スヴィン・グラシュエート

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
スヴィン・グラシュエート
外国語表記 Svin Glascheit
性別 男性
声優 山下誠一郎
初登場作品 ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
テンプレートを表示

概要[編集]

時計塔の学生。エルメロイ教室に学ぶ魔術師の一人。
フラットがつけたあだ名は「ル・シアン(犬)」。

略歴
現代魔術科の最古参の生徒。フラットと双璧を成す、エルメロイ教室の天才児。同じ学年ならば、時計塔全体を見渡しても相当の上位に食い込むという。
フラットの監視とグレイへのストーキング行為を繰り返しながら、面白おかしく過ごしている。
人物
金髪のカールが麗しい美少年。ギリシャの彫刻に例えられるほどの奇跡的な造形を有している。性格はフラットと対照的に生真面目で礼儀正しい。
師であるロード・エルメロイⅡ世を尊敬し、妹のライネスにも「姫様」と呼び慕っている。
いかにも優等生らしいが、彼もまたフラットと並ぶ問題児の一人。他人を臭いで識別する習性があり、グレイの臭いを嗅ぐと理性が蒸発するほど夢中で嗅ぎまわる。グレイへの度が過ぎたストーキング行為を繰り返し、グレイも嫌がっていることからⅡ世からグレイに20m以上近づくことを禁止されている。
能力
ある秘法によって自らの内側から獣性を引き出し、魔力を纏うことによって疑似的に人狼のような能力を得る「獣性魔術」の使い手。
使用すると体中の筋肉が盛り上がった、一本一本が金属の針にも等しい硬度を持った体毛を生やした人狼に見せかけるほどの、異常な密度の魔力を纏う。獣の神秘を得た五体は、単なる「強化」の枠を超えて、圧倒的速度と腕力を得る。
吼えた音圧だけで、他者の魔力を引き出し、魔術回路で変換した魔力を、まるで魔術を覚えたての末子のように、雲散霧消させることが出来る。
その影響で平時でも常人離れした嗅覚を持っており、他人の残り香はおろか魔術も臭いだけで判別できる。
体質的な事なのか日常的な行動にも呪いや魔力が込められており、それがⅡ世の抱える苦悩の一つになっているようである。

登場作品と役柄[編集]

Fate[編集]

Fate/strange Fake
フラットの回想シーンに少しだけ登場。彼との馴れ初めが語られた。
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
メインキャラクター。

その他[編集]

ちびちゅき!
所属不明。師匠のお見舞いへ向かうグレイずきんちゃんをいつも通りストーキングした結果、狼さんにしばかれるハメに。

人間関係[編集]

ロード・エルメロイⅡ世
師と仰ぎ尊敬している。Ⅱ世の異名の一つ、「プロフェッサー・カリスマ」を命名したのは彼。
また彼の指導により失われた獣性魔術の幾つかを再生するに至った。
エルメロイⅡ世を英雄視する新世代の中でも、スヴィンはフラットと並んで最右翼に位置し、ホームズやナポレオンですらエルメロイⅡ世とは比較にならないと言うほど信奉している。
グレイ
シンパシーと恋慕の相半ばする感情を抱き、執拗に追い掛け回している。
「甘くて灰色で四角くて、体の内側を引っ掛かれるみたいな匂い」
フラット・エスカルドス
同級生。問題を起こさないよう監視している。
しかし、彼を止めようとした結果逆に騒ぎを大きくすることも少なくない上、彼の突拍子もない案に私情から協力することもあるため、結果として監視というより悪友のような仲になっている。
「無闇にぺかぺか光ってとらえどころのない匂い」
ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ
師の妹君。彼女にも敬意を払っている。

名台詞[編集]

「グレイたーーーーーーーーーーん!」
「あ、あれ、グレイたんは? グレイたんはどこ行ったの! 僕の愛しのマイフェアレディは?! 確かに入り口のあたりから、二週間ぶりのグレイたんの匂いがしたのに!」
「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」作中に初登場した際の台詞。まだ名前も明かされておらず「犬系美少年」と表現されているのみだったが、ファーストインパクトの異様さは絶大。このセリフと共に周辺の壁や柱をくんくん嗅ぎ回るという奇行を見せつけるが、そんな彼でも顔と血統の良さに釣られて狙っている女子が結構多いという事実は魔術師社会のズレっぷりを読者に教えてくれるのだった。
「ああグレイたんグレイたんグレイたん! いつもの甘くて灰色で四角くて、身体の内側をひっかかれるみたいな匂い!」
久々にグレイの半径二十メートル以内に接近したことで理性が蒸発してしまった状態。当然ながらグレイは怯え、エルメロイⅡ世からはお咎めを受ける。
「フラットの監視をしないわけにはいきません」
フラットと二人してイゼルマの領地へとやってきたことについての、なんとも優等生的な答え。ついさっきまで上記の変態的なセリフを絶叫していた少年と同一人物なのだが。
「いや僕は本当に後輩のことが気になって──あ、グレイたん! ああああ、グレイたんの桃色の匂い! 今日はちょっぴり憂鬱気味なブルーで四角なフレーバーまで!」
双貌塔の事件の終局ではかなり見せ場をもらった彼だが、あまり戦闘中に多弁になるタイプではないのか意外と決め台詞的なものは少ない。そして全てが終わって平和な日常が戻ってきた時にはこの通り。なんとも残念な美少年である。
第一科ミスティールの特別講義終わりました! あああ、グレイたんもおかえり! この胸にズキズキ刺さる、甘くて灰色のスパイシーな香り!」
「case.魔眼蒐集列車」の作中時間直前にてめでたく典位プライドへと昇格し、全体基礎科でのさまざまな儀式を受けるため、しばらくの間不在だったスヴィンがようやく登場しつつの定番のアレ。タイミング的な事情で、珍しくグレイにも引かれていない。

メモ[編集]

  • 当初人間離れした嗅覚や常に魔力を帯びる体質から、おそらくは人狼に連なる幻想種か、あるいはそれに限りなく近づいた混血のどちらかと思われていた。
    • 姿形や立ち振る舞いもどことなくそれに似ており、彼と相対した蒼崎橙子からは実際に「なんだか懐かしくなってしまって」と感想を述べられた。
  • 獣性魔術は存在こそ有名なものの、獣の要素を人間が取り込むという性質から使い手が人間性を失う危険性があるため、知名度に反して使い手は非常に少ない魔術であるとのこと。スヴィンの家系は代々続いている獣性魔術を使う家系として有名だが、これはこのデメリットを克服したのではなく魔術刻印を移植された者が最悪発狂などしたとしても、強引に魔術刻印の移植を続けてきただけに過ぎない。事実、家系の生み出した栄えある成功例として時計塔に送られてきたスヴィンでさえ、上記のように日常的な行為に魔力を伴ってしまうといった弊害を起こしている。
  • 使い手がほとんど存在しない獣性魔術使いであり、単純に生徒としても優秀である一方、本人は自分が人間でも獣でもない存在という感覚を覚えており、それにより周囲からの疎外感を密かに抱えている。時計塔へ来てからも埋まらなかったこの感覚がグレイと出会った時に初めて埋まったように感じ、それが彼がグレイに執着する理由である。本人はこれを「自分と同じような周囲と馴染めない感覚を持つ苦悩を分かち合いたいだけなのかもしれない」と自己分析しつつも、それでもこの感情を恋患いとして彼女を想っている。……一番の問題である変態的行動を止められていない上に、当のグレイからは「いつも息を荒げて攻撃的に接近してくるのは自分を嫌いだからなのだろう」「他のことをしていてもちらちらこちらを見てくるのは牽制しているのだろう」などと誤解されてしまっているが。
  • 前述のとおり、フラットからはル・シアンと呼ばれている他、出会いを描いた『Fake』でもロボかベートとあだ名の候補にされた。
    • ロボは『シートン動物記』に登場する狼王であり、『Grand Order』でもヘシアン・ロボとして参戦した。ベートは18世紀フランスに現れたジェヴォーダンの獣から来ている。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]