謎のアルターエゴ・Λ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランサー
真名 謎のアルターエゴ・Λ
性別 女性
身長 160cm
体重 33kg
出典 Fate/EXTRA CCC
地域 SE.RA.PH
属性 秩序・善
隠し属性
一人称
二人称 あなた
声優 早見沙織
デザイン ワダアルコ
レア度 ☆4
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

槍兵」のサーヴァント。期間限定イベント『見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負!』にて登場した水着姿のメルトリリス

略歴
『見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負!』では水着剣豪の一角であり、「水天宮インヴィディア・セルペンス」の支配人となっている。
カジノではスロットマシンと自分がプリマとなるショーが売り物であり、カジノから客にお金を貸し付ける事はないし投入した額以上に負ける事は無い良心経営……で済む筈も無く、彼女によって欲望を加速された客は自分の霊基までチップに変えてスロットを回し、最終的には溶けてしまう。
特異点解決のために訪れた主人公らも一時は倒して地下で労働させるも、最終的に抜け出してきた主人公らに敗北し、以降は特異点解決に協力してくれた。
なお、舞台となっている絢爛ラスベガスを取り巻いている海は彼女が生み出したものであり、カジノで吸収した膨大なリソースを利用して絢爛ラスベガスを丸ごと海に沈める、という形で独自に事態の解決に動いていたのであった。
人物
水上のプリマドンナ、兼、カリスマフィギュアスケーター。さまざまな波を繰り出す海の女王を名乗る。好戦的で無慈悲。かつ加虐趣味を持つという女王属性。
構造的な美しさを好み、醜いものを許さない潔癖性。自分が完璧な存在であり、自分だけですべてを成し得られると自負しているのでプライドが高い。……といういつもの彼女だが、今回はプロのフィギュアスケーターとして観客を沸かせる事を快楽としている為、加虐趣味は(やや)封印されている。
とはいえ、『自分基準で、自分の美しさを絶対としている』核の部分は変わらない。他の水着剣豪たちがどれほど美しく人気があろうと、「ふうん、そうなの。でも、一番美しいのは私でしょう?」と優雅に微笑む。
正体を隠しているのはスタァだから。プライベートを明かさないのは、ひとえに熱心なファンへの温情であり、ご褒美である。自分はメルトリリスではなく謎のアルターエゴである、と主張している。普段であれば姉妹たちの手前、あまりカリスマぶる事はないのだが(そうかぁ?)、表現者・ラムダを名乗っているこの霊基ではとにかくプロ意識が強い。
また、リヴァイアサンの影響で『嫉妬深く』なっている、という触れ込みだが、もともと彼女は『自分が愛するただひとつのもの』への執着・愛情がブラックホール級に重いので、嫉妬深いのは元からなのであった。
ヒールブレードが外れている為、身長が変化している。
能力
基本的にはアルターエゴクラスの際のものと大きく変化していない。
また、リヴァイアサンとしての側面が強くなっているためか、海洋生物なら一通り支配下に置けるとのこと[注 1]

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ランサー 主人公 (Grand Order) A+  B+  対魔力:B
騎乗:C
単独行動:EX
女神の神核:C
ハイ・サーヴァント:A
スワンレイク:A
完全流体:B
メルト・エンヴィー:EX

宝具[編集]

その夏露は硝子のように(ブルーサマー・パラディオン)
ランク:B+
種別:対人宝具
レンジ:10~50
最大捕捉:1人
ラムダ曰く、『夏露はなつ、硝子はほしと読むのよ』とのこと。
対象を水球で囲み、拘束。自身は招き寄せた大津波にダイヴし、従者であるリヴァイアサンたちと共に海中を高速移動し、その加速を以て自身をミサイルにように撃ち出し、対象を水球ごと貫く。
地上に飛び出したラムダの姿は優雅な飛び魚のようにも、都市を滅ぼす神話の槍にも見えるという。
『Fate/Grand Order』では「フィールドが〔水辺〕の時、敵全体の回避状態を解除+敵全体に強力な防御力無視攻撃+スターを大量獲得[注 2]」という効果のArts宝具。
大海嘯七罪悲歌(リヴァイアサン・メルトパージ)
ランク:EX
種別:対界宝具
レンジ:50~100
最大捕捉:500人
ラムダ曰く、『七罪悲歌は なつみひか と読みなさい』とのこと。夏の罪とかけているのだろうか……?
天の地を海で満たし、大津波を引き起こす。津波にのまれたものたちは渦巻きによって一カ所にまとめられ、水玉(牢)に閉じ込められた後、完全流体のまま竜を模したメルトリリスによってかみ砕かれ、海の藻屑と化す。ラスベガスを囲む海はこの宝具を常時展開したものである。

真名:謎のアルターエゴ・Λ[編集]

ラスベガスに現れた謎のサーヴァント。その正体はあまりにも不明だが、一流のバレエダンサーであり、芸術を司る女神であり、今回はさらにフィギュアスケーターとしての才能まであったコトを見せつける、水とペンギンのサーヴァント。
ベガスにある五大カジノの一つ『水天宮』のオーナー。
カジノはスロットがメインだが、とにかく風速が早い……回転が速いという噂。
一文無しになって路頭に迷ったお客様(サーヴァント)たちの行方は杳として知れず、おそらくラムダに囚われ経験値にされてしまったのでは、と噂されている。
その正体は水着に着替えランサーにクラスチェンジしたメルトリリス。メインエッセンスをサラスヴァティからリヴァイアサンに変更している。
リヴァイアサンは旧約聖書・ヨブ記に記された海に棲む巨大な魔獣のこと。
神は最後の審判の後、人類の糧となるべく巨大な魔獣を創造した。
それが陸に棲む魔獣ベヒモスと、海に棲む魔獣リヴァイアサン(レビィアタン)である。
リヴァイアサンとベヒモスは番(つがい)であるとされ、ベヒモスは温厚な草食獣であったが、リヴァイアサンは凶暴な獣だという。
リヴァイアサンはすべて雌であるとされ、後に巨大な蛇のイメージで描かれることになる。
海が人々にとって死と隣り合わせだった中世以前、その凶暴性から悪魔とみなされるようになり、ついには『七つの大罪』のうち『嫉妬』を象徴する大いなる悪魔として流布された。
リヴァイアサンは悪魔学においてサタン、ベルゼバブに次ぐ地位を持ち、さらに地獄の海軍大提督としての権限を持つ。ヨブ記では、あまりに巨大であり、ただ泳ぐだけで海が渦を巻き、荒波が押し寄せるという。
リヴァイアサンが女神扱いなのは
「どんな凶暴でも、神性があって女の子なら女神ですよね☆」
なんてBBちゃんの超解釈が炸裂している。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
『見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負!』の開催に伴い期間限定でガチャに追加。イベントガチャ限定サーヴァントであり、恒常的な入手手段は現状ない。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

主人公 (Grand Order)
ツンと接しはするが、マシュが思わず嫉妬するほど距離感が近い。
「トップスターとなった孤高の少女と、変わらぬ純粋な好意を向けてくれる幼馴染の親友」といった風情。
葛飾北斎〔セイバー〕
新参の水着剣豪。自分と同じ『美』を重視する水着剣豪としてシンパシーを抱いている。
アルトリア・ペンドラゴン〔ルーラー〕
同じ水着剣豪の一人。
基本的に同じ水着剣豪達を見下している彼女でも、高貴で威厳があり、動物モチーフということでリスペクトしている。
カーミラ〔ライダー〕
同じ水着剣豪の一人。
自分の趣味とは異なるが、ミステリアスな大人の女性であることやドーベルマンを連れていることなどを評価している。
なお、あまりにイメージが違うためエリザベートの成長後とは分かっていなかった模様で、そのことを知った際には驚愕の声を上げた。
キングプロテア (Grand Order)
期間限定イベント『水着剣豪七色勝負』では彼女に暴れた客の確保と地下工場の見張りを任せていた。
パッションリップ (Grand Order)
期間限定イベント『水着剣豪七色勝負』ではキングプロテア (Grand Order)を計画に誘ったため、怒り(嫉妬)を買っている。
とはいえ、別に嫌っている訳ではなく、むしろ自分がやる事がろくでもない事だと分かっていたためあえて遠ざけていた。
クリストファー・コロンブス
期間限定イベント『水着剣豪七色勝負』では破産した彼を地下工場送りにしたが、工員管理に役立ちそうだったので上記のキングプロテアとセットで工場長にした。
マルタ〔ルーラー〕
容姿や「完璧な声[注 3]と美しさを評価しているが、ラムダ自身がリヴァイアサンの権能を強化していることもあって、リヴァイアサンの子であるタラスクの扱いについてやや不満げ。
ジャンヌ・ダルク〔アーチャー〕
期間限定イベント『水着剣豪七色勝負』では、あまりの頭のネジの外れっぷりに「水辺の聖女には頭がアレなのしか居ないのか」と上記のマルタと一緒くたにしてドン引きしていた。また、自身が敵意をぶつけてもまるでこたえずあっさりスルーする姿もラムダとしては苦手なものであった。
ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 (バーサーカー)
期間限定イベント『水着剣豪七色勝負』では、イベントにおける初対面にも関わらず「お互い一方的に刺す方がお好みでしょう?」と彼女の性質を見抜き、交流しやすい同類、そして相性最悪の敵として喧嘩を吹っ掛けた。
「暴言や敵意をスルーされることもあって、天然な水着ジャンヌを苦手としている」「マスターに好意を抱いているが、普段はつれない態度をとる」という点でもよく似ている。
BB (水着)
相変わらず嫌っている。水着についても「楽に人気を取る事しか考えていない」と辛辣。

名台詞[編集]

マイルーム[編集]

「休日の過ごし方? ランニング、フィットネス、ワンステ巡りよ」
「会話1(絆Lv.2まで)」。スタァらしくスタイル維持の努力は怠らない、という所だろうか。その割に、ベガスで揚げバター食べてましたよね。

イベント[編集]

「じゃあアマリリスをお願い。」
「両手いっぱいの、鮮やかな紫の花を」
『見参!ラスベガス御前試合 ~水着剣豪七色勝負!』より。この霊基で初遭遇した主人公よりデビューを祝して花を贈ってもいいかと聞かれて。
アマリリスはメルトリリス (Grand Order)の絆礼装でも描かれる彼女の象徴とも言える花。
諸々の事情よりもまっ先に祝福を向ける主人公と、"最高の祝福の形"を許し求めるそのやり取りが二人の精神的な距離の近さを感じさせる。
ちなみに紫のアマリリスは超が付く希少種で一株十万、両手いっぱいとなれば百万は軽くかかる代物である。
「やわらか魔剣ジゼル!」
同イベントにおいて、主人公に対するツッコミ。ハリセンのような音がしている。
「踝の名は魔剣ジゼル」はヒールブレードによる衝撃派攻撃で、FGOメルトでいうとArts初段に相当。ブレードをはずしているのでやわらかいのだろう。

メモ[編集]

  • マテリアルでは思い切り「ペンギン」と断言されてしまっているが、着ているパーカーは彼女の認識だとリヴァイアサンがモチーフになっているらしい。

話題まとめ[編集]

商品情報[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. あいにく、空飛ぶ鮫と化していたリースXPには通用しなかったが。
  2. オーバーチャージで効果UP
  3. 要するに声優繋がり。ただ声優繋がりだけなら他にもアタランテや牛若丸などがいるが、水着で尚且つプロポーションや美しさに対してよく言及されるキャラはマルタのみ。

出典[編集]


リンク[編集]