人。作戦の一環ではあるが、実子を魔術師の弟子として預け入れる等昵懇の間柄である。
ケイネス・エルメロイ・アーチボルト
海魔退治の報奨である預託令呪を渡した直後に拳銃で射殺された。

Fate/Apocrypha[編集]

シロウ・コトミネ
変転した第三次聖杯戦争で出会った聖人。
一生を神に捧げ悲劇的な過去を迎えた彼の第二の人生のために助力し、求めに応じて彼の戸籍を用意、養子として迎え入れていた。
尤も、第八秘跡会に入ったものに、流石に息子とは認識できず、一人の友として誠実に接していた。
その後もシロウが聖堂教会での役職を得る伝手として協力したが、綺礼が生まれた頃あたりから、シロウは意識的に璃正との交流を減らした。

その他[編集]

ディーロ
懇意にしている同僚。ハンザの師匠候補として名前を挙げられるものの、第四次聖杯戦争と時期が被っていた為に実現されなかった。

名台詞[編集]

「……勝ったぞ綺礼。この戦い、我々の勝利だ……」
時臣のギルガメッシュ召喚成功に際して。アニメ版では時臣の台詞に変更されている。

メモ[編集]

  • 綺礼のことは周囲と同じく「立派な求道者」と見ており、その本質には気付かないままだった。
  • 他の多くの登場人物の年齢が明言されていないように、璃正の年齢もはっきりとは書かれていない。が、第四次聖杯戦争開催の三年前の時点で、「近々八十に手が届く」と述べられている。さかのぼって六十年前の第三次聖杯戦争に参加しているのだから当然の年齢。綺礼は璃正が五十を過ぎてからという、かなり歳をとった後に生まれている。
  • 璃正の妻、綺礼の実母と思われる女性に関して情報らしい情報は今のところ無い。
  • なお、第三次聖杯戦争で時臣の先代当主と友誼を結んだ、とあるが、第三次にはまだ時臣が生まれていなかった点から、第三次を経てもこの先代当主は存命だったと思われる。
    時臣も「祖父の無念、遠坂の悲願、我が人生はそれらを負うためだけにありました」という台詞を璃正に対して言っており、璃正が遠坂への助力という誓いを立てたのも先代ではなく先々代であることから、第三次聖杯戦争に参加したのは当時の当主だった時臣の父ではなく、時臣の祖父であることが伺える。
  • 天敵は雨生龍之介。直接的に絡むシーンはないが、龍之介がキャスターと共に魔術の痕跡を隠す事なく見境の無い殺人を繰り返すため、聖杯戦争の秘匿性を保つことを仕事にする璃正は散々に悩まされる事となった。巨大海魔出現時に被った損失は、撃墜された2機の戦闘機の補填だけでも200億円を超える。さらには大海魔が大衆の前に晒されるなど、もはや前代未聞の大惨事となり、これにはさすがの璃正も頭を抱えてしまった。
    • ちなみに、金銭面だけなら切嗣が爆破した冬木ハイアットホテルの損害は200億では済まなかった筈だが、こちらの場合は一般人の被害を最小限に抑えたり、魔術師として神秘の秘匿をちゃんと行っていたりと、あくまで聖杯戦争のルールの中で行われているため璃正もさほど苦労せずに済んでいる。なお、聖杯戦争で起きた損害は、基本的にアインツベルンからの出資でアフターサービスが行われる。
  • 『Fate/Apocrypha』での璃正は、正史と同様監督役を担当していたが、第三次聖杯戦争で大聖杯は強奪されたことでやむなく状況に介入し、親交のあった遠坂家のマスターを救出した。その際、救出作業に手を貸したのがアインツベルンのサーヴァントであった天草四郎時貞である。
    • 第四次聖杯戦争の心労がなかったせいか、幾分長生きできたらしいが、『Apocrypha』本編開始前には既に病死しているため故人となっている。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]