黒いマリー

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒いマリー
性別 女性
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』に登場するキャラクター。正式名称ではないと思われるが、そちらが不明なのでゲーム内表記で記述する。

略歴
期間限定イベント『星屑盤上冥路アステロ・アキハバラ』にて登場。
二回目のゲームの舞台となった「人狼の館」で、英霊祭装姿のマリー・アントワネットとして登場。ゲームが不完全な形で終結したために主人公たちに同行する。
以降は不穏な発言を見せつつも四回目のゲームである双六まで同行するものの、そこで本来の姿を明かし、エリセを責め苛み、共に最終ゲームの舞台である再現された新宿の町に消えていった。
実は彼女の正体はマリー・アントワネットではなく、かつてルイ十七世を行き違いの末に殺してしまった宇津見エリセの罪の意識を受けて彼女に取り憑いていた邪霊が形を成したものであり、主人公からその事実を指摘され、新宿の町でカルデア一行に追い詰められたことでエリセから決別され、自分とエリセが不可分であることを告げつつ消滅した。
人物
英霊祭装の姿をしている際はいつものマリーに似た口調ではあるものの、どこか棘があるような言動。
「黒いマリー」としての姿は黒いドレス[注 1]を身に纏ったマリーの姿であり、少し年齢が高い分体つきも豊満[注 2]
上記のようにエリセの罪悪感を核として姿を成した存在であるためか、傲慢で冷酷で他人を顧みない、歴史に疎い人がイメージする「マリー・アントワネット」そのものの言動であり、エリセに対しては特に当たりがきつい。


登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
期間限定イベント『星屑盤上冥路アステロ・アキハバラ』にて登場。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

宇津見エリセ (Grand Order)
自分の本体と呼ぶべき存在。
彼女の罪悪感を受けて、彼女の事を何かと苛んでいた。
マリー・アントワネット鬼女紅葉
自分が本物と入れ替わるためと、エリセの関係者だったため封印していた相手。


名台詞[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. 本物のマリー曰く、喪服のように感じるとのこと。
  2. シュヴァリエ・デオン曰く、いつものマリーより成長した姿だと非常にグラマラスだったとのこと。実際、史実でもマリーの豊満さの逸話は多く残っている。

出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]