オルタナティブ

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search

概要[編集]

何らかの理由で反転状態にあるサーヴァント。オルタとも。
別側面、もうひとつの可能性みたいなものであり、善良な英雄の「血に塗れている」「冷徹に振る舞った」別側面の逸話や性質がメインとなっている[出 1]……とされているが、実際のところは画一的な定義ができない程度には多種多様な面々が揃っている。
今までに登場したのは16人。

名前 クラス 登場作品
アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕 セイバー Fate/stay night
Fate/hollow ataraxia
Fate/Grand Order
ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 ルーラー
アヴェンジャー
Fate/Grand Order
アルトリア・ペンドラゴン〔サンタオルタ〕 ライダー Fate/Grand Order
アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕 (ランサー) ランサー Fate/Grand Order
クー・フーリン〔オルタ〕 バーサーカー Fate/Grand Order
アルケイデス アーチャー
アヴェンジャー
Fate/strange Fake
ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ ランサー Fate/Grand Order
謎のヒロインX〔オルタ〕 バーサーカー Fate/Grand Order
エミヤ〔オルタ〕 アーチャー Fate/Grand Order
ウィリアム・シェイクスピア キャスター Fate/Grand Order
アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕 (ライダー) ライダー Fate/Grand Order
アタランテ〔オルタ〕 バーサーカー Fate/Grand Order
沖田総司〔オルタ〕 アルターエゴ Fate/Grand Order
ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 (バーサーカー) バーサーカー Fate/Grand Order
ギャラハッド〔オルタ〕 セイバー Fate/Requiem
アルジュナ〔オルタ〕 バーサーカー Fate/Grand Order

メモ[編集]

  • 英語のスペルは「Alternative」で、「代替の・二者択一の」等の意味を持つ。「別の自我」を意味する「アルターエゴ(Alter Ego)」と語源は同じ。
    • 『Grand Order』のCCCコラボイベント『深海電脳楽土 SE.RA.PH』では謎のヒロインX〔オルタ〕がウォンテッドサーヴァント「HXO」として登場したが、上記の通りオルタのスペルは「Alternative」であり、「H(ヒロイン)X(エックス)O(オルタ)」と運営が勘違いしてしまった事はちょっとしたユーザー間の小話となった(なお、すぐに修正されて「HXA」となった)。
  • 「オルタ」と画一的な呼称こそ与えられているが、属するサーヴァント全員に当てはまる条件のようなモノは現状ハッキリしていない。というか元々『stay night』作中では「アルトリア・ペンドラゴン」と統一して表記されていた黒化セイバーを後に独立した一キャラとして扱うにあたり、便宜的に付与された一種のタグ的な呼称である(同作では他にも聖杯の泥に汚染されたサーヴァントが登場するが彼らも同じく専用表記無し)。初期はそのセイバーオルタの登場経緯から「英霊本来の霊基が反転している状態」「聖杯の泥で汚染された結果本来なら現れない別側面が表出したサーヴァントがオルタと定義される」といったような解釈が成されていたが、『Grand Order』以降の作品に置いては様々なオルタサーヴァントが登場し「同じ名を持つが既出の本人とは異質な存在」という比較的広い用途の名前となっている。
    • 「聖杯の力によって反転した」もの
      「聖杯以外の要因によって変化した」もの
      • アタランテ〔オルタ〕アタランテが宝具「神罰の野猪」を纏った姿がそう呼称されている。ただしアタランテは普通に召喚された場合、使用するに足る条件が整わねば「神罰の野猪」の使用法すら理解できず開帳には踏み切らない。彼女は生前この姿になる可能性こそあったもののついぞ変身したことは無く、サーヴァントになってから変身が可能となった姿である。
      • 沖田総司〔オルタ〕はオリジナルである沖田総司が、生前抑止力と交わされた契約により抑止力の顕現として戦うためにとることになった姿。「ただ一度きりの顕現」を目的として調整されたため、基本骨子以外は元となる沖田の霊基とは別物ともいえるレベルに変質している。このため、『沖田総司』としての記憶も持っていない。
      元より別人である「別側面ですらない」もの
      他のオルタたちは基本的に元となる存在ありきで成立しているが、以下二名は「オルタと付かない同名の存在とは元より別の存在」である点で大きく異なる。
      • 謎のヒロインX〔オルタ〕サーヴァントユニヴァースのヴィラン組織「ダーク・ラウンズ」が謎のヒロインXに対抗するために人工的に造り出した存在であり、ヒロインXが反転した結果生まれたわけでも、彼女の別側面でもない。誕生経緯に間接的に関わってこそいるが、完全に別人である。
      • エミヤ〔オルタ〕は、生前辿ってきた歴史やサーヴァント化した経緯、戦法等、英霊としての基盤となる様々な情報がエミヤのそれとは殆ど異なる。言うなれば「違う世界、違う歴史、違う人生を歩んだ同一人物」であり、通常のエミヤが反転してオルタとなった訳でも彼の別側面でもない、ほぼ別人である。「平行世界の同一人物」というその関係性はむしろ無銘の英霊とエミヤのそれと同一と言っていい。
        • が、当人たちが自分達を「反転してる方と普通な方」と認識していたり、「反転をきっかけとして生まれた」らしいスキルを所持している等、細かい部分の関係性には疑問が残る。一体どういうことなのだろうか……?
      本来の歴史ではなることのなかった「ifの可能性の姿」として現れたもの
      • アルジュナ〔オルタ〕は『Grand Order』第2部第4章においてとあるきっかけでアルジュナの内面に押し込められていた汚い手段や邪悪を良しとする彼の暗黒面の人格『クリシュナ』が反転・表出し、彼の夢想する正しい世界を創る目的のためにインド神話の神性を全て吸収した結果誕生した存在。アルジュナのifの姿であり、本来の歴史では彼はこの姿へ至る決定的な選択をとらず反転することも無く生涯を終えた。
      以上のいくつかの複合
      • ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕(ルーラー)は『Grand Order』第1部第1章においてジル・ド・レェ聖杯を使い「ジルの記憶にあるジャンヌ・ダルクをベースにした彼の望む理想のジャンヌ」として創造した存在[出 5]。このため、姿形や声などの要素は本物と全く同一だがそれ以外の諸要素が「ジル・ド・レェがこうあってほしいと考えたサーヴァント」として誕生した。また、ベースがジルの記憶であるため、農家の娘だった時代の記憶などジルと出会う以前の記憶は所持していない。「聖杯によって造られた」者であり、「元より別人の別側面ですらない」者。なお、特異点にて聖杯の力で一から創造された存在だったため英霊の座に本体が存在せず、下記の出来事が起こるまで召喚する事は不可能だった。
      • ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕(アヴェンジャー)は『Grand Order』第1部第1章で敗北し消滅したジャンヌ・ダルク〔オルタ〕(ルーラー)が、正規のサーヴァントとして召喚されるために試行錯誤を重ねた結果誕生したもの[出 6]。人類史が不安定な状況であるからこそ生まれることができた存在であり、上記のルーラーとしての状態から更に民衆の想像する彼女の「本来の歴史ではなり得なかったifの可能性の姿」、「復讐心を抱いた聖女」という想像に依ることでサーヴァントとしての霊基の確立に成功している。
      詳細不明
      • ウィリアム・シェイクスピアは『Grand Order』第1.5部1章で召喚された時にオルタ化していたが、元々属性が中立・中庸であるためにやたらと自著から引用しないだけで(興味が移ったら平然と裏切ろうとする所も含めて)普段とほとんど変わっていなかった[出 7]
      • ギャラハッド〔オルタ〕はオルタナティブ状態で召喚されているが『Fate/Requiem』1巻時点でも作品内における聖杯の詳細が未だわかっていない。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]

  1. 1.0 1.1 幕間の物語「たった二人の戦争」。
  2. 『北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム』第22節「シールダー、マスター、ソルジャー、ナース」および『Fate/Grand Order materialⅢ』p.227。
  3. 『Fate/strange Fake』第3巻 p.58-69。
  4. 成田良悟Twitter2018年4月3日22:08
  5. 『邪竜百年戦争 オルレアン』第15節「竜の魔女」。
  6. 『ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊』第六節 贋作「明後日に向かう戦乙女」。
  7. 『悪性隔絶魔境 新宿』第2節「世紀末トラップ」。

リンク[編集]