マリー・アントワネット

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
ライダー
真名 マリー・アントワネット
外国語表記 Marie Antoinette
初登場作品 Fate/Grand Order
声優 種田梨沙
身長 160cm
体重 48kg
出典 史実
地域 欧州
属性 秩序・善
隠し属性
性別 女性
デザイン ギンカ
設定作成 桜井光
レア度 ☆4
テンプレートを表示

概要[編集]

騎兵」のサーヴァント

略歴
Fate/Grand Order』第一特異点『邪竜百年戦争 オルレアン』では西暦1431年のフランスに召喚され、フランス王妃として、そして一友人としてジャンヌ・ダルクに大きく影響を与えることとなった。
竜の魔女ジャンヌ・オルタの襲撃から主人公一行とゲオルギウスを逃がすために立ち向かい、消滅した。
終局特異点『冠位時間神殿 ソロモン』では冠位時間神殿に召喚され、他のサーヴァント達と共にⅠの座を統括する溶鉱炉ナベリウスと交戦する。
人物
一人称は「わたし」。生まれながらの偶像(アイドル)。微笑みで衆生を癒やし、眼差しで心酔を得る。
愛されるために生まれた偶像であることを喜び、望まれるままに振る舞おうと決めている。その精神性は最早、ある種の女神にこそ近い。
上述の通りに天真爛漫で好かれやすい性格だが若干天然気味で、誤解を招きやすいことを言ったり行ったりすることもしばしば。
サーヴァントとしての記憶は晩年のものに準拠しているが、精神や性格は基本的に「ルイ十六世と結婚し、王妃としてフランスを訪れ、数多の国民から祝福され愛された瞬間」で止まっており、悲劇の王妃としての側面はなかなか見せないが、マスターの絆が深まると見せるようになる。一方で「民の幸せ」を願っているためか、国と民を守ろうとしており、生前における「悲劇の消去」を決して聖杯にかけることはない。
能力
スキル『魅惑の美声』の効果により、王権への敵対者に対して歌声で魔力ダメージを導く。

キャスター (Grand Order)[編集]

スカサハに霊基を弄られて水着姿になったマリー。

詳細は「マリー・アントワネット〔キャスター〕」を参照。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ライダー 主人公 (Grand Order) D D B B B+ A+ 対魔力:C
騎乗:A+
魅惑の美声:C
麗しの姫君:A
神の恩寵:B

宝具[編集]

百合の王冠に栄光あれ(ギロチン・ブレイカー)
ランク:A
種別:対軍宝具
レンジ:1~50
最大捕捉:50人
ライダーとしての宝具。ガラスの馬に乗り敵へと突撃する。
栄光のフランス王権を象徴した宝具で、外観はフランス王家の紋章が入ったガラスで構成されている美しい馬。
真名開放によって呼び出され、きらきらと輝く光の粒子を撒きながら戦場を駆け抜け、王権の敵対者にダメージを与えると同時に味方のバッドステータスを解除し体力や魔力を回復する。
旧名はフルール・ド・リス
愛すべき輝きは永遠に(クリスタル・パレス)
ランク:B+
種別:結界宝具
レンジ:0~100
最大捕捉:1000人
ライダーとしての宝具。「たとえ王権が消え失せたとしても愛した人々とフランスは永遠に残る」というマリーの信念が新時代と発展の象徴としてのクリスタル・パレス、歴代フランス王家の権勢を示す巨大にして優美な宮殿を呼び起こし、マリーと味方のステータスを一時的にランクアップさせる。
ロンドン万博の水晶宮と同名なのは皮肉等ではなく、マリーが宝具を用意する際に大好きだというクリスタル・パレスを参考にしたため。これはマリーの愛がいかに広範であるかを示すものらしい。
第一章ではジャンヌとゲオルギウスを逃がすため単騎でファヴニールと相対した際に使用した。

真名:マリー・アントワネット[編集]

マリー=アントワネット=ジョゼフ=ジャンヌ・ド・アブスブール=ロレーヌ・ドートリシュ。ハプスブルク家の系譜にあたるフランス王妃。王権の象徴として愛され祝福されて生きながら、王権の象徴として憎まれ貶められて死に果てた女性。
儚き貴婦人。ドイツ系大貴族ハプスブルグ家の裔たるマリア・テレジアとロレーヌ公爵家出身の神聖ローマ皇帝フランツ一世の間に生まれた、欧州世界の「高貴による支配」を象徴する存在。ヴェルサイユにて嫌味と陰謀が渦巻く戦場での孤独の戦いを強いられた。
マリーは14歳でルイ16世の妃(ただし、結婚当時はまだ即位していないため、正確には王太子妃である)となり、民に乞われて王妃になった。民なくして王妃は王妃になれない。
母の元から離れて王家の白百合となることを決め、民を愛し、民を思い、民を救おうとした。
それでも民が望まないなら、望まなくとも退場する。それが国に仕える人間の運命である。
王権の絶対性が失われていく世界の変化「フランス革命」により、彼女は愛する人や愛する子供達と共に捕まり、引き離されてしまう。
タンプルの塔に幽閉された後にギロチンに掛けられ、民からの嘲笑と蔑みと共にその首を刎ねられてその生涯を終えた。その際、死刑執行人シャルル=アンリ・サンソンの足を踏んだことを謝ったという。
高貴な出自、政略結婚、宮廷生活、そして革命に処刑と、彼女の生き様と死に様は「偶像」としての王権の具現であったと言える。
確かにマリーの生前には悲劇があり、悲しみはしたが、決して民を恨みはしなかった。
愛する家族が死に、王家の白百合が忘れ去られたとしても、それが愛する民の笑顔に繋り、国は永遠にあり続けるとマリーは信じている。
空に輝きを。地には恵みを。
――民に、幸せを。

関連[編集]

民を想う王妃
革命期には多くの人から憎悪の対象となったが、現代のフランスでは名誉回復が行われている。
飢饉にあっては宮廷費を削り寄付金と成し、自ら貴族達に人々への援助を求める等、民を想う女性であったことが確認されている。
『Grand Order』における人物像はこれに準拠したものとなっている。
首飾り事件
『Grand Order』の絆礼装にまつわる、生前のフランス王宮を騒がした一大スキャンダル。
王妃と不仲であったロアン枢機卿に対し、王妃と親しいと吹聴するラ・モット伯爵夫人が接近し、「高額な首飾りを購入して王妃にプレゼントすれば仲直りできる。私が仲介するから」と持ちかけた。
信じた枢機卿の購入後に、首飾りを受け取った伯爵夫人は即座に解体してロンドンで転売し横領。首飾りの製作元から代金の催促があって事件が明るみになった。
勝手に名前を騙られて激怒した王妃は裁判所に提訴し、枢機卿は無罪になったものの伯爵夫人は有罪となって投獄された。(もともと、首飾りが当時の金1t相当ととんでもなく高額だったことと政敵のために作られたものだったため、王妃は嫌がっていた)
王妃自身は事件とは無関係だったものの、「実は伯爵夫人とグルで代金を着服したのではないか」などとあらぬ噂が立ち、王宮への不信感に繋がってしまった。
『Grand Order』でのマリーはこの事件について「ちょっと嫌な事があった」と深くは語らないものの、首飾りそのものは「キラキラしていてとても綺麗」と評価している。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order

その他[編集]

ちびちゅき!
良妻賢部所属。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
彼女曰く、初恋の相手。生前プロポーズされたことがあり、生前に会っていた期間は短いものの彼の素行を変態と罵ったりする程親しい間柄。
現界後に偶然出会い行動を共にしていた。
シャルル=アンリ・サンソン
生前彼女を処刑した人物。執拗に付け狙われるも、最終的にはタイマンで彼を打ち負かし、その心を折った。
シュヴァリエ・デオン
生前関わりがあった騎士。女性として認識している。彼女(?)にドレスを贈ったとされる。
ジャンヌ・ダルク
第一章で共闘する。生前は聖女として尊敬していたが、彼女の心情を知り友人になることを提案する。
天真爛漫なマリーの思わぬ変化球発言に若干戸惑うことも。

生前[編集]

ルイ十六世
夫。彼女曰く、人生で二番目に恋をした相手。
ルイ=シャルル
息子。彼女への意趣返しで彼が殺されたことについて、「国民を少しだけ憎んでいる」と感情を露にしている。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

「マリーよ。さあ、一緒にヴィヴ・ラ・フランス!」
戦闘開始時。ヴィヴ・ラ・フランスというのは「フランス万歳」という意味であり、たとえそれが数千年前のローマであっても言う。
「さんざめく花のように、陽のように」
「咲き誇るのよ、踊り続けるの! いきますわよ、『百合の王冠に栄光あれギロチン・ブレイカー』」
宝具発動。栄光の王権は輝き、咲き誇る。
「キラキラ、キラキラ、輝くの」
スキル発動時。とても愛らしい台詞だが、後述の理由からトラウマになった人も多いのではないだろうか。
「御免なさいね……靴……汚してしまったら……」
被撃破時。断頭台の上でうっかり足を踏んでしまったサンソンに向けての最期の言葉からの史実ネタ。
「パンが無いの?」
マイルーム会話。あまりにも有名すぎる史実ネタ。…もっともこれが彼女本人の発言であったという確証はなく、別の人物の発言であったという説もある。
なお、(当然と言うべきか)「それならケーキを~」などと続いたりはしない。
「私は皆が大好き。皆の為になんでもするわ。なんでも、したわ」
絆LV3での発言。民を愛し、民を想った彼女、だがその晩年はその民に憎まれて死んでいった、余りにも皮肉かつ報われないモノだった――けれど。
「聖杯なんてなくても私の願いは変わらない。空に輝きを。地には恵みを。民に幸せを」
「私の最期はどうあれ、私の人生は華やかだった……それでいい、それでいいの。だから、今はすっごく幸せ! こんな私にも、貴方のような人の力になれる日が来たのだもの」
マイルーム会話及び絆LV5での発言。彼女は「悲劇の消去」ではなく、「民の幸せ」を第一に願う。あらゆる時代の民が築いた人類史のために戦うマスターに彼女は力を貸すことだろう。
「わたしはきっと、こういう時のために召喚されたの。」
「敵を憎んだり倒したりするんじゃなくて、人々を守る命として喚ばれたのです。」
「今度こそ、大切な人たちを守るために。大切な国を守るために。正しいことを正しく行います。」
ワイバーンの襲撃から避難する市民を守る為、たとえ過去であったとしても役目を全うする。
「ああ、幻滅です。魔女というのはそんな理屈もわからないの?」
「確かにわたしは処刑されたわ。嘲笑もあったし、蔑みもあったわ。」
「でも――だからといって、殺し返す理由にはなりません」
「わたしは民に乞われて王妃となった。民なくして王妃は王妃と呼ばれない。」
「だからあれは当然の結末だった。彼らが望まないのなら、望まなくとも退場する」
「それが国に従える人間の運命さだめ。わたしの処刑は、次の笑顔に繋がったと信じている。」
「いつだって、フランス万歳ヴィヴ・ラ・フランス!星は輝きを与えて、それでよしとすればいい。」
ジャンヌ・オルタに民を守る使命に酔いしれたのかと問われ答えた、王妃としての誇り高い台詞。
「デオンは本当に名うてのスパイでしたの? もしかして可愛いから敵に見逃されていただけではないかしら?」
クリスマスイベントにて、カエサルに騙されて家具を巻き上げられた挙げ句、混ざっていたフランス王家の宝を十倍の値段で買い戻させられたデオンに対して。
珍しく激怒しているような詰りっぷりだが、この発言はカエサルからの又聞きであるため彼女の表情がわからない。
おそらくではあるが似たようなニュアンスで悪気一切無しで言った可能性が高い。おかげでデオンは泣きそうになってしまったとか。

メモ[編集]

  • 宝具「百合の王冠に栄光あれ」の際に使用するのはガラスの馬のみだが、イベント『月の女神はお団子の夢を見るか?』によれば「出し入れ自由なガラスの馬車(積載量3トン以上)」も所有している。第一章でもガラスの薔薇を投げつけているので、ガラスを連想させる「愛すべき輝きは永遠に(クリスタル・パレス)」ともども全て同一の起源からの派生である可能性もある。
    • 後に登場した「愛すべき輝きは永遠に(クリスタル・ドレス)」が、「王権の輝きを身に纏う宝具」と説明されたため、この輝きこそが彼女の力の根源なのかもしれない。
  • 一説には、史実のマリー・アントワネットはウエスト58~59センチ、バスト109センチという、2次元でも滅多に見ない抜群のスタイルを誇っていたとされる。残念ながら(?)本作ではフランス王太子妃となった14歳頃の少女らしいボディで現界している。お月見イベントでは「栄養は全て胸にいく体質」「いっぱい食べた分だけ胸のサイズが大きくなる」と自称し、デオンも「王妃は将来、フランスでもトップランクのお体に成長なされる」と証言し、同席していたサンソンを動揺させていた。

話題まとめ[編集]

「パンがなければ……」
マリー・アントワネットの台詞として名高い……ということになっている台詞。この後に「ケーキ(お菓子)を食べればいいじゃない」と続くのだが、名台詞の項で述べた通り、実際は別人の発言であるという説がある。
大元をたどるとジャン=ジャック・ルソーの著作『告白』に行きつくのだが、この時は「ある王女」が言ったとされる言葉をルソーが思い出したという体で、誰が言ったのか明言はされていない。更に言えばルソーが執筆した当時マリーはまだ9歳で、オーストリアにいた。
この言葉が巡り巡って革命期前後のフランスにおいて貴族を糾弾するための材料として引用され、いつの間にかマリーが言ったことにされた、というのが別人説の概要である。
なお、「ケーキ」というのは日本語に意訳した時のもので、これはブリオッシュというフランス発祥の菓子パンを指しているとされる。
ブリオッシュは卵黄とバターを多量に使った黄色い生地が特徴であり、マリーのマイルーム会話の中にもこれが好きだとの発言がある。
余談だが、当時ブリオッシュの値段はパンより安かったので、本来は「(高価な)パンがないのなら、(安価な)ブリオッシュを食べればいい」という意味の言葉だったと思われる。
ちなみに似たような逸話に中国は西晋王朝の恵帝が言ったとされる「何不食肉糜(米粥が食べられないなら肉粥を食べればいいではないか)」があるが、こちらは確かに言ったという史実ソースがある。アジアからヨーロッパに恵帝のこの逸話が流れ流れてマリーの「パンがなければ……」になったのではという仮説もあるが、前述の通りそもそもの趣旨からして異なっているため信憑性に乏しい。
鉄壁の要塞
『Grand Order』において、敵として登場するサーヴァントはプレイヤーのものと違ってスキルの使用に制限がない。
これは当然マリーも例外ではなく、無敵や魅了を毎ターン付与してくるなど珍しくもない。
無敵(3回)を張られてしまうと、強化解除や無敵貫通といった特殊効果を用意していなければそのターン内ではEXアタック以外にダメージを与える手段がなくなり、非常に体力を削り辛い。
これに宝具・スキルによる回復や魅了による行動不能、そしてクエストボス特有の非常に高い体力が合わさった結果、根負けして全滅するマスターが続出。
その脅威を知らしめたのが曜日クエストの「騎の修練場 超級」であるために、それから現在まで週に1回程度、場合によっては何度も戦うことになるので誰しもが対策を学ぶことになる。更に高HPで登場する彼女自身の二回目のキャラクエなどは、どこぞの亡霊同様にGO屈指の凶悪クエストとして名を馳せている。

脚注[編集]


リンク[編集]