シャルダン

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
シャルダン
性別 男性
初登場作品 ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
テンプレートを表示

概要[編集]

エルメロイ教室に所属する二級講師。

略歴
既に引退していたところを、君主となる以前のウェイバー・ベルベットが頭を下げて復帰を要請し、エルメロイ教室の講師となった。
現代魔術科に移って以降のエルメロイ教室講師陣の中でも最初期から務めている年長者であり、君主であるエルメロイⅡ世が公務や私用で不在の折には学部の代表者代理や代講を受け持つ。
人物
薄くなった灰色の髪にコンチネンタル髭、しわくちゃのスーツを纏う好々爺然とした人物。エルメロイⅡ世やライネス、学生たちからは「シャルダン翁」と呼ばれている。
時計塔の魔術師らしからぬ穏やかかつ誠実な人柄で、「case.冠位決議」作中では現代魔術科の本拠地スラーがフェイカーの宝具により半壊し、ハートレスの策に陥ったエルメロイⅡ世が精神的ショックで引きこもるという非常事態の中にあってもまずエルメロイⅡ世の心身を第一に思いやり、復旧工事の手配や来客の対応など諸々の雑務を一手に引き受けていた。
能力
魔術師としての能力は不明。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿

人間関係[編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿[編集]

ロード・エルメロイⅡ世

名台詞[編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿[編集]

「……良かった」
「君の内弟子を、君が入れてくれたことだよ。でなければ、僕もこうして立ち入ることはかなわなかっただろう。……うん、実際僕は、この部屋にはもう誰も入れないんじゃかと思っていた。だけど、彼女だけは君は拒まなかった。そういう関係を君が育めたことに、僕は感謝している」
ドクター・ハートレスの仕掛けた策に嵌まり、心を折られまくった結果執務室に引きこもってしまったエルメロイⅡ世だが、勇気を振り絞ってドアを叩いたグレイの来訪は拒まなかった。
今は名物講師のロード・エルメロイⅡ世で通っている彼が青二才のウェイバー・ベルベットだった頃から見知っているシャルダン翁だからこそ、かつては孤立していた少年の成長を親のような目線で喜べるのだろう。
それにしても、この真人間ぶりでよくぞ魑魅魍魎が跋扈する時計塔内で引退するまで勤め上げてこられたものである。

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

商品情報[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]