宇津見エリセ (Grand Order)

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランサー
真名 宇津見エリセ
読み うつみ エリセ
性別 女性
身長 158cm
体重 48kg
出典 Fate/Requiem
地域 日本・モザイク市《秋葉原》、《新宿》
属性 秩序・中庸
隠し属性
一人称
声優 鬼頭明里
デザイン NOCO
レア度 ☆4
初登場作品 Fate/Requiem
テンプレートを表示


概要[編集]

槍兵」のサーヴァント。『Fate/Grand Order』における宇津見エリセ

略歴
『Fate/Requiem』とのコラボイベントに登場。
ルイ十七世関連の罪の意識から準サーヴァントと化し、特異点を形成してしまうがそれに気づかず事態を解決しようと空回りすることになる。
一緒にいたボイジャーが彼女を救うべくカルデアに助けを求め、主人公らが訪れた際にも過剰なまでに敵対するが、黒いマリーから真相を教えられて絶望。
黒いマリーの言うがままになろうとしたがカルデア一行の尽力で解決し、自分の道を見つめなおすことができた。
人物
古代日本風の服装の少女。本来の彼女は現代人だが、準サーヴァント化した際にこの姿になったとのこと。
原作でも未熟な言動が目立ったが初登場したイベント時にはそれが輪をかけて酷くなっており、主人公やカルデアを一方的に悪の組織と決めつけて抗弁には耳を貸さず、周りを異常と思える自分だけが事態を解決できると思い込んで攻撃的な言動を繰り返す、悪い意味で「年相応に思春期」な性格をしていた[注 1]
これらの豹変は初めてのサーヴァントであったボイジャーが行方不明なことと、普段なら過激な言動を諫めるカリンが居ないことが多分に影響しているようで、カルデアで召喚された際には多少は落ち着いた性格になっている。
能力
『Fate/Requiem』同様、邪霊による攻撃を得意としている。
また、ランサー化した影響で手に入れた鉾での攻撃もできるようになっているが、これが何に由来しているのかは明言されていない。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ランサー 主人公 (Grand Order) C C B C E B 対魔力(霊):B+
騎乗:C+
単独行動:B
神性:E
巫邪霊媒:A
魔弾の射手(模造):B
死神:B

宝具[編集]

天遡鉾(アメノサカホコ)
ランク:B
種別:対霊宝具
レンジ:1~14
最大捕捉:1000人
大神・伊邪那岐と伊邪那美による"国産み"を逆転再現する忌まわしき祭事。
冥神の力を継承するエリセが、準サーヴァント化により獲得した独自の魔術。
神造祭器"天沼矛"レプリカで時空をかきまぜ、その構造を推定演算し、対象空間を包有する構造、質量、意味、縁の全てを原初の混沌へおくり還す。
サーヴァントが対象となる際はその霊基構造を解消、切断する。エントロピー逆転の黄泉返し。
『Grand Order』では 「敵全体に低確率で即死<オーバーチャージで確率アップ>& 強力な攻撃[Lv]&防御強化状態を解除」 という効果のArts宝具。

真名:宇津見エリセ[編集]

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
『Fate/Requiem 盤上遊戯黙示録』の開催に伴い実装。イベント報酬。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

ボイジャー (Grand Order)
自分のサーヴァントだった少年。自分自身もサーヴァントになり、マスターとサーヴァントと言う関係で無くなってからも、変わらずお互いを大切に思う間柄。
当初主人公を敵視し敵対していたのも、一番の理由は「ボイジャーを取られるから」と言うものだった。
主人公 (Grand Order)
当初は激しく敵視しており、幾度も戦いを挑んだ。
カルデアに来てからは誤解が解けて和解したが、魔術関係者らしくないメンタルについては喜ばしく思うものの忠告してくれる。
イアソンアタランテ
主人公への対抗策として呼び出すが、いつも通りのやりとりに呆れてしまう。
フランシス・ドレイク
モザイク市にいたときから興味があったサーヴァント。女性だったことについてはかなり意外だった模様。
ランスロット〔セイバー〕
アレな知り合いの父親ということで、その性格と強さにある意味納得している模様。

名台詞[編集]

Fae/Grand Order[編集]

イベント[編集]

「はぁ……慣れない業務でメッチャ疲れた。戦ってた方がよっぽど楽だ……。
 ホットコーヒーでも淹れようかな。カルデアの魔術師さんは、なんにする?
 ……オーケー、ホットデスソースだね?
 ……冗談だよ。冗談だってば! ねえ、ちょっと!」
『Fate/Requiem』コラボイベントでのショップ台詞。
辛い物好きなのは原作でも語られていたが、これはさすがにドン引きである[注 2]。本人は冗談だと言ってはいるが……
「ピクニックに行くんじゃないんだから、余計な物は持っていかないで。
 ……え? これ? これは……十秒で飲めるゼリー・激辛麻婆味。戦闘中の魔力補給に最適」
同上。
上記のホットデスソースは冗談かもしれないが、こちらはマジなようである。ボイジャーが苦言を呈するのも無理はない。
「これでも私、秋葉原では結構稼いでたんだ。並大抵の呪具やら古代遺物だったら、自分で手にした事が……
 うわ、何コレ。嘘でしょ? カルデアこわ。こわ~……」
同上。
忘れがちだが、サーヴァントの強化に使用するのはどれも魔術的に貴重な素材であることを思い出させてくれる言葉である。前にショップ店員をしていたケイネス・エルメロイ・アーチボルトであればもう少し見慣れているのであろうが。
「ああ、また来たんだ。もう閉店の……
 ん? 私の宝具の口上をフルで聞かせて欲しい? って、そんなサービス扱ってないよ?……う~ん、しょうがないな。んん、
 『芦原をなずさう虚ろ船。これなるは我が臍の緒、黄泉大神の器の沼鉾。さ迷える御霊を言寄せ、解き賜わん。千人の帰泉は神代よりの約定なれば──いざや掻き鳴らせ、天遡鉾!! ……こおろこおろ、こおろこおろ』
 ……ちょ、拍手とかはいいから!」
同上。閉店時。
宝具使用時のセリフもかなり長いが。正式な詠唱も非常に長い。そしてやはりイザナミの関係者であることがわかる。

メモ[編集]

  • コラボイベントにおける状況は「世界からただ一人爪弾きにされていた所で漸く現れてくれたサーヴァントが元より嫌っている魔術師の組織についている」「気が付くと街が豹変しており、知人が皆消えてしまっていたところに怪しげな組織が現れる」「自分がサーヴァントになったなど容易には信じられない事態が起こっている(そもそも人間がサーヴァントになるなどといった事例を「あーはいはいいつものね」で済ませられるカルデアのメンツ(プレイヤー)が異常とも言える)等、本人からすれば混乱して当然と言える状況なのだが、彼女のバックボーンを知らないカルデアの面々(やFGOプレイヤー)には快く映らなかった様子。
    • コラボイベントの期間中、TYPE-MOONコミックエースのサイト上で『Fate/Requiem』1巻が無料公開されるというフォローは行われていた。
  • 彼女のマイルーム会話は、主人公に対して呼びかける二人称の部分は主人公の性別によって「キミ」「貴方」と変化するようになっている。変わるのは二人称の部分だけでセリフの内容自体は同じだが、これらは全て別ボイスとして別枠収録されているため、エリセは他のサーヴァントに比べてマイルーム会話の数が1.5倍くらいある。
  • コラボイベントにて、ミッションをすべてクリアした際に聞けるボイス内で「頑張っている人を軽んじていた自分を変えてくれた人物がいた」として恐らく原作第1巻におけるカリンとの衝突を話題に挙げているが、当時のエリセは(カリンの言い分に一時圧されたものの)聖杯トーナメントに対する考えを変えた訳ではないようで、その旨は原作2巻でも語られている。一体彼女はどの時点のエリセなのだろうか。
  • カルデアに対してはいろいろと思うところがあったようだが、彼女が加わってから最初のイベントがよりにもよって『水着剣豪七色勝負』復刻版。水着サーヴァント」「チェイテピラミッド姫路城」「特異点で好き勝手するサーヴァント達」「聖杯でうどんを食べるサーヴァント」「そもそも特異点の原因がカルデア関係者」というトンチキイベントの属性てんこ盛りの代物である。サーヴァントを悪用どころか、サーヴァントにいつも振り回されているカルデアの有様を見て彼女は何を思うのだろうか。そして、当のエリセ自身がカルデアを散々振り回したサーヴァントの一人である。
  • 古代日本を思わせる格好をしていること、天遡鉾を宝具として使用すること、冥神の力を継いでいるという記述があることから、日本神話のイザナミとの関係が推測される。
    • 『Fate/Requiem』で言及された母親の名前が「ナミ」であることや宝具の演出で船が出てくることから、イザナミの最初の子供である「ヒルコ」ではないかとも推測されている。
  • 下着はフンドシのみ、体の前後に垂らした布を首と腰で結わえただけという、横から見るとほとんど丸見えの霊衣が話題となり、「横乳のランサー」「エチエチのランサー」等のアレな二つ名が蔓延する事態となった。この危険なファッションセンスは師匠の影響か。
    • なお、絵面的に言うとトップレスビキニにチュニックを合わせたようにも見え、実のところ先述の『水着剣豪~』に放り込んでもほとんど違和感が無かったりする。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. あまりの生々しさに主人公や周囲のサーヴァントは「お年頃」「尻を一発ひっぱたくのが一番効く」と諫める以前の問題として生温かく見守るレベルであった。
  2. デスソースにも種類はいろいろあるが、鍋に一滴入れれば辛みがつくレベルであり、皮膚についたり目に入ったりすれば炎症を引き起こす。そのまま飲んだりしようものなら、下手したら主人公の体質が毒物判定しかねない。

出典[編集]


リンク[編集]