オルタナティブ

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search

概要[編集]

何らかの理由で反転状態にあるサーヴァント。オルタとも。
別側面、もうひとつの可能性みたいなものであり、善良な英雄の「血に塗れている」「冷徹に振る舞った」別側面の逸話や性質がメインとなっている[出 1]
今までに登場したのは14人。

名前 クラス 登場作品
アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕 セイバー Fate/stay night
Fate/hollow ataraxia
Fate/Grand Order
ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 ルーラー
アヴェンジャー
Fate/Grand Order
アルトリア・ペンドラゴン〔サンタオルタ〕 ライダー Fate/Grand Order
アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕 (ランサー) ランサー Fate/Grand Order
クー・フーリン〔オルタ〕 バーサーカー Fate/Grand Order
アルケイデス アーチャー
アヴェンジャー
Fate/strange Fake
ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ ランサー Fate/Grand Order
謎のヒロインX〔オルタ〕 バーサーカー Fate/Grand Order
エミヤ〔オルタ〕 アーチャー Fate/Grand Order
ウィリアム・シェイクスピア キャスター Fate/Grand Order
アタランテ〔オルタ〕 バーサーカー Fate/Grand Order
沖田総司〔オルタ〕 アルターエゴ Fate/Grand Order
ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 (バーサーカー) バーサーカー Fate/Grand Order
ギャラハッド〔オルタ〕 セイバー Fate/Requiem

メモ[編集]

  • オルタとはあくまで英霊本来の霊基が反転している状態であって「聖杯の泥で汚染されたサーヴァント」を指すわけではない。とはいえ、現時点で存在するオルタ系サーヴァントの内「聖杯の力に影響されずにオルタナティブの状態のままで召喚されたサーヴァント」は全て例外なくFGO初登場キャラであるのも紛れもない事実である。
  • 英語のスペルは「Alternative」で、「代替の・二者択一の」等の意味を持つ。「別の自我」を意味する「アルターエゴ(Alter Ego)」と語源は同じ。
    • FGOのCCCコラボイベント『深海電脳楽土 SE.RA.PH』では謎のヒロインX〔オルタ〕がウォンテッドサーヴァント「HXO」として登場したが、上記の通りオルタのスペルは「Alternative」であり、「H(ヒロイン)X(エックス)O(オルタ)」と運営が勘違いしてしまった事はちょっとしたユーザー間の小話となった(なお、すぐに修正されて「HXA」となった)。
  • アルトリア・ペンドラゴン聖杯の泥に汚染されたことによりアルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕に反転した。
  • クー・フーリン女王メイヴ聖杯を使い『クー・フーリンを自らに並ぶほどの邪悪な王にしろ』という願望を叶えたことでクー・フーリン〔オルタ〕に反転した[出 2]
    • そのためクー・フーリン〔オルタ〕はクー・フーリンの完全な別側面という訳ではなく、「メイヴが生み出した王としてのクー・フーリン」という有り得ない側面が融合するなど、言うなれば「ただオルタ化した時生まれるはずのモノ」から更に変質している[出 1]
  • ヘラクレスバズディロット・コーデリオン令呪を使い『取り繕うな』『お前が見てきた【人間達】を思い出せ』『地上の衣人の本質を受け入れろ』という命令と魔力結晶による膨大な魔力、東方の呪術、聖杯の「泥」を使うことによりアルケイデスに変質した[出 3]
  • ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕は『邪竜百年戦争 オルレアン』でジル・ド・レェ聖杯を使いジャンヌ・ダルクを復活させようとしたが聖杯に拒絶され、ジルが望むジャンヌとして創造された存在[出 5]
    • そもそも彼女自体が歪められた人類史「特異点」の中で創り出された架空の存在であるため、英霊の座に本体が存在せず、再召喚される可能性が極小とされていた。その為『ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊』ではある方法を使ってカルデアでの召喚の縁を結ぶ切欠を作った[出 6]
  • 謎のヒロインX〔オルタ〕及びエミヤ〔オルタ〕の二名は、オルタの名こそ冠しているものの他のオルタ系サーヴァント達とは根本から異なる存在である。他のオルタたちは基本的に元となる存在ありきで成立しているが、この二名は「オルタと付かない同名の存在とは元より別の存在」である点で大きく異なる。それでも彼らがオルタという名称を冠しているのは、Fateシリーズにおいてこの称号が半ば「悪落ち・闇堕ち」のレッテルに近いものとして扱われているためか。
    • 謎のヒロインX〔オルタ〕はサーヴァントユニヴァースのヴィラン組織「ダーク・ラウンズ」が謎のヒロインXに対抗するために人工的に造り出した存在であり、ヒロインXが反転した結果生まれたわけでも、彼女の別側面でもない。誕生経緯に間接的に関わってこそいるが、完全に別人である。
    • エミヤ〔オルタ〕は、生前辿ってきた歴史やサーヴァント化した経緯、戦法等、英霊としての基盤となる様々な情報がエミヤのそれとは殆ど異なる。言うなれば「違う世界、違う歴史、違う人生を歩んだ同一人物」であり、通常のエミヤが反転してオルタとなった訳でも彼の別側面でもない、ほぼ別人である。「平行世界の同一人物」というその関係性はむしろ無銘の英霊とエミヤのそれと同一と言っていい。
      • が、当人たちが自分達を「反転してる方と普通な方」と認識していたり、「反転をきっかけとして生まれた」らしいスキルを所持している等、細かい部分の関係性には疑問が残る。一体どういうことなのだろうか……?
  • ウィリアム・シェイクスピアは『悪性隔絶魔境 新宿』で召喚された時に反転していた。が、元々中立・中庸であるためにやたらと自著から引用しないだけで普段とはほとんど変わっていなかった。興味が移ったら平然と裏切ろうとする所も含めて[出 7]
  • アタランテ〔オルタ〕アタランテが宝具「神罰の野猪」を纏った姿だが、『永久凍土帝国 アナスタシア』では既に獣化した状態で召喚された事になっている。
  • 沖田総司〔オルタ〕は「ただ一度きりの顕現」を目的として調整されたため、基本骨子以外は元となる沖田の霊基とは別物ともいえるレベルに変質している。
    • また、そもそもが全く別設定の存在という事もあってか、既存オルタの「オリジナルに対して男性は色黒化、女性は色白化」という法則から外れている。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]

  1. 1.0 1.1 幕間の物語「たった二人の戦争」。
  2. 『北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム』第22節「シールダー、マスター、ソルジャー、ナース」および『Fate/Grand Order materialⅢ』p.227。
  3. 『Fate/strange Fake』第3巻 p.58-69。
  4. 成田良悟Twitter2018年4月3日22:08
  5. 『邪竜百年戦争 オルレアン』第15節「竜の魔女」。
  6. 『ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊』第六節 贋作「明後日に向かう戦乙女」。
  7. 『悪性隔絶魔境 新宿』第2節「世紀末トラップ」。

リンク[編集]